ハルヒから入った人が痛い思いをする『絶望系 閉じられた世界』

『絶望系 閉じられた世界』を読んでの簡易的な解説及び書評。 ハルヒの裏に隠れた名作ありか。 まとめの始めのほうのツイートが少し過剰な文体を持っていますが、言いたい論旨は最後のツイートです。 言いたいことは別のことなのだけれど、それを伝えられないのは私の能力不足。まだまだ甘いなと自分を反省。 補足及び反省会 http://togetter.com/li/53281
19
むの @muno_chihiro

谷川流著 『閉じられた世界』を読んで なぜなどだといえば、この作品は明らかに中学生を購読者層にしていない作品であるから。死が乱雑する世界を当然の摂理とする絶望的な世界が作品中には繰り返し描かれている。積み重なる死体の山、そしてその殺され方をとっても危険だ。

2010-09-23 19:06:16
むの @muno_chihiro

僕は書物が他者に影響を与えるからと言って、検閲することを大いに問題視することはない。その僕であっても、子供がいたとしてこの本を読ませたくない。この本を読んだ子供にとっては恐怖の対象となるだろう。人が。それぐらい人を殺すことにためらいのない少女が書かれている。

2010-09-23 19:09:53
むの @muno_chihiro

谷川流は劇中の登場人物を、本当に高校生にする必要があると思っているのだろうか。登場人物を無難な大人に変えて他の媒体で出せば、読んだことはないが虐殺器官並みの評価を与えられるだろう。

2010-09-23 19:11:38
むの @muno_chihiro

そういった面から見れば、この作品は完成度が非常に高い。彼の最高傑作であると僕は確信している。

2010-09-23 19:13:55
むの @muno_chihiro

だが、この作品の危険性は、この手の危険性に対して中毒患者を創りだす。厨二病患者はほっておけば治るが、これは治らないかもしれない。それぐらい中毒性が強い魅力を持っているのだ。

2010-09-23 19:16:30
むの @muno_chihiro

では、この作品の魅力について語ろう。前述のした人の死というものを肯定的に捉えているということがまず言える。人は死ぬべき存在であり、例え殺人を行ったとしてもその行為は特に罪に問われることではないということだ。

2010-09-23 19:19:16
むの @muno_chihiro

作品中に出てくる、天使、悪魔、死神、彼らもまたクセモノである。彼らは、人間など単なるゴミとしかみなしてはいない。あくまでも上から目線である。人間などたいしたこともない、単なる罪深い生物などだと思っているのだ。

2010-09-23 19:36:57
むの @muno_chihiro

この論理は性悪説に由来している。人は本質的に悪である。これは、今のような正常な世界がおかしいという考えにつながる。そのおかしい世界をただしているわけであるから人を殺すことは何も咎められることではないということである。危険思想だなこれは。

2010-09-23 19:34:28
むの @muno_chihiro

他の魅力としては、世界のありようについての独特な考え方にある。

2010-09-23 19:38:36
むの @muno_chihiro

『閉じられた世界』の気持ち悪さは、西尾維新の世界シリーズに似ているような気がする。事実、世界シリーズから入った読者、例えば僕は、あまりこの作品に拒否感はない。それは、僕もすっかり毒されているからだとも言えるが。

2010-09-23 19:41:09
むの @muno_chihiro

補足としてつけ加えるが、登場人物の一人鳥衣美和も特殊なヒロインだ。最後のことを伏せるとしても、劇中の中でセックスをしまくるし、ライトノベルでは非常に珍しい。それもまた異端さか。

2010-09-23 19:46:26
むの @muno_chihiro

論旨 ライトノベルとしては過激である。涼宮ハルヒとは明らかに異なる。だが、その過激さもまた魅力を持っている。すべての人がおもしろいと思わないだろうが、僕を含めてこの作品が好きだという人はきっといるだろう。

2010-09-24 01:45:32

コメント

むの @muno_chihiro 2010年9月23日
絶望系 閉じられた世界についてまとめました。
0
たー @in_the_rye 2010年9月24日
恐らく、中高生を対象としているラノベで出てる事を問題視しているのだろうと思うけど、広く世界の文学を見渡せば、そんな小説なんか出まくっているし、若い人でも読む人は読んでる。読まない人は読まない。そこの入り口が、多少広がったところでそれほど問題は感じない。
0
バイレン @nomalplayer 2010年9月24日
えっ。むしろ読むべき。ハルヒのどん詰まりの正統進化系じゃないですか。その結果として余計なタイプが付いて4倍ダメージが増えたとしても。
0
ますたあ陽太郎4s @kaolu4s 2010年9月24日
むしろ『ハルヒ』をなんだと思っているのかと問いたい。谷川流は人が多すぎることの絶望を一貫して描いてきていると思うのだけれど。
0
w-a-y-a @ine2180 2010年10月25日
ライトノベルの中で描かれている「残虐さ」は、エンターテイメントやファッションとしての「残虐さ」の域を出ないと思うので中高生が読んでもそんなに問題ないかと…。ラノベの中だから残酷や性描写が際立って見えるだけで、例えば戦争や歴史小説なら作中で虐殺やレイプが描かれるのは珍しくないですが、中高生の読者も普通にいます。
0
ででん @Dedendesu 2011年6月26日
waya2180さんが言う「戦争や歴史小説にある虐殺やレイプ」という残酷さもライトノベルにも多くある(読んだことないのでしょうか?)。ついでに、戦争や歴史小説にある残酷さとやらもエンターテイメントとファッションとしての残虐さにすぎないことは現代批評にあっては常識以前の話ですね。むしろ若者向けのライトノベルに現代の若者の残酷な状況が見える。なにもない平坦な閉じられた世界が
0