2013年6月4日

第四十六話:今、行くよ。 第四十七話:人魚 第四十八話:鬼

角川Twitter小説コンテストにて執筆中の『チョッとした話』を読みやすいようまとめてみました。読了後面白いと感じてくださったら章タイトルや本文のファボやRTなどいただけるとありがたいです。 以下のURLからもどうぞ。http://commucom.jp/t/fo9FMO
0
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 夜遅く、友人から電話をもらった。 「もしもし?」 「もしもし」 「今何時だと思ってる。こんな遅くに迷惑なやつ」 「お前のところ行っていいか?」 「バカ、また終電逃したのか」  僕はうんざりしてため息をついた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:12:07
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 「まあ、すっかり目も覚めたし。起きてる間に来れるなら、僕の部屋に来ていいよ」  そう言って電話を切った。  だけど、何かしら胸騒ぎがしてね。  気になって着信履歴を調べたら、今しがたの着信が残ってなかった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:12:31
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 ゾッとしたね。落ち着いてみたら、さっきの奴を誰だと思ったのか思い出せない。  僕は急いで近所の友人に電話して、携帯と財布と部屋の鍵だけ持ってジャージのままアパートを飛び出した。  心臓はひどくバクバクしていた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:13:08
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 途中で、妙なのとすれ違ったよ。大きく見開かれた真っ赤な目、血を滴らせる白い腕、ボロボロで黄ばんだ歯、ずたずたの服。  振り向くと、そいつは僕のアパートを見上げてにたりと笑って消えた。血が凍ったような気が、した。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:13:54
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 殺されるところだった、それは明確に直感した。  友人の家に着いても生きた心地がしなくてね、徹夜したよ。  翌朝部屋に戻ってみると、部屋の前に錆びた携帯電話が落ちていた。電池は抜けていて、どこにも発信できない。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:14:26
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 拾い上げた、そのときだった。  僕の携帯が、鳴った。おそるおそる耳に携帯をあてがう。 「もしもし」 「もしもし?」  昨日と同じ声だ。 「今、行くよ」  動けなくなる僕の後ろに、チン、とエレベーターが到着した。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:15:17
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 そこから先は、君の想像に任せるよ。とにかく、生きた心地はしなかったね。  僕が最近携帯電話を持ち歩かないのも、深夜に人を家に泊めないのも、実は、こういうわけなのさ。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 19:16:28
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 大学に入学して初の長期休暇、僕は一人旅に出た。ミステリーツアーってやつに参加して、カメラ片手に行ったことのない地へぶらりと行ってみたんだ。  海の綺麗な、素敵な土地だった。未だに地名は知らないままなんだけどね。 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:32:45
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 それで、旅の二日目のことだったかな。  朝早くに、止まっていた旅館のそばの砂浜を一人ぶらぶら歩いていたんだ。その時、波打ち際で何かがもがいているのが見えたんだ。  ひどい暴れようだったから、急いで駆けつけた。 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:33:25
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 すると、トップレスの美人が転がってた。女は僕の方を見てウミネコの鳴き声をあげたよ。  更によく観察すると、女の下半身は魚だった。ははぁと思ったね。これは、噂に聞く人魚ってやつに違いない。 「僕の言葉が分かる?」 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:33:46
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 訊ねると、女はやはりウミネコの声で答えた。会話にならない。  すると、女は僕を招き寄せた。近づいてみると、首元に唇で触れられた。痺れるようなキスだったよ。  女はそのまま、ふっと掻き消えるようにいなくなった。 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:38:01
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 あとには巨大で不気味な魚が一匹、転がってた。これ以上の関わり合いは持ちたくなかったし、僕はその魚を放って宿に戻った。  朝から刺身が出たよ。  なんだか妙な気がしてね、とりあえず刺身には手をつけないでおいた。 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:39:07
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 あんな魚を見たあとじゃ、食欲もわかないし。  それで、自由時間になってほかの旅行客が宿を出るのを待ってから、旅館の女を捕まえて話を聞いてみた。 「大きな魚が波打ち際にいたんです。あれってもしかして人魚ですかね」 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:39:53
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 すると女は柔らかく微笑んだ。 「ええ、そうです。ここで働いているものは、満月の明けた朝に人魚の肉をいただいて、生きづつけているんですよ」 「へぇ」  どこまで本当で、どこまで嘘なんだか。 http://commucom.jp/t/fo9FMO #角川小説

2013-06-02 20:40:02
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「先ほどお出ししたのも人魚の肉ですよ。食べれば、一ヶ月は良い体でいられます。でもあなたは、頂かれませんでしたね」  僕は笑ってごまかした。  あとで波打ち際に戻ってみたら、魚を引きずった跡が旅館まで続いていた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 20:41:39
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 だからといってどうということでもない。僕は波打ち際の写真を何枚か収めて、ついでにさっきの女と旅館も写真に収めて、帰郷した。  人魚の肉を食べてみればよかったとも思ったけれど、一ヶ月の不死じゃ話にならないしね。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 20:42:31
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 今でもその旅館はあると思う。旅館の名前は分からないから、行き方は定かじゃないけれど。  例の旅行会社は今年もミステリーツアーを組むから、気になるなら参加してみるといい。  人魚の肉を、食べられるかもしれないよ。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-02 20:45:03
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 数日ぶりに出会った君は、挨拶もそこそこに本題に入った。 「大した話じゃないんだけど、橋の上に女が立ってるらしいって噂が気になって仕方なくてね。兄さんそういうの詳しそうだし、判じてもらえないかと思って」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 22:42:15
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 人間のことを話す口ぶりではない。心霊関係だ。 「プロに頼めよ」 「兄さんプロだろ?」 「僕はただの大学生だ」  が、君は取り合わない。 「少し見てくるだけでいいよ。あんまりヤバそうだったらさっさと逃げていい」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 22:43:09
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 君は電子端末を起動させて、マップで場所を示した。 「場所はここ、最近じゃあまり交通量もないみたいだし、明日の夜にでも行って見てきてもらえないかな」  言われて示されたのは、繁華街の中にある小さな橋だった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 22:43:21
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?