2013年5月21日

戦争を描くということ

たまたまTLを覗いたら、面白そうなやりとりがなされていたのでざっとまとめてみました。
8
菅野完 @noiehoie

藤田嗣治の「サイパン島同胞臣節を完うす」という、サイパンでの民間人玉砕を描いた大作があるんだけど、あの絵は藤田と思えないほど精細で、グロテスクですらある。あの絵は、藤田にとって「ゲルニカ」だったんだと思う。

2013-05-21 11:53:43
菅野完 @noiehoie

「サイパン島同胞臣節を完うす」の真ん中では、ライフルを口にくわえて足で引き金を引こうとする瞬間の男性が描かれ、その脇では、母親が赤ん坊の首を絞めている。ああいう絵から「国威発揚」要素なんか読み取れるはずがない。素直に観れば反戦画。

2013-05-21 11:53:59
司史生@停滞中 @tsukasafumio

@noiehoie @gishigaku 凄惨な描写や悲劇的な描写があるから反戦画と結論づけるのは、戦争を非とする現代的価値観からの後付けではないかな。ユンガーの戦争文学を見ても、悲惨や悲劇はヒロイズムの母胎となる。

2013-05-21 12:18:10
司史生@停滞中 @tsukasafumio

アッツやサイパンの玉砕図を描いている最中の藤田に会った人の証言だと、芥川の「地獄変」の絵師のリアル版という感じだった。

2013-05-21 12:28:04
司史生@停滞中 @tsukasafumio

かなり前にTBSの報道特集で、藤田をはじめとする戦争画についてルポがあり、従軍画家のひとりがインタビューに答えていた。その人は過去を隠さず「戦争は古来から芸術の主題だった」と言い切り、全身に蛆の涌いた日本兵の死体画を描き続けていた。

2013-05-21 12:32:05
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

@tsukasafumio 『軽騎兵旅団の襲撃』の記事で書いたけど、戦争の悲惨さを栄光に結びつけていたのはイギリスでも同じですね。日本は特に非西欧ということで際立っているが、芸術作品は社会と文化の所産なので、「悲惨の描写・受容」の分析にはコンテキスト的な理解が欠かせない。

2013-05-21 13:41:13
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

田中日佐夫『日本の戦争画 その系譜と特質』ぺりかん社、清水一嘉/鈴木俊次編『第一次大戦とイギリス文学 ヒロイズムの喪失』世界思想社、を手がかりとしてとりあえずお薦め。

2013-05-21 13:44:56
千坂恭二 :『哲学問答2020・ウィルス塹壕戦』 @Chisaka_Kyoji

ユンガーの戦争肯定の極限とされる作品について、徹底したユンガー批判者であるマルクス主義者のルカーチは、そこに左翼反戦作品よりも徹底的に戦争の凄惨さが描かれていることを認め、戦争の地獄の表現が、人間の倫理感に訴える構造を明らかにしている。

2013-05-21 13:47:56
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

@tsukasafumio ユンガーの『鋼鉄の嵐』は…あれはトルストイの『セヴァストポリ』と共通しているような気がします。戦争という巨大な現象に叩き込まれた人格が、それをどうにかして他者に伝えようとした場合、「とにかく全て」を書くしかなかったのではないかと。

2013-05-21 13:50:37
千坂恭二 :『哲学問答2020・ウィルス塹壕戦』 @Chisaka_Kyoji

むろんユンガーの戦争作品の解釈はそのようなイデオロギー的なものに終始するわけではなく、戦場における感性の極限化から、理性的日常を越えた美的感覚の表出と見る立場もあることはいうまでもない。

2013-05-21 13:50:41
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

ハシェク、レマルク、ユンガーがそれぞれ描いた大戦は大きく違っているが、象を撫でるの諺の通り、一つの作品、一つの手段で巨大な戦争の全体を捉えるのは不可能だ。だが、ユンガーは初期のトルストイと共にそれを試みて、一定の成果を挙げているように読める。

2013-05-21 13:57:27
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

だから、後の日本の戦争画(そして歴史画も)はその「骨格と思想」において、西洋の戦争画・歴史画とは別物である。明治神宮聖徳記念絵画館や東京府養生館といった官営ギャラリーの目的は、恐らく手本となっただろうヴェルサイユ歴史美術館と重なるが、展示作品の傾向は大きく異なっている。

2013-05-21 14:12:10
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

末期の西洋戦争画は、ほとんどレイディ・バトラーのみが「悲惨」を主に描いたが、他の画家たちは「栄光」の言わば隠し味として「悲惨」を使うことが多く、結局、それらは母体となった帝国主義ミリタリズムと共に第1次大戦の現実の前に打ち砕かれ、そして西洋戦争画の長い歴史自体もここで終わる。

2013-05-21 14:15:43
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

対して、大戦期の日本の戦争画、つまり聖戦画は、取り憑かれたように「悲惨さ」を追求していった。画家たちがそれを望んでいたと言うより、日本の統治権力が、戦時下の社会がそれを必要としていたのである。

2013-05-21 14:19:42
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

日本とフランスの間にあった、インサイダーにしてアウトサイダーであるレオナール・フジタの『アッツ島玉砕』は、「骨格と思想」において、どのように位置づけられるのだろうか。それは日本のものなのか、西洋のものなのか、ハイブリッドなのか。

2013-05-21 14:23:45
司史生@停滞中 @tsukasafumio

@thorn_the_socrs 戦時下社会と戦後社会の継続性を考えると、悲劇性の強調により平和を訴える図式の戦後日本の映画やドラマが、本当に反戦的なものであったのかという疑問が生じますね。岡本喜八や鈴木清純の活劇こそ、戦争批判においてより深く痛烈だったのではないか。

2013-05-21 14:30:18
司史生@停滞中 @tsukasafumio

周知のように岡本喜八や鈴木清純の戦争映画は、中国戦線を舞台にしたものが多い。1980年代以降の日本の映画やドラマは、反戦映画であっても、その大半は対米戦やシベリア抑留を描くことで中国から目を背けていた。

2013-05-21 14:35:04
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

@tsukasafumio 民衆の被害者的な悲劇性の強調には、戦争責任を権力に押し付け、もって民衆を免罪化するという効果があると思いますよ。この辺は、大戦中の「悲惨な戦意高揚作品」との表裏一体として考えてみると面白いかも。

2013-05-21 14:38:11
司史生@停滞中 @tsukasafumio

@thorn_the_socrs 戦時中の戦意高揚映画を見たアメリカ人の学者は「これは反戦映画ではないか」と感想を述べていました。

2013-05-21 14:41:25
司史生@停滞中 @tsukasafumio

岡本喜八や鈴木清純の戦争活劇は、カリカチュアされていたが中国戦線末端の兵士たちを描いたものであった。徴兵された平凡な日本人で、特攻隊員やひめゆり部隊のように聖化される特別な存在ではなかった。岡本喜八の反戦映画『肉弾』は特攻隊員の聖化をはぎとることで戦争の空しさを描いている。

2013-05-21 14:51:06
司史生@停滞中 @tsukasafumio

戦中の藤田の言動は嫌々というより毒食らわば皿までというか、過剰適応による痛々しい熱狂が感じられて、それが乖離を生んだように思われます。 RT @noiehoie @gishigaku ただ藤田の場合は、ちょっと普段の作風と乖離がありすぎるんですよね。 RT

2013-05-21 15:01:38
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

反戦映画で好きなのは『あゝ声なき友』。有馬頼義原作、今井正監督、渥美清主演、冒頭ですぐ死んでしまうがセブンからちょっと後の森次晃嗣も出ているという壮観な組み合わせだけど、巷での知名度はもう一つという作品。幸いDVDは新品で買えますが。それはともかく、渥美さんは本当に上手いよね。

2013-05-21 15:02:39
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

個人的体験を超越した「戦争」全体を弾劾する「反戦」作品としては、レマルクの『西部戦線異状なし』よりもハシェクの『兵士シュベイク』の方が上だ。なにしろ、自分は安全な後方にいたまま、不運な兵卒をかたっぱしから絞首刑に処するのが大好きな将軍を、滑稽な喜劇の人物として描いているのだから。

2013-05-21 17:37:03
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

ハシェクが弾劾しているのはこの将軍ではない。滑稽な喜劇という方法論でのみ捉えることができる、と彼が考えた「戦争」である。

2013-05-21 17:38:33
司史生@停滞中 @tsukasafumio

戦時プロパガンタを研究するアメリカの学者が指摘していたんだけど、日本の戦時の映画は英米のように観客の憎悪をを駆り立てる邪悪な敵をあまり登場させない。「加藤隼戦闘隊」のように、敵の存在感は希薄で、模範的日本人の尽忠報国の努力や心情の描写に力点が置かれていた。

2013-05-21 19:38:25
残りを読む(8)

コメント

マウントフジのキャスター(熊柱) @m_akasya 2013年5月21日
まとめを更新しました。面白いけど拾っていくときりがないのでこのへんでまとめ終了とした方がいいかのぅ
0
hipopotamasu219 @hipopotamasu219 2013年5月24日
「醜悪な敵」よりも「美しい私たち」にはドキリときた。現代の自分らにも充分通用すると思う。怖い。
0