【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

オーディオ入力MCAユーザーのためのノートPC内蔵オーディオI/Fテスト入門

宇都宮泰(@utsunomiaa_com)さんのツイートをまとめました。 実測値はカタログスペック/設定内容より奇なり。 ■UTSUNOMIA.COM  http://utsunomia.com/ 続きを読む
パソコン サウンドカード MCA オーディオインターフェース
15895view 10コメント
7
ログインして広告を非表示にする
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 06:50:25
144Fh ノートPCの内蔵オーディオデバイスの実測。スピカとγスペ共用。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 06:56:06
1450h いつものように測定ソフトが必要。WaveSpectra、WaveGene、WaveGene用同期タイムストレッチドパルスデータ(WGdata)を入手。 バージョンは現在WSが1.51、WGが1.50。手法についてはhttp://t.co/UidsJawlYF 参照・・
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 06:57:29
1451h ダウンロードはhttp://t.co/3Izkw9l2Aj から辿ってください。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:02:25
1452h さきほど気付いたが、最新バージョンのWS1.51、WG1.50、XPプロSP1では動かなくなっている。SP3にアップするか、古いバージョンを使用するか・・。いまさらSP1もあるまい・・。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:07:15
1454h 安直に設定画面を提示します。最新バージョンは、起動すると自動的に最適化をします。少し時間がかかりますが、任せてみましょう! 後に表示を最適化するにはこの画面から。 http://t.co/KSxWMol1bn
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:08:57
1455h 縦軸レンジを180dBフルにセット。通常は100か120dBくらい。 http://t.co/HVBjGmqeKg
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:11:06
1456h 次も通常のセッティングとは少し違います。この測定では窓関数(スムージング)を外します。(普通はHanningなどを使用) http://t.co/bkPDT1Mbig
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:12:44
1457h サンプリング周波数も最大(実質の)に設定。 http://t.co/IFkhVLcsxq
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:13:44
1458h 最後の設定ページは、あまり関係ないでしょう・・。 http://t.co/QvmMC63ws2
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:15:15
1459h 次はWaveGeneの設定。画面のように。ユーザー波形データもダウンロードしてください。写真の一覧では、本来含まれていないものもあります。 http://t.co/9YJdZqDApA
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:16:37
145Ah ハードは、、入出力を直接接続します。 http://t.co/4tRlwdEqFA
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:20:34
145Bh まずWaveSpectraのみスタートします。画像のような表示になるはずですが、もしなにも表示されない場合は、再生録音設定のデバイスを確認下さい。 http://t.co/sUN0KpMdYh
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:23:14
145Ch これで見ると、48KHzあたりでがくんとさがっていますが、入力を加えたときにはんのうするのは、48KHzまでで、それ以上は反応しません。 このグラフはノイズフロアなのですが、これを眺めるだけでも、帯域は把握できそうです。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:27:08
145Dh 本来の16bitデータの論理ノイズレベルは、このグラフの。数値では-96dBのはずですが、それは全エネルギーの積分値であり、帯域ごとにおしなべると、こんなものです。最高の16bit ADCの残留雑音はこれくらいになります。 http://t.co/qAWsUeAC7x
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:29:14
145Eh 24bitではこんな具合。とてつもなく低雑音なのですが、これを達成できているADCは見たことありません・・ http://t.co/mYBsx9Bg3r
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:30:09
145Fh 先の16bitのフロアよりも少し低いくらいが「普通」です。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:34:03
1460h 以下は手近にあるノートPCを計測したものです。マイク入力はケーブルでPCのオーディオ入出力を直結し計測したもの。内部バスは、PC内部のソフトミキサー経由での特性ですが、この機能が無い機種も。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:37:08
1461h 少し古い大きなノート。実質的に帯域は8KHzしかありません。実質的にサンプリング周波数は16KHzということに。内部バスは48KHzサンプリングのようです。 http://t.co/xSsil0KrxS
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:40:11
1462h ウチではまだまだ現役のPen M機のVY-10F 48KHzで計測するときれいな特性なのですが、、、、 http://t.co/vEFchT8KKR
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:42:44
1463h 192KHzで計測してみると、動作状態が変化するらしく、見かけは8KHz帯域(16KHzサンプリング)に。サンプリング周波数は、正しく設定する必要があるわけです。無理に高く設定すると、こんなことに・・ http://t.co/kWev0xPDoQ
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:43:25
1464h 96KHzの設定でも、同様です。 http://t.co/5Tw5uBqKok
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:45:36
1465h 現在高頻度に使用しているCore2Duo機のVY-10A。 http://t.co/JWYW59FyVb
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:48:34
1466h グラフを見ると帯域24KHz、サンプリング48KHzのように見えるのですが、実は出力側のサンプリング周波数が48KHzで、入力側(ADC)は96KHz動作。このように入出力でサンプリング周波数が異なるものもあります。 http://t.co/qhS3NoHbj7
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:51:14
1467h 小型のCoreSolo機のCF-R5はγ線スペクトロメータ用に入手したものだが、実測はこんな具合。  何と入出力ともに192KHzサンプリング。大したものなのだが、えらくかまぼこ型!? http://t.co/jiW3vE5Btn
 拡大
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-23 07:52:51
1468h R5とほとんど同じ外観のR4(Pen M 1.2GHz )は当たり前な48KHzサンプリング。しかしかまぼこ型は同じ。 http://t.co/HM2IC8SsXK
 拡大
残りを読む(28)

コメント

宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-24 01:13:22
1496h 冒頭の「スピカ」は星のことではなく、「スピーカーボックスを作ろう」シリーズ名の訛ったものです。そちらもどうぞ。http://togetter.com/li/501548
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-24 01:22:24
1497h 上の例では、WaveSpectra、WaveGeneともに、ソフトのサンプリング周波数設定は192KHzでしたが、それ以外のサンプリング周波数での特性はWS、WGともに同じサンプリング周波数に設定してください。仮にデバイスが正常動作していないとしても、、です。できるだけ1台のPCで完結させてください。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-24 01:25:24
1498h このWSとWGを使用した、高速の周波数特性取得は、両方のサンプリング周波数が一致していることが必要条件です。複数のPCで行うとサンプリング周波数が同期せず、不正確な測定になる可能性があります。 ご注意下さい。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-24 01:34:41
1499h このような高機能なリアルタイム測定ができるWaveSpectra、WaveGeneを無償公開されている作者のefu氏に、深く感謝いたします!
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-24 03:00:48
149Ch 冒頭でefu氏の解説をリンクしていますが、同期タイムストレッチドパルスによる測定方法の解説はhttp://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/fresp/meas_fresp.html ですね。efu氏は周期スイープと言ってますが、特殊条件のTSPと思います。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-25 07:19:51
14A8h 読み返してみると、説明不足だらけ。::サンプリング周波数と、帯域の関係は、、サンプリング周波数の半分の周波数をナイキスト周波数と呼び、帯域はそれ以下までです。それ以上の周波数まで扱うと、折り返しノイズというものが発生するので、ナイキスト周波数で-∞になるようなフィルターが組み込まれています。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-25 07:24:20
14A9h 逆に言えば、帯域は-∞に落ち込む周波数までで、その周波数を2倍した数値が、おおよそのサンプリング周波数と言うことになります。そのため、帯域を測ってみることがサンプリング周波数を推測することになるのですが、実際にはデジタルに変換された後で様々な処理が入り、必ずしも帯域の2ばいの周波数がサンプリング周波数とは限りません。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-25 07:27:43
14AAh しかし、必要なのは実質の帯域なので、上記の説明ではサンプリング周波数XXHz「相当」のような言い方をしています。帯域が得られなければ、実際のサンプリング周波数が何だろうと、無関係と言うことになります。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-26 02:06:42
14ABh PCに最初からインストールされている、オンボードデバイス用のドライバソフト、最近の製品では内部バスモニターができないことが多いが、製造元のサイトに行くと拡張(内部バスモニターが付いている)ドライバをダウンロードできる。しかしこれを組み込むとサンプリング周波数がもともと96KHzあるのに48KHzで固定されることがあるので、組み込み後にテストすることを推奨します。純正のドライバは多くの場合PC製造元サイトにあります(組み込む前に用意しておく必要があります。
宇都宮泰 @utsunomiaa_com 2013-06-26 02:10:10
14ACh 古典的な周波数特性の測り方についても、同ソフトを使用したツイートを近日中にいたします。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする