10周年のSPコンテンツ!

古典ギリシア語 動詞の基本構造 -動詞活用を学ぶために-

ラテン語よりも更に複雑…という印象を与えがちな古典ギリシア語の時制動詞活用。 これを少しでもわかりやすくできれば…ということで、活用する動詞の基本構造を深夜に連続してツイートしてみました。
人文 語学 動詞活用 文法 ギリシア語
2
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【古典ギリシア語の動詞活用について】この言葉を習う人たちの前に立ちはだかる最大の壁がこの「動詞活用」でしょう。ラテン語よりも更に複雑なそれを「学術たんbot」で説明するのは厳しものがありますが、深夜帯の連続ツイートで、パーツごとに少しずつ触れていきます。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞の基本構成】古典ギリシア語の動詞活用形は、原則「畳音・加音-動詞時制幹-時称語尾」という構成になります。「畳音・加音」は「過去の時制」に必ず現れます。「動詞時制幹」は時制によって変化します。「時称語尾」は本時称(現在以降)と副時称(過去)の別にある人称・数による変化です。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞の「畳音・加音」】動詞が過去の出来事を記す場合、動詞幹の頭文字が子音の場合は"ε"がつけられ、母音の場合はそれが長母音とされます。これを「加音」と言います。完了相の場合、頭文字と同じ文字を繰り返します。これを「畳音」と言います(詳細は別途お話しします)。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞時制幹】古典ギリシア語では、動詞そのものの語幹「動詞語幹」に、時制などに対応した「時制接尾辞」が後続して「時制幹」を作ります。「時制」とされるものを大別すると「現在」「未来」「アオリスト」「完了」の4種類になります。ここで「動詞幹」が変形するものを「不規則動詞」と呼びます。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞の時称語尾】現代西欧諸語でいう「動詞活用」に当たる部分がこの「時称語尾」です。古典ギリシア語では、本時称(現在以降)と副時称(過去)の別、能動態と中・受動態の別で基本4種類の時称語尾があります(現在の能動態の語尾は基本2種類あるので計5種類)。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞の「態」】英語の「能動態」「受動態」はご案内かと。古典ギリシア語には、これらの他に「中動態」という「態」もありました。この「中動態」は、いわゆる再帰代名詞を使うような場合や主語自らの行為を示すような場合に用いられていました。「態」は時称語尾で区別していました。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
以上が古典ギリシア語の動詞活用の概観です。具体例については、今夜は「直説法現在」に限ってお話しします。…少し休憩を挟んでから。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【動詞活用の書き方について】動詞活用表をツイッター上で綺麗に表示する技術がないもので、動詞活用については、注釈なしで「一人称単数 / 二人称単数 / 三人称単数 / 一人称複数 / 二人称複数 / 三人称複数」と表記させていただきます。法・相・態・時制はその都度示します 。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【本時称語尾-能動態(ω動詞の場合)】「ω / εις / ει / μεν / τε / νσι or νσιν」
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【本時称語尾-能動態(μι動詞の場合)】「μι / ς / σι or σιν / μεν / τε / ᾱσι」…単数の方はまるで違う形なので要注意です。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【本時称語尾-中・受動態】「μαι / σαι / ται / μεθα / σθε / νται」…ここから先はω動詞とμι動詞の違いはありません(どちらも同型です)。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【副時称語尾-能動態】「ν / ς / - / μεν / τε / ν or σαν」…三人称単数には「語尾」がつきません。
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【副時称語尾-中・受動態】「μην / σο / το / μεθα / σθε / ντο」

コメント

ますますますお @SuperMasuo64DS 2013年6月28日
これは大学で文法の授業とってなきゃシンドそうですねwww
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする