2010年9月21日

【ニコ生】ひろゆき司会 『夢をあきらめよう!? 10年代の若者論』古市憲寿 本田由紀

関連 ひろゆき×勝間×ホリエモン http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-107.html 現代に必要なのは“あきらめ”なのか!? ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、 教育社会学者の熱い反論。 若者を救うと崇められる「承認の共同体」ピースボートへ潜入取材、 その可能性と限界について探った新刊『希望難民ご一行様』(光文社)の 刊行を記念したニコ生トークセッション。 著者の東大院生・古市憲寿氏、東大教授の本田由紀氏、司会のひろゆき続きを読む関連 ひろゆき×勝間×ホリエモン http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-107.html 現代に必要なのは“あきらめ”なのか!? ピースボートに乗り込んだ東大院生の出したクールな結論と、 教育社会学者の熱い反論。 若者を救うと崇められる「承認の共同体」ピースボートへ潜入取材、 その可能性と限界について探った新刊『希望難民ご一行様』(光文社)の 刊行を記念したニコ生トークセッション。 著者の東大院生・古市憲寿氏、東大教授の本田由紀氏、司会のひろゆきでお送りします。 「コミュニティ」や「居場所」という言葉が、 若者や生きづらさを抱えた人を救う万能薬のように語られている。 しかし、それは本当なのか。 「世界平和」や「夢」をかかげたクルーズ船・ピースボートに 乗り込んだ東大の院生・古市憲寿が目にしたのは、日本社会の縮図であった。 最後には、「若者に夢をあきらめさせろ!」とまで主張するようになった古市に対し、 恩師でもあり、本書の解説を引き受けた本田由紀は、「それでいいの?」とまぜっかえす。 果たして議論の行方は…… 【プロフィール】 ●古市憲寿(ふるいちのりとし) 1985年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。 現在、東京大学大学院総合文化研究科博士課程。 慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。有限会社ゼント執行役。 専攻は社会学。大学院で若者とコミュニティについての研究を進める傍ら、 コンサルティング会社でマーケティング、IT戦略立案等に関わる。 ●本田由紀(ほんだゆき) 1964年生まれ。社会学者。東京大学大学院教育学研究科教授。 著書に『若者と仕事』(東京大学出版会)、 『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版、第6回大佛次郎論壇賞奨励賞受賞)、 『「ニート」って言うな!』(共著、光文社新書)、『教育の職業的意義』(ちくま新書)などがある。 Twitterハッシュタグ:#niconama_talk
古市憲寿 夢をあきらめよう 10年代の若者論 ニコ生 ひろゆき 本田由紀
mutevox 7009view 0コメント
14
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー