2010年9月15日

尖閣漁船衝突に見る中国の宣伝による情報戦(仮)

まとめました。
11
錆猫 @Nyar_Horten

例えば彼の国の行動の概ね全てが超限戦(の中の情報的非正規戦)に端を発していると「仮定」すると、それによって整備された国内世論(国民の幸せの追求)が防衛的な行動(との主張の基行われる、される側から見た場合は侵略と断定される行為)の理由になるのかもしれません

2010-09-14 07:31:14
錆猫 @Nyar_Horten

が、実はその様な解釋を誘発させる事により先方の世論と姿勢を先鋭化させ、その先鋭化を理由に周辺国からの同情的姿勢を得て、以て行動の正当性を得ようとしているのかもしれません

2010-09-14 07:31:28
錆猫 @Nyar_Horten

実際に第一第二列島線といった縦深の確保を念頭に置いた概念、積極防御戦略思想という戦略レベルに於ける攻勢作戰の積極的運用による自国防衛論、更に三つの戦争の概念に於いて政治的外交的に国際世論を味方に付ける事が述べられているので、背景的にはどれも正しく見えてきます

2010-09-14 07:31:46
錆猫 @Nyar_Horten

…と錯覚と其れによる先走りを誘発させ、先方の各方面の耐久力を奪い自滅に追い込もうとしている可能性も全く否定する要素が無いといえます

2010-09-14 07:31:56
錆猫 @Nyar_Horten

以上、例の漁船事件に絡んで所謂策士策に溺れるの実践をば

2010-09-14 07:32:05
錆猫 @Nyar_Horten

宣伝に関する敵の企図、宣伝の内容等を詳細に探査し常に之が実況を明かならしめ又敵の宣伝の信憑するに足らざる事実を調査するは宣伝の防衛を的確有効ならしむる為緊要也各種情報を整理統合するときは往々敵の宣伝企図又はその内容を判断し得るものとす

2010-09-15 05:36:07
錆猫 @Nyar_Horten

我軍以外に対して行はるる敵の宣伝に関しても亦其特質上深き考慮を要すものあり就中我と我同盟国軍民とを離間し或は我軍背後に反軍思想を扶植し或は我軍後方の住民を使嗾して騒擾を惹起せしめんとする場合等に於ては之が防衛の為軍は関係諸機関と協力し必要の処置を講ずるを要す

2010-09-15 05:36:20
錆猫 @Nyar_Horten

以上は作戰要務令第三部、宣伝の実施及防衛の第二章宣伝の防衛より抜粋。要するに情報戦の目的と目標を掴む事、それが敵に利する内容である事を実証するのが防衛に於いて重要ですよ、というお話

2010-09-15 05:36:45
錆猫 @Nyar_Horten

で、過程を端折ってぶっちゃけてしまいますと、その目的はさておいて、彼の国的には相手が勝手に屈服、或は暴走してくれた方が事は簡単に進む、と考えているのでしょう(海峡問題への対応から推測する限り、有事はやはり最終手段と見るべきです)

2010-09-15 05:37:10
錆猫 @Nyar_Horten

また、軍だけを見るに、仮に有事に至るにしても少なくとも今後十数年は有事を避けたいというのが本音なのだと思われます(超限戦思想や接近阻止戦略、将校の教育計画を見る限り。”但し”、それ以前に事至っても彼等は正面切った戦いを全く躊躇をしないでしょう)

2010-09-15 05:37:46
錆猫 @Nyar_Horten

以上から、彼等的には双方共にテンションを上げ、それを追風に彼等の現状への正当性を付与しつつ、最悪の状況回避への努力を演出する事が現在に於ける最善の効果なのかもしれません(要は、最終的に敵の自発的屈服を目標とした軍備更新"等"の正当性とその為の時間稼ぎ)

2010-09-15 05:38:18
錆猫 @Nyar_Horten

逆に言えば、一方が粛々と法に則り対処し、またその国民も特に騒ぎもせず、逆に自らとその国民のみが一方的にテンションを上げるという状況は、自らの立場を追い込む結果となる可能性が高くなり、望ましくない状況と言えるのかもしれません

2010-09-15 05:38:48
錆猫 @Nyar_Horten

以上、畑違いな憶測話をば。全て戯言ですから

2010-09-15 05:39:02

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?