Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

燃焼って何だ 熱力学さんがフロギストン説を語る

私の雑学を熱力学さんが補足しましたっす。
7
雑学たん @zatugakutan

焚き火をしてきたっすー!許可されていない場所での焚き火は、川原など一見焚き火をしても問題がないような場所でも、条例などによって罰せられる場合があるっすからご注意を。私は焚き火が得意っす。マッチもライターも虫眼鏡も、木材すら持たずに川原に行き(勿論許可された区域で)焚き火をするっす

2013-05-17 01:18:47
雑学たん @zatugakutan

焚き火と言えば、フロギストン説はご存知っすか?まだ「燃焼のメカニズムが解明されていなかった頃に存在した説で、「燃焼は「燃素」という物質を放出する過程である」という説っす。この燃素がフロギストンと呼ばれていたっす。

2013-05-17 01:24:34
@netsuri_san

@zatugakutan これに少しだけ補足してもよいですか?

2013-05-17 01:36:55
雑学たん @zatugakutan

ここで、フロギストン説に専門家の 熱力学さ @netsuri_san が補足をしてくださるっす!

2013-05-17 01:39:51
@netsuri_san

【熱化学】 は、ものが燃えるとその物質から「フロギストン」という熱を持った物質外に出て行く考えられていました。 それを打破したのはボアジエという学者です。彼は燃焼前と後の物質の質量を精密にし、なぜか燃焼後の方が物質の質量が大きくなることを発見しました。

2013-05-17 01:42:46
@netsuri_san

@netsuri_san フロギストン説では、フロギストンが外に出て行くので質量は減るはずですが、異なる結果がでています。 その後彼は様々な研究を行っていき、最終的に「燃焼では、物質と気体が結合している」という結論にたどり着き、その気体をoxygene」と名付けました。

2013-05-17 01:48:11
@netsuri_san

@netsuri_san 今では燃焼反応は、物質と酸素の結合反応であることがよくしられています。物質が酸素と結合することで質量が増大しているわけですね。 またボアジエは徴請負人をしていたため、最終的にはフランス革命の時革命政府の手でギロチン処刑されてしまいました。

2013-05-17 01:51:47
@netsuri_san

@netsuri_san 私が雑学として聞いたことがあるだけのお話なので、この詳細は本やインターネットで調べてみてください。 参考にwikipediaのリンクを貼っておきます。 http://t.co/LXsfEyikxGアントワーヌ・ラヴォアジエ 以上です。

2013-05-17 01:54:46
@netsuri_san

@netsuri_san すみません。リンクがうまく貼れないようなので、ラボアジエ」、または「ラヴォアジエ」で検索してみてください。

2013-05-17 01:56:09
雑学たん @zatugakutan

なるほどー。酸素は初期型の生命体にとっては猛毒だったという話を聞いた時は驚きでしたが、確かに言われてみれば物を酸化させる「酸素」っすからね…ラボアジエが発見したオキシジェンは、後に「酸素」だと判明し、それが生物学でも登場するわけで、学問とは地続きなんだなあと改めて感じるっす

2013-05-17 02:00:42

コメント

冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年6月27日
? ラボアジェが付けたoxygenと言う名前を、宇田川榕庵(多分)が酸素と訳したと言う事なのでは?
0