10周年のSPコンテンツ!

不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択

急増する不妊に悩むカップル。女性の社会進出のさらなる推進は必要だが、「35歳の壁」が立ちはだかる。働く女性たちの本音は…
国内 少子化 WEDGE 不妊治療
0
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
不妊治療の成否は個人差が大きい。体外受精の平均出産率(分母は総治療周期数)は11.4%しかない。(2010年のデータ、日本産科婦人科学会資料より) http://t.co/vVn557w1wy 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
少子高齢化時代に労働力を確保するためには、女性の社会進出をさらに推進していく必要があるのは間違いない。「女性活用」は安倍政権の成長戦略の柱になっている。しかし、働く女性の前に立ちはだかるのが「35歳の壁」だ。 http://t.co/PQE4jgkzid
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
不妊に悩むカップルは急増し、体外受精の件数はこの5年で倍増。2010年の実績はなんと24万件。特に増えているのは35歳以上の年齢層だが、皮肉なことにその35歳近辺を境に出産率は下がる。原因は「卵子の老化」にある。 http://t.co/PtwKbhv3db

不妊カップルを襲う「35歳の壁」

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
大学を卒業してから「卵子の老化」の35歳までというとわずか約10年しかない。「仕事に慣れ、子どもが欲しいなと思ったら35歳を過ぎていた」そう話す女性は多い。 http://t.co/D5bbedY3yW 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
「35歳の壁」を見据えながら、相手を見つけ、妊娠し、仕事も両立することが、いかに難しいか。子どもがすんなりできた夫婦や、不妊治療が一般的でなかった世代には、なかなかイメージしにくい。 http://t.co/xpsOWA5obZ 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
「妊娠」というテーマを、それぞれの女性の個人的な問題としてとらえているうちは、少子化問題はなかなか解決しないだろう。 http://t.co/lt6JuinFZe 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity
その上、不妊治療には、医師、医院によって治療方法に大きなバラつきがある。高額自由診療のためビジネス化している側面もある。 http://t.co/DUSMhjOa8I 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択
元記事はこちら
リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) 不妊治療 「35歳の壁」 働く女性の苦しい選択 急増する不妊に悩むカップル。女性の社会進出のさらなる推進は必要だが、「35歳の壁」が立ちはだかる。働く女性たちの本音は&

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?