10周年のSPコンテンツ!

加藤嘉一大先生の講演メモ

中国で一番有名な加藤嘉一大先生がアメリカから帰国して公演すると聞きつけ、かねてから大先生への質問を募集していたいっしゅう先生@atw01が、当日の様子をツイートしてくれました。
ログ 加藤嘉一 大先生
4
一周 @atw01
加藤大先生の講演、話してた内容を淡々と書いてくかな。
一周 @atw01
正直な感想を言うと話してる内容はまとまってて、中国のテレビとかグロー○ビスの時みたいな「イラっとする」感じがなくなってた。
一周 @atw01
とりあえず今日の朝は名古屋城の周りをランニングして、昼はひつまぶしを食べたらしい。「残念なことにマラソンブームのボストンと比べると若い人が全然走ってない。日本の若い人は時間的余裕がないのかな」みたいな話をしてた。
一周 @atw01
これまで及びこれからの中国を理解するのに必要なキーワードとして「四つの軸=安定・成長・公正・人権」をあげていた。
一周 @atw01
胡錦濤・温家宝政権の10年間はこの四つの軸のうち「安定」と「成長」を重視してきた。結果「公正」はできうる範囲、人権は後回しという形に。
一周 @atw01
胡錦濤氏の話をするのに「私は胡錦濤さんに非常にお世話になったのであまり言えないですけどw」と前置きしてたのが印象的だった。
一周 @atw01
中国経済が成長する中で、実った果実を得ているのは富裕層だけでなく、2007年の農業税廃止など農民達も得ているとのこと。その例として、加藤氏が北京に留学した当時、北京地下鉄は5元だったが物価が上がる中この料金は2元に下がった。という話をだして、これは無産階級への中共の配慮だと解説。
一周 @atw01
加藤氏がハーバードで議論した研究者曰く「中国共産党は無産階級に媚びる必要がある。彼らが一番怖い。中産階級は彼らほど怖くないし、富裕層は移民したければすればよい」とのこと。
一周 @atw01
加藤氏の習近平氏への見方は「大衆に対して直接話しかける」「用意された原稿を読まない。指定された色のネクタイを締めない」など自分を出す傾向があり、胡錦濤氏と比べるとより人間味のある人で個性を全面に押し出す人。という印象。
一周 @atw01
李克強氏に関しては、素朴で地に足のついたやり方が期待できるのではと。特に3月17日の全人代の記者会見でのパフォーマンスは印象的で、どんな質問に対して理路整然と答える姿は非常に期待できると。個性の習近平に対して政策理論に精通した李克強氏というコンビ。
一周 @atw01
胡錦濤政権は「科学的発展」というメッセージを以て安定と成長を重視していたが、加藤氏がアメリカで参加していた議論の場では「社会制度改革」が次のメッセージとしてあがっていた。
一周 @atw01
習近平政権の10年は「ポスト安定・成長時代」。経済の減速などで「中国共産党が統治者である正当性」が揺らぐ。習近平政権は前述した「安定・成長・公正・人権」という四つの軸のうち、三つ目の公正を重視することで、正当性を確保する必要がある。とのこと。
一周 @atw01
「統治者の正当性」という意味では、日本のあり方は「プロセス型」の正当性。中国のあり方は「結果・業績型」の正当性。(医療・教育・経済・生活など)この結果が担保されているから「中国共産党が統治者である正当性が認められている」とのこと。
一周 @atw01
ちなみに加藤氏曰く「この習近平体制の10年間に民主化はない」とのこと。
一周 @atw01
現在積極的にアピールされている「反腐敗闘争」だが、その背景は「政治改革はまだできない」「国民の不満の高まり」「現状に対する党の危機感」。だが、制度化されていない人治的な現在の手法では「反腐敗がさらに腐敗を生んでいる」のが現状。なのでこのアピールは短期的・限定的だろう。とのこと。
一周 @atw01
経済に関して今後は「内需型」にしていく。内陸にはまだまだ豊かになれる余地がある、と。中国共産党はリーマンショックとGDPが日本を抜いたタイミングで、国民の経済の観点をGPDから切り替えて欲しいというメッセージを出した。新たな観点は「一人当たりのGDP」「CPI」「大学生の就業率」
一周 @atw01
李克強氏が出しているメッセージ ・経済は「内需型」への移行で成長して行く。 ・民生改革(中産階級の拡大)定義は6万〜50万元。現在は3億人 ・社会の公正、特に法治主義の徹底 とのこと。
一周 @atw01
加藤氏が皮膚感覚で感じている「中国のリスク」は、機会平等が確保されていないことによって、中国社会に「どうせ頑張ったって」という空気が蔓延しているということ。
一周 @atw01
加藤氏の考えでは、李克強が述べていた三つのメッセージ=「リコノミクス」の実現に関してキーになるのは「都市化政策」。
一周 @atw01
農民工(都市で働いているが都市戸籍を持たない農村からの出稼ぎ労働者)は李克強氏の発言では2億6千万人。その60%が都市戸籍が欲しいという希望を持っており、権利意識が高まっている。とのこと。
一周 @atw01
2009年に「改革解放の立役者は誰か」という投票をするイベントがあったが、リベラルな人が多かったのもあって「それは2億人の農民工だ」という声も多かった。彼らが中国の経済を支えた。とのこと。
一周 @atw01
そして、都市化政策の最初の一歩は「この農民工に都市戸籍を与える」ことから始めなければならない。とのこと。
一周 @atw01
現在の中国の都市化率は53%。調査にもよるが毎年1%の成長をしている。とのこと。
一周 @atw01
チャイナコンフィデンシャルによれば、「農民工が2012年に消費した額は4.2億元。所得は前年比12%up、月収平均は2995元。対して都市戸籍を持つ市民は9.3%upと農民工の方が大きい」とのこと。
一周 @atw01
農民工に3000元なんて給料(月額)はリーマンショック前だったら考えられなかった。当時であれば北京大学を卒業してメディア関係に入った人の給料。この事は中国共産党が無産階級の党出あるということの象徴である。とのこと。
残りを読む(27)

コメント

小琳达 @jm_linda 2013年5月23日
今後中国が発展し続けるためには、都市化による効率化、社会安定、内需拡大、付加価値産業育成を行う必要がある。従来の経済成長を牽引してきた労働集約、土地開発主導型経済発展には限界が来ている。改革には既得権益を守る国営企業を再編し、地方政府債務の整理などに着手しなければならない。前述の成長方向のためには、中央政府と地方政府の利害が相反する点も多く、安定成長も一筋縄ではいかないと思われる。
大磐利男 @broyeran 2013年5月28日
思いの外まともという意見も散見するが、以前のこれ→http://togetter.com/li/403465とかひどいのがあるからそうおもうだけじゃないかな?言っていることは中国に関心があれば新聞や雑誌で目にするようなすでに廣く知られた話ばかりで「中国で一番有名な日本人」や「ハーバード」で研究とかの看板に比べると内容はいまいちだと思ってしまうのは辛い評価かな?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする