twitter公開読書:「勝つために戦え!監督ゼッキョー篇」押井守(著)

twitter公開読書。テキストは「勝つために戦え!監督篇」「勝つために戦え!監督ゼッキョー篇」押井守(著)です。ハッシュタグは #otakingex http://bit.ly/ae0qfP 今夜のtwitter公開読書はアニメ監督押井守氏の著作、それも二冊いっぺんに取り上げます。
2
岡田斗司夫@オタキング @ToshioOkada

で、この本がやたら面白かったので前作の「監督編」を読んだ。ここからは「勝つために戦え!(監督編)」です。 #otakingex

2010-09-18 21:56:46
naga @naga52

庵野も押井もキャラ本出してるんだよね。カントク君とオシイヌ。 #otakingex

2010-09-18 21:57:14
みねじろ! @minejiro

うー、うまく伝わらないです。今度は復習が必要そうだ。 RT @ToshioOkada: 僕はこの本は、マンザイみたいに読むべきだと思う。お互いのボケに対してツッコミあうので、この密度とスピード感が出ている。 #otakingex

2010-09-18 21:57:18
みねじろ! @minejiro

私は未見なので、私的には負けです。。。 RT @Mr_Fuku: スカイ・クロラは勝ったと言えるのではないか?RT @aramah 押井守、最後に勝ったのいつだろう…?(遠い目) RT #otakingex

2010-09-18 21:58:04
ひろゆき @critical_hiro

師を理解したいという熱意からなる書。 RT @ToshioOkada: そのマンザイを野田自身が「押井はどういう意味で語ったのだろう?」という無限の善意と信心でまとめたので、とても読みやすく理解しやすい「押井守入門書」になっている。入門書=入信書、だけどね。 #otakingex

2010-09-18 21:59:16
ばうわんこ @bowwanko

個人的なイメージでは爆笑問題とか、オードリーとか。ボケが浮世離れしてて、ツッコミは常識人。RT @ToshioOkada: 僕はこの本は、マンザイみたいに読むべきだと思う。お互いのボケに対してツッコミあうので、この密度とスピード感が出ている。 #otakingex

2010-09-18 21:59:52
岡田斗司夫@オタキング @ToshioOkada

この本でも押井独自の勝敗論が登場。最初は宮崎駿を語る。宮崎は「勝ち目のない戦い」に向かわされている、と分析。興行収入を勝利条件にしている以上、いずれは前作を越えられない日が来るはず。 #otakingex

2010-09-18 22:00:13
伊藤正一 @awaroba

キャメロンも宮崎も完全な負け試合はないけど、冒険も前進できない不幸はあるよね。次にアブナイのはクリストファー・ノーランか? #otakingex

2010-09-18 22:01:00
tonbori堂@さらにいくつもの片隅に&エンドゲームはいいぞ。 @tonbori

あらー@ToshioOkadaさんが押井監督の語りまとめ本を語ってる。まだ買ってないけどチラ見した。いつもの押井節全開だった。 #otakingex

2010-09-18 22:01:30
みねじろ! @minejiro

これはメーカーも同じジレンマ。心が痛い。 RT @ToshioOkada: この本でも押井独自の勝敗論が登場。最初は宮崎駿を語る。宮崎は「勝ち目のない戦い」に向かわされている、と分析。興行収入を勝利条件にしている以上、いずれは前作を越えられない日が来るはず。 #otakingex

2010-09-18 22:01:34
かざみあきら @kazami_akira

「ネット配信にはプロテクトをかけられるから違法アップロードされない」と思ってるのだとしたら大きな間違い。 RT 【夜話】第23弾 「黒執事」問題 6/6 「黒執事」問題への解答 http://otaking-ex.jp/wp/?p=9012 #otakingex

2010-09-18 22:01:35
@michioy

@ToshioOkada 「ポニョ」は「ハウル」を越えられませんでしたね。 #otakingex

2010-09-18 22:01:52
岡田斗司夫@オタキング @ToshioOkada

それに対して押井守は「僕の方が優れている。なぜなら僕は当てたことが一度もないから。大ヒットは一回もない」と言い切る。たとえばゴダール。ゴダールは映画史を変えた男だけど、「勝手にしやがれ」以外は全部赤字。でも仕事が切れたことがない。それが「勝利」 #otakingex

2010-09-18 22:03:01
玉ちゃん駅長 @tamaso244

ここは、サブローシロー、笑い飯。両者を兼ねる芸風。RT @bowwanko 個人的なイメージでは爆笑問題とか、オードリーとか。ボケが浮世離れしてて、ツッコミは常識人。RT @ToshioOkada: お互いのボケに対してツッコミあうの。 #otakingex

2010-09-18 22:03:11
tonbori堂@さらにいくつもの片隅に&エンドゲームはいいぞ。 @tonbori

既に踊る大捜査線がそれに嵌ってる。 RT: @ToshioOkada: この本でも押井独自の勝敗論が登場。最初は宮崎駿を語る。宮崎は「勝ち目のない戦い」に向かわされている、と分析。興行収入を勝利条件にしている以上、いずれは前作を越えられない日が来るはず。 #otakingex

2010-09-18 22:04:16
ばうわんこ @bowwanko

インタビュアーもボケ??RT @tamaso244 ここは、サブローシロー、笑い飯。両者を兼ねる芸風。RT 個人的なイメージでは爆笑問題とか、オードリーとか。ボケが浮世離れしてて、ツッコミは常識人。RT @ToshioOkada: #otakingex

2010-09-18 22:04:30
フジタ画伯 @fujitayouchan

大本営発表では常勝のような気が。 RT @ToshioOkada: この本でも押井独自の勝敗論が登場。最初は宮崎駿を語る。宮崎は「勝ち目のない戦い」に向かわされている、と分析。興行収入を勝利条件にしている以上、いずれは前作を越えられない日が来るはず。 #otakingex

2010-09-18 22:04:42
みねじろ! @minejiro

フリーランスでサラリーマンな監督だ。雇用不安の現代そのものだ。 RT @ToshioOkada …「僕の方が優れている。なぜなら僕は当てたことが一度もないから。大ヒットは一回もない」「勝手にしやがれ」以外は全部赤字。でも仕事が切れたことがない。それが「勝利」 #otakingex

2010-09-18 22:04:46
彩の国で手を洗うお江戸・うっど @Torad_2012

これを書いた時期が気になる。 RT @ToshioOkada: それに対して押井守は「僕の方が優れている。なぜなら僕は当てたことが一度もないから。大ヒットは一回もない」と言い切る。 #otakingex

2010-09-18 22:05:21
tonbori堂@さらにいくつもの片隅に&エンドゲームはいいぞ。 @tonbori

あまねくヒット作や巨匠はそれと向き合わなくちゃならんよね。 Twitter / moto-tonbori: 既に踊る大捜査線がそれに嵌ってる。 RT: @Tos ... http://t.co/JPZt34H #otakingex

2010-09-18 22:05:33
浜ちゃん @sledge_ham

優劣ではなく、勝利条件の違いだね。 #otakingex

2010-09-18 22:05:41
岡田斗司夫@オタキング @ToshioOkada

「興行成功でスポンサー筋の評価」「中身の面白さでファンの評価」「自分自身の勝負でスタッフからの評価」、この三つのバランスを交互に取りながら、どれか一つは常に勝つことによって「次回作を作る権利」が担保される。それが押井の語る「監督の勝利」 #otakingex

2010-09-18 22:05:50
玉ちゃん駅長 @tamaso244

岡田さんの本文を忠実にたどれば、ですが。洗練度は、サブシロ。RT @bowwanko インタビュアーもボケ??RT @tamaso244 ここは、サブローシロー、笑い飯。両者を兼ねる芸風。 @ToshioOkada: #otakingex

2010-09-18 22:06:07
@sinwxyz

RT @ToshioOkada: キューブリックは「自分の野心」に負けた監督。映画を作るだけでいいのに、「映画以上」を目指してしまった。グリフィスやコッポラや晩年の黒澤明も、みんな誇大妄想狂として負けた。 映画を映画以上のモノにしようと、みんな自分のパラノイアに負けて撮れなくなる #otakingex

2010-09-18 22:06:27
cmc1970ダークノワールブラックシュバルツ @cmc1970

RT @ToshioOkada: 「興行成功でスポンサー筋の評価」「中身の面白さでファンの評価」「自分自身の勝負でスタッフからの評価」、この三つのバランスを交互に取りながら、どれか一つは常に勝つことによって「次回作を作る権利」が担保される。それが押井の語る「監督の勝利」 #otakingex

2010-09-18 22:06:32
残りを読む(360)

コメント

志村俊朗 @toshiro 2010年9月18日
twitter公開読書:「勝つために戦え!監督ゼッキョー篇」押井守(著)、22:04以降22:42分頃まで追加。
1
志村俊朗 @toshiro 2010年9月19日
twitter公開読書:「勝つために戦え!監督ゼッキョー篇」押井守(著)まとめ完了。それにしても、RTの自動削除機能ほしい。連投RTは連続クリックでいいけど、単発RTの削除が面倒。RT自体に恨みにないけど、トゥギャりには無駄だし、話の流れが見えなくなる。
0
志村俊朗 @toshiro 2010年9月19日
RTを削除するつもりが、間違えて大切なツイートを削除したので、URLで追加。RT自体に恨みにないけど、TogetterにRTの自動削除機能がほしい。マジで。
0