甲状腺スクリーニングの弊害/利益に関するPKA先生とdreswelさんの対話

甲状腺スクリーニングの弊害/利益に関するdreswelさんからPKA先生への質問と対話。
原発 震災 スクリーニング検査 気管浸潤 経過観察 説明と同意 QOL 甲状腺癌 リスク・ベネフィット
23
dreswl @dre_swl
@PKAnzug 突然の@失礼します。県民や外部からhttps://t.co/EPkgJDI9J1 https://t.co/YDCMYi9r42 のような声が上がるのを見て火のたつ前の煙を危惧しています。 (続く)
dreswl @dre_swl
@PKAnzug (続き) 原因と対策について先生の御意見や知恵があれば安心する人も多いかと思いますのでよろしければ御時間のある時にお聞かせ下さい。 (個人的意見として「エコー検査実施前」の情報周知徹底と説明同意(リソースで困難ですが)も考えています)
PKA @PKAnzug
@dre_swl ご相談の件、確かに難しい問題だと思います。甲状腺癌は存在頻度が高く、甲状腺癌以外の原因で亡くなった方(当然ほとんどが老人)を調べたら何割かの方に微小甲状腺癌があった、なんて報告もあるくらいなので、もし長期間続けるなら「全例に手術」というわけにはいかないでしょう。
PKA @PKAnzug
@dre_swl 甲状腺癌は癌にしては珍しく「手術しないで経過観察する」という選択肢がある病気なので、特にある程度以上の年齢で見つかったものに関しては、手術しない方針を積極的に選んでいく必要が出てくるのではないかと思っています。リスク・ベネフィット的にもリソース的にも。
PKA @PKAnzug
@dre_swl ただ、これにも「癌を見つけたのに治療しないなんて」的な批判は出うると思っています(「小さい嚢胞の精査をしないのはおかしい」という批判もありましたし)。批判は適度に聞き流しつつ、受診者さんにも外部にもしっかり情報提供した上で、最良の選択をしていくしかないのかなと。
PKA @PKAnzug
@dre_swl 少なくとも今後数年間に関しては、原発事故の影響を確認するために、当該地域の方には全例検査にご協力頂く形になるだろうと思いますが、概ね傾向が見えた後は希望者のみを対象にするのも手かなと個人的には思います(その辺の方針は既に決めていそうな気もしますが)。
PKA @PKAnzug
@dre_swl 甲状腺癌は基本的に予後のいい病気で、それこそ見つからないまま亡くなる方も多いので、「検査で見つけるもんだから手術が増えた。これは受診者にとって損害だ」というのは、死ぬまで見つからない人に関しては確かに正しいんですよね。
PKA @PKAnzug
@dre_swl ただ、甲状腺癌も気管浸潤などで大きくQOLを損なう場合もあって、早期治療するとそういう人が出なくなるので、益の部分が見えづらいですが、それこそ「微小な病変だろうととにかく切れ」みたいな極端な運用が為されない限りは、総合的には甲状腺検診は有益だと考えています。
PKA @PKAnzug
@dre_swl そしてそういう極端な運用が為されないようにするには、病変が見つかった場合のガイドラインが必要だろうなと思います。私は外野なので内部事情を知りませんが、これも既に作成済/作成中かもしれません(もしまだ動いていないなら、すぐにでも動き始めるべきです)。
PKA @PKAnzug
@dre_swl なお、現時点で見つかった人たちは全例手術になっていますが、これはたぶんガイドラインがあっても同じと思います。癌にしては緩いとはいえ進行性の病気ですから、予期される寿命が長い人のは取ってしまった方がいい、という判断になるのではないかと。
PKA @PKAnzug
@dre_swl あと、情報の周知に関しては、配布物でやる以上のを全体に行うのはリソース的に難しいでしょうから、配布物では疑問が解消できない人が気軽に質問できるような場や、その質問をまとめたFAQがあるといいかなと思いました。
PKA @PKAnzug
@dre_swl 一方、実際に甲状腺癌が見つかる方はかなり限られていますし、現時点でも治療の前に十分な説明が為されているんじゃないかなと思います。手術前の説明と同意は普通の治療でもかなり徹底して行われていますから。
PKA @PKAnzug
@dre_swl また、甲状腺癌が見つかった方は「検診がなかったらもっと悪い状態で見つかった可能性がある」という事実があるので、そういう方が検診を敵視することはあまりないんじゃないかと思います。
PKA @PKAnzug
@dre_swl ということで、私からはそんなところでしょうか。批判を片っ端から無視しちゃったら問題ですけど(特に受診者さんのは無視したらマズい)、外野からの的外れな批判まで聞く必要はないだろうと個人的には思っています。
dreswl @dre_swl
@PKAnzug 御返信有難うございます。参考になりました。指摘の通り低リスク群は特に「ご協力」の意味あいが大きいと思います。現実的には言われたように配布物などによる周知や啓蒙ができるかもしれません。一定の傾向を短期間みてから範囲縮小or希望制、一案ですね。
dreswl @dre_swl
@PKAnzug 寿命は大事ですね。経過を見るストレスを考えれば小さいうちにとって心のしこりをとる、意味合いも大きそうです。医師側のコンセンサスと市民の求めるものの剥離を少し心配してます。早川先生らの言うように市民的見地、人文系的な倫理学から建設的な意見も出てくれば有益と感じます
dreswl @dre_swl
@PKAnzug 答えにくい事項もあったかと思いますが大変参考になりました。 また何かあれば相談させて下さい。休日に色々と有難うございました。
dreswelさん自身によるほぼ同内容のまとめ(と言うか、こっちの方がカバー範囲が広い)
まとめ PKA先生、玄妙先生、shun先生+Todaidon先生(依頼中)の意見:福島エコースクリーニング検査のあり方について 笹川プロジェクト以来の小児エコースクリーニング検査。 評価にばらつきと不明点は指摘されているが政府見解では甲状腺被曝量はチェルノブイリより遥かに低リスクとされている。 一方でそれが本当ならばマススクリーニングには弊害もあるという声が出始めたため有益性の比較が望ましいと考えた。 今後の福島でのエコースクリーニングのあり方について 放射線科・核医学専門のPKAnzug先生の意見を伺いました。 7265 pv 229 3 users 2

コメント

彫木🌓環🧷✂️✏️(安倍首相に疲れました) @CordwainersCat 2013年6月10日
まとめを更新しました。dreswelさん自身によるまとめをインクルードしました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする