2013年7月11日

【表現規制】出版社を味方にする方法+α

思いついちゃったのでまとめてみた。しつこくてごめんなさい。
2
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

さて、寝る前に色々と思いついたことをまた連投しよう。フォローワーの方ごめんなさい。今日のテーマは「出版社を味方につける方法+α」(略して出味法)

2013-07-11 02:56:02
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(1)まず最初に、これは児ポ法反対の一環として、最初の大目標を出版業界との連携に絞った場合のプランだ。色々と穴はあると思うが、ひょっとしたら参考になるかも知れないので書いてみる。なお、文中コミケ関連の記述は商業の用語を使用していく。「頒布」等の読み替えはあえてしない。

2013-07-11 03:04:41
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(2)では状況の分析(というか推測)を出版業界側からしてみる。出版業界からみて同人業界は大きく3つの層に分けられる。会場運営(コミケ運営等)・クリエーター・購買層である。重複する部分や例外もあるが、このいずれにも属さない人はとりあえず考慮しない。

2013-07-11 03:10:08
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(3)会場運営は基本、出版業界との摩擦関係は少ない。中で行われている事に介入する運営とは利益を共有しているし、介入しない運営はそもそも決定力を持っていない。あえて言うと「頼っても無駄」なのをよく知っているのであてにしていないとも言えるだろう。(言い過ぎ)

2013-07-11 03:19:10
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(4)ではクリエーターとの関係はどうだろうか。これは1次創作者と2次創作者で話が変わる。1次創作者は言ってしまえば独立自営業の同業者だ。競合関係にあるが、ハイクオリティな作品をつくるクリエーターとは将来契約を結ぶ可能性があるので、敵視まではしないだろう。

2013-07-11 03:25:12
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(5)一方の二次創作者の場合はというと、ただの競合関係より険悪な関係になる。なにしろ二重の意味で出版社の利益を損ねている。一つはロイヤリティ(またか)、もう一つは機会損失だ。ロイヤリティについては以前のまとめを参照するなりしてもらうとして、機会損失とはどういうことか。

2013-07-11 03:30:55
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(6)正確には機会損失とはいわないかもしれないが、クオリティの高い2次創作があることで、オリジナルとの購買層の奪い合いが発生する可能性がある。例えば10人の1000円しか持っていない作品Aの購買者がいた場合、作品Aの新刊が出た際、本来ないはずの選択支が生まれてしまう。

2013-07-11 03:35:15
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(7)1冊しか買えない状況で、新刊をとるか二次作品をとるかを購買者が選択するわけである。そして10人の内一人でも二次作品を選べば、それは出版社にとっての損失となる。この場合二次創作者は出版業界にとってはっきりと損害を与えてしまっているのだ。

2013-07-11 03:39:39
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(8)最後に購買層だが、本来は出版業界と敵対するようなポジションではない。しかし仮に出版社が二次創作者に対して圧力をかける等した場合、どうなるだろうか。購買層は出版社の敵に回るだろう。手段としてはその膨大な人数を活用した不買運動等が考えられる。ここがある意味一番危険である。

2013-07-11 03:47:07
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(9)ここまでの状況は大きく間違っていないと仮定して、次は出版業界側の思惑を推測してみる。出版業界にとって同人業界は少しの利益と大きな損害をもたらす存在と言える。しかも組織としてのトップらしいものが存在しないため、自粛要請すら容易ではない。下手を打つと炎上するし。

2013-07-11 03:54:56
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(10)そのため出版業界からすれば同人業界は「潰れる」「無力化するまで縮小する」「大幅に体質改善する」のいずれかにならない限り、味方どころか敵として見ているのではないだろうか。表面化させていないだけで。

2013-07-11 04:04:09
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(11)そもそも、同人業界の出発点であるコミケの理念が「お目こぼししてもらう」ことを前提にしているのだ。それが大きくなれば潰されるのが当たり前なのに、巨大化してしまったことで手がつけられなくなったのが今の同人業界なのではないか。これが味方のわけが無い。

2013-07-11 04:30:50
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(12)さらに言えば出版業界は同人業界以上の長い歴史がある。様々な規制を跳ね返したりやり過ごしたり抜け道を見つけてきた歴史が。なので今回の児ポ法でも同じように生き残る自信があるのではないか。そしてその際に同人業界がダメージを受けても別に彼らは困らないだろう。

2013-07-11 04:36:12
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(13)さて、状況を整理した所で今後の対策だが、ちょっと眩暈がしてくる。「不機嫌な大人に頼みごとをする子供」みたいな状況だ。ただ、効果の望める方法はわかりやすい。「払うべきものを払う」これだけだ。これをすることでようやく対等の交渉相手になれる。

2013-07-11 04:45:29
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(14)ただ、いきなり全ての同人業者ができることでもないし、もしどこかの業者だけがこれを行うとかえってまずいことになる。周囲の同人業者や購買者から「裏切り者」扱いされる危険があるのだ。なのでその前準備が必要となる。

2013-07-11 04:49:25
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(15)その前準備とは、「払うものを払うのが当然」という意識を業界内で広めることだ。まずはツイッターの中だけでも。ちょうど「徹夜組やゲーセン両替は恥」という意識を広めたように。これが本当の第一歩だと思う。

2013-07-11 04:55:17
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(16)ただしこれは購買者や収支ぎりぎりの二次創作者にとっては全く利益がなく、負担ばかりを求める提案なので、提唱者は恨まれるだろう。提唱者って誰だ。俺か。いわんかったらよかった。

2013-07-11 04:58:55
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(17)なにしろ「払うものを払う」と、その分が商品の価格に反映されてしまう。反映を抑えたら業者が圧迫される。だがこれは他業種の自営業なら当然すぎる事である。そもそも今までが恵まれていたのであって、これはプラスがゼロに戻るだけである。けっしてマイナスになっているわけではない

2013-07-11 05:04:05
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(18)ここまでが出版業界関連の話。ここからは+αの話。出版業界以外の味方候補を考えてみた。まずは印刷業界。これはほとんど運命共同体に近い。交渉は難しくないだろう。次にコミケと関わりの薄いアーティスト及びその団体。絵画や彫刻だって規制対象になる可能性があるからである。

2013-07-11 05:11:28
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(19)次にAV業界(表に限る)。児ポ法に限っては彼らのほうが深刻かもしれない。なにしろ18歳未満に「見えてはいけない」のだから、最悪25歳くらいまでの女優さんが使えなくなる可能性もある。交渉の余地は十分あると思う。

2013-07-11 05:15:57
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(20)で、最後に中古業界。商品の一部が販売不能になる点が交渉のポイントになるだろう。ただ、中古業界に関してはもう一つポイントがある。かなり腹黒い話なので、やめといたほうがいいかも知れない。でも書くだけ書く。

2013-07-11 05:19:59
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(21)もともと中古業界は存在しているだけで出版業界を圧迫してしまう構造がある。中古が出回れば新品が売れないという点である。これは同人商品にもわずかながら当てはまる。なので「協力してくれなきゃ、売らないし買わないゾ」という交渉手段が一応存在する。

2013-07-11 05:24:21
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(22)要するに同人業界上げての中古商品不買売運動である。これは同人業界の巨大さを活用した方法で、何割かの人間が協力すれば効果は十分見込める。といってもこれは交渉のカードなので、まず実行することはないが、もし実行した場合は出版業界に恩が売れるので、それはそれでありだと思う。

2013-07-11 05:29:26
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(23)こんなことを書いているが、あくまで味方につけるのが目的なので、あまり本気にしないで欲しい。本気にされると提案者が恨まれる。提案者って誰だ。俺か。またか。

2013-07-11 05:32:23
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile

出味法(24)ただここまでで挙げたのは、いずれも「中・長期的に」「表現の自由の幅を確保する」ための「協力者を集める」方法なので、短期的な展望や集めた協力者と具体的にどんな行動を起こすのかは書いていない。というか今度の参院選までにできることは少ないよね。時間なさすぎ。

2013-07-11 16:34:26
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?