みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

聖書たんが「ヨブ記」について語ってみたよ。

「神がいるのなら、なぜ苦しみや悪がこの世界には存在するのか?」という声は震災直後にもよく聞かれました。この永遠のテーマを扱う旧約聖書「ヨブ記」を聖書たんなりに読んでみました。これ読んで気になった人はぜひ実際に聖書を開いて読んでみてください。
神義論 聖書 キリスト教 震災
37585view 39コメント
82
聖書たん @SeisyoSeisyotan
わたしも。こんなテーマを取り扱ってほしい!!ということがあったら気軽にリプでリクエストいただけると嬉しいなー。可能な限りお応えしていきます。
ラテン語たん @Latina_tan
@SeisyoSeisyotan じゃあ、その、……恐縮ですが、ヨブ気を……。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
@Latina_tan ヨブ記ね!リクエストありがとう。難しいテーマだけど、面白いよね!
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記① ヨブという神様を信じて真面目に生きている人のお話ね。ピュアなヨブを見てサタンが神様にあいつはリア充だから真面目に神様信じてるんですよ。子どもも財産も奪ってみなよ。すぐに神様呪って信じなくなるぜとそそのかすのよ。すると神様は財産も奪い子どもたちも死なせてしまうの(!)
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記② この時点で「ああ神話ね」と思うわよね。そうなんだけど、ここには私たち人間が出会う苦難には、人間には知ることのできない何らかの理由があるという信仰の表れなの。人は簡単に答えを求めるでしょ?「震災は天罰だ」とか。そうじゃない。苦難の無効にある理由を人は知ることができない。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記③ さてヨブは、財産子どもを奪われても神を信じていたの。わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」(ヨブ記1:21)という苦難の中での賛美が有名ね。神様は幸せをくれたのだから、不幸だって私たちは受け取ろうと告白したわ!
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記④ 次にサタンは「ヨブ自身の健康も奪ってみ?」と再び神さまをそそのかすと、ものすごい皮膚病になって、全身が痛みとかゆみで耐えられない。それでもヨブはまだ神を信じ続けるの。ここまでは完全無欠な聖人のような信仰者ね。これだけだと非現実的でつまらないけど、ここからが面白いの。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑤ そこに友人3人がやってきて一緒に悲しんだ後、議論になるの。 友人「YOU、何か悪いことしたろ?正直に吐いちゃいなYO!」 (苦難には何らかの原因がある、つまり因果応報だと言うわけ) ヨブ「神様正しいお方だお。でもオイラも何もしてないお(泣」 という平行線な議論が続くの。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑥ 「わー自分の罪を認めない、一番の罪いヤツー!」と友人にも理解されずますます苦しむヨブ。ヨブにとって何より辛いのは神様が沈黙していることなの。ニーチェも「一番の苦しみは答えのないことだ」というようなこと言ってたけど、苦しむ理由も分からない、おまけに信じた神様も黙ってる。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑦ ヨブは次第に神に激しい抗議をしだして「死にたいお」と生まれたことも呪うようになるわ。友人とのやり取りが延々と続くの。全42章のうち、37章までこの議論が続くのよ。ちょっと長くて読むのが辛くなるわ。でもこれってリアルよね。苦しいときって永遠に続くかのように感じるから。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑧ そして38章でやっと神様は口を開くの。ずーっと、神様なぜ私は苦しまなきゃならんのでしょうと問いかけていたヨブに沈黙していた神様がやっと発した言葉は何だったと思う?・・・おまえは何者だ?なの!「お前のフォロワー数何人よ?世界を作った神に論争吹っかけるキミ、誰?」と。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑨ どうみても「神様ヒドスww」なんだけど、ここにも知恵文学と呼ばれるヨブ記のエッセンスがあるわ。つまり、神は答えを与えてくれる存在なのか?と。神は人間に対し、あなたは何者で、どのように生きるのかと問いかけている。苦難はそれを思い起こす時なのではないかという信仰があるのね。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑩ 問われる中でヨブは自分の無力さを認め、暴言を受け止め続けてくれた神をたたえて悔い改めていくわ。そして神様はヨブの健康を回復し、また新たに子どもを与え、財産も増やしてあげた、めでたしめでたしで終わるっちゃうの。ストーリーだけ見ると確かにネ、特に最後はポカーンになるわ。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑪ 「え?そこで神たたえる?」「は?死んだ子は帰ってこねーじゃん!」とか突っ込みどころは満載よ。この辺りは実際に信仰を持ちながら、苦難に遭わないと肌感覚で分からないところが多いと思うの。ケセン語という東北の方言で聖書を翻訳した山浦さんが大震災の経験をこう話してたわ。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑫ 「私は津波の時、神様なんでこんな目に遭わせたんだと叫んだわけですよ。だけど神様は我々をみすてない、助けてくださいと言う者を見放したためしがない。それが分かってるから、なんでこんな目に遭わせたんだ、と叫んだです」って。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑬ ヨブ記のテーマは「なぜ全知全能の神がいるのに世界には悪や苦しみがあるのか」ということなの。それに対して結局、答えが出ないまま終わるのがヨブ記。でもそれが一つの答えになっていて、安易に苦しみを解釈したり答えを出すべきではない。心行くまで泣いて、神に嘆いたらいいのだってね。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑭ 津波で多くのものを失った山浦さんもヨブも最終的に苦しみの理由はもう問わない。「これは天罰だ」とかいい加減な解釈もしない。苦難の理由は人間には計り知れないし、苦しみを苦しみのまま、受け取り生きていくことが、責任ある信仰者の態度だとヨブ記は伝えているのよ。
聖書たん @SeisyoSeisyotan
ヨブ記⑮ 世界中でいろいろな解釈や愛され方をしているから、私のは一つの読み方だけど、ぜひ機会があったら呼んでみてね。苦しい時に、ここにも苦しんだ人がいる、わたしは一人じゃないと思える(ヨブが実在したかどうかはともかく)、書物よ。(終わり)
聖書たん @SeisyoSeisyotan
なんか一気に書いたら誤字だらけね。恥ずかしい…。これからは気を付けます。

コメント

arabiannightbreed @a_nightbreed 2013-06-28 15:23:11
ヨブ記の文語調(雅文調)の翻訳で「神、いかでか我より聖(きよ)からんや」という一文が記憶に残っています。うろ覚えだから正確ではないけれど。
seidou_system @seidou_system 2013-06-28 19:50:01
全知全能存在を仮定する。それは人を試すだろうか?試す前から結果を知っているはずなのに。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-28 20:12:47
一般的な注解書の解釈とは微妙に違ってる気がするけど、まあ元々難解で解釈が分かれやすい書ではあるから、そういうものかなとも思ったり
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-28 20:16:42
「それは人を試すだろうか?」 試したのは神ではなくサタンで、神はそれを許しただけ 「試す前から結果を知っているはず」 人には自由意志が与えられており、運命論的に人の言動のすべてが予定されているわけではない。もっとも、人がどのような選択をしても、それぞれの選択によってその先がどうなるかは全知全能の存在は知り得ている、とは言える。そのあたりのことは注解書などをよく読まないと簡単にはわかりません。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-28 20:18:14
ちなみに私はこの書が一番好きで、自分自身への戒めとして事あるごとにこの書の内容を思い出すようにしています。
seidou_system @seidou_system 2013-06-28 21:20:28
素人がパッと思いつくようなことはとっくに出てるもんなんですねえ。>注解書
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2013-06-28 23:00:22
神が全能で予知出来てもやるかどうかは神次第ですよ。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2013-06-28 23:26:03
どっかのエロゲ(クトゥルフ関係の触手物)で、ヨブ記のはしょりを犬が解説してたな。。。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2013-06-28 23:28:05
日本の逸話で言うところの『塞翁が馬』ってところだろうな。。。(苦しみと喜びの因果関係ないところは違うけど)
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013-06-28 23:39:58
神が確かに全知全能だったとしても、それが常に人間の幸せのために振るわれるとは限らないのかもしれない。ぶっちゃけ神様の勝手ということなのかもね?
荒木 九郎 @stein00000 2013-06-28 23:41:19
聖書信仰を持たない身からすると、こんな真似する輩に創造されたり見守られたりするくらいなら最初から存在していたくないし、聖書信仰者はマゾヒストの集団化と思えてしまいます。
Ekshr @Ekshr1 2013-06-29 00:32:53
stein00000 まあ確かにそう感じるけど、もし神がすべてを知っていていつもみんなを見守っていてなんでもできて正しい存在であるとしたら、なんかちょっとでも不幸な目にあった奴って何か悪いことした奴っていうことになるから、村八分にしてもボコっても殺してもいいんだってことになるじゃん。全知全能の神って設定作っちゃった以上、全知全能だけど民族単位ならまだしも個々人の幸不幸とか知ったこっちゃないって設定も、バランス的に入れておかないとまずい話なんだろうなと思う。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:31:51
簡単に言うと、「人の幸せ」が神の立場と基準で「正しい」とは限らない。けっこうみんなここに気づいてなくて「正しい=人の幸せ」と自然に人間中心の世界観で見てしまっているんだけど、そもそも聖書は神中心の世界観であって、人間中心ではない、という大前提があるんですね。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:33:39
たとえば、あなたが猫を飼っていて、猫が病気になったとき、猫がどれだけ嫌がろうと、病院に連れて行って治療を受けさせるでしょう。猫の立場から見ればそれは苦痛であり不幸かも知れないけれど、それは猫が人間の意図を知り得る力を持たないからです。同じように人が人の尺度で神の正しさを「裁く」のは愚かしい、それがヨブ記の答えだと思います。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:35:20
日本の土着的信仰では人間が世界の主人公で、「神」は人間に役立つ存在、人間を助けたり人間に奉仕する存在なので、その点で聖書とは世界観が根底から違うわけで、それを踏まえないと理解するのは難しいかなと思います。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:38:07
全知全能なら人間にも神の意図が理解できるようにできるはず、というかも知れませんが、そこが前述の人間の自由意志の問題と絡んできて、人間はエデンにおいて自らの選択によって神との霊的な交わりから離れてしまったために、不完全にしか神のことがわからなくなった、ということなんです。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:40:27
まあ、このようにですね、聖書全体を通したコンテキスト、パラダイムを押さえていないとわからないところが多いんです。安易に一部の表面だけ見て批判しても、すでに確立されている神学的な聖書解釈の観点から見ればほとんど意味をなしません。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2013-06-29 01:41:18
まあ、当たり前の話で、何千年もの間、何億人もの人の間で受け継がれてきたのに、現代のたったひとりの普通の一般人が何かを指摘して全部ひっくり返せるほど甘いはずがないですよね。
Ekshr @Ekshr1 2013-06-29 01:44:08
grayengineer いや日本の土着信仰の神は個人的な「気分」とかで普通に祟りますよ。だから怒らせないように機嫌とらないといけない。でも絶対的に正しい唯一の存在とかじゃなくて、たくさんいて、いろんな性格してる。
Ekshr @Ekshr1 2013-06-29 01:53:10
ギリシャ神話なんかでもたまたまのラッキースケベで別に覗こうと思ったわけじゃなかったのに女神の水浴にでくわしたばかりにえらい目にあわされる男とかいるし、神様が自分勝手なのは多神教世界の住人にも理解はできる。だけど唯一絶対の尊いお方がそんなふうだと、神様同士のパワーバランスがあるからこそ許される勝手だろそういうのは!と思っちゃう…
ええな@乗る前に猫バンバン @WATERMAN1996 2013-06-29 02:02:23
仏教には神はいないからなあ。でも代わりに縁起の法がある。
neologcutter @neologcut_er 2013-06-29 02:14:01
「神は全知全能ではない」これで解決!
Ring Dong @akuby_Rat 2013-06-29 02:28:33
この神学論争には、ついていけそうにありません。 信徒じゃないけど、 アッラーアクバル !
magius@MLPS @magius776 2013-06-29 07:13:10
悪も苦しみも人間のものだろ。責任を神なんぞに丸投げすりゃ答えも出んわな
ふくねこすけ @PapicoPapy2000 2013-06-29 12:47:41
ギリシャや日本の神話の気分屋で人間くさい神様に慣れちゃうと、聖書の解釈は哲学すぎて難しい…
血液たん @ubzm 2013-06-29 16:30:24
犬や猫の治療の話なら、後で体調がよくなるから行ってよかったとわかる。しかし、地震や津波で死んだ大勢の人にとって、死んだ方がよかったという意味が私にはわからない。
☠病葉♥紫音@粉蜜柑 @S_Wakulava 2013-06-30 02:51:41
イエスが受難の際に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ(神よ何故お見捨てになったのですか)」と言った理由も、そういう理由なのかな?ま、「苦しみこそ我が喜びです!」とか気持ち悪いことを言わないところは良いと思う。
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2013-06-30 19:12:10
ここは神義論という用語を使って解説してほしかった。
後藤寿庵 @juangotoh 2013-06-30 19:17:37
サタンと賭けをして負けっぽいので急にぶちきれてヨブを怒鳴りつけたあげくに「わかればいいんじゃ、いやわしも大人気なかった」とご褒美くれたと考えると、聖書の神もとても人間臭いw
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2013-06-30 19:35:57
まあこの話、基本的には全知全能の唯一神という設定をした聖書の「設定ミス」だと思います(笑)。ゆでたまごが「キン肉マン」を描いているうちに陥った矛盾を解説しようとしても無駄なように、どうしてもしっくり解釈できなくて当たり前だと(笑)
TENNOたまに謎狩 @XH834 2013-07-20 07:08:05
gryphonjapan そのあたりは古代の中東の宗教観が関係してまして・・・あそこは自然、土地、氏族、職業とあらゆる分野の神様が存在していて人々は自分が所属するコミュニティーの数だけ神様を信仰していて、その数だけ偶像やら祭器やらを所持して神様毎に決まった祭り方をせにゃならんかったんです
TENNOたまに謎狩 @XH834 2013-07-20 07:12:55
gryphonjapan そこに、都市間交易で年中旅をしている民族がすべての神々の権能を持つ神様を創りだしたんです。偶像や祭器はいらない(偶像否定)、信仰は個人と神との契約でありたった一つの祈り方でいい。旅暮らしで沢山の荷物を持てず自由にできる時間も少ない人達にとっては画期的な宗教の誕生です
TENNOたまに謎狩 @XH834 2013-07-20 07:21:00
当然すべての権能を持つ唯一神ですから、祟り神としての権能も持つっている訳で人々を不幸にしても何の問題もなかったのですが、時代が下るうちにここで行われたような議論が持ち上がるわけです で、唯一神から人々に不幸をもたらす権能を分けた存在『試みるもの』が登場するわけです。ヨブ記の神とサタンの関係が敵対関係じゃないのもこういう理由があったり
TENNOたまに謎狩 @XH834 2013-07-20 07:24:10
それが更に進んで『人々を苦しめるサタンを神が懲らしめる』という黙示録的な考え方が登場するわけです 「我々に不幸をもたらす存在に神が報復してくれる」ってことです
アーサー王の聖剣 @excaliburchalic 2013-09-28 17:53:46
ヨブ記はヨブ記は旧約聖書でも特に苦難に対する「神の沈黙」という宗教の核心的なテーマを説いているからね。
おごちゃん / 軽率の謗りを免れない @ogochan 2013-09-28 18:11:35
私はもっとストレートに、「理不尽はあるんだよ」と聖書が語っているのだと思っています。「悪いこと」が全て「罪(=自己責任)の結果じゃないよ」と。
山本八平 @yamamoto8hei 2013-12-12 23:17:45
面白いまとめでした。山本七平もヨブ記について書いてますのて参考にどうぞ↓。 ◼『応報思想が「社会の悪」を求める理由』~「正義は必ず勝つ」の恐ろしさ~ http://togetter.com/li/316915
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の住民 @U_fort 2014-10-27 14:00:33
これはちょっと神秘学入るんだけど、ユングはエゼキエルの神の戦車を引く四つの顔の天使に、人間の顔が一つしかないことに着目して、 「神の側面で人間にとって都合のいい側面は1/4しかない」(=残り3/4は他の法則を維持するために人間にとって都合がどうしても悪くなる)から、 「それが神による人間への理不尽への正体」といっておりました。
きゃっつ(Kats)⊿12/13がなくり武道館 @grayengineer 2015-06-17 10:17:53
ubzm その「よかった」はあくまで人間の視点であって、猫はそう思わないわけですよね。だから次にまた病院に連れて行こうとしても喜びません。ポイントはそこで、人間には「知り得ない」ということが重要なんですよ。だから勝手に人間が「罪の報いだ」とか「神が無能だ」とか理屈をつけて説明することじたいおかしいんだよと。人間にはわからないんだから、ということです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする