ネット世論と世論調査について. 池田信夫(@ikedanob)氏のブログをうけて.まとめ.

【ネット世論と世論調査について】 @ikedanob:池田信夫 blog : 「ネット世論」という幻想 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51480744.html 続きを読む
0
つくねミク @hiroyuki_g

【ネット世論について】関係づけて考えがちだが、おそらくネット世論と世論調査は、実はさほど関係ない。どちらかというと、ネットに関する研究者に聞いた方が良い。なぜかというと、世論調査が正しいかどうかの問題と、世論調査が正しいか問題にすることは別ものだからだ。

2010-09-17 16:27:56
つくねミク @hiroyuki_g

関連して @sugawarataku 氏のTwitter等での世論調査に関する擁護はまったく正しく、ネット市民が声を大にして問題化し、カオスを作り上げようとした疑問に答えるものだ。この一連の問題を考えるにあたり、氏の著作、世論の曲解を読むことは避けて通れない。

2010-09-17 16:29:18
つくねミク @hiroyuki_g

一連のネット世論問題で、世論調査軍は調査は正しいと主張しているが、そんなことは当然だ。なぜなら世論調査が現状の世論調査である限り、それは正しい。問題なのは、エコーチェンバーによって、極端化された言説がサイバーカスケードの中で牙を剥いた事に、世論調査がついていけていないことにある。

2010-09-17 16:28:36
つくねミク @hiroyuki_g

現状行われている世論調査、それ自体は正しく、ネット世論と世論調査は、あまり関係がないのではないか。ネットは、極端な言説が、大きな声になる現象が起きやすい(サイバーカスケード)、その言説が「ネット世論」として、捉えられているのが問題なのであり、世論調査は被害者ではないだろうか。

2010-09-17 16:30:01
つくねミク @hiroyuki_g

つまり、一連のネット世論問題は、世論調査の手法などが問題なのではなく、サイバーカスケードによる、祭り、炎上などが起こりやすい現状のインターネット特有のアーキテクチャに関係する問題であり、それの構築について考えていった方が良いのではないか。ネット世論があてになるならないではなく。

2010-09-17 16:31:20
つくねミク @hiroyuki_g

@ikedanobのいうように、Twitterは、自分の都合の良いことを言う意見を集めて、その中で言説が反響しあう小さなものだ。各人は都合の良いTLに、環境を支配されており。多くの人は、力のある(ユニークフォロワーの多い)人の意見に左右され、都合の良いネット世論の生成に繋がる。

2010-09-17 16:39:41
つくねミク @hiroyuki_g

そこで重要となるのは、ネット世論があてにならない、Twitterは偏った意見の集まりである ということで議論を切り捨ててしまうのではなく、いかにして、このインターネットを整備し、より民主主義的な方法論をネットに持ち込むか ということであろう。

2010-09-17 16:43:51

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?