漢字辞典の引き方まとめ

4年生国語・漢字辞典の引き方利用指導内容まとめです。
8
ほんとも @typhoon516

仕事だん!図書の時間5時間、4年生漢字辞典の引き方1時間。図書の時間の読み聞かせは喉の不調のため休ませてもらったのだが、6限に漢字辞典の引き方でたくさんしゃべったので喉が痛い…

2013-06-04 17:06:11
ほんとも @typhoon516

漢字辞典の引き方は去年の「調べ方の道案内」使ってやる。導入は「白川静博士の漢字の世界へ」を参考にして漢字の成り立ちから。「人」「大」「天」「係」で形と意味が繋がってることを説明。辞典にも同じく漢字の成り立ちが載ってるよ、と説明しつつ本題へ。

2013-06-04 17:08:49
ほんとも @typhoon516

「漢字辞典は国語辞典とは引き方ぎ違います。国語辞典はどうやって調べる?」と聞くと「名前の順!」とか「あいうえお順!」とか返って来る。「そう。けど、漢字辞典は五十音順で並んでません。漢字辞典は3つの『索引』を使います。索引って覚えていますか?」と聞くと「図鑑の最後にある!」

2013-06-04 17:11:23
ほんとも @typhoon516

この学年は去年昔の暮らし調べで目次・索引教えてるので、ばっちり覚えてる。そうして、「総画索引」「音訓索引」「部首索引」を説明。使う漢字は「唱」。習ったばかりで、総画も読みも部首もわかりやすい。

2013-06-04 17:13:49
ほんとも @typhoon516

辞書にもよるが、今回使ったのでは総画索引は前の方にあって、前小口の爪の色が違う。その説明をして総画索引を探し、唱の画数で探す。同じ画数の漢字は部首の画数順に並んでいることも説明。無事全員見つける。

2013-06-04 17:17:37
ほんとも @typhoon516

続いて音訓索引。音訓索引も前小口を見るとつめの色が違う。総画索引と違い、音訓索引は後半部分。しかもページの開きが逆。これ、なんで逆にするんだろうなぁ…。唱の音読み「ショウ」でも訓読み「となえる」でも調べられることを説明。これもちゃんと全員調べられる。

2013-06-04 17:20:49
ほんとも @typhoon516

最後に部首索引。部首索引は1番わかりやすいところにあります、も表紙開いてすぐのページにあることを説明。部首の画数順に並んでるのを確認して、口を探す。「あれ?総画索引と音訓索引で載ってたページ数と違うね?」そこで部首索引にのってたページを開く。

2013-06-04 17:22:30
ほんとも @typhoon516

開いてみると、部首の説明が大きく載った、「部首の最初のページ」だった!と説明して、その部首のページの説明。部首の成り立ちや意味のあとに、その部首を使う漢字が画数順に並んでいる。ただし、「部首以外の部分の画数順」を部首の分は除く。漢字の上に小さく部首以外の部分の画数が書いてる。

2013-06-04 17:25:07
ほんとも @typhoon516

唱は8画。8画のところを探すと…の前に、この部首の横の漢字は縦に並んでいることに注意するよう伝える。横で調べちゃう子がいるんだよねぇ。無事唱を探し出すと、総画索引や音訓索引で調べたのと同じページがのっている。これで引き方の説明は終わり。

2013-06-04 17:27:18
ほんとも @typhoon516

続けて練習問題。「達」を今度は調べる。それぞれの索引で調べる前に、先に総画と読みと部首を確認して、それからそれぞれの方法で調べてみる。さて、しんにょうは何画でしょう?と、わざと間違えやすい漢字にしてある。

2013-06-04 17:28:54
ほんとも @typhoon516

去年はここまでで45分くらいだったのだけれど、今日は20分ほど時間が余ったので、我が苗字1文字目をどの索引でも良いので調べて、さらに自分の下の名前の漢字を調べて自分の名前にどんな意味があるかを考えたりもした。で、最後に漢字辞典の使い方のページの説明もして、ちょうど45分くらい。

2013-06-04 17:31:49
ほんとも @typhoon516

以上、漢字辞典の引き方授業でした。今週はこれがあと2時間空き時間に入る…多忙なり。

2013-06-04 17:32:29

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?