マジ(本気)でやるって大事

昨日、試合後にちょいと別の話をしたんだけど、前に書いた高校生系のをまとめておこうと思った。
3
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

怪我する前に、卒業生がテニスコートに挨拶に来たときには彼女たちに話したことだから、だいぶ前に頭の中にまとまってたこと。前にしばらくしたらツイートメモするって言ったたやつ。入院とか手術でばたばたしてたし、そんな状況じゃなかったからまとめがのびのびだった。ちゅうことでメモ。

2013-04-14 11:24:58
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ1:ここ2年ぐらい高校生を見てきて、しかも自分のガキども、自分を比べてみて分かったこと。今までも、テニポコートでは高校生たちにしょっちゅう言ってた。「若い時期に一度は、”それ”が生活の中心で自分の生活が回ってる、っていうような感じで全精力を傾けてみるとよいよ」ってこと。

2013-04-14 11:28:54
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ2:しかし、どーもこの表現ではイマイチしっくり来ない、とずーっと思ってた。で、しばらく前にようやく上手く言葉で表現できるようになった。「若い時に一度はマジ(本気)になって何かをトコトンやってみるべきだ」っていえば分かりやすい。

2013-04-14 11:31:40
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ3:で、マジになってトコトンがどういうものかが分かってないってのが重要なポイント。要するに、「本気になって」の本当の本気レベル分かっていない場合がほとんどだ。それに対する妨害もある。つまり、親や学校の先生が、「あることに特化してマジに、本気になる」のを無自覚に妨害する。

2013-04-14 11:35:50
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ4:多くの場合、みんな「ほどほど」を求める。例えば勉学でも、「このぐらいのレベルの大学に行けるぐらいは最低でもなって欲しい」ってな感じで、それに対してクリアすることばかりをやってる。「マジに、本気に」じゃない。最初からマジになることトップを目指すことをあきらめてる。

2013-04-14 11:38:24
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ5:でも、本当は一つ「マジに、本気にトコトンやってみて、それで自分なりにマジ、本気ってのがどんなもんかってのが分かってくる」って経験をしてみるのが一番大事。実は、天はニ物も三物も与えたって感じの奴が世の中結構いるけど、それは「マジ」の感覚をつかんだら全部「それ」の応用だから。

2013-04-14 11:48:20
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ6:だから、端から見てると「自分にはあんなに毎日同じように大変なことできない」ってい感じるようなことでも、本人は至って自然で特に負荷だと思ってない。巡航速度感覚でやってる。一度「マジに、本気に、トコトン」を本当の意味で経験すると、自然に「マジ」がデフォルトになる。

2013-04-14 11:52:26
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ7:じゃあ、それやるにはどうすれば良いかっていうと、自分が好きなものをとにかくトコトンやって見るのがよい、となるわけだ。僕が言ってるのは、体動かすのやスポーツするのが好きな子は特にテニスみたいな球技は、ある意味遊びの延長だから、それなりに楽しいから取っ掛かりとしては最高だと。

2013-04-14 11:55:13
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ8:ま、要するにそれは僕の場合そうだったわけだが、とにかく「マジに、本気で、トコトンやる」って事が重要。ところが多くの場合、親や教師は「そんなことばっかりやってないで」となるわけだ。どれも「ほどほど」になって、その場しのぎの即効性の結果だけを求める。でも、それじゃあ先がない。

2013-04-14 11:57:51
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ9:ただし、「マジ、本気、トコトン」やれば誰もがその分野で花開くとは言わない。スポーツでも学問でもやっぱり個体差はあるし適不適は明らかにある。でも、「マジ、本気、トコトン」が自分の中で巡航速度になってると本当に自分に適性なものにであったときに花開くチャンスを逸しない。

2013-04-14 12:00:27
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ10:多くの場合、「マジ、本気、トコトン」を経験してないがために、自分の適性に出会ったときにチャンスをつかめずにいる、ってのが実情だと感じる。自分のガキどもには、とにかくテニスやるならマジでやれ、自分が大学に進学してやりたいことあるならその分野はマジでやれ、と言い続けてきた。

2013-04-14 12:02:48
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ11:最近見てると、ガキどももようやく「トコトンやる」って事がどんなことかが少し分かりかけてるような感じが見られる。そうすると、そのもの自体、例えばテニスや物理やらの学問それ自体がだんだんおもしろくなってくる。そうするとあとはOK。

2013-04-14 12:05:18
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ12:テニポを教えてる子たちの中にもここに来て2人ぐらいはその入り口に入りつつある子がいる。でも、ほどほどにってのが大多数の家庭のパターン。もっと本気でやったらかなり良い線までいくんだけどなーって子でも、そんな感じだ。ただ、それは強制しても意味ないからねえ。

2013-04-14 12:09:02
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

マジ13:「マジ、本気、トコトン」が「ほどほど」勢力に負けてる感じ。いやみな言い方をすれば、そういう現実が世の中ある一部の人たちがどーしても有利になるってのにつながるわけだ。でも、本来なら出目で決まってしまうのを、学校が補完すべきなのに、今や親の意向のままにだもんなあ。

2013-04-14 12:16:54
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

やっぱ、最初のまとめは長くなりすぎるなあ。13個か。

2013-04-14 12:17:40
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

高校生にテニポを教えてると、学校の教師も保護者も、果てまた生徒自身も「結果」を手っ取り早く、に毒されているのを感じる。テニポに限らず、学業、学問系に関しても同じだ。まずは、手っ取り早く「大学入試にパス」することだけを求める。テニスで言えば手っ取り早く試合に勝つことを求める。

2013-05-23 08:49:34
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

そんな手っ取り早く「結果」なんか求めていても、必ず頭打ちになる。やはり、基礎、基本、手順の正しさがベースにあってこその結果だ。分かりやすい例で言うと、試合形式ばかりやって結果だけを求めれば、1,2回戦は手っ取り早く勝てるようになる。でも、それ以上勝つのは無理。ベースが無いから。

2013-05-23 08:52:49
ピッコロ大魔王 @piccolo_daimaou

一方で、基礎、基本、手順の正しさをしっかりやるとなると、ある程度時間がかかるので1,2回戦を勝つまでにそれなりに苦労する。でも、そこをクリアするとその先の可能性は非常に大きい。ゆくゆくはベスト何とかも狙えるようになる。本質的にはこっちを目指すべきだと個人的には思う。

2013-05-23 08:56:25

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?