精神主義の起源と変貌

未だ日本に蔓延る精神主義。 精神主義で例に出されることの多い第二次大戦の日本軍。 しかし、本来は第一次大戦の列強の総力戦を見た日本が、これに追随することは出来ないという現実を認識し、窮余の策として非物量的側面へ注目した事がその起源。 それが、大正・昭和と時代を経て、第二次大戦での過度な精神主義へと変貌・傾倒していったのは何故だろうか。 続きを読む
182
司史生@喪中 @tsukasafumio

しかし捕虜を使った銃剣刺突訓練によって、一体何が鍛えられたというのだろうか。

2013-06-15 19:24:53
司史生@喪中 @tsukasafumio

帝国陸軍も体育会もブラック企業も、精神力を無尽蔵無限界とする信仰によっているのだが、これは考えるとアニメのクライマックスにもまま見られる日本人の普遍的意識なので、なかなか消えませんよね。

2013-06-15 19:33:27
司史生@喪中 @tsukasafumio

生活保護など社会福祉叩きの背後には、理不尽なしごきを鍛錬と称する類の伝統的な精神主義があるように思われる。

2013-06-15 20:41:59
司史生@喪中 @tsukasafumio

無根拠な精神主義が相変わらず発言力を得ていることだけでも、過去の戦争に対して(謝罪とか言う以前の問題として)反省が為されたとはとても言えないだろうな。

2013-06-15 20:45:56
司史生@喪中 @tsukasafumio

精神主義が肉体に象徴される物的条件を克服するという教条は、連合赤軍事件の「総括」に見られるように、戦後世代にも受け継がれた。否、戦中派が体験し嫌悪した事情を考慮すると、それは「戦争を知らない子供たち」によって復興されたと言ったほうがいいのかもしれない。、

2013-06-15 20:52:03
司史生@喪中 @tsukasafumio

歩兵操典 http://t.co/uXDOTkHmbr 前にも疑問で呟いたんだけど、各個教練の一章と二章で射撃や手榴弾投擲について動作が詳しく書かれているのに、白兵戦闘については書かれてない。「突撃」は事実上「突っ込め」だけ。

2013-06-15 23:25:37
司史生@喪中 @tsukasafumio

もちろん兵士の実課では銃剣術を一生懸命やってたので、言わずもがなという考えもあるのだけど。銃剣突撃のイメージが非常に強い日本陸軍のマニュアルで、銃剣戦闘が言及されていないというのが興味深い。

2013-06-15 23:33:05
司史生@喪中 @tsukasafumio

あくまで歩兵操典というマニュアルのみに限った話だけれど、兵士に要求されているのは、銃剣をかざしてひたすら前に突進するだけ。突撃に持ち込んだ段階で敵は崩れているという前提なのだろう。突撃中に敵の白兵や至近火力による抵抗に遭遇してこれを撃破することは想定されていない。

2013-06-15 23:39:07
司史生@喪中 @tsukasafumio

記録や兵士の証言を見れば、確かに大勢でこの想定は間違ってはいない。間違ってはいないのだが、「とにかく突撃に持ち込めば勝ち」を基本とした状態で、小隊・中隊・大隊の教練の項で述べるような、突撃頓挫時の対処が柔軟に行えたのだろうか。

2013-06-15 23:48:01
司史生@喪中 @tsukasafumio

謬見かもしれないが、この突撃の遂行自体が目的化し、突撃が勝利のための手段であるという視点の無い操典には違和感を感じる。あるいはそれが日本的精神主義というものなのかもしれない。

2013-06-15 23:56:13
名無し整備兵 @seibihei

@tsukasafumio ガダルカナルの「突撃」を見る限り、「頓挫したからやり方を変える」という対処はできなかったような…

2013-06-15 23:51:49
司史生@喪中 @tsukasafumio

ですよね。できた場合もあるでしょうが、それはドクトリンではなく指揮官の才能の結果でしょうし。 RT @seibihei ガダルカナルの「突撃」を見る限り、「頓挫したからやり方を変える」という対処はできなかったような

2013-06-15 23:59:11
名無し整備兵 @seibihei

@tsukasafumio 本日聞いた話の一部。WW1の教訓の受容は、大正期には「歩兵火か砲兵火か」という論争だったのが、昭和期には「物的戦力か精神力か」に変貌。そして恐慌後の経済状態を反映し、精神主義に傾倒していく。

2013-06-16 00:05:04
司史生@喪中 @tsukasafumio

@seibihei 列強の総力戦の規模に追随できないという現実を、言葉のすり替えで糊塗しようとしたら、どんどんすり替わっていったということでしょうか...

2013-06-16 00:09:28
名無し整備兵 @seibihei

@tsukasafumio 「自分を納得させるための理屈に、自分で夢中になった」ということは大きいと思います。さらに、大正期から続く「社会との隔絶」がそれに拍車をかけた

2013-06-16 00:10:58
司史生@喪中 @tsukasafumio

@seibihei そのあたり、精神力が物的戦力に破れたのではなく、精神主義が合理主義に敗れたという、ソフトウェアの敗北であったことを誤解してはいけないように思います。

2013-06-16 00:17:48
るーでる@柏葉 @rudel101

@seibihei @tsukasafumio 自己催眠に似たものに陥ってしまった、となるのでしょうか。

2013-06-16 00:14:23
名無し整備兵 @seibihei

@rudel101 @tsukasafumio 社会から疎外された人間集団って、どうしてもそういう傾向がありますよね。軍隊に限らず

2013-06-16 00:15:09
るーでる@柏葉 @rudel101

@seibihei @tsukasafumio なるほど。たしかに、そういった傾向は見受けられるかと。

2013-06-16 00:17:59
司史生@喪中 @tsukasafumio

@rudel101 @seibihei 組織としての自己催眠というか、教育があるのではないでしょうか。昭和の士官学校生徒は、自分たちの教本が作られた紆余曲折を知らないわけでしょうし。

2013-06-16 00:20:26
名無し整備兵 @seibihei

大正の「軍隊を忌避するインテリ」の雰囲気から、昭和には「軍隊に親近感を持つ非インテリ」の雰囲気に変わったものの、軍が「地方(特に都会)」に持つ不信感は変わらず、そこに「聖戦」というイデオロギーが忍び込んだ

2013-06-16 00:14:28
万世六兵太 @roppeita_mansei

@seibihei 明治は尊敬され、大正は軍縮平和の流れで忌避されて、満州事変などでまた脚光を浴びましたからね。大正時代のあんな思いをするのは嫌だという反動でしょうね

2013-06-16 00:18:09
名無し整備兵 @seibihei

@tsukasafumio そうですね。しかしロマンは残り、政治的な意味を持ち続けます。中でも外でも。

2013-06-16 00:22:19
名無し整備兵 @seibihei

@roppeita_mansei 「あんな思いをするのは嫌だ」ならまだ外との関わりを気にするだけマシなんですが、どうも「どうせ何やっても理解してくれないんだろう」と引きこもってしまったような…

2013-06-16 00:23:41
るーでる@柏葉 @rudel101

@tsukasafumio @seibihei 仰るように教育の影響も大でしょうね。ソレで士官として育てられてしまうわけですし。

2013-06-16 00:23:41
残りを読む(51)

コメント

dragoner @dragoner_JP 2013年6月16日
まとめを更新しました。
0
dragoner @dragoner_JP 2013年6月16日
まとめを更新しました。
0
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2013年6月16日
『何を言っても無駄だから法律で文句言えないようにしよう』って戦後の非武装平和護憲主義者そのまんまな気がしますね。
5
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年6月16日
面白いのは、こういう無茶な精神主義の残滓が、糾弾している側のはずの人に強く見られる事。これとか→ http://huff.to/18oPEQ0
7
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年6月16日
実は精神主義を現在もっともよく保存しているのは学校でしょうね。運動会の北朝鮮まがいのマスゲームがその典型。原武史「滝山コミューン一九七四」にみるがごとく、担い手が軍国主義者からスターリニストに変わっただけ。ただ、冷戦後は「日教組」というわかりやすい「敵」ではなく、もっと漠然とした社会的雰囲気がそれを支えているのだろうが。
6
小辰みなひと@ネット租界 @37110k 2013年6月16日
「空気嫁」の言葉が大流行した今日この頃、『何を言っても無駄だから法律で文句言えないようにしよう』が成立しかかっているような気がします。加えて「反軍感情」、失われた20年を未だ巻き返せない「国際社会からの孤立」が与件に上げられます。残るは「聖戦の大義名分」が立てば戦争一直線です。
0
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年6月16日
@CSambo あと、「内向きな若者は外に出ろ」とか「欲しがりません脱原発までは、足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」の人たちもでしょうね。
1
T.U.Yang @tadatsome3 2013年6月16日
「物が無いから精神力で」というのは、「精神力」を「信仰」に替えれば結局世界的に普遍な封建社会の発想なんですよ。日本では未だに国民の内面まで至る市民革命は行われてないってことでしょう。
6
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2013年6月16日
むしろ市民革命を自称した勢力の方が「物がないから精神で」に走っていると思いますよ。「我々は正しい、大衆が我々を支持しないのは大衆が愚かだからだ」とかまんま精神論ですな。
4
teruoharuo @teruoharuo 2013年6月16日
普遍的に精神性と世界の構造が合致するみたいな考え方はどこの国にも存在してて啓蒙思想以前の主流の考え方ですよね。現代でも多数派だとは思いますけど、日本の場合は権力者層のみならず左派の中でも是正されないというのが異質に感じる。 精神性と世界の構造が合致する考え方は道徳性を含有する物語に多く見られるんだけど、みんな少年漫画好きでそれを現実世界にも無意識的に求めますね
0
☠病葉♥紫音@粉蜜柑 @S_Wakulava 2013年6月16日
日本的な精神主義とか根性論に疑義を呈した世代は過去にもいたんだけどね、「シラケ世代」だ「三無主義だ」「新人類だ」とレッテルを貼った上、「モノが豊かな時代に苦労知らずで育ったから、ああいう考えになったんだ」と嘆き悲しんでみせる、という方法で封じ込めちゃった。そして「貧乏に生まれ育ったから自分は正しい」「仕事が忙しいから自分は偉い」という訳の分からない論理がまかり通って今に至る、と。
4
name @unagi_anago 2013年6月16日
砲兵による攻撃準備砲撃や爆撃機による爆撃に始まり、機関銃掃射、小銃による銃撃戦により、敵の戦力をほぼ削いだ、最後の締めとして、敵陣に白兵突撃して乗り込み相手陣地を確保=勝利、という一連の陸戦の流れだったのに、前の部分をすっ飛ばして、いつの間にか最後の敵陣への白兵突撃の敢行が、勝利とイコールにすり替わってしまったのでしょう。
2
neologcutter @neologcuter 2013年6月16日
精神主義自体は組織ならどこでも見られると思うんですよ。ただそれの大小が問題になるだけで。「為せば成る~」も精神主義になってしまう事ありますし
0
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年6月17日
「火力・兵員の不足」「人材の流動性が薄いことによる無能将官の増加」不利を覆せるだけの戦術も思いつかない様な不利な状況で、目的を達成する為に組織として足りない分を一個人の努力で補わせる為の馬鹿でも解る高い努力目標が「精神主義」ってイメージがありますね。そんな、建前に過ぎないものを、無能な上官が現場に必死に押し付けてるところが非常に残念だけど。
0
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年6月17日
見直す前に間違ってコメントボタン押したせいで、日本語がおかしい・・・
0
のぶたけ デレマス7th大阪両日参戦 @nobutake1102 2013年7月1日
結局のところ、発達が早すぎて成熟しきれなかった、ってところなんでしょうか。
0
こぎつね @KogituneJPN 2013年8月4日
捕虜の処分は一般的に口減らしですね。人間にとって人を殺すというのは心理的な抵抗が強いのでなれるという意味で意味はあるとおもいますよ。人道的にやっちゃいけないことですが
0
こぎつね @KogituneJPN 2013年8月4日
なお突撃自体はとても有効な戦術で、軍事的な合理性があります。ただ機関銃を排除できないと突撃は失敗して、死傷者のみが残るのです。米軍の場合、砲兵で阻止されることも多いです。
1
言葉使い @tennteke 2016年4月6日
マンガ「風雲児たち」では、幕末に吉田松陰や大村益次郎は「もはや・いまさら山鹿流ではどうしようもない」と西洋軍学を学んだり取り入れたりと努力している様子が描かれていますが、それが日露戦争で旅順要塞攻略で、結局白兵戦・突撃一辺倒・山鹿流の再評価が起こったと「やる夫で学ぶ日露戦争」で指摘されて、その山鹿流再評価のきっかけが児玉源太郎だったと書かれています。あの要塞をあのときどう攻めれば良かったのかは、今でも難しいようで。
1