#あまちゃん 春子虐待母親説

セルフまとめです。 NHKの朝ドラ「あまちゃん」に関する、春子のアキへの虐待疑惑を考察した連続ツイートをまとめました。
テレビ ドラマ 朝ドラ あまちゃん NHK
86
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説① 某所で春子の虐待疑惑のレスを見てこういう深読みも面白いなぁと思ったので検討してみた。春子とアキ、正宗の東京での描写は今までほとんどされてない。今後東京編で明らかになるかもだが、答えが出る前に春子・アキの東京での関係を推測しながら長々とツイしてみたい。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説② 春子はアキへ虐待していたのでは?という疑惑。第65話で春子が感情に任せてアキを2回殴ったように、春子は娘を殴ることに躊躇しない。周りが「やりすぎ」と思うほど強いビンタだった。問題はこれが東京で恒常的に行われていたか。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説③ ヒントとなるのは、第23話でアキが春子の秘密の部屋に忍び込んだのを春子に見つかったシーン。あの時のアキの怯え具合は尋常ではなく、春子がアキの肩に触れただけでアキはしゃがみ込んで頭を抱えて防御姿勢を取った。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説④ 春子に殴られると思ったからなわけで、条件反射でしゃがみ込んで頭を抱えてしまうほどになるまで東京でアキは殴られていた。これは第65話の台詞でも。アキは「みんなの前で殴ることねえべ」と春子に言い返した。皆のいないところ、東京のマンションでは殴られていた。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑤ アキが春子を極端に恐れるシーンは他にもある。「春子に叱られるかもしれない」という時のアキのビクつき具合は、東京での生活で「叱られる=殴られる」が日常だったということの証左ではないか。アキの東京での生活は常に春子の機嫌を伺うだけのものだったのだと。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑥ 虐待は殴る行為に限らない。言葉の暴力も立派な虐待である。春子はアキを常に馬鹿にし続けてきた。周囲に対して「うちの娘、馬鹿でしょー」と言うことを厭わない。春子は娘のことを「地味で暗くて向上心も協調性も個性も華もないパッとしない子」と言いふらしてきた。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑦ しかもここれを娘に直接言い続けてもきた。アキ本人が「地味で暗くて~」という言葉を暗記してしまったほどだ。 アキは高校生とは思えないほど言動が幼い。春子に受けてきた虐待によって精神の発育が止まってしまったのだと考えるとしっくりくる。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑧ アキは東京の学校で空気だったのだが、アキをそういう娘にしてしまったのは春子のせいなのではないか。常に娘を馬鹿にしてアキの成長を認めない。アキは春子の機嫌を伺うだけの生活。北三陸の生活はそういう生活から2人を開放したと。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑨ 春子は父親が普段いない家庭で母親の手ひとつで育てられてきた。無理やり海女修行をさせられ海に落とされ続けたことがトラウマになっている。春子はその母親にも観光海女の件で見捨てられたと思って東京で過ごしてきた。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑩ 結果、正宗が常に家にいる状態にイラつき、娘のアキを虐待し束縛した。虐待の連鎖というやつ。アキが一度も東京の繁華街に行ったことないというのもどうもおかしかった。春子が絶対に許可しなかったからではないか。そして余計に娘が学校で空気になってしまった
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑪ 春子は東京での生活を「モヤシの落ちる音が聞こえる」ほど冷めた家庭と、喫茶リアスで周囲に語っていた。イメージ映像では、家族3人揃っていても会話が全くない家庭となっていた。しかし北三陸にきたアキの父親の正宗は、春子が語ったのと反対の家庭的な良き父親だ
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑫ 料理も上手いし、仕事も順調。毎年サンタのコスプレをしてアキの夢を潰さない。春子は自分に都合のいい話を作る女であることが分かる。客観的に物事を見たり話したりできない考え方が幼稚な女性だ。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑬ 夏に見捨てられたと思った春子はそれがトラウマとなってアキと同じく成長が止まってしまっていた。そして北三陸で再生するために離婚を選んだ。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑭ 春子もアキも北三陸で変わった。アキは周囲の大人の愛情に触れ春子へ反抗できるようになるまで成長した。春子も夏と和解しアキを個人として認めようとしている。北三陸の人と空気が2人を変えたし変わろうとしている。
suujichan @suujichan
#あまちゃん 春子虐待親説⑮ 「あまちゃん」北三陸編は、アキ-春子、春子-夏の親子の再生物語であるが、その裏には虐待の連鎖からの脱出という話も潜んでいるのではないか、というのが春子虐待親説。おわり。

コメント

風見.tktk @Kazami_karasu 2013年6月14日
物騒なタイトルだけど、このまとめを読んでいるうちに、あまちゃんを見ていて感じていた違和感が氷解していった。まとめ最後のふたつのツイート通りに作品が収束していったら素晴らしいな。
Toshihico Shiracawa @candidusflumen 2013年6月15日
@suujichan おはようございます。かつて、アキが母親から原宿なんかに行くなと言われたとユイに言ってました
渡辺まもる @mamodlian 2013年6月15日
厳密に言えば作中の言動だけで虐待認定なんだよなぁ…。もちろん意識的にやってると思うよ。
たわし @penguaholic 2013年6月15日
そもそもドラマのネタにネタ材料を、ってことだとは思うけど…ドラマの春子さんの行動に「虐待」ラベルを貼るなら、ほとんどの親は、自我を100%殺して完璧な子育てしなきゃ虐待だって話になっちゃいそうだけどな
たわし @penguaholic 2013年6月15日
ますます「育てにくい」世の中になりそうな…
yki_731 @yki_731 2013年6月15日
「虐待」っていう言葉はちょっと違うと思うんですけど………。昔はよく反抗的な態度とれば殴られましたよ、親に。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年6月15日
単にビンタ張ったかどうかと言うより、「正直に言いなさい」→正直に言う→ビンタ この流れがかなり問題だと思う。これじゃあアキが地味で暗くて(ryな娘になる道理である
ハト子、かましたいの。 @hatoco_hatoyama 2013年6月15日
春子さんが「ママの嫌いなものばかり好きになって!」「ママはアイドルとか芸能界とかチャラチャラしたものがだいっ嫌いだからね」とアキに言うのが、引っかかってた。子供に自分の嫌いな物をさせたくない、子供をコントロールしたいという思いが強い人なのかもと思った。そこから、春子さんがどう変わっていくかが気になる。
言葉使い @tennteke 2013年6月15日
私の経験では1970年代の新宿はおっかなかったと叩き込まれたが(ヨハネスブルグのコピペみたいに)、2000年超えた当時、原宿は恐ろしかったのか?
8Q @8to9 2013年6月15日
アキは心を閉ざしてでも、守りたいものがあったのだ。それはかつて春子が大事にしていたものでもあった。でも春子はそれを捨てようとした(捨て切れず隠した)。それを抱きしめて生きるアキが憎らしく、愛おしかったのだ。夏ばっぱや親友のユイや北三陸の環境がアキに自信を与え、アキは大切なものを分け合える喜びを知った。大切なものとは多分「端的な想い」であり「人が人を想う気持ち」「憧れ」のようなものだろう。
8Q @8to9 2013年6月15日
アキの大切なものは春子の胸にしまった大切なものだ。だから春子はアキが拙い表現でそれをあらわそうとすると苛立つ。でも反面誇らしい。「バカでしょうこの子」は「いい子でしょう、私の子」と同意だ。これは母娘の葛藤では終わらない。アキの想いは東京や、その先に描かれるであろう震災によって試され、磨かれていくのだろう。ー長文失礼致しました。「あまちゃん」大好き!(^^)
panhiki @panhiki 2013年6月16日
だがちょっと待ってほしい、キョンキョンにぶっ飛ばされるってのはある意味ご褒美ではないだろうか?
スー @adumaebisu 2013年6月16日
アキの「皆の前で殴ることねぇべ」は、「お客さんが楽しんでいい気持ちになったのにぶち壊しにするな」という意味だと思う。
たわし @penguaholic 2013年6月18日
今週のあまちゃんでは「殴られたことはオラが悪いんだし、どうでもいんだ」と言うシーンがありましたね
たわし @penguaholic 2013年6月18日
春子さんもアキちゃんも、北三陸に来て家族間の摩擦が解消されていったということなのかなぁと。「母親のせい」から「自分のせい」に転換できた時が、成長したってことなのかなぁと思ったり
柘榴石(ざくろいし) @zakuro_ishi 2013年6月20日
アキがユイのお母さんを見て「良いお母さんだ」と思うシーンでちょっと胸が痛くなった理由がわかった。
Ducky G. Duck @duckygduck 2013年6月20日
「地味で暗くて向上心も協調性も個性も華もないパッとしない子」を聞いた時点で虐待と思わないほうがどうかしてる。「地味で暗い子」が家庭に問題があったりするのは世界の常識。理不尽な平手打ちが炸裂しても、相手を責めず、「オラが悪い」となるのは、典型的なDV。 春子はアイドルに憧れて家出したのに、子供には自分の考えを強要。現実に存在していたら、かなり身勝手で危険なお母さんです。
イチマサ2 @ichimasa2 2013年6月20日
#あまちゃん これで普通になっていくような(修復~明るい朝ドラ風になって行くような)気がする→  https://twitter.com/ichimasa2/status/347637476506075136 6/24から東京編(^^)。でも、3.11はこれから..先々の不安感が頭をよぎる私。
8Q @8to9 2013年6月21日
やっぱりこういうラベリングは不粋だな〜、と一応言っておきます。
たわし @penguaholic 2013年6月21日
今週のあまちゃんでは、夏さんと春子さんが和解、アキちゃんも独立して東京に行くことに。女の子版のイニシエーションなんだろうなぁと思いながら見ました。
たわし @penguaholic 2013年6月21日
そういえば、春子さん→アキちゃんの育て方が「虐待」であるなら、夏さん→春子さんの育て方は「子育て放棄」と定義されるのかしら 笑。虐待の連鎖?なんか大袈裟だよねぇ
いち @ichi_3 2013年6月21日
真相は別にしても、ものすごくつじつまが合ってしまう深読みだと思った。 ドラマの解釈の話からは離れるけど、「それだったらほとんどの家庭が虐待になっちゃうでしょ(笑)」という人はいつでもどこにでもいるし、それを聞いて、「でもなんか違う気がする」と思ったり、なんだかさみしくなったり、追い詰められたような気持ちになる人もいつでもどこにでもいる。
Ducky G. Duck @duckygduck 2013年6月21日
そういえば、ユイのお父さんの息子・ひろしに対する態度も、褒められたものではないというか、あれはキツイというか、きつすぎるでしょう。子どもをつぶす親の典型として描いているのでしょうけど、血の雨が降ってもおかしくないと思いながら見ていました。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年6月28日
正直、虐待の連鎖というか、春子の少女時代のトラウマが自身の子育てにも影響してたんじゃないかと思った。それが夏ばっぱの謝罪を通じて連鎖的に解消していったと解釈。
たわし @penguaholic 2013年7月5日
Tuny1028 わたしも、そう解釈しました。ただ「虐待の連鎖」と捉えてしまうには、ちょっと勿体ないというか…。誰もが「ノートラウマ」で子供を産んで育てられるわけでもありませんし、子供を育てたことで親が成長できる、ということもある
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする