2013年5月18日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第943回「東大の入学定員100万人にしちまえばいいじゃん」

脳科学者・茂木健一郎さんの5月18日の連続ツイート。 本日は、昨日、朝日カルチャーセンターの講座を終わったあとで考えていたこと。
3
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2013-05-18 05:54:00
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート943回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日、朝日カルチャーセンターの講座を終わったあとで、考えていたこと。

2013-05-18 07:34:11
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(1)朝日カルチャーセンターの講座を始めて、もう10年以上経つのかな。この間、講義スタイルは徐々に変遷(進化!)を遂げて、最新のやり方は、「完璧な構成」。素材をあらかじめ用意して、サプライズもちりばめ、一つのテーマについて掘り下げる。準備は大変だけど、楽しい。

2013-05-18 07:35:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(2)レベルは大学院くらい。内容の詰め方は、そのパワーポイントを使って本が書けるくらいなもの。そんな感じで毎回やっているんだけど、昨日のテーマはイノベーション。absorptive capacityに関するCohen and Levinthal (1990)を紹介。

2013-05-18 07:37:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(3)イノベーションのポイントは、外部情報の認識、吸収、応用をする受容能力。しかし、受容能力を高めるためには、自前でR&Dや商品生産をしていなければならない。つまり、足もとをきちんとやる一方で、外の世界に目を開く、というのがイノベーションの方程式である。

2013-05-18 07:39:07
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(4)そんな話をして、打ち上げにいくためにみんなで歩いていたとき、あっ、そうだと思った。東大の入学定員を、100万人にしちまえばいいんだよ。日本の高校生全員、東大を志望するやつは入学、みたいな。そんな風に言ったら、周囲にいた人が笑った。きっと頭がおかしいと思ったんだろう。

2013-05-18 07:40:41
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(5)いや、だってさ、なぜ大学に定員があるのか。キャンパスが物理的に限られていたり、教授の教えられる人数に制約があるからだろう。そしたら、イノベーションで、東大の入学定員を100万人にしちまえば、受験戦争も、愚かな偏差値も、なくなってしまうじゃないか。

2013-05-18 07:42:10
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(6)できないって? わからねえぜえ。ビデオやテクストなどのオープン・コースウェアをつくってさ、マークシート試験だったら100万人だってちょちょいのちょい。エッセイだって、今アメリカで開発されている採点プログラム使えば、100万人のエッセイ採点できるかもしれないじゃん。

2013-05-18 07:43:32
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(7)もちろん、東大だけが定員100万人なんじゃない。オタクの巣窟東工大も、私学の雄早稲田も慶応も、いぶし銀の地方国公立大学も、み〜んな、定員100万人にしちまえばいい。それで、一人の学生が、同時に10個や20個の大学とアフィリエートしたって、いいじゃないかっ。

2013-05-18 07:44:47
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(8)そんなの、アメリカでも実現してないって? そうだよねえ。アメリカでも、教育の主流は、時代遅れだからねえ。ハーバードのソクラテス方式の授業だって、恐竜時代、という視点を持つことが大切。それで、イノベーションを起こして、みんなが学べるようにすりゃあいいのよ。

2013-05-18 07:46:01
茂木健一郎 @kenichiromogi

とに(9)社会のあり方を巡る議論の多くには、ルサンチマンが忍び込んでいる。そして、その背後にあるのは、資源の乏しさ。地位や合格や褒賞が限られているのがいけない。だったら、イノベーションを起こして、東大の入学定員100万人にしちまえばいいじゃん。オレ、案外本気で書いているよ。

2013-05-18 07:48:13
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート943回「東大の入学定員100万人にしちまえばいいじゃん」でした。

2013-05-18 07:48:52

コメント

あきばこ @08232015 2013年5月25日
前にこれに近いことを友だちに言ってそれはない否定されたことある。
0