関東ロームってどうやってできたの?

@HayakawaYukio さんによる関東ロームの成因に関するツイートのまとめ
地学 もやもやする話
Y_Suzuki 14743view 26コメント
46
ログインして広告を非表示にする
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-15 17:03:50
    「関東ローム」という言葉は一部の教科書に載っている。しかし「関東ローム」がどうやってできたかを正しく知っている日本人はごく少ない。社会の知というものは、せいぜいそんなものだ。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:19:31
    きのう話題にした「関東ローム」。関東平野の西にある富士山や浅間山が噴火して降り積もった火山灰だとふつう説明されるが、それは間違い。ほんとうは、河原や畑の土が春の強風で巻き上げられて風下側に降り積もってできた。4月5月に盛ん
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:19:58
    火山というものはめったに噴火しない。富士山はもう300年も眠っている。いっぽうロームは毎年0.1ミリ、100年で1センチ、1万年で1メートル積もる。関東地方の河原や畑の土には火山灰がたくさん露出しているから、関東ロームの構成物にも火山灰が多い。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:22:01
    火山が噴火しなくても、ロームは毎年積もる。火山が噴火すると、ロームの間に軽石や火山灰が挟まれる。宝永スコリアや東京軽石だ。最近1万年間のロームは、不思議に黒い。黒土という。人間が植生をいじった結果のようだ。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:25:37
    関東ロームを水洗いして中から鉱物をみつける実験手順が学校教科書にのっている。そうやって石英だの角閃石だのを子どもたちに自分でみつけさせて顕微鏡の下で観察させる手順はよいのだが、「火山灰がはいっているからローム層は火山の噴火でできた」と結論させるのは間違っている。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:37:24
    噴火で東京に火山灰が1ミリ積もっても、それはたいへんなことになる。2009年2月2日の浅間山噴火で横浜に降り積もった火山灰はわずか0.001ミリ。もし、あの1000倍の噴火が10年に1度起こるのなら、東京にはとても住めないはず。でも住んでる。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:40:49
    毎年0.1ミリのロームは、4月5月の50日に毎日0.002ミリずつホコリとして堆積してできた。だから、関東の春は、掃除がたいへんなんです。関西も春の掃除はたいへんだろうが、関東と比べたら、まし。風で飛びやすい火山灰の露出が少ないせいです。
  • Nobusuke Iwasaki@つくば @wata909 2010-09-16 07:42:08
    関東ロームが風成二次堆積物だとするなら、一次堆積物に比べて、粒度とか鉱物組成とかが変わるはずだが、そういう話は聞いたことがない。というか、光学顕微鏡で見られるほどの鉱物が風に飛ばされて二次堆積するんだろうか。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:44:14
    ホコリがなぜ4月5月に集中するかというと、地面が緑でまだ覆われていないから。そして強風が吹きやすい。太陽高度が高くて、地表が乾燥しやすい効果がこれに上乗せされる。6月の梅雨の時期をすぎると、日本の地表は緑ですっかり覆われるから、ちょっとやそっとの風ではホコリがたたない。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:46:30
    冬は、緑が枯れて土が露出するが、気温が低いために湿っていて、風が吹いてもホコリがたちにくい。地面が乾くのは、桜が開花するころ。だから日本の花見は、ときにじゃりじゃりなんです。
  • OHTSUKA Ko-hei @kokogiko 2010-09-16 07:48:42
    @wata909 火山学者さんということなんで、「へぇ〜」ボタン押しながらリツイートしたんですが、どうなんでしょう。黄砂もはるばる飛ばされてくるので、あり得る話かなとも思ったんですが、黄砂とは粒子サイズがが違うんでしょうか。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:53:32
    ローム層の堆積には気候が重要。世界中どこにでもあるものではない。日本にはもっとも有利な条件が整っている。ニュージーランド北島もそう。アイスランドとカスケード(北米)には、ロームに似るがやや違う泥炭が堆積している。大陸の真ん中や地中海の火山にロームはほとんどない。砂漠だから。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 07:56:47
    熱帯はよくわからない。すくなくとも最近1万年だと、噴火で降り積もった軽石や火山灰の上下に黒土があるが、古い時代はよくわからない。ジャングルで露出がほとんどないので調べられていない。
  • 松浦晋也 @ShinyaMatsuura 2010-09-16 08:00:37
    そうだったのか!RT @HayakawaYukio きのう話題にした「関東ローム」。関東平野の西にある富士山や浅間山が噴火して降り積もった火山灰だとふつう説明されるが、それは間違い。ほんとうは、河原や畑の土が春の強風で巻き上げられて風下側に降り積もってできた。4月5月に盛ん。
  • Nobusuke Iwasaki@つくば @wata909 2010-09-16 08:03:32
    @kokogiko RTされてる中にもありますが風に飛ばされるものの多くはホコリといえるぐらいの細かいものです。一方でロームと呼ばれるのもはそれよりも粒径の大きなものも含まれています。そう考えると、全部が全部に風成の二次堆積と考えるのは無理があると思います。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 08:06:32
    過去の情報を現在に伝える唯一の物質が地層です。地層がどうやってできたかは、その構成物の種類だけからではわからない。堆積学的な考察が必要。物理のひとには流体力学といっておこう。ロームを実験室に持ち帰って水洗いする手順は、過去を知るための重要なプロセスを切り捨てたやり方だ。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 08:08:56
    そのやり方にも、それなりの価値はある。石英や角閃石の鉱物学的特徴を知ることができる。ただし過去に起こった事件を復元したいと思うのなら、ロームが野外に置かれたままでその特徴を調べる必要がある。崖を下から上まで丹念に観察する。あたりをうろうろ回って分布を調べて地図をつくる。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 08:11:04
    実験室に持ち帰って分析する手法は簡単だし、確立されているし、安全だから、教科書には載る。でも、地球を探求しようとするときにほんとうに大切なことを、置き忘れてないか。
  • Nobusuke Iwasaki@つくば @wata909 2010-09-16 08:11:43
    @kokogiko 昔々はそういうことをやっていたのですが、今は「どっちにしたって、最近のもんだから良いじゃん!」ぐらいの感覚で見ています。最近といっても千年、万年スケールではありますが、十万とか百万じゃないので、同じようなものかとw
  • 時雨尚未知/makrone @n_shigure 2010-09-16 08:13:12
    mjd!?RT @ShinyaMatsuura RT @HayakawaYukio 「関東ローム」。関東平野の西にある富士山や浅間山が噴火して降り積もった火山灰だとふつう説明されるが、それは間違い。本当は、河原や畑の土が春の強風で巻き上げられて風下側に降り積もって…4月5月に盛ん
  • 矢口裕之 @yaguhiro 2010-09-16 08:14:56
    この話は失礼な笑い話ではあるが、この地域が内陸の冬寒く夏暑い温度環境にあり、岐阜を除いて火山灰土の地域で風塵量が多い場所なのではないかと思う。晴天率の高さ、季節風、火山起源の風塵は女性のお肌に良い訳はないよな〜。と思った次第。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 08:22:20
    私のローム研究は、1990年代に精力的にやったものです。いまウェブでは、1996年に書いたこの文章を紹介します。 http://ht.ly/2EVh2 大学生向け教科書の一部です。私はその後、他者を説得することをやめて、これを前提とした噴火データベースづくりに進みました。
  • Y. Hayakawa @HayakawaYukio 2010-09-16 08:27:14
    噴火データベースはこれです。 http://ht.ly/2EVmq 噴火2000年とテフラ100万年からなります。後者は日本を6地域に分けてつくっています。ちょうどきのう更新したばかりです。今回の更新では、100万年北海道のレコードを大幅に増やしました。長谷川さんスゴイ。
  • まと@P @mato003 2010-09-16 08:27:57
    地盤工学的には、関東ロームと言う名の風化シルト層が関東地方の洪積台地に広く厚く分布している、という事実だけが重要で、通説が間違いと言われても、工学的性状に影響しなければ、鈍感になるのは仕方ない。

コメント

  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-16 12:52:51
    「誰でも編集」にしました。抜けなどがあれば適当にお願いします。
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-16 12:59:22
    関東ロームは、もともとは火山灰だったものだけど、噴火して降り積もった火山灰そのものではなく、風とかで移動しているものですよ。ということですね。地層で見えている火山灰をつかって噴火がいつ起きたかを調べる立場からだと、関東ロームを火山灰と呼ぶのはちょっと違う。
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-16 17:41:29
    専門家向けのローム層成因論の話は→ http://bit.ly/92hgQr の論文集で読むことができます。 火山 40(3)
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-16 21:58:05
    その後のあれこれを追記。意図的にはずしているものもあります。「誰でも編集可」ですのでよしなに。
  • kartis56 @kartis56 2010-09-16 23:27:51
    元々あった火山灰と風などの侵食で他に運ばれた火山灰の区別をどう付けるのかわからない。風で侵食されるのは北西方向が影響大きいだろうけど、この話では埼玉の中央でどっちの寄与が大きいのかわからないし。
  • kartis56 @kartis56 2010-09-16 23:39:53
    追加された部分も読んで、やっぱり論点がわからない。二次堆積物だけを関東ロームと呼びたいということ? だとすると堆積物が集積する下流域の方が厚みが増すということになるはずだけどその点、話に出てないような。
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-17 00:00:20
    @kartis56 大島の火山灰(黒いスコリア)とローム(赤茶色いとこ)の写真です。 http://bit.ly/dAUzm9 黒い火山灰は火口に近づくにしたがって明らかに厚く粗くなります。それに挟まれたロームは小さな噴火でできたわけではなく、風で運ばれてきたものですよ。というのがローム=風成塵派の意見です。
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 00:04:44
    火山灰が積もっただけであれば、粘土質にはならない。ということですか?
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 00:10:13
    風だけの影響というのは原因を少なく見積もり過ぎではないでしょうか。雨で流されてきた分は誤差程度でしかない?
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-17 00:19:43
    @kartis56 粘土質の火山灰もありますが、普通はロームと区別できます。こんな感じです→ http://bit.ly/ahsv4S 水で運ばれてきたものは低いところにしかたまりませんが。ロームは丘の上にもあります。また、(これは伝聞ですが・・)風による影響だけでもロームを堆積させるのには足りるそうです
  • Ryusuke IMURA @tigers_1964 2010-09-17 00:27:47
    スコリアなど粗粒なものは、ほぼ降下した場所に堆積するが、小規模噴火による火山灰はそのまま地表にいたって固定されることはほとんどない。葉っぱの上に積もったものが風で巻き上げられ移動する。そして雨で叩き落されてようやく地表にいたる。雨が降るまでひたすら移動を続けるといっていい。火口から出た火山灰はそのときの上空の風向に流され風下側にもたらされる。一方地表付近で舞い続ける火山灰は昼夜の風向きの違いでも移動するから、とても複雑。結局は地形的低所に集まる。
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 01:57:00
    夏場は窓を開け放しているから分かりやすいのですが、風さえ吹いていれば粉塵は積もりますよ。 そして、4月5月に限定するのはやはり違和感を感じます。月ごとの風力は地域によって変わるでしょうし、通年の風力合成ベクトルを出さないとどこへ向かって堆積したとは言いがたいように思います。また、室内に粉塵がたまるという自分の経験があっても、ここまでの話だけでは、風成塵が主因でロームが形成されたとは納得しがたいです。 今までの概念(ローム=火山灰)は正しくなく、火山灰が風化流出して堆積したものだという点は概念として納得でき
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 02:00:05
    (続き)ます。一番疑問なのは、風によって積もるのが年0.1ミリという点です。雨が降ったら流れてしまうのでは?
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-17 07:25:24
    @kartis56 ちょっと専門的な読み物になってしまうのですが、 http://bit.ly/9S51fG の中に疑問点の答えがいくつかあると思います4・5月に多く堆積する理由は、植生の少ない春の強い風で飛ばされたものが、その後の夏の植生で定着するから。ということのようです。ただ、ご指摘のようにローカルな風の分布や強さとロームの関係までを論じた調査や研究は(私は)知りらないです。
  • Yusuke Suzuki @Y_Suzuki 2010-09-17 07:30:58
    「雨で流される」という点については、雨が降っても地表で水が流れる場所は限られるから、ということではないでしょうか。いずれにしてもこのまとめにある成因は複数ある意見のひとつなので、運搬される仕組みはいろんな要因があって、ひとつの意見で説明しきれない部分があるのかなと思います。
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 14:08:52
    なぜこのまとめにこんなに反応したか。 一般の人は全然理解して無いと始まったので、納得しやすいような話なのかと期待して読み始めたから。 自分なりにまとめるなら、「関東ロームは火山灰自体ではなく、火山灰が風化して粘土質の部分が風雨で流されてきて堆積したので、噴火時期より新しい堆積物で、土質も違う」
  • kartis56 @kartis56 2010-09-17 14:10:42
    出来た原因が風なのか雨なのか、普通の人はあまり気にしないと思います。定説でもないようですし。大事なのはローム=火山灰ではないということだけでしょう。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-09-17 16:11:51
    ほう『関東ローム』(1965)、6万7000円か。金字塔だからなあ。私は、たしかコピーをもっていた。どこいったかなあ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-09-17 16:43:53
    関東ローム、ツイートを追加しました。冒頭の3ツイートを削除しました。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-09-17 16:50:13
    『関東ローム』のひとたちは、ロームの成因を見誤ったが、注目すべき発見をひとつした。それは、古い段丘ほど厚いローム層を載せていることに世界で初めて気づいたこと。一番下のローム層をみれば段丘の年代がわかることに気づいた。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2010-09-17 16:57:17
    特定ツイートに着けたコメントツイートを上に移動して読みやすくしました。
  • 3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011-12-24 07:36:33
    この人「風化」と「風による再巻き上げ」を混同してない?あと、地質学者はフィールド観察したのを持って帰って偏光顕微鏡なり化学分析しますし。また地質学者についてウソついてる。
  • 3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011-12-24 07:42:29
    単なる風化じゃなくて、一旦地表に付着したものが風による再移動なら、移動距離出してくださいよ。再現実験できるでしょ。
  • 3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011-12-24 07:46:39
    そういう時の再現実験の為に、放射性同位体をマーカーとして使うの。これは自然地理学の手法です。繰り返すけど、早川センセが地質学の基礎手法を知らないのは知ってたけど、自然地理学までデタラメだったのには愕然。
  • 3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011-12-24 12:00:25
    ちなみに、風船爆弾に使われていたバラストの砂を分析して、放球地点が日本の茨城県・千葉県・福島県だと割り出したのは大戦中のアメリカの地質学者。

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー