日中戦争は陸海軍の「百年の計」を無茶苦茶にした

戦争というのは誠にしょうもないけど、せめて合理的に戦われていれば・・・
79
Takehiro OHYA @takehiroohya

WW2日本軍の行動には後知恵で言えば随所に愚かさが見られるのだが、割とありふれた愚かさにすぎないのではないか。それを否定的にであれ特別のものと語ることもまた、自国中心主義の変奏曲ではないか。個人的には、WW1を本格的に経験していないことの影響は大きかったのだろうなと思うのだが。

2013-06-12 00:34:43
bn2 @bn2islander

@takehiroohya 輸送船がないのに戦争を行おうとした理由はちょっとわかりかねますね

2013-06-12 00:35:40
Takehiro OHYA @takehiroohya

@bn2islander 『カブラの冬』の背景と似ているのですが、短期決だと思い込んでいたとか通商破壊を含む総力戦を想定していなかったとか、要するに新しい戦争の形態を理解した準備が不足していたのではないか、とは思います。逆にドイツではWW1がトラウマになってしまったわけですが。

2013-06-12 00:40:28
bn2 @bn2islander

@takehiroohya なるほど。確かにその面はありますね。一方で、資源を獲得するための戦争であれば、獲得した原油をどのように日本に運ぶかはきちんと考えておくべきだったとも思います

2013-06-12 00:43:21
司史生@喪中 @tsukasafumio

@bn2islander @takehiroohya そもそも南方資源獲得のための戦争など帝国海軍の事前想定外だったのが一因ではないかと。開戦前年にそんな方針になって、慌てて検討したら輸送船どころか主力艦隊も足りなくて、それでハワイ奇襲案が出てきたので。

2013-06-12 01:05:08
Takehiro OHYA @takehiroohya

@tsukasafumio @bn2islander ますます似ているような(涙)。WW1もドイツとしては短期決戦のつもりで、だから海上食料輸送が問題になる前に終わるはずで、でも現実はそうならなかったので封鎖に対抗するために無制限潜水艦作戦に乗り出してアメリカを参戦させてしまう。

2013-06-12 01:09:57
司史生@喪中 @tsukasafumio

@takehiroohya @bn2islander 川田稔『昭和陸軍の軌跡』を読むと、永田鉄山ら軍中枢はむしろWW1の総力戦に憑かれていて「次の戦争」のための資源獲得のゴリ押しがああなったので。ただ彼らの「次の戦争」はソ連とのもので、中国や英米ではなかったわけですが。

2013-06-12 01:21:14
司史生@喪中 @tsukasafumio

@takehiroohya @bn2islander 陸海軍ともに「新しい戦争」について考えていて、しかし実際に招来してしまったそれが、彼らの事前想定と異なるものになってしまったというのが何とも。

2013-06-12 01:25:11
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

結局、転機は日中戦争だよな。日中戦争は成果に引き合わない戦力の分散と消耗、陸軍の質(特に将校と下士官)招き、日本の生産力を大きく(一説には5割)減じさせてしまった。日中戦争は陸海軍の「百年の計」を無茶苦茶にし、来るべき対ソ戦にも対米戦にもまったく寄与しなかった。

2013-06-12 16:05:15
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

訂正 ×陸軍の質(特に将校と下士官)招き ○陸軍の質(特にラインの将校と下士官)の低下を招き

2013-06-12 16:22:06
司史生@喪中 @tsukasafumio

@thorn_the_socrs 想定していなかった偶発的な戦争が破滅を招き、現在も政治的負債となっている歴史は重いです。

2013-06-12 16:15:04
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

@tsukasafumio 反省と学習がないからですね。儀礼としての「総ざんげ」はしたかも知れないが、「失敗の本質」が反省されることはとうとうなかった。戦後は決して終わっていませんよね。

2013-06-12 16:17:13
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

戦車を見れば分かるよね。チハ車までは列強の最先端の水準に付いていっていたのに、日中戦争勃発を境に、進歩がぴたりと止まってしまう。ますます複雑で高価になる後継の研究開発に、資源を回す余裕がなくなったからだ。日本にとって大戦が、最初から二正面戦だったことを看過するべきではない。

2013-06-12 16:19:46
司史生@喪中 @tsukasafumio

@thorn_the_socrs 現在の中国観や外交にも、同様の誤謬を思わせるものがありますね。そういう誤謬の積み重ねが、想定と異なる「次の戦争」の引き金となっていく。

2013-06-12 16:22:56
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

@tsukasafumio 「想定された戦争」さえ上手くいった例の方がずっと少ないと言うのに、勝つにしろ負けるにしろ、「想定外の戦争」がもたらすだろう結果は、破滅的とまでは呼ばないまでも、おおむねネガティヴなものになると言わざるを得ません。

2013-06-12 16:26:05
有坂純@ターナー展 @thorn_the_socrs

戦争というのはまことにしょうもないものだが、少なくとも近現代においては、合理的な戦争は非合理的な戦争よりはまだましだ。たぶん。

2013-06-12 16:27:27

コメント

Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2013年6月12日
部数が延びるからと「無敵日本!」とマスメディアが煽った挙げ句。「米国と戦争しても勝てる!!」などという妄言を信じてしまう国民。「進め一億の火の玉だ!」ならぬ「進め一億のネトウヨだ!」状態
2
長 高弘 (獣脚類ティラノサウルス科ズケンティラヌス) @ChouIsamu 2013年6月12日
……自称・石原莞爾ヲタとして一言……なんで、どいつもこいつも、満洲事変をネグるんだ?? 日本が何年に、どう云う経緯で、国際連盟を脱退したか、学校で習わなかったの??
2
ワス @wsplus 2013年6月12日
戦争の失敗すらやり直したくなるのは日本人気質なのだろうか。
0
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年6月12日
「先の大戦勝ってれば」という阿呆が沢山いる。その後の、植民地統治が失敗したらとか全然考えて無いのがすげえと思う。
5
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013年6月12日
wsplus むしろ、戦争の失敗も水に流す意思が見えていやーん
1
りっきー @Rikitinn 2013年6月13日
中国民衆に対する距離感のとり方もおかしい。慰撫にポルノ画像使ったり、賄賂で寝返らせようとしたり。つまりは、軽く見すぎたと。相手は国共合作してでも総力戦で日本軍をつぶそうとしていたのに。
3
コマツー ユージー @koma2ug 2013年6月13日
石原莞爾が独断専行の末結果オーライで勲章貰ったモンだから、陸軍の「劣化版石原」が我も我もと独断専行を始めた。石原は「上層部に無断で動くな」と止めようとしたが、「お前が言うな」状態になってしまった。
9
nekosencho @Neko_Sencho 2013年6月13日
そもそも政府は押しとどめてたのに陸軍が暴走したんだよね日中戦争のはじまりって。だからタイトルも「日中戦争は~」じゃなくて「日中戦争で~」のほうが実情にあってると思うんだ。
2
ゴイスー @goisup 2013年6月13日
松下政経塾が一夕会ってことかいな。
0
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年6月13日
そもそもあの軍事大国アメリカだって計画通りの戦争なんて出来てないのに、「勝つ筈」と願望だけで現実認識出来ず軍のコントロールも出来ない国で「百年の計」とか笑っちゃうわ。
0
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年6月13日
ネトウヨさんなんか「特亜三国以外は日本の味方してくれる、他のアジア諸各国親日派だもん」とかマジで信じてそれで中国とかと軍事衝突しとうとしてるのかと思うと背筋が凍る。マジにそう思ってんのか?橋下発言でフィリピンもロシアも抗議声明出したのに。周囲、先の大戦で戦った国ばっかで、他の国は日本みたいに昔の事ケロッと忘れたりしてないけど。
1
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年6月14日
何か言っているようで実は何も中身のあることを言っていないってのはよくある事だww。ともかく石原莞爾は良くも悪くもキーマンだよな。
0