clear_wtさんの計測の話 郡山勉強会

2013年5月18日に開かれた計測の勉強会より 1、計測は目的を持って 2、校正したから誤差がないと思ってはいけない 3、機器の特性の理解を
leaf_parsley 1663view 1コメント
20
ログインして広告を非表示にする
  • 説明の前に、clear_wtさんと遠藤先生共通の話題なんですが、

    γ線の測定器は、機器のセンサー部を通るγ線をカウントします。

    単位時間内でカウントした数を、cpmなり、空気吸収線量率なり、1㎝線量当量なりに換算して表示します。

    空気吸収線量率と1㎝線量当量は別の評価値なので、比率が
    空気吸収線量率:1㎝線量当量=1:1.2 ぐらいの値になります。
    (現在のCs137による実効線量率は空気吸収線量率とほぼ一緒ぐらい)

    なので、自分のサーベイメータやモニタリングポストが何を表示しているかを確認が必要です。
    (ほとんどの場合は、サーベイメータは1㎝線量当量を表示しています)

  • ↑にはclear_wtさんから以下の注意が入りました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「1:1.2 ぐらいの値になります。」おおよそ間違っていないのですが,私の話の要点の一つは,エネルギー分布や測定器の特性によってそれが変わってしまう,ということなので,この時点でそれを出すとかえって理解を妨げる気がします.

    「(現在のCs137による実効線量率は空気吸収線量率とほぼ一緒ぐらい)」  この部分は「係数1で換算しても過小評価しない」ということだと思います.それは,「係数が1である」とは異なります.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • でもきっと冒頭で読むのをやめてしまう人もいると思うので、あえてここに置いておきます(すいませんclear_wtさん)

  • とういことで講義開始「線量計の校正」についてです。
  • 主催のclear_wtさんは,(放射線関係でない分野の)計測がご専門だそうです。

  • 測るとは何か
  • 測定:ある量を基準として用いる量と比較し、数値または符号を用いて表すこと。

    計測:特定の目的をもって事物を量的に捉えるための方法手段を考案し、測定し、目的を達成させるもの。

    ←目的を意識することが大事  

  • JISとISOについて。
    JISとは、日本工業規格のこと。国内の工業製品に関する項目を統一するために標準規格。(型式、形状、寸法、構造、装備、品質、等級、性能、耐久度、安全度、生産方法、設計方法、製図方法、単位、包装、試験、分析、鑑定、測定方法等々)事細かに規格化されています。
    ISOとは、国際標準化機構です。(JISの国際版?)ISO規格があり、その規格の認可を得ることをISO認証取得といいます。
     サーベイメータ等々の計測器もおおむね(→「全て」から訂正)、こうした規格に則って製品化され、校正されています。

    「計測用語」の規格は、JIS Z 8103 
    原子力・放射線関係はJIS Z の4000番台だそうです.

  • clear_wtさんから
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これらの規格にそってつくられているものも多いですが,「全て」ではないです。
    海外の製品/規格のことは詳しくありませんが,ISOを直接参照するのでなく,それらを元にした国内規格準拠のものが多いかもしれません.
    また,ISOをJISの国際版という表現は微妙かと思います.標準化/規格化という意味では同じなので間違いではありませんが,表現として誤解されやすいかなと.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • どれが難しい?
  • 1、サーベイメータで測る
    2、食品をスペクトルメータで測る
    3、人をWBCで測る

    この3つのどれが難しいかという質問?

  • 「真ん中の食品検査が一番測定しやすい。」と会場から答え
    (食品検査は、スペクトルが得られる。条件を整えることができるーー食品を刻んで固定量の試料にできる。遮蔽が容易。)

  • clear_wtさんより
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    線量計での測定は,スペクトルが見えない状態で(どのようなエネルギーのγ線が来ているか分からない状態で)一つの測定値を求めるので実は意外に難しい
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 測定誤差の3つのタイプわけ
  • ☆系統誤差(Systematic error) 
    ←測定結果にかたよりを与える原因によって生じる誤差
    同一条件下での繰り返し測定ではいつでも同じ傾向がでます。
    (条件が既知  例えばBG?)

    ←解決方法:校正します。

  • clear_wtさんより
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「(条件が既知  例えばBG)」とありますが,「条件が既知」かどうかは本質ではありません.再現性があるかどうかです.「例えばBG」も,BGは一定でないので例として不適切です.例としては,「機器内での変換係数の誤差」等が良いでしょう.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • ☆偶然誤差(Random error)
    ←突き止められない原因によって起こり得る誤差、測定値のばらつきとなって現れる誤差、
    ←同一条件下でも、繰り返し測定時にばらつきが発生します。、
    ←一般的にばらつきはポアソン分布(正規分布)に従います
    (放射線は確率的事象なので、この偶然誤差が必然的!!)

    ← 解決方法:統計処理をします(たくさんカウントして、ばらつきから可能性の高い範囲を決定)

  • clear_wtさんから
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ここは私の説明が悪かった部分ですね「(放射線に限らない)計測の一般論」として,偶然誤差はガウス分布に従う(近付く),という話をしましたが,放射線計測という意味では,現象そのものはポアソン分布であることを説明すべきでした.数が多くなるとポアソン分布はガウス分布(正規分布)に近付くので全くの間違いではありませんが,ミスリードでした.(なお,地の文にある,「ポアソン分布(正規分布)」というのは違います).
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • ☆過誤(Operator error、mistake)
    ←目盛りの読み間違いや、手順ミスのように人為的なミスで生じる誤差
    (一度混入すると取り除くのが困難)

    ←解決方法:「3回測って1回切る。」(何でも3回は測る。そこで極端な値があれば、過誤の可能性が高い。 4回、5回と測らないのは、対費用効率を考えるためだそうです。)

  • ↑clear_wtさんから
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「3回測って1回切る」も計測の一般論として,例えば操作ミス等の<現象に直接かかわる部分以外の>「過誤」に気づく方法として紹介したのですが,計測データの処理方法の一つと解釈された方もいたようで,もう少しその点を明確にした方が良かったと反省しています.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「テレビ」に関連するカテゴリー