10周年のSPコンテンツ!
18
akimi_o @名古屋 @akimi_o
「接種者の1.1%が新たに自己免疫疾患を発症」「重篤な副作用が4.2%」確かに多いように見えますが… QT @itoshunya: 「【拡散希望】子宮頸がんワクチン サーバリックスのホームページから これは大変な副作用事例だ!!!」 http://t.co/glVu9Oxe1l
akimi_o @名古屋 @akimi_o
「接種者の1.1%が新たに自己免疫疾患を発症」については、浜六郎氏がその内容について書いています http://t.co/g6AHZkLo82 。 QT @akimi_o: 「接種者の1.1%が新たに自己 QT @itoshunya: http://t.co/glVu9Oxe1l
akimi_o @名古屋 @akimi_o
それによると、「合計で自己免疫疾患が10万人・年当たり5000人近く発症」とのこと。二年間だと1万人ですから、約1%。合いますね QT @akimi_o: 「接種者の1.1%が新たに自己免疫疾患を発症」については http://t.co/g6AHZkLo82 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
その内訳は、10万人・年当たりで多発性硬化症が60人、甲状腺機能異常が1000人、乾癬が250~300人、関節炎・関節痛が2000人、とのこと QT @akimi_o: 自己免疫疾患が10万人・年当たり5000人 http://t.co/g6AHZkLo82 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
資料「ワクチン接種後の副反応と疑われる疾患の発生状況等について」 http://t.co/W0t7lAyGjy QT @akimi_o: 10万人・年当たりで多発性硬化症が60人、甲状腺機能異常が1000人、乾癬が250~300人、関節炎・関節痛が2000人 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
資料によると、ワクチンによらない患者は十万人・6週で甲状腺疾患が4件、多発性硬化症が1件。十万人・年だと32件と8件。なるほど、確かに多い QT @akimi_o: 10万人・年当たりで多発性硬化症が60人、甲状腺機能異常が1000人、乾癬が250~300人 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
甲状腺疾患と甲状腺機能異常の違いとか、乾癬とか関節痛というのがどの程度の症状なのかがわかりませんので、ただ単に「1%」に注目するのではなく、その中身を精査し、子宮頸がんのリスクと比較することが必要でしょう。 QT @akimi_o: なるほど、確かに多い @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
浜六郎氏は、死亡率の減少と、接種のリスクとを比べていますが、がんによる子宮摘出や生活の質の低下などのリスクの減少との比較も必要でしょう QT @akimi_o: 「1%」に注目するのではなく、その中身を精査し、子宮頸がんのリスクと比較することが必要でしょう。 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
先のpdf資料は厚労省の厚生科学審議会・予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会で出されたものですので、自然発生との比較も検討されたのでしょう。議事録の公開が待たれます。 QT @akimi_o: 子宮摘出や生活の質の低下などのリスクの減少との比較も必要 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
さて、「重篤な副作用が4.2%」の方ですが、これは海外での報告 http://t.co/hnXA0MbuhV で、「重篤な有害事象発現率」はサーバリックス4.2%、4価ワクチン(ガーダシルでしょう)4.0%とされています。 QT @akimi_o: @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
同じサイトに、日本での報告 http://t.co/xTldDMyZaP があります。こちらは「重篤な有害事象の発現率は、サーバリックス群で3.5%、対照群で3.6%」とあります。 QT @akimi_o: これは海外での報告 QT @akimi_o: @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
サーバリックスと、4価ワクチン(ガーダシル)ではなく対照群(接種していない人たち)です。比べると、ほぼ同じ。ワクチンを打っても打たなくても同じなのです。 QT @akimi_o: 「重篤な有害事象の発現率は、サーバリックス群で3.5%、対照群で3.6%」 @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
二重盲検ですので、注射はしています。この結果は、HPVワクチンの有無にかかわらず、注射をすればそれだけの有害事象が起きる、ということを示しています。これはこれでリスクとして考えるべきですが QT @akimi_o: ワクチンを打っても打たなくても同じなのです @itoshunya
akimi_o @名古屋 @akimi_o
もちろん、HPVワクチンに副反応が無いわけではありません。しかし、ことさらに危険性をアピールするのではなく、冷静にリスクを比較するべきです。以上です。 QT @akimi_o: 注射をすればそれだけの有害事象が起きる、ということを示しています。 @itoshunya

コメント

nao @parasite2006 2013年6月30日
医薬品の副作用と有害事象の違いは,因果関係があるかないかです.まず因果関係の有無を問わず望ましくない影響があれば何でも有害事象(adverse events)として記録し,そのうち因果関係を否定できないものを副作用(adverse effects)とします.
nao @parasite2006 2013年6月30日
ワクチンの場合は,因果関係を否定できない有害事象(adverse events)を表わすのに「副作用(adverse effects)」と言わずに「副反応(adverse reactions)」と言います.こちらもご参考にhttp://bit.ly/12vbi1b
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年6月30日
有意事象は因果があるかないか不明だから、さすがに副作用/副反応と一緒はまずいような...
akimi_o @名古屋 @akimi_o 2013年6月30日
元の記事 http://ameblo.jp/3fujiko/entry-11561997987.html が「有害事象」を「副作用」と書き換えているんですよねえ…。まとめ中の「副反応」「副作用」はすべて「有害事象」と読み替えても論旨は変わらないと思います。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする