2013年6月22日

図書館は地域振興の夢を見るか

佐賀県の武雄市図書館。地域振興の核にすると市長は主張しています。観光名所にすることだけが地域振興でしょうか?ちょっと考えてみました。
17

始まりは、とあるブログへの感想でした。

A.Wada @senryoAIIT

読んだ。 多賀城市のツタヤ図書館構想 http://t.co/ASrYduzZMF @obata_twitさんから 最後から2つ目の段落の件はさておき、災害からの復旧、経済の復興が地元の方には最大の関心事だよねえ。だけど、ツタバに客が来るのは最初だけだよ?

2013-06-21 22:00:47

本当に、何の気なしに呟いたのですが…

シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT @obata_twit そのとおりだと思います。でも、長期的に賑わう施策も思いつきません。たとえ一時的と分かっていても。という地元の思いがあるのではと思います。

2013-06-21 22:13:38

外から他人事としてみるのと、中から、身に差し迫ったこととしてみるのは違います。

A.Wada @senryoAIIT

@MrCB_Harukaze これという答えが出せないのが、情けないです。ただ、リソースは有限なので、ツタバでは無く、地元にお金が落ちるような方法は無いものか…

2013-06-21 22:16:37

ツタバとは、CCCが展開する蔦谷書店とカフェチェーンのスターバックスが一体となった店舗を指します。

シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT はい。その辺は僕もいろいろ考えています。地元にとって必ずしも蔦谷やスタバでなくてもいいのですが、話題性や地元住民の「全国規模の企業が誘致された」という満足度に対する対案がなかなか思いつきません。

2013-06-21 22:20:12
A.Wada @senryoAIIT

@MrCB_Harukaze 「全国規模」を外から呼んでくるか、自分のところを全国に発信するかなんですよね… 武雄市の場合、どう見ても植民地化されているようにしか見えないのですが。

2013-06-21 22:23:10

「武雄市の場合」
佐賀県武雄市の市立図書館改装については、種々の議論があります。その1つが指定管理者による図書館内での書店経営とカフェ経営です。こちらのサイトに種々の情報があります。
佐賀県武雄市の問題について:takeoproblem
https://sites.google.com/site/takeoproblem/

シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT はい。武雄市のモデルはありえないと思っています。全国区とすれば指定管理業者は紀伊國屋、丸善あたりで。カフェをということであれば全国区の候補がいくつかあります。相互に独立し、いわゆる”ツタバ”と揶揄されるような関係を抜きにしたものが理想ですね。

2013-06-21 22:30:13

宮城県多賀城市でも、図書館の移設計画に際し、指定管理者として佐賀県武雄市と同じCCCを採用しようとする動きがあるとのこと。参考記事はやや古めです。
ニュース記事「ツタヤ図書館、宮城にも 多賀城市が新設、運営委託へ」への反応

まとめ ニュース記事「ツタヤ図書館、宮城にも 多賀城市が新設、運営委託へ」への反応 http://www.asahi.com/national/update/0525/TKY201305240471.html ツタヤ図書館、宮城にも 多賀城市が新設、運営委託へ  宮城県多賀城市は図書館を新設し、レンタル大手でTSUTAYA(ツタヤ)を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に運営を委託する方針を決めた。同市は東日本大震災で被災しており、菊地健次郎市長は「人を呼べる拠点をつくりたい」としている。 賛否問わず、コメントの付いているツイートを網羅的に集めたものです。 降順です。 16591 pv 209 17 users 44

A.Wada @senryoAIIT

@MrCB_Harukaze 例えば、カフェであれば東京発ではなく、北海道や仙台の洋菓子店を呼んで来れないでしょうか。東京から多賀城に観光に行って、わざわざ東京のものを食べたいとは思わないでしょうし。

2013-06-21 22:35:23
シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT そうです。他の地域の方は、その地元の歴史や文化に触れたいと思い訪れます。地元や地域の名店を呼ぶのはありだと思います。ただ、一つ問題は、地元民はそれはありきたりのものなのです。そして、(僕もそうですが)地方の人にとって、東京や全国区はあこがれなのです。

2013-06-21 22:44:37
A.Wada @senryoAIIT

@MrCB_Harukaze そうですね。図書館は地元の方の日常に寄り添うものですから、地元の方の要望が優先されるべきかとは思います。地元に縁のある、東京の企業があるといいのですが。

2013-06-21 22:47:53
シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT はい。とはいえ、なぜ図書館だけが地域振興のターゲットになのかという疑問もあります。A.Wadaさん、つたない議論におつきあいいただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2013-06-21 22:53:11
A.Wada @senryoAIIT

@MrCB_Harukaze いえ、こちらこそありがとうございました。

2013-06-21 22:53:41

なんかもやもやしたまま終わりかと思いきや…

ふむ (主に山と図書館) @fmht7

@senryoAIIT @MrCB_Harukaze ひとつヒントとして、先日メディアテークで伊東豊雄さんと対談されたアンニョリさんをコーディネーターに招き、伊東さんもみんなの家方面が一段落されただろうから、アドバイザーとして協力いただいて。これ実現したら世界的に注目されますよ。

2013-06-21 23:03:31

をを、なんか新しい視点が。
アントネッラ・アンニョリ氏はボローニャ市図書館協議会理事、図書館アドバイザー、元サン・ジョヴァンニ図書館(ペーザロ)館長で、イタリアで長年にわたり公共図書館の計画や運営に携わり、来館者を増やして来たスペシャリストだそうです。
http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=3eae071978e28fb904d9351d5a3ec734&auth=1
2013年5月25日の仙台を皮切りに6月14日まで、国内各地でアントネッラ・アンニョリ氏(元サン・ジョヴァンニ図書館長、現ボローニャ市図書館協議会理事、『知の広場-図書館と自由』や「CA1783 - イタリアの“パブリック・ライブラリー”の現状と課題」等の著者)の来日講演ツアーが開催されました。
http://current.ndl.go.jp/node/23383
京都外語大で行われた講演会について、ブログで詳しく書いてくださった方がいらっしゃいます。
みききしたこと。おもうこと。
アントネッラ・アンニョリ氏講演会「知の広場ー新しい時代の図書館の姿」に行ってきた。~前篇
http://d.hatena.ne.jp/xiao-2/20130610/1370833755
アントネッラ・アンニョリ氏講演会「知の広場ー新しい時代の図書館の姿」に行ってきた。~後篇
http://d.hatena.ne.jp/xiao-2/20130611/1370952304

A.Wada @senryoAIIT

@fmht7 @MrCB_Harukaze 全国規模どころかグローバル化ですね。でも地域に根ざしたものを目指すから、グローカル化か?

2013-06-21 23:07:59
シービー @MrCB_Harukaze

@senryoAIIT @fmht7 太く短いブームではなく、「グローバル化」と「地域に根ざす」という相反したものを実現するのですね。それはすごい!

2013-06-21 23:12:11
ふむ (主に山と図書館) @fmht7

@MrCB_Harukaze @senryoAIIT はい。かの @hiwa1118 市長が常々おっしゃってるじゃないですか。TTP(徹底的にパクる)、そして過ぎる!出過る杭は打たれない。武雄の二番煎じじゃだめです。世界を狙いましょうよ。今ならできると思います。

2013-06-21 23:14:21
ふむ (主に山と図書館) @fmht7

@MrCB_Harukaze @senryoAIIT そして、折しも http://t.co/3eVBiueFqq #2013関東公図大会 でこれからの方向性「地域の課題解決」「<磁場>になる」「音のゾーニング」「出版振興」が出ています。商業施設にしなくても活性化は十分可能です。

2013-06-21 23:21:04

「地域の課題解決」
問題の解決方法は1つとは限りません。様々な試みがあっていいのです。

残りを読む(23)

コメント

藪柑子 @MO6jijii 2013年6月22日
ツイッターでの武雄方面への反応を見る限り、正直、日本の図書館関係者の多くはアンニョリ氏のやり方にはついていけなさそうに感じます。 https://twitter.com/jpub_news/status/344855376199561216
1
A.Wada @senryoAIIT 2013年6月23日
まとめを更新しました。
0
A.Wada @senryoAIIT 2013年7月19日
まとめを更新しました。「少年と図書館」http://togetter.com/li/533950 をごらんになった方、こちらも是非。
0