2013年6月4日

第四十九話:よーい、どん。 第五十話:話半分 第五十一話:吸血鬼

角川Twitter小説コンテストにて執筆中の『チョッとした話』を読みやすいようまとめてみました。読了後面白いと感じてくださったら章タイトルや本文のファボやRTなどいただけるとありがたいです。 以下のURLからもどうぞ。http://commucom.jp/t/fo9FMO
0
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 速く走れる靴、ってあるだろ。走るのに特化した小学生用のスニーカー。  小学生の頃、僕はそれにひどく憧れていた。だけど生憎、他の子より足が少し大きくてね。  流行りの靴はサイズが合わなくて、履けずじまいだった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:21:49
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 悔しかったね。だけど地団駄踏んでもどうしようもない。  さて。  あれは確か夏、体育の授業でだったと思う。  僕はあの頃運動があまり得意じゃなかったから、一部の子に馬鹿にされていた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:22:12
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 その日もかけっこで負けて笑われたよ。普段なら気にしないけど、その日は訳が違った。大嫌いだった子が一等になって、流行りのスニーカーを自慢してきたんだ。  本当に悔しくてね。  で、ふくれっ面のまま帰宅した。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:22:43
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 普段と様子の違う僕を、母さんはとても心配してくれた。  それで僕は、今思えば情けない話だけど、足が速くなりたいんだって泣きながら駄々をこねた。  どうしても一等の子をぎゃふんと言わせてやりたくてね。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:23:26
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 すると母さんは家の倉庫から下駄を取り出してきた。 「これを履いてごらん。速く走れるよ」  そう言ってくれたんだけど、下駄なんて履いていけるはずない。 「やだよ」  とわがままを言って、結局履かずじまいだった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:23:50
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 それから数日後。また体育の授業でかけっこをすることになった。心底嫌だったね。  一等の子がまたスニーカーを見せびらかしてきてさ。僕の靴は安いから勝てないって馬鹿にしてくるんだ。むかっ腹が立って仕方なかったね。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:24:29
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 それで、よーい、どんで走り出す。  あれ、と思った。不思議と、体がぐいぐい前に進むんだ。まるで風が背中を包んで押してくれているような、足に翼が生えたような、そんな感覚。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:24:38
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 あっという間に一位になったよ。一体何があったのか、自分でもよくわからない。  馬鹿にしてきた子は真っ赤になって悔しがってた。僕は悠々とそのこの前を通り過ぎてやったよ。気分が良かったね。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:24:51
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 意気揚々と帰宅すると、母さんが訳知り顔で微笑んでいた。 「速く走れたでしょ」 「どうして?」  母さんは僕の靴から、薄い木片を取り出した。 「おまじないをかけたの」  内緒よ、と、母さんはいたずらっぽく笑った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:26:39
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 先日倉庫を整理していたら古い下駄が出てきてね。裏の表面が少しだけ剥がれて、そこだけ新しくなっている。 「やっぱりこの下駄だったんだ」  なんとなく、そんな気はしていたのだ。 「ありがとう」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:28:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 僕は、あの日の僕に誇りを持たせてくれた母と下駄とに手を合わせた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-03 23:28:39
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「だぁから、俺は悪くないって」  君は大仰に手を広げた。 「殺されかけてて何言ってんだか」 「何って、無実の証明、潔白の提示だ」  君は偉そうにこちらを見た。  その君を病室に残して、僕は病院をふわりと出歩いた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:27:24
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 その僕の足元に、するりと黒猫が絡みつく。 「にゃあ」  前足の白い猫は鳴いて、僕の前を歩いて行った。  それを目で追うと、ぽいとリンゴを投げられる。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:27:43
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「食べなさいよ、おバカさん」  艶やかな少女が僕に笑いかけた。  どこかからかごめかごめが聞こえる。 「呼んじゃダメなんだ。嘘ならいいのにな」  背後の声に振り返ると、林檎の少女を背負った青年が泣いていた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:33:06
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「それより、担保が出来たらあなたもどうです?」  となりの病室から声がして、黒ずくめの男が笑う。 「お前にしか頼めないんだ、頼むよ」  同じように黒い服を着た男が、ひょいと頭を下げた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:34:34
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 と、不気味な黒い塊が転がってきた。肌色の化物が牙をむく。剃刀を持った青年がそれを取り上げた。 「髪喰いだ。命は助かるさ」 「だけど今見たことは、他言無用よ」  赤いヒールの女が、不機嫌そうに釘を指す。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:35:16
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 声をあげようとすると、ぎゅ、と背中にしがみつかれた。 「卵、頂戴」  爬虫類の目をしたおかっぱの少女が強請る。その少女を、利発そうな男がつまみ上げた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:35:30
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「やめろ、僕の方がよっぽど優秀なんだ」  だけど、影がないと呟いて、男はふらりといなくなる。 「だって」  突然、耳元で囁かれて、ゾッとした。仄くらい影を負った女が、恍惚と微笑んでいる。 「欲しかったんだもの」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:35:53
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 女は満足そうに笑って、ゆらりと影の中に消えた。 「ねぇ」  背後から、懐かしい声がする。 「ケーキ、もうひとつ食べたいわ」  小さく角をはやした女が、溌剌と笑いかけた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:36:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「ほら、もう夕飯の時間よ。今夜はカレーなの」  着物の女性が、柔らかく笑む。 「どこなんだ」  耐え切れなくなって、僕は声を上げた。 「君は、どこにいるんだ!」  と。 「おい、何してる」  兄に、肩を掴まれた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:36:38
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「兄さん……」  兄は僕に竹かごを渡していなくなる。  廊下には、もう誰もいなかった。  ぼうっとして戻ってきた僕を見て、君は笑った。 「話半分だから、妙な幻を見るんだ」  僕は頭を抑えた。 「あぁ、まったくだ」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-06-04 12:38:44
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?