編集可能
2013年6月25日

渡邊芳之先生ynabe39の「正当な批判だったら私刑をしてもよい主義者撲滅。」

「いじめられるような原因があるのだからいじめられてもしかたがない」「悪い子なんだからいじめられてもかまわない」というのが「明言されない常識」である限りはいじめはなくならないと思う。 「何の非もない罪もない人が攻撃されるのがだけがいじめで,その人に非や罪がある場合は正当な批判」と言っているうちはいじめはなくならない。 「正当な批判」であっても制裁は法に基づいて公権力が行うべきで私刑はダメ,というのがいちおう近代社会のしきたりだよね。 続きを読む
96
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

北海道帯広市 · twilog.org/ynabe39

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

渡邊芳之 @ynabe39

「正当な批判」であっても制裁は法に基づいて公権力が行うべきで私刑はダメ,というのがいちおう近代社会のしきたりだよね。

2013-06-25 07:17:38
rmsi_isng @rmsi_isng

@kabutoyama_taro そういう意味では逆説的ですが、教育にヒューマニズムを求めずに、教育の外で調達した方が、学習者は救われるのだと思います。

2013-06-25 07:18:49
渡邊芳之 @ynabe39

文革のときに紅衛兵が「反革命分子」を吊るし上げて時には殺してしまったのだってローカルな時間と文脈においては「正当な批判」だったし正義だったんだよね。

2013-06-25 07:19:27
渡邊芳之 @ynabe39

自分で考えて,いけないと思うものを批判するというより,誰かが批判するのを見て「これは正当な批判で安全だ,自分が批判される心配なく誰かを批判できる」と判断してそれに乗っかる,というのは文革中国でもあったことだろうと思う。というかそういう人がたくさんいなければああはならない。

2013-06-25 07:23:19
渡邊芳之 @ynabe39

まあ文革中国では「正当な批判とみなされるものには乗っからないと自分が危ない」というのも大きかっただろう。

2013-06-25 07:23:54
渡邊芳之 @ynabe39

伝統的に私刑が容認され期待される社会といじめ問題がつながっているなんてこの問題について考えている人には当たり前すぎていうまでもないことだと思うけれども,誰かが繰り返し言っていかなければならない。

2013-06-25 07:27:24
渡邊芳之 @ynabe39

「いじめられるほうに非があってもいじめは悪い」「いじめられるような原因がある子でもいじめてはいけない」というためにはまず「私刑は許されない」といわなければいけない。

2013-06-25 07:28:58
渡邊芳之 @ynabe39

いまとは別の時代に別の場所で起きたこと,それがなぜ起きてどのような結果になったかについて(自分はそこにいないのだから必然的に)客観的に考えること,それを今の時代のこの場所にあてはめて考えること。

2013-06-25 07:31:09
渡邊芳之 @ynabe39

歴史の教訓というのは「自分がそのときその場所にいなかったからこそ」教訓になるのだろう。

2013-06-25 07:31:38
渡邊芳之 @ynabe39

「いじめられるような原因があるのだからいじめられてもしかたがない」「悪い子なんだからいじめられてもかまわない」というのが「明言されない常識」である限りはいじめはなくならないと思う。

2013-06-25 07:33:31
雑兵A @_zhy_a

@ynabe39 よく分からないのですが、容疑を否認して無罪を訴える事件の判決前にクビにされた私的制裁を裁判所が「被告人は既に社会的制裁を受けており」と情状酌量の理由に採用したりするんですよね。裁判所すら推定無罪を信じていないし、私的制裁を容認しちゃってます。

2013-06-25 07:35:19
渡邊芳之 @ynabe39

罪を犯した学生を退学処分にしておくとじっさいに裁判で「すでに社会的制裁を受けているのだから」と減刑されたりします。おかしいと思うのだけれど「現にそうだから」大学は「学生の将来のために」退学処分にするんです。

2013-06-25 07:36:50
渡邊芳之 @ynabe39

じっさい私も現実にはそういう理由の処分に合意したことがあります。おかしいと思うけど「現にそうなる可能性が高いから」賛成する。

2013-06-25 07:37:35
渡邊芳之 @ynabe39

「何の非もない罪もない人が攻撃されるのがだけがいじめで,その人に非や罪がある場合は正当な批判」と言っているうちはいじめはなくならない。

2013-06-25 07:40:41
渡邊芳之 @ynabe39

正当な批判だったら私刑をしてもよい主義者撲滅。

2013-06-25 07:42:09
渡邊芳之 @ynabe39

ローカルな正義によって誰もが「罪や非があって攻撃されて当然な人」とみなされる可能性がある,そうみなされた人へのいじめは「正当な批判」とみなされる,ということを対策の前提にしないと。

2013-06-25 07:44:20
向仲 剛志 @Tweetie_Tsuyo

@ynabe39 同感。そんなヤツは俺が見付けて成敗してやります。

2013-06-25 07:44:42
渡邊芳之 @ynabe39

まずは自分がそれに加わらないことだし,究極も自分が加わらないことです。命がけですね。 RT @goyou: @ynabe39 私刑が行われているのを目の当たりにしたら、どうやって抵抗するのがよいでしょうか。

2013-06-25 07:45:05
渡邊芳之 @ynabe39

飲む前に悩め。 RT @hamurabi_subst: @ynabe39 正当なおくすりだったら飲んでもよい主義

2013-06-25 07:45:21
プルートウ(Unforgiven) @PlutoDarkness

@ynabe39 小学生あたりだと赤信号で横断歩道を渡ることが「道徳的に悪い」と思っていますからね。まあそのように教えるからですが。そういうルールがいじめのきっかけになることも多いです。

2013-06-25 07:46:12
渡邊芳之 @ynabe39

@PlutoDarkness そういう意味じゃいじめは学校教育のごく自然な副産物です。

2013-06-25 07:46:47
残りを読む(139)

コメント

ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年6月25日
集団を維持すると言うのはそういう事。理屈ではないわなww
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2013年6月25日
一方でそれを理由に批判そのもの否定する風潮になったらそれはそれで問題
13
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年6月25日
全世界に向けた言論に対して、全世界から言論で批判されることを私刑と呼ぶ風潮もそろそろ来てますね。
8
☠病葉♥紫音@粉蜜柑 @S_Wakulava 2013年6月25日
「正当な批判だったら私刑をしてもよい主義者撲滅。」<撲滅するためだったら私刑をしてもよい、となると無限連鎖。でもそれ全く抜きで撲滅しようとなると「神の裁きを待つ」とかしか想像力の乏しい俺には思いつかないや。
0
渡辺まもる @mamodlian 2013年6月25日
「正義の怒り」は「単純なムカツキ」であると理解しておかないと最悪死ぬ。って話よね。 元県議のブログ記事を見ていると本人は正義と良識のもとに書いているのが良くわかる(それが共有されないのが今回の悲劇を生んだんだけど)。でもそれはなんとなくむかついただけだし(腹が減ってただけかもしれない)、おそらく凸した人たちも正義の名のもとにむかつきを晴らしたいだけだったと思うんだよ。
27
游鯤 @yusparkersp 2013年6月25日
渡邉美樹(渡邊ではない)←これが面白い。それはともかく、直接的な暴力以外を私刑と言ってしまうと、いろいろとムツカシイ様な気がするよ。
1
BUNTEN @bunten 2013年6月25日
「いちおう近代社会のしきたり」という言い回しに噴いた。(^_^;)
1
○○もへじ @marumarumoheji 2013年6月25日
そして、お前はやりすぎだという新たな正義が生まれ、新たに生まれた正義の下以下略。
9
小奥(こーく)@鶴の恩還し @tk2to 2013年6月25日
正当な批判てのは、限られた状況でしか成り立たない。例えば被批判者が「俺の意見はこうだ、さぁ異のある奴は批判カモン」て宣言した後とか。そうじゃない状況で寄せられる批判は全部行き過ぎた批判/私刑になる場合がある。という事ですかね?
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年6月25日
「そんなヤツは俺が見付けて成敗してやります。」←これネタだよね
5
熊野風。 @nobody2knows 2013年6月25日
「正当な批判だったら私刑をしてもよい主義者」が居たぞ!吊るせ!
4
過労対策 @roudouhou_twi 2013年6月25日
nobody2knows 「俺は差別と黒人が嫌いだ」に匹敵するパラドックスですね。
1
Quadra @kokoron_heart 2013年6月25日
むかつくから、劣っているから、顔が汚いから。本人にとっては理不尽に思える精神的肉体的暴力は実は理不尽ではない。本人が理由を認識していないだけで、「劣等性」を「罪」の根拠とした「正当な刑罰」なのだ。←これが日本人の正常な認識らしい。  この国に生まれたことを心の底から嘆いている。
0
babanba @babanba2 2013年6月26日
「正当な批判」にケチをつけた後にあるのは悪党の無罪放免のみ。不当な立場の時点で反論できる筋合いなどなし。批判されるのが嫌なら初めから悪い事すんなとしか
0
babanba @babanba2 2013年6月26日
不当な立場の好き勝手で踏みにじられた被害者の気持ちが無視されてよい理由になど一切ならない
0
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の労働者階級 @U_fort 2013年6月26日
でも最近じゃどっかの切り取りまとめだけで吹き上がる人もおるからのう。切り取りは飽くまで切り取りだから。私刑するにも脳みその出来が重要になってくるという
0
babanba @babanba2 2013年6月26日
そして正当か不当かの基準は完全に人のモラルに委ねられる
1
うに(5歳) @uni_2030 2013年6月26日
自衛隊、米軍、東電、政治家、教員・・・いや、ただなんとなくね・・・
0
小辰みなひと@ネット租界 @37110k 2013年6月26日
「まとも」「正義」「常識」「不真面目」「悪党」「道義に反する」とお手製のレッテルを貼りながら考えてると認められない相手が出てくるわけで、いっそのこと皆まともな人ではない「一億総狂人」と言うことにして、そもそも全員信用ならない事を言っている、と思い込めれば丸く収まるのでは。少なくとも私は狂人です。
5
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年6月26日
37110k それを「あんたかてアホやろ、うちかてアホや」とハナ肇は言ったのであった
5
かばなり @kabanari 2013年6月29日
同程度(影響力とか)の人同士なら対話になり批判になるけど、程度が異なると対話にすらならない。で、弱い方は(結果的に)群れる(ように見える)しかないわけで。それを逆リンチと言われると、弱い方は何も言えなくなっちゃう。「まずは同じステージに立てば?」と言われても、それはそれでハードル高い(てか普通はできない)しなぁ。
0
空弁者 @scavenger0519 2013年7月5日
影響力とか、頭の良し悪しとか…。(^_^;)
0
こぎつね @KogituneJPN 2014年12月30日
発達障害者がいじめられやすいのは、人格に問題があるからなんですよ。人格に問題があったらいじめられたり排除されても本人が悪いんです。いままで発達障害者の人生とはそういうものでした。
1
こぎつね @KogituneJPN 2014年12月30日
人格障害がパーソナリティ障害って名前に変わったのも、人格に障害があると考えられると社会で生きていけなくなるからです。人格に問題があれば扱いがひどくても自業自得なのです。
1
こぎつね @KogituneJPN 2014年12月30日
学校や会社が率先して人格に問題が有る人間のことを総合判断で極力排除しようとしてきました。最近も面接重視の流れは加速しています。そう思うと私人が変なやつをいじめ追いやろうとするのは自然な事なのかもしれません
1
こぎつね @KogituneJPN 2014年12月30日
昔は発達障害は大人になるけど目立たなくなるって言われてたけど、実際にはボコボコにされて育つから自己評価低下やうつで元気なくなったり社会から脱落して視界から消えるんだよ。良かったね
1
こぎつね @KogituneJPN 2014年12月30日
多分周囲からはみんなに迷惑かけておきながら被害者顔すんなって思われているんだろうと思うよ!何考ええてるかわからない人間混じってたらめんどくさいもんね、いなくなってほしいともうのが人情かもね!
1
条慈 @QsN2KgkhEFvYAr1 2020年7月3日
KogituneJPN 君も「差別はよくない」という一般的な価値観から逸脱してるから排除されても仕方ないよね。
0