Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

小説家、我孫子武丸さんの考察「強い表現が生み出すもの」

小説家の我孫子武丸さんによる、「児ポ法」についての実作者としての体験談も交えた考察。長いツイートなので、自分用覚え書きとして作成しました。
282
あびこ @sukiyapotes

今回児童ポルノ法の件についてあまり何も言う気が起きないのはやはり、前回の都条例の件があったにも関わらず石原都政を継承する猪瀬が当選したこと、安倍自民党のみならず維新の会のような連中が票を伸ばしたこと。ことは政治の問題と言うより世の中全体が全体主義化を望んでるのだから仕方ない。→

2013-06-02 23:59:44
あびこ @sukiyapotes

→とは言っても黙ってるのもなんなので、他の人が余り着目しない論点から少しだけ。まず、フィクションの中でアニメ、コミックのみが対象とされている件。都条例においては建前上「ゾーニング」の話だったわけで、影響を受けやすい未成年から、比較的目に留まりやすいコミック等を隔離しようという→

2013-06-03 00:04:52
あびこ @sukiyapotes

→意図には、一応の合理性はあった。あるゆる他のエロと同様、「大人になってから楽しめ」ということだ。しかし、「フィクション」の「単純所持の禁止」となるとそれはもう児童虐待とは何一つ関係のない話。目的のすり替えで、何一つ合理性はない。→

2013-06-03 00:11:56
あびこ @sukiyapotes

→そして、あらゆる表現規制に共通して言えることだが、「運用に実効性がないどころか、かえって害悪をもたらすかもしれない」ことを規制派は理解していないということだ。文章にしろ絵にしろ、ある種の表現がある種の人間に影響を与えることはもちろんあるだろう。それは“強い”表現だ。→

2013-06-03 00:16:35
あびこ @sukiyapotes

→表現者はみな“強い”表現をしようと格闘しているはずだ。あえて毒にも薬にもならない表現をしたいやつがいるか?人の心を動かすということはその人に影響を与えるということだ。しかしながら“強い”表現がどのような影響を人に与えるか、実のところ表現者にも分からないのが実状だ。→

2013-06-03 00:20:52
あびこ @sukiyapotes

→ある種の表現が性犯罪者を作りだすというのなら、その逆だって可能なはず。違うだろうか?「人は安きに流れるものだ」という反論があるかもしれない。しかしだとしても、「所詮人とはその程度の生き物だ」ということでしかない。創作物に罪があるのではなく、人自身のうちにある、ということだ。→

2013-06-03 00:28:28
あびこ @sukiyapotes

→漫画家が、児童虐待の恐ろしさを訴えるため、大人が子供をレイプする話を描いたとしよう。その子のトラウマを描き、このようなことをなくしていかなければならない、と訴えるような作品だ。さてそういう作品は今後描けなくなるのだろうか、それとも例外的に許される?→

2013-06-03 00:33:01
あびこ @sukiyapotes

→「検閲」「言葉狩り」というのは硬直的なものだから、実際の運用上、アウトになるに決まっている。そして実際問題、そのような作品であってもレイプシーンがあればそこに反応する人間はいるだろう。ある種の人は「おぞましい」と思い、別の人はそこに快楽を見いだすのは珍しい話ではない。→

2013-06-03 00:36:14
あびこ @sukiyapotes

→“強い”表現の与える影響は分からない、というのはそういうことだ。表現者の意図とは正反対の働き方をする可能性だってあるのだ。 ぼくは以前から、差別用語を単純に言葉狩りすることについては抵抗してきたつもりだ。この間まで連載していた小説で実は、ひどい韓国人差別表現を大量に書いた。→

2013-06-03 00:42:08
あびこ @sukiyapotes

→極めて歪んだ差別意識を持った、サイコパスの登場人物の内心表現として書いたのだから大丈夫だろうと思ったのだが、あいにく編集が法務と相談した結果、やはりまずいという判断で、ほぼそのあたりの表現は削除することにした。それが主眼ではないのでそれ以上抵抗しなかったが、もやもやは残る。→

2013-06-03 00:47:15
あびこ @sukiyapotes

→ぼくは単純な言葉狩りには絶対に反対だしとことん抵抗するつもりでいる。言葉狩りを許せば「差別する人間」も出せなくなるからだ。そんな馬鹿馬鹿しい話はない。ただ今回は言葉狩りというには分量の多いヘイトスピーチだった。殺人鬼の内心であるとしても、作者の意見と思う可能性はゼロではない。→

2013-06-03 00:53:43
あびこ @sukiyapotes

→今回のことはあくまでも出版社の自主規制だし、それがどうしても嫌なら違う会社に原稿を持って行くなり自分で電子書籍を作るなりすればよいと思っているから、「表現の自由」という問題ではない。しかし法律がそういった規制をかけてくる、まして過去の作品や自分の蔵書まで検閲するとなると別だ。→

2013-06-03 00:58:13
あびこ @sukiyapotes

→児童虐待や性犯罪は、差別や貧困や戦争と同様、「現実にあること」「人間がすること」であって、創作表現によって「生み出された」ものでもなんでもない。まず現実があって表現があるのだ。そして、表現にはそのような「現実」を悪くする力もあるけれど改善する力もある、そう思っている。→

2013-06-03 01:05:14
あびこ @sukiyapotes

→そして残念ながら、誰しもに一律にいい影響を与える表現などというものは存在しないし、つまりはいい影響を与える表現と悪い影響を与える表現を区別することもできない。検閲というものが、何か社会や文化にいい結果をもたらすなんてことはありえない、ということだ。

2013-06-03 01:07:57

コメント

甲田由 @coda_you 2013年6月3日
効く薬にはかならず副作用がある。「薬の良い効き目を実感できない! たまにあるっていう副作用のほうが怖いから、その薬を飲むのをもうやめたい!(児ポ法推進派)」「実際に、今現在が回り[世界]と比べて良い状態[犯罪率]じゃないですか! 事故は確かにありますが、副作用との関係はデータを提出して下さいって言ってもあなた証明できていないじゃないですか。この薬をやめて悪化したらどうするんですか!(児ポ法反対派)」……診察室でたまに見られる光景ですな(笑)
7
まきにゃん @ma_china 2013年6月3日
人類に表現の自由など早過ぎたんや_
6
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013年6月3日
↑でコメってるma_chinaは非実在タグを荒している規制賛成派なんで、規制反対派の人は安易に賛同しないほうがいい。(末尾のアンダーバーは「棒読み」って意味で茶化している)
15
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2013年6月3日
出版社やテレビ局は“表現を利用するのが目的”であって“表現するのが目的ではない”から、矢面に立つ気が元々ないんだよね。だから作家さんが奮闘せざるを得ない日本の現実。
19
huna @hunahunahunahun 2013年6月3日
表現というものは「他人を傷つけてこそ」意義がある。受け手の思想とは異なる思想を伝達することに、多様な思想を社会に広めるという価値があるところ、それは受け手の精神に負担をかけることだから。だからヘイトスピーチ規制も「OO人を傷つけている!」という理由では規制できないというのが・・面倒くさいがちゃんと考えないといけない
2
フレーバー @stflaver 2013年6月3日
他人を傷つけることによって得られる表現というのは、実は結構重要だったりするんだけど、それを読み解く場合ってのは、単純にその表現の部分のみを抜き出すだけでは大抵はダメだったりするのが多くて、かなりハードルが高い。けどそれを諦めたらダメなんだよね。我孫子さんの話を聞いて同世代の綾辻さんが「殺人鬼」を書いた時の心境を思い出した。
4
名無しさん @asdaiofuawqp 2013年6月3日
案の定、ma_chinaみたいな一部ネトウヨから表現規制賛成者が出てるな。要は遠回しに「左翼を治安維持法的に逮捕できる(かもしれない)から賛成」って言いたい本音が透けて見える。規制したい連中も元よりそういう事考えてるんだろうけど
13
今泉圭介 @suparobomasterK 2013年6月3日
レイプ…ほどひどくは無くても真面目な観点から児童虐待を描いた漫画作品は色々とありますね、特上カバチ!!22巻、こどものじかん、ちいさいひと 青葉児童相談所物語 などなど
2
マガミ@「南洋通商」 @ryuya_magami 2013年6月3日
規制派は規制の効果と実害、想像し、想定し、計算し…、というのが「できない」。
3
ケイ @qquq3gf9k 2013年6月3日
表現の自由は重要だと思うが、それと同時に作る側の行き過ぎた表現に対する自主規制も必要だとは思ってる。
4
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年6月3日
少年少女誌への自主規制はいまよりも厳しくするべきで、例えばパンツのしわは1本までそれ以上は18禁でもいいと思うのだが(どういう判断基準w)、法律で表現禁止ってのはどう考えてもあかんやろw
0
落雷 @rakurai_uboa 2013年6月3日
児童ポルノではないが、「時計仕掛けのオレンジ」を持ってたら捕まるような世界は嫌だなあ。強い表現と聞いて真っ先に思い浮かんだのがアレだったから。
3
うごー @ugoh76 2013年6月3日
「真剣に見えるとクレームがつくから、時代劇の殺陣をスポンジ製の棒に置き換えよう」と言うようなものかな。強い表現とは真剣での打ち合いのようなものだと思う。しかし…バドリナート・ハルチャンドの存在を理由に「パトレイバー」を所持できなくなる時代が来そうで怖い。
12
skapontan @skapontan 2013年6月3日
真剣は表現上いくないなんてありうるかな? 銃なんか剣と違って、子供でも人を殺せる武器なんだけど。 銃を映画などに出すことを禁じることまで検討されてるならともかく。
0
ephemera @ephemerawww 2013年6月3日
「世の中全体が全体主義化を望んでる」なぜこういう評価になるのやら。中国の不審船衝突事故以後、日本の主権が侵されるいくつかの事件を経て、多くの国民が国土や個人の権利、財産を異民族、異国から守る防壁としての国家の存在意義を再認識したにすぎないだろう。それを全体主義などという言葉に歪めて捉える事自体、この人物の思想は偏っている
4
skapontan @skapontan 2013年6月3日
土下座外交がちょっと腰を上げたら全体主義で、武力で威嚇しまくっても日本以外なら平和主義って、全体主義って便利な言葉ですよね。
8
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年6月3日
野沢尚の「リミット」も規制される日がくるんでしょうかね…。
0
🔞すずきてるを(teru) @teru_s99 2013年6月3日
自主規制を強化すれば許されるか、逆に規制が強化される懸念もあります。あとここでは「何かよく分からないけど、国や法律による指示に従って行動した方が楽」という文脈で使われているようにも読み取れます。> 全体主義
3
むつき @Tmutsuki1 2013年6月3日
魔女狩りのような規制には反対だが、このまとめ冒頭から民意を罵倒するような人物の意見など軽い
2
nekosencho @Neko_Sencho 2013年6月3日
そもそも単純所持規制だったら、大人の楽しみどころか、文献資料のつもりで保存してる類まで危機にさらされるからねえ。現に外国で漫画かアニメの研究してるって人がそういうのでつかまったっていうニュースもあった
5
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年6月3日
Tmutsuki1 猪瀬氏に投票した方の意思も民意ですが、対立候補の二氏に投票した方、あるいは猪瀬氏に反対する方のそれもまた民意と考えれば、そこの文言に拘る意味はあまりないのでは。
0
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年6月3日
Neko_Sencho 今回の改案がもし通ったら、たとえば古典の作品や文献にも影響が及ぶんでしょうか。黄表紙や御伽草子の中にはかなり直接的な表現のものもありますが。
1
まきにゃん @ma_china 2013年6月3日
規制反対派の必殺技、「(古典作品)○○は児童ポルノ!」が炸裂して人間の屑い_ #hijitsuzai
3
ゼン @dainodoragon 2013年6月3日
どこが? アホすぎることばかり言うのが規制派の必殺技か?@ma_china 規制反対派の必殺技、「(古典作品)○○は児童ポルノ!」が炸裂して人間の屑い_
2
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2013年6月3日
遡及法とは、実際そんなものだからな。、「(古典作品)○○は児童ポルノ!」
3
Hikichin ⋈ @hikichin 2013年6月3日
私自身は、自分や読者の心を爆発させてしまう位、強い表現の作品を作りたいと思っている。創作活動をする人には強い表現で訴えたい人はいるはずだ。突き抜けた作品を作るからこそ人の心を打つんだ、感動するんだ。岡本太郎のメッセージである「芸術は爆発だ」「何だ、これは」みたいなものを感じる作品を作りたい。作品を通じて自分も読者にも感じさせたいんだよ。その手段としてエロ・グロが必要な時だってあるんだ。
4
Hikichin ⋈ @hikichin 2013年6月3日
表現規制をするということは、そういった読者を感動させる作品が生まれる機会を奪い取る行為だと思っている。小説や絵画など芸術だと認められやすいものだけ守られればいいわけではない。漫画・アニメ・ゲーム…あらゆる創作物・表現物の垣根を越えて守られるべきだ。特定の創作物だけ守られればいいなんて自分勝手な発想だ。他の創作分野が規制されたら、自分たちの創作分野にもいずれ火の粉が飛び散る。
4
Hikichin ⋈ @hikichin 2013年6月3日
芸術性の高い作品だけ守ればいいのか。そんな訳ない。作り手にとって渾身込めて作りたい作品や、読み手にとって欲する作品は、それぞれ違う。だから、人によって理解されなくてくだらないと思われてしまう作品はいくらだってある。供給側となる作り手の作りたい分野・世界観も違えば、需要側となる受け手の欲する分野・世界観も違ってくる。そして、年代によって文化は異なり、文化の内容・世界観は異なる。だから、自分が嫌悪するものであっても、あらゆる表現は守られないといけないんだ。
5
ケイ @qquq3gf9k 2013年6月3日
理想を言えば雑誌ごとにゲームの様な細分化したレーティングを行い表現による住み分けをマンガ業界全体でやるべきだったのではと思う。しかし、それを出来なかったからこそ規制をかけられようとしてるんじゃないのかねぇ。
1
ファナナ @0420youkey 2013年6月3日
オススメに殊能センセーのまとめがあってしんみりした
0
フレーバー @stflaver 2013年6月4日
過去の~が引っかかる…というのは、本来刑罰を与える法律は、類推適用が出来ないから範囲などを厳格に定める方向に持っていくべきなのに、文言からはそういう規制もあり得るよね?ということに対する危惧の表れだと思う。そこで警察権力は出来うる限り文言を不明確にして、裁量の範囲を広げようとする、そのぶつかり合いの例だと認識している。だから常識に考えて…というのはその通りなんだが、如何様にも出来るという文言は危険性があるんだよ。
3
なが @k_watarase 2013年6月4日
どんなものが心に響いて、受け取った人に心のありようにどんな影響を及ぼすかなんて、推測できやしない。それが可能になるべきだとも思わない。10km先にある小石を、転ぶ原因になるといって取り除くことは正しいの?どんな創作物でも選んでもらわなければ届かないものだ。
0
加藤 @world_of_bear 2013年6月4日
マンガを読んで犯罪を犯すなら、それはマンガが悪いんじゃなくて、マンガ程度で犯罪を犯すような人間に育ててしまった親と社会教育制度が悪いと思います。
3
青空ぷらす @aozorapurasu 2013年6月5日
ライターを子供に持たせると間違って火傷するかもって言う話と、ライターなんかあると放火するヤツが出るから無くそうっていうのはまったく別の話っていうことじゃない?
1
nekosencho @Neko_Sencho 2013年6月5日
2nd_Stain 「そこまでしないだろう」という見方もありますけど、ちゃんと除外する規定が入ってなければ可能性はありますね。また、古典ではない、将来古典になるかもしれない現在まだ埋もれてる作品は、より大きな危機にさらされているわけです
3
ポポイ @popoi 2013年6月9日
#国#地方公共団体#警察 のリソースは有限です。予算も人員も能力も有限です。ただでさえ、警察が動くべき事案で多忙故に動かず、犠牲が出た話が有ります。 #表現規制 #児童ポルノ法 #子供 #虐待 #児童ポルノ
1
ポポイ @popoi 2013年6月9日
有害性の立証も出来ない、絵に描いた物への取締にそれを振向け、実在 #児童 への保護が、その分手薄になったら、間接的な #虐待 ・搾取・ #殺人 ですらあります。 #表現規制 #児童ポルノ法 #子供 #児童ポルノ
1
アイディアパパ倉木 @ideapapakuraki2 2013年6月9日
風俗行ったり、痴漢物のビデオ見たり、児童ポルノみて欲望が満足する奴もいれば逆に助長されて犯罪犯す奴もいる。 +-の効果があるってことだよね? だったら規制で抑制と助長が最も効果的に作用する均衡点を探そうって話にならんの?
0
アイディアパパ倉木 @ideapapakuraki2 2013年6月9日
この手の話題は両極端な意見を本気で言ってる人が多くて・・・ 検閲で雁字搦めにすれば性犯罪はなくなるって意見と同じくらい 検閲というものが、何か社会や文化にいい結果をもたらすなんてことはありえないなんてのはおかしな意見だ
0
げそぱん @gespannt_ 2013年6月9日
何を見ても聞いても考えても経験しても、曲解する奴は一定数存在する。だからこそ、ごく一部の人間の審美眼で何でもかんでも善し悪しを決めるシステムは危険すぎる。
1
モフモフすぅさん @hito_misiri 2013年6月9日
簡単な話、規制について賛成派は「良いものだけを抽出した+以外要らない、それを否定するのは悪そのものだ」という事で反対派は「それをモラル、教育で+-両方共存できる」と思ってますが。俺は基本的に物事にはでかい+が出れば別のところででかい-が出るという考えの人間なんで反対派してますが。
2