幻の図案集:『伊達紋雛形花結』

これまで連投してきた『伊達紋雛形花結』の図案をまとめました。全214点です。
人文
60
解説
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
【伊達紋000a】先日、古本屋の市で見つけて衝動買いした本が『伊達紋雛形花結』上・下(宝暦12年刊)。国書総目録で調べた所、この本の現物はなかったらしい。つまり、今手元にあるこれが現存する唯一品。蔵書印から旧蔵者は三村竹清と判明。 http://t.co/kN0AJLy6Ck
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
【伊達紋000b】この本は当時の紋様デザインの集成で、200点ほど収録。蒔絵などの素材として使われていた。絵師は絵菱屋忠七。版元は京都の菊屋喜兵衛。以下、それらデザインを1点ずつ紹介していきます。数日間、不定期に投稿します。商業利用でない限り、画像は自由に使ってもらって結構です。
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato
【伊達紋000c】画像は紙面をそのまま撮影したものなので、擦れや虫食いもありますが、ご了承の程を。ちなみに、これが三村の蔵書印 →  http://t.co/laJkMc3fvV
拡大
各図案の画像
残りを読む(195)

コメント

佐藤賢一の中の人 @ke_1sato 2013年6月29日
本日連投した分を追加して、まとめを更新しました。伊達紋/
なだ @nada_2nd_dryke 2013年7月2日
【伊達紋024】に似た絵のついたお茶碗の箱書きに「◯絵茶碗」と書いてあり茶道部一同 これは亀が二匹いるので「亀絵茶碗」と読むんだよと代々部員に引き継がれていましたが、ある時先生にこれは「色絵茶碗」と読むんですと。。。。(亀と思い込むと籠が亀の甲羅に見えてましたw)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする