津田敏秀・岡山大教授「明らかに多発だし、(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある」 エッ?

【私の疑問など…個人的なメモ】(内容は全くの未検証) 県民健康管理委員会公表(2013年6月5日)の甲状腺がん症例の有病割合と、15歳から19歳における全国発生率や15歳から24歳における平均全国発生率とを比較するにあたって、 ・最も近い市町村(平成23年度分)とは対象地域の全検査データなのか?であるなら福島市に隣接する伊達市や川俣町が(原発に)最も近いと区分するのは無理がないか? ・15歳未満が27名中11名いるが、比較するにあたってその影響は? 続きを読む
87
酋長仮免厨 @kazooooya

県民健康管理調査検討委員会(6/05)アーカイブ:http://t.co/jsTGPVxgb5 資料(公開されました):http://t.co/4Sn3LXHhus 記者会見アーカイブ:http://t.co/RWw0mDBxqx

2013-06-05 18:12:48
酋長仮免厨 @kazooooya

「TUF・スイッチ!~18歳以下甲状腺がん12人、疑いは15人~県民健康管理調査」 http://t.co/pjjNLP3iZ9 https://t.co/hSImCDmbMd http://t.co/z0Cor1tWAF

2013-06-05 22:21:45
拡大
酋長仮免厨 @kazooooya

「TUF・スイッチ!~県民健康管理調査」 http://t.co/pjjNLP3iZ9 「今回、症状がみられたのは、発責当時9歳以上の子どもで、通常の甲状腺ガンと同様に15歳以上に多くみられた」←勝手な解釈をする誰かとは違うw http://t.co/9rbAaIqq5n

2013-06-05 22:25:57
拡大
大森真 @yard_1957

(今日のウチの「スイッチ!」でもキャスターにコメントさせたけど、そもそも「甲状腺がん」てどんな特徴を持つがんなのか、てことを専門家がきちんと説明する必要があると思う.それが納得されれば受け止めは大きく変わるのでは.それを「伝える」ことは僕の仕事だ)

2013-06-05 21:49:01
大森真 @yard_1957

(どこをどう見れば「原発からの距離に比例する傾向」になるのか全く分からない>朝日記事の津田氏コメント.本当に疫学で統計扱う人なのか?)

2013-06-06 12:53:14
大森真 @yard_1957

(どちらかというと「ほぼ人口に比例する傾向にあり、地域差はほとんどない」と読めるのだけれど、あのデータ)

2013-06-06 13:34:07
大森真 @yard_1957

(郡山が少なく見えるのは福島よりも二次検査が遅れているためと思う)

2013-06-06 13:35:14
大森真 @yard_1957

(どっちゃにせよ今年度の会津といわきが終わらないと全体的な傾向はつかめないと思う)

2013-06-06 13:37:14
大森真 @yard_1957

http://t.co/LtxlUg1ii7このP.11を見ると、「原発からの距離に比例」とは思えず、むしろ人口と関連.中規模都市(南相馬・伊達・田村)などは2名、町村は0~1名(やや外れもあるが).福島が9名とあるが、南相馬や伊達の4倍以上の人口あり.郡山は二次検査実施に遅れ.

2013-06-06 16:40:04
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga

思い込みに基づく持説に固執している岡山大の津田教授が「原発からの距離に比例」とまた思い込んでしまうのは分かるとして、それを無批判に談話として使う朝日新聞に失望と怒りを禁じ得ない。何としても原発事故と甲状腺がんを結びつけたいのか。@yard_1957

2013-06-06 17:06:11
大森真 @yard_1957

(今回の中間報告のポイントは、甲状腺がんや疑い例は「年代の高い層に寄っている」「地域差はない」「男が多いのが不思議」の3点、と昨夜のニュース後の反省会で部員にレクチャーした.まああくまで「出そろってない中間報告」だし)

2013-06-06 16:45:49
大森真 @yard_1957

@kikumaco うーむ、対決になっちゃうなあ。。。この件については明らかにあちらが間違えているので負ける心配はないと思いますが、「格負け」しますね私じゃ。どなたか対決していただけるなら私がコーディネーター務めますが、きくち先生?

2013-06-06 21:53:32
津田クモスケ和俊 @kaztsuda

@yard_1957 @kikumaco 「比例」か「反比例」かについては朝日新聞の記者とデスクが間違えた可能性もあるのですが、それにしても合わないし、「率」と「実数」を混同するのもまさかシロウトではあるまいし、ご本人に根掘り葉掘り聞いたほうが確実かも ^^

2013-06-06 22:01:36
  • 突っ込みをひとつ…
カレーさん★★★★NEW!! @kitamurakenji

甲状腺癌が原発からの距離に比例してるってのは、つまり、原発から遠ざかると増えるってこと??

2013-06-06 19:59:36
buvery @buvery

記事はどこにありますか。RT @yard_1957: (どこをどう見れば「原発からの距離に比例する傾向」になるのか全く分からない>朝日記事の津田氏コメント.本当に疫学で統計扱う人なのか?)

2013-06-06 13:03:41
大森真 @yard_1957

@buvery 朝日の福島県版です.以下引用.「一方で、検討委が公表した健康管理調査の結果を津田敏秀・岡山大教授(環境疫学)は『明らかに多発だし、(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある。その前提で健康管理対策を立てるべきだと思う』と話している。」引用終わりです.

2013-06-06 13:20:21
朝日出版社 第二編集部 @asahipress_2hen

http://t.co/xkxUC6lEyP RT @buvery: 記事はどこにありますか。RT @yard_1957: (どこをどう見れば「原発からの距離に比例する傾向」になるのか全く分からない>朝日記事の津田氏コメント.本当に疫学で統計扱う人なのか?)

2013-06-06 14:24:06
buvery @buvery

@asahipress_2hen @yard_1957 ありがとうございます。これだけでは津田さんの意見の根拠は分からないですね。

2013-06-06 17:14:49
大森真 @yard_1957

@buvery @asahipress_2hen 見れば見るほど分からないです.白河周辺が0だから?・・・ってまだ二次検査やってないのですし(もちろん0であって欲しいと思っていますが)

2013-06-06 18:08:31
大森真 @yard_1957

今回から地域も公開されてるんですhttp://t.co/LtxlUg1ii7でもこれ見ても「距離に比例」とは全く無関係にしか見えません @the_ray_for_you @kaztsuda @MiraieforChild

2013-06-06 20:07:46
残りを読む(70)

コメント

大森真 @yard_1957 2013年6月9日
@rokugatsuyu さん、@shanghai_ii さん、なるほどです。しかし、伊達や川俣まで入っていて「距離が近いグループ」と言えるのか、福島県民としてはちょっと疑問です。また、95%信頼区間も重なりが大きいし。中通りや会津がもっと進まないと。
4
上海II @shanghai_ii 2013年6月9日
@yard_1957 さん、同意です。これで何かを言えるのかという感じです。少なくとも朝日記事の「距離に比例(or反比例)」というのはダメと思う。
3
上海II @shanghai_ii 2013年6月9日
津田氏には、是非、これから調査が進むとどういうことをどういう手順で疫学的に検証することになるのかを書いてほしいっす。そうすれば、どこまで調査を開示した方が良いのか見えてきます。
8
大森真 @yard_1957 2013年6月9日
@shanghai_ii さん、同意です。「どこまでを検証するか」、津田氏が今回福島市だけを24年度の全対象としたのはどうなのか。緊急性のある順に二次検査を始めたのでまだ二次の受診率が低いとはいえ、二本松市の4名を加えただけで変わるのでは?仮に今後増えないとしても(その方が望ましい、もちろん)。
4
大森真 @yard_1957 2013年6月9日
もちろん、今後甲状腺がんや疑い例が見つかることは、少しでも少ない方がいい。でも、「近い方が多い」とか言って福島県民の不安を煽るような説を作り上げることは、そのまま福島の健康被害につながると思う
8
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年6月9日
TUF yard_1957さんの津田教授インタビューに期待したい^^;
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年6月10日
個人的なメモとし限定公開としていましたが、反論やそれへのリツイートがあるので公開いたします。
1
nao @parasite2006 2013年6月10日
福島県の県民健康管理調査の甲状腺検査の検査順は、「原則として、平成23年3月時点での環境放射線量の高かった市町村順に検査を実施する。」http://bit.ly/TH8r1F p.1 ということになっていて、およそのスケジュールはこんな感じhttp://bit.ly/Ifg6js (p.2に市町村名リスト)
3
nao @parasite2006 2013年6月10日
だからそもそも距離じゃないです。23年度先行調査分と24年9月11日に追加公開された(主に)福島市内の分を見比べて、およそ線量差に対応しそうな違いが見つからないのを確認してます(そのあと忙しくて追跡できていないのがくやしい)。
4
nao @parasite2006 2013年6月10日
たとえ今後は始めから市町村別に集計されて検査結果が公開されるようになっても、甲状腺検査の1巡目の検査順は「原則として、平成23年3月時点(主として18日)での環境放射線量の高かった市町村順に検査を実施する。」http://bit.ly/Ifg6js  p.2 と決まっていたことを頭において読無必要があるでしょう。
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年6月10日
「まとめ限定公開後…」以降を追加しました。
0
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年6月10日
そもそも検定の多重性を考慮しない比較を疫学やっている人が行ってしまうというのはいかんですなぁ。いずれにしても2次検査の結果が中間段階の時点であまりどうのこうのと結論付けるのは早計ではないかと思います。
5
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年6月10日
もし関係を見るのなら、例えばWHOの線量見積もり(http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/78218/1/9789241505130_eng.pdf のp43にあるTable6)を使うのがよいのかな、と思います。勿論距離によって~ということの反証であるなら片瀬さんの検証で充分だとは思いますが。
3
大森真 @yard_1957 2013年6月10日
@kazooooya さん、更新のお手数掛けさせてしまいすいませんです
0
大森真 @yard_1957 2013年6月11日
まだ二次検査が4割未満の二本松ですが、その発生数を足しただけで津田教授の例えば「平均有病期間1年で発生率38.82倍」と言う部分は「47.28倍」となり、23年度検査との差は縮まります。嫌なことですが、仮にさらに二本松で2名見つかると「54.56倍」となり、23年度分「53.97」を逆転します。これ以上のがんが見つかって欲しいわけじゃない、所詮この程度の計算てこと
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年6月11日
tonkyo_hanageさんの「第11回「県民健康管理調査」検討委員会・資料2「県民健康管理調査「甲状腺検査」の実施状況及び検査結果等について」についてデータを見てみた」 http://j.mp/11SZxgh を追加しました。
0
um @nanasi0003 2013年9月11日
TUFのYoutubeは公開終了してしまっているのですね…見逃してしまった ところでその年齢・性分布の図など、若干訂正されているようです→第11回福島県「県民健康管理調査」検討委員会資料の誤りについて 2013年8月22日 http://goo.gl/cGCsSp
0
um @nanasi0003 2013年9月11日
それにしてもツベで「甲状腺」と検索するとトップワンツーがオノデキタとこの津田氏の動画、っていうのは大した再生数じゃないとはいえ非常にマズいよなぁ 本当にTUFでまともなインタビューやってくださらないだろうか
2
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年10月19日
【更新】 「津田敏秀氏「甲状腺ガンというのは、5歳毎に3倍 3倍という感じで指数関数的に伸びてくる」エッ?」 http://j.mp/16k5Q0e を追加しました。
0
ひまわり @powerpc970 2013年10月19日
学者もピンキリというのは、中部大学や群馬大学はもちろん、東大だって同じ。
0
neologcutter @neologcuter 2015年10月7日
http://t.co/J3yej9a2xv「福島県の甲状腺がん発症率、日本全体と比べ20~50倍」とか煽ってるけど…このまとめを見る限りやっぱり信用できんねえ。
2
リゲル @fukusima88 2015年10月8日
津田先生って2年前から変わってないのね…。
1
魔系犬/西保男・自称シャカニセッポニスト @ronja_yty 2015年10月16日
県や新聞社のサイトは結構簡単に消えるので魚拓の方がいいな。
0
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2016年10月1日
5年半たっても変わってません。同じ内容で講演会やってます
0