2013年7月16日

第九十八話:彼岸舟 第九十九話:取引 第百話:百物語

角川Twitter小説コンテストにて執筆中の『チョッとした話』を読みやすいようまとめてみました。読了後面白いと感じてくださったら章タイトルや本文のファボやRTなどいただけるとありがたいです。 以下のURLからもどうぞ。http://commucom.jp/t/fo9FMO
0
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 母さんが死んでしまったとき、心にぽっかりと穴があいた気がした。  はじめは、母さんがひょっこり帰ってくるような気がしていた。一週間経ってようやく、母さんは死んだのだと理解できた。  途端、後悔の嵐に苛まれた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:40:32
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 夕飯、ちゃんと美味しいって伝えればよかった。買い物ぐらい手伝えばよかった。たまには母さんと話してみればよかった。  ありがとう、そんな言葉も、僕はちゃんと伝えられていただろうか。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:40:47
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「いらっしゃい、いらっしゃい」  得体の知れないものが、客寄せの声を上げる。 「鳥屋かい、それとも花屋かい」  僕はそれに声をかけた。 「籠屋さ」  それは僕を見て、おや、と、目のところを丸く広げる。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:41:29
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「この界隈に人間なんて珍しい」 「客になれない道理はないだろ?」  その籠、と、僕は指さした。 「彼岸花の籠を譲ってくれないか。大切な人なんだ」  そいつは初め渋ったが、数枚の紙幣を見せると簡単に譲ってくれた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:42:30
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 僕は籠を持って、ゆっくり岸辺まで歩いて行った。 「ほら、お帰り」  停泊している僕の舟に、籠から彼岸花を取り出して乗せる。舟はたちまち真っ赤になり、彼岸花はやがて、赤い着物を着た君に戻った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:42:49
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 君は小さくうめいて目を開けた。  そして、僕を見て不思議そうな顔をした。 「どうしてここに?」 「夢で会ったし、何より、君が呼んだんだろ。会いたいって。……だから来たんだ」  君は、えっ、と、小さく声を上げた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:44:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「……死んだの?」 「今だけね」  君はくしゃ、と顔を歪ませたと思うと、わんわん泣き出した。 「なんで、あんたが死んじゃうこと、なかったのに」 「大丈夫、今だけだよ」  僕は君をなだめに入る。  君は首を振った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:48:10
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「私、あんたには、生きてて欲しかったの。たまに思い出してくれれば、それで、それだけでよかったのに」 「それでも」  僕は、まるで駄々をこねるように語調を強めた。 「君が一人でどこかに行くのは、悲しいんだよ……」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:51:02
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 君は応えようと口を開いた。僕は先手を打った。 「カヌーは出来るって言ってたね。あれと同じ要領で、向こう岸まで行くんだ」  そして、君の乗った舟を押した。  舟はゆっくりと、岸を離れる。君はじっと、僕を見ていた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:53:21
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 やがて君は、少しずつ櫂を漕ぎ出した。  そうして、そのうち、霧の向こうに見えなくなった。 「――好きだったんだ、君が」  僕は、小さく呟いた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:53:51
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

『以前、用意ができたら僕と取引をするといったね』 「担保じゃありませんでしたかね?」  顔の覚えられない男は、そう言ってニヤリと笑った。 『担保はいらないよ。アシの出る取引をするつもりはないしね』 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:57:14
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「それは残念」  男はまた笑う。そいつに、卵を差し出した。 『ただの卵じゃない。兄さんがくれた特別なものなんだ。――これを舟に変えてもらいたい。向こう岸から呼び戻したい人間がいてね』  男は乗り気で相槌を打った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 11:58:29
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「ふんふん、それで?」 『卵の舟を、彼岸へ渡して欲しい。そういう取引を、僕としないか』 「いいでしょう」  男は快諾した。 「では契約書にサインを」  言われるままサインする。契約書の文字は、滲んで読めなかった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:01:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「確かに」  男は契約書を受け取って、こちらに向き直った。 「さて、では私からも条件です」  男の口から牙が覗いた。男はニヤリと、悪魔のように笑う。 「貴方、死んでください」  時間が止まったような沈黙が流れた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:02:03
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 男に向かって、にたりと笑ってみせる。 『いいよ』  男はようやく訝しむような表情を見せた。 「あなた妙ですね。死が怖くないんですか」 「どうかしら」  と、『私』は言った。 「それは、死んだ彼に聞いてみないと」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:04:12
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 途端、ぐにぐにと体が変形して、私は元の姿に戻る。  男はあんぐりと口を開けた。  そう。  今までの言葉は、全て電話から得た彼のもの。  彼岸から私に伝えた、長い「伝言」だった。 「ま、待て!」  男は慌てた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:06:06
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 私はさっさと踵を返す。 「身勝手だ! お前、叶えて欲しければ、命を、命をよこせ!」  私は振り向かない。 「あなたと彼の契約でしょう、私は関係ないわ。それにあなたの提示した条件は、もう満たされているでしょう」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:06:55
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 彼は、死んでいるのだから。  それにしても、死の順序を誤魔化して取引するとは。  私の存在が前提ではあるが、まったく、なんて手法だろう。  悪魔も、可哀想に。 「あなたは彼のために、舟を運ぶしかないのよ」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:11:50
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 男はギリギリと歯噛みした。けれど、契約書を破ることはできない。  契約書は、この男の、悪魔の命にも匹敵するのだから。 「伝言は、果たしたわ」  私は、姿の見えないあなたに向かって告げた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:12:15
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 きぃ、と、書斎の扉が開く。 「なにやってるの」  君はちょこんと首をかしげて、僕のそばに駆け寄ってきた。 「仕事してたんだよ」  そう言って、僕はペンを置いた。  ふわりと、ごちそうの匂いがした。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-07-16 12:14:34
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?