山田ズーニー氏著 『働くためのコミュニケーション力』 おすすめの一冊です。

『働くためのコミュニケーション力』 ちくま文庫 具体的な事例が書かれていて、なおかつコミュニケーションの本質について考えさえてくれる本です。学生、新入社員のみならず、ベテランんであると思っている社会人にとっても教えられることの多い一冊です。紹介するコメントを書き連ねました。
教育 コミュニケーション 就職活動 作文 小論文
2
岩崎敏之 @SKYtamagoro
山田ズーニー 氏著 『働くためのコミュニケーション力』 ちくま文庫 640円 サブタイトルに「半年で職場の星になる!」と書かれています。新入社員のはもちろん、仕事をしている人にも、就職活動中の学生にも、コミュニケーションについて具体的に、本質的なことが書かれているお薦め本です。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(1) 山田ズーニー氏は、小論文指導について考える仕事をされたことを契機に、文章の書き方やコミュニケーションの本を書かれたり、講演、講習の活動をされています。これまでの本も、具体的でありながらも、うわべの作文指導ではなく、ものを考えて生きるという軸足をおいて書かれています。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(2)『働くためのコミュニケーション』は、単行本が文庫化された本です。この本では、山田氏のこれまでの本からさらに一歩踏み込んで、新入社員へのアドバイスをする形をとりながらも、組織で働く上でのコミュニケーションの取り方が、実に事細かに書かれています。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(3) 山田氏は、非常に頭脳明晰で、ものごとの本質を見極めて抽出し、それを分かりやすい形で表現される方だと、私自身は感じています。詳しくは本を読んで学んでいただきたいと思いますが、たとえば、「くれ文」になっていないか?というチェックポイントが書かれています。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(4) 「くれ文」を使っていないか?というチェックポイントを意識するだけで「上司の理解が得られない。」「自分自身の提案を取り上げてもらえない。」など、新入社員のみならず、組織で働く者にとっての悩みや思い込みが解消することができます。「くれ文」の一語で山田氏は教えてくれます。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(5) この本では、自己紹介のポイント、提案をするときに重要なポイント、おわびの仕方、報告の仕方、メールや手紙の表現のポイント、さらには集団の動かし方やリーダーとしての発表の仕方に至るまで、具体的に書かれています。学生にとっても、サークル活動等の運営などにも参考になります。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(6) 私自身がこの本を素晴らしい本だと思うのは、挙げている事例が非常に具体的(松竹梅で、良い例と悪い例が比較して示されたりしています。)であるにも関わらず、目先のノウハウを伝えているのではなく、コミュニケーションの本質について考えさせてくれるように書かれているからです。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(7) これから就職活動をし始めようという学生、今まさしく就職活動をしている学生には、強くお勧めしたい一冊です。単なる就職のノウハウ本ではないので、一生手元において損はありません。帯には「自由はここにある!一生通用する本物の基礎が身につく!」とありますが、まさにその通りです。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
働く(8) 640円の投資額は、十分に元が取れる金額だと思いますので、ちょっと読んでみようかなと思った方は、ぜひ買って、手にして、しっかり読んで、本物の基礎力を身につけてください。以上 『働くためのコミュニケーション力』がとても良い本だったので、ご紹介文を書き連ねました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする