環境法改正内容に関する大きな懸念事項 高嶌さん解説

コメント欄もお読みくださいm(._.)m
復興 震災 放射性物質 環境法 瓦礫
72
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
【環境法の改正】(重要) 6月17日に、大気汚染防止法,水質汚濁防止法,環境影響評価法等が改正され,放射性物質がこれらの適用対象に含まれることになりました。改正法の正式名称は,「放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律」です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
施行期日は,大気汚染防止法及び水質汚濁防止法については,公布の日から6箇月を超えない範囲で政令で定める日です。また,環境影響評価法は,公布の日から起算して2年以内を超えない範囲で政令で定める日です。日経の記事はこちら→http://t.co/UFqVMpEH2U
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
大気汚染防止法や水質汚濁防止法による法規制が放射性物質を対象にすること自体は必要なことなのですが,もう一つ,今回の改正で注意すべき点があります。放射性物質の規制権限,監視・公表権限が,都道府県知事から環境大臣に移されている点です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
これは非常に注意すべき改正です。放射性物質については国による統一的な対応が必要だということは分からないではないのですが,広域がれき処理問題への従来の環境省の対応を見る限りでは,今後の同省の対応についてはかなり不安です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
例えば,がれきの広域処理の際に,厳格に予防原則を適用して受け入れを拒絶した地方自治体が数多く見られましたが,今後は,このような地方自治体ごとの対応ができなくなることになります。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
そして,このように重要な改正であるにもかかわらず,環境省への規制権限の移行については,新聞記事にも,また,法律案の「要旨」にも現れていません。法律案の要旨についてはこちら→http://t.co/s74dueyqcp
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
大気汚染防止法,水質汚濁防止法等の新旧対象条文表はこちら→http://t.co/0mSv3lmW9G

kiyomi @yuKIiyomi
@TAKASHIMA724 お久しぶりです。あの改正を以て、受け入れを拒めなくなるのですか? 放射性物質の規制権限がなくなったとしても、一般廃棄物の処理の責任や権限は自治体にあるままなのではないでしょうか? それとも国から要請ではなく、強制できるようになるのでしょうか?
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi さん,お久しぶりです。ご指摘の件,私の書き方が誤解を招く表現でした。今回の改正は,大気汚染,水質汚濁との関係で規制を加えるものですから,廃棄物の処理権限については,少なくとも直接の影響はないはずです。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi ただ,廃棄物は,最終的にはほとんどが焼却処分される訳ですから,大気汚染防止法の規制基準を環境庁が決定できるとすれば,この点で規制が緩められる(その限りで受け入れ拒否が困難になる)可能性は当然にあると思われます。
kiyomi @yuKIiyomi
@TAKASHIMA724 ありがとうございます。勘違いしてすみません。他県からの産廃受け入れに自主規制を敷いている県もあるので、それも認められなくなるのかと、ちょっと焦ってしまいました。申し訳ありません。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi また,焼却灰の埋め立てに関連して,水質汚濁防止法の規制も関連してくる可能性があります。このように,廃棄物の処理権限自体に変化はなくても,「ここまでの排煙は大丈夫」とか「ここまでの水質汚濁は大丈夫」という形で,いわば外堀を埋められる訳です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi 従って,実質的に見れば,地方自治体レベルでの一般廃棄物の処理にかなりの影響を及ぼすことが予想されます。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi いえ,こちらの書き方が悪かったのでご指摘頂いてむしろ感謝致します。しかし,連ツイで示しましたように,国の定めた数値が基準になりますと,結局,焼却段階や埋め立て段階で大きな足かせとなりそうですから,がれき処理との関係でも,もう少し詳細な検討が必要ですね。
kiyomi @yuKIiyomi
@TAKASHIMA724 処理権限に変化がなければ大丈夫かなと楽観視していたので、問題点を説明頂いて、理解が深まりました。いつもありがとうございますm(__)m 先程の私の発言で、自分でもよくわからなくなってしまったのですが、もしかすると産廃への個別の規制はできなくなりますか?
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi さん,ご質問をありがとうございます。今回の改正が,産廃をはじめとする様々な種類の廃棄物処理にどのような影響を及ぼすかは,もう少し詳細に検討してみないと何ともいえません。
kiyomi @yuKIiyomi
@TAKASHIMA724 度々申し訳ありませんでした。広島は自主規制をしているはずですので、近々どのように捉えているのか問い合わせてみます。またご報告させて頂きます。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@yuKIiyomi 少し関連法令を調べる必要がありますので,いましばらくお待ち下さい。
かつ @toyboy999jp
.@TAKASHIMA724 @yuKIiyomi こんなにも省令を法律が追認する事例って他にあるのでしょうか?(法律の枠を超えられないのが省令との認識ですが、今回の改正内容は省令が法律同等の力を持ってしまう内容と理解しました)
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@toyboy999jp さん,ご無沙汰を致しております。最近の法律は,重要な部分をあえて法律内で規定せず,省令によって規制内容を具体化する方法がとられることが多くなっています。@yuKIiyomi
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@toyboy999jp その理由は,法律は改正するのが大変だが,省令ならば,状況の変化に対応して簡単に改正できるという「フットワークの軽さ」にあります。@yuKIiyomi
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@toyboy999jp その反面,ご指摘のように,法律が実質的に骨抜きにされてしまい,官僚が省令によって実質的に法律の中味を決定できてしまうという問題点があります。@yuKIiyomi
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@toyboy999jp 私見では,できるだけ重要な部分の骨子は法律で定めておくべきだと思います。原発事故こども・被災者支援法でも同じ問題が生じており,法律はできているのに具体的な救済策がまったく実現していません。@yuKIiyomi
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
.@yuKIiyomi さん,その後少し検討してみましたが,今回の環境関連法改正は,都道府県の廃棄物処理業務に,少なくとも直接には,影響を与えることはないと思われます。
残りを読む(13)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2013年6月24日
まとめを更新しました。
内田 @uchida_kawasaki 2013年6月25日
まとめを更新しました。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月28日
@TAKASHIMA724 @yuKIiyomi 横から済みません。今回の環境関連法案改正と来年度(3年目)に見直しが予定されている「特措法」への影響についてはどのようにお考えでしょう。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年6月29日
azarashi_salad さん,お久しぶりです。今回の改正の趣旨は,公害関連法の規制対象に放射性物質を加えることと,従来地方自治体が行ってきた汚染状況の監視・公表業務を放射性物質に拡大するとともに,監視・公表の内容を環境省令で統一的に定める点にあります。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年6月29日
したがって,今回の改正内容がそのまま特措法に直接の影響を及ぼすわけではないと思います。しかし,先に述べたように,今回の改正は,国による放射性物質の一元的規制への方向を明らかに示していますから,特措法の見直しに当たっても,その基本的方向の延長線上で改正が進められることになる可能性が大です。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月29日
TAKASHIMA724 ありがとうございます。「特措法の見直しに当たっても,その基本的方向の延長線上で改正が進められる」私もそう思いますが、環境省や自治体は「特措法」の運用にあたって情報公開と住民合意を謳った「基本方針」を殆ど無視し、また「関係事業者」である東電に全く法的義務を迫っておらず、今以上に骨抜きになるのが心配です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年6月29日
azarashi_salad さん,ご懸念はよく分かります。原発事故子ども・被災者支援法が成立したものの,その5条で定められた「政府による基本方針の策定」がほとんど機能していない現状に照らせば,残念ながら,特措法も同様の結果になる可能性はかなり高いと思います。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
TAKASHIMA724 どうもありがとうございます。昨夜は、今回の環境関連法改正に関する藤原寿和氏(3・26政府交渉ネット事務局/廃棄物処分場問題全国ネットワーク共同代表)の講演会に参加してきましたが、藤原さんの説明でも、今回の法改正については手続き面を含め、以下の通り多くの問題点が指摘されました。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
1、これまで、環境中に放射性物質が放出されて環境の汚染をもたらすことは起こり得ないとの前提から、放射性物質の取り扱いについては、原子力基本法をはじめ、原子炉等規制法及び放射線障害防止法等の原子力関連法令に委ねられ、環境基本法をはじめ、水質汚濁防止法や大気汚染防止法など12の環境関連法では、「放射性物質及びその汚染物」は適用除外扱いとされてきた。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
2、東京電力福島第一原発事故により放射性物質及びその汚染物が一般環境中に大放出され、大気や水質、土壌、森林、農地など国土を形成するあらゆる環境汚染をもたらした。この時点で環境関連法令の抜本的な改正を行い、「放射性物質及びその汚染物」に対する環境規制措置を講じる必要があった。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
3、にもかかわらず、政府は「放射性物質汚染対処特別措置法」の制定を受けて、今後は環境法体系の下で放射性物質を扱うことができるよう、「原子力規制委員会設置法」の附則で「環境基本法」第13条の「適用除外規定」を削除した。(政府の巧妙な戦略、ここが重要ではないか)
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
4、環境関連法の憲法ともいうべき「環境基本法」の重要条項を改正するにあたっては、本来であれば「中央環境審議会」に諮問を行い、その答申を受けてから地方自治体をはじめ国民へのパブリックコメント等の手続を経るべきだが、そうした手続きを一切行うことなく、「原子力規制委員会設置法」の附則により改正を行った。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
5、さらに「環境基本法」の改正を踏まえて、政府は直ちに個別環境関連法令の整備に着手すべきところその手続を怠り、本年4月19日の閣議で「放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律案」を閣議決定し、地方自治体への事前説明や国民に対するパブリックコメント等の機会もなく閣議決定当日に国会に上程し、6月17日 に同法は成立した。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
6、今回の法改正では、汚染物質に対する規制や監視等の一切の権限を有してきた都道府県及び政令市等の権限を「放射性物質に関してのみ」環境大臣の権限に集中し、しかも常時監視の対象としている放射性物質をセシウム134、セシウム137及びストロンチウム90の3種類のみに限定している。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
7、今回改正された法案は、環境関連12法のうちの大気汚染防止法、水質汚濁防止法、環境影響評価法及び南極地域の環境の保護に関する法律の4つのみで、廃棄物処理法や土壌汚染対策法など他の個別環境法については、「放射性物質汚染対処特別措置法」の附則に施行3年後の関係法律の見直し規定が盛り込まれていることを理由に先送りしている。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
藤原氏は、今回の環境関連法改正を受けて以下のHP(中段部分)で「放射性物質による環境の汚染の防止に関する環境法令」の 改悪に反対する決議への賛同(個人・団体・グループ)の呼び掛けを行っています。 http://gareki326.jimdo.com/ (参考資料ソース有)
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
azarashi_salad 追記:原発事故を受けて原子力事業推進官庁である経産省に規制の役割を持たせるのは好ましくないとの反省から「原子力安全・保安院」を廃止して環境省に「原子力規制委員会」を設置したが、瓦礫処理や除線処理で分るとおり放射性物質処理予算を配分する事業推進官庁と化している環境省に放射性物質の規制権限を集中するのは、今回の事故の反省を顧みない不適切な行為と言わざるを得ない。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2013年6月30日
azarashi_salad さん,詳細なご報告をありがとうございます。どうやらわれわれの懸念は,間違っていなかったようですね。
あざらしサラダ @azarashi_salad 2013年6月30日
TAKASHIMA724 昨夜の報告会では、法案は成立したものの参議院で附帯決議が採択されており、これを突破口にして本来の環境規制のあるべき方向に巻き返しを図りたいとのことでした。◆放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律案に対する附帯決議(平成25年6月13日) http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/current/f073_061302.pdf
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする