編集可能

浅井ラボ先生のゾンビ考~埋葬された死者が蘇るタイプの謎~

深夜放送されていた、映画『バイオハザード:ディジェネレーション』に合わせて、 浅井ラボ(@ASAILABOT)先生がゾンビについてつぶやいていらっしゃったのでまとめました。 一度完全に死んだ人間がゾンビとして蘇る謎は解けるのか!? ゾンビ好きの方もそうでない方も、コメント欄等で考察して頂けると嬉しいです。 続きを読む
浅井ラボ ゾンビ 復活 バイオハザード
31
浅井ラボ @ASAILABOT
バイオハザード・ディジェネレーションを見ている。そしてゾンビの説明をちょっと考えてみた。
浅井ラボ @ASAILABOT
生きている人間が、ウイルスや寄生虫を噛むことで血液感染によってゾンビのようになる。これは28日後や28週間後、ゲームのL4Dのタイプ。これは説明つかなくもないので、自作でも使った。問題は完全な死者が蘇るタイプ。地獄が死者で溢れたから現世に蘇る、とかなら理由はどうでもいい。
浅井ラボ @ASAILABOT
噛まれた人間が一端死んですぐ動き出す場合を考えよう。地球上の無酸素生物ではない、だいたいの多細胞生物(例外はいる)は、基本的にATP(アデノシン三リン酸)によって筋肉を動かす。ミトコンドリアが、宿主によって摂取された炭水化物や脂肪やタンパク質を分解してATPになる。
浅井ラボ @ASAILABOT
ここからは海外ドラマのERからの知識なんだけど、ATPはアデニンに五つの炭素がついたアデノシンと、三つのリン酸分子がくっついている。リン酸が一個外れたときにADP(アデノシン二リン酸)になり、エネルギーが出る。
浅井ラボ @ASAILABOT
凄く重要なATPだけど、標準体重の人でも体内に100g前後しかなく、十秒から数十秒も激しく動けば枯渇する。生物がその時間でエネルギー枯渇になって倒れないのは、ADPにグルコースを使って再びリン酸を結びつけてATPにリサイクルする仕組みがあるからとか。
浅井ラボ @ASAILABOT
で、このリサイクルを起こすには、大量の酸素が必要で、ないときはクレアチン酸からADPにリン酸を足してATPになる。クレアチン酸すらないときは、ADP分子二つから一個のATPと一個のAMPを作り出すそうな。
浅井ラボ @ASAILABOT
で、最初に戻ると、死者は呼吸しないので、酸素を摂取しない。喰っているけど、栄養を分解吸収できない(両方が可能なら生きていてゾンビみたいな状態のほうに分類)体内の予備機能を使っても、体内の脂肪や筋肉を食っていって一ヶ月くらいで餓死する。ここが活動限界か?
浅井ラボ @ASAILABOT
それ以前に、水分と塩分がないと筋肉が痙攣して動けない。水なしなら三日で死ぬとか聞いたことあるので、たぶんそこがゾンビの活動限界かなぁとも思う。どんどん活動時間が短くなってきたぞ。
浅井ラボ @ASAILABOT
ゾンビは脳を破壊されると死ぬから、脳の一部機能は動いている。というか、そうでないと魔法で動いているので無視。ウイルス程度に体を統一的に動かす脳機能の代わりができるとは思えないので、脳は一部動いているとしよう。
浅井ラボ @ASAILABOT
カタツムリに取り憑いて目玉で操って動かす寄生虫はいるけど、それも生きている脳を相手にしてのことで、これまた統一的な動きとして脳の完全代行で死体を動かすのは難しいと思う。
浅井ラボ @ASAILABOT
五分か十分か忘れたけど、酸素が行かないと脳は死ぬ。大脳の新皮質の死である脳死であっても、酸素がいかないと他の脳全体も死ぬ。脳全体が死んだら、動かない。ゾンビは、死体やさっきまで生きていた人間の脳にわずかに残っている酸素で動いているんじゃなかろうか?
浅井ラボ @ASAILABOT
ゾンビの寿命って酸欠で脳が死ぬまでの五分か十分になるんだけど、これだと最初の犠牲者を襲うことすらできない。でも脳を破壊すれば動きが止まる作品多いしな。あばばば、もう分かりませんので誰かもっと上手い理屈を考えてください。
ちょこらーたはジムキャノンがお好き @tyokorata
ビールス説 RT @ASAILABOT: ゾンビの寿命って酸欠で脳が死ぬまでの五分か十分になるんだけど、これだと最初の犠牲者を襲うことすらできない。でも脳を破壊すれば動きが止まる作品多いしな。あばばば、もう分かりませんので誰かもっと上手い理屈を考えてください。
浅井ラボ @ASAILABOT
一番説明がつかないのが、埋葬された死者が蘇るタイプ。血液が循環していないから、ウイルスや寄生虫が体や脳まで届くのかどうか。死んでいる間に体内栄養はともかく、水や塩分が枯渇したので、筋肉で起き上がれない。脳は脳死どころか完全に機能停止。もう魔法か超現象以外で説明できん。じゃあそれ。
ちょこらーたはジムキャノンがお好き @tyokorata
脳に繁殖した ビールスや寄生虫が脳だけを活かしつつ、体の自由を奪う説 その間被害者は絶え間ない飢えと痛みに犯され、その痛みを和らげるのが人肉と血説 RT @ASAILABOT: ゾンビの寿命って酸欠で脳が死ぬまでの五分か十分になるんだけど
浅井ラボ @ASAILABOT
@tyokorata 脳に繁殖した ビールスや寄生虫が脳だけを活かしつつ、体の自由を奪う説 < 最初に分類した生きているけどゾンビ状態のほうですね。死者が動くほうを誰か考えてみてくださいというのが、ここ数年の態度。
ゆうしゃ @usyasyasya
@ASAILABOT 体内に寄生する(ゾンビとなり得る)存在が何等かの方法で酸素とグルコースを生成すると仮定し、そこからこじつけてみてはいかがでしょうか?
浅井ラボ @ASAILABOT
今見ているバイオハザード、ウイルスによって生きている人間がゾンビ化するタイプ(だよね?)なんだけど、詳しくは忘れたけど映画の2で墓場から死体が出てきたような。地下の死体にまで届くって、空気感染のさらに超強力なタイプなんじゃねーの。まぁ日曜に放送したときに見よう。
ちょこらーたはジムキャノンがお好き @tyokorata
一生懸命考えたけど、脳機能で人間が動く方法がアウトだから、エジプトのミイラみたいに死者が復活することを期待して、金持ちが自分の体にナノマシンを仕込む案くらいしか RT @ASAILABOT: 死者が動くほうを誰か考えてみてくださいというのが、ここ数年の態度。
浅井ラボ @ASAILABOT
@tyokorata 一生懸命考えたけど、脳機能で人間が動く方法がアウトだから、エジプトのミイラみたいに死者が復活することを期待して、金持ちが自分の体にナノマシンを仕込む案くらいしか < ゾンビは、死人が動くって不自然さが怖いので、完全に説明できたら逆にまったく怖くなくなったw
浅井ラボ @ASAILABOT
@usyasyasya 体内に寄生する(ゾンビとなり得る)存在が何等かの方法で酸素とグルコースを生成すると仮定し、そこからこじつけてみてはいかがでしょうか? < ウイルスその他の存在に、生体機能以外の別系統の栄養吸収と、運動などの脳の高機能制御が同時にできるのか、に戻るんですよね
浅井ラボ @ASAILABOT
そういえば屍鬼の原作に吸血鬼の仕組みを医学的に解説した場所があったが、原作を実家に置いてきたので忘れた。あとそろそろ仕事に戻ろう。
浅井ラボ @ASAILABOT
ゾンビの疑問2。ゾンビがどうやって外界を認識しているのか。死んだら自分の腐敗臭で嗅覚と味覚は無意味。目は角膜移植ですら死後六時間から十時間以内なので、それ以前に視覚は消える。というか感覚器官全体で、脳が機能していないとヘレンケラーを超える五重苦。脳は一部生きていることになるのか。
浅井ラボ @ASAILABOT
ゾンビ話も中断したので、いくつかRTしておこう。
浅井ラボ @ASAILABOT
RT @nk12: @ASAILABOT ゾンビウイルスの場合「どっからエネルギーを得てるのか」「どういう進化過程で、そんなものを身につけたのか」が、どうしても問題になりますのう。
残りを読む(17)

コメント

ガッツ星人 @Gattsu_Seijin 2010年9月21日
浅井ラボ先生のゾンビ考に色々と追加しました。
銀さま @silverscythe 2010年9月21日
ウイルス的なものが未分化細胞っぽい機能を持ってて、ある程度人体の形を維持しつつ元の肉体機能を利用する感じでホニャララすればいいんじゃないかしら。感染拡大に口を使うのは分泌腺があるから一応合理的。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする