ゾンビが跋扈する世界を生き抜くには?『ゾンビサバイバルガイド』発売決定!

『ワールド・ウォー・Z』の著者による全世界200万部のベストセラー、ついに翻訳! ということで本書の見所や企画の経緯などをまとめました。
書籍 文学 ゾンビ
32
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
『ゾンビランド』の主人公コロンバス(通称)は、「32のルール」を自分に課していて、それを遵守することで生き延びてきたという設定です。このあたりの「ゾンビものあるある」は昔からありましたが--
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
来月公開される『ワールドウォーZ』の原作者マックス・ブルックスのデビュー作であり、『WWZ』の原型とも言える『ゾンビサバイバルガイド』(2003年)で形になり、以降、同種のガイドがちらほら刊行されるようになりました。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
日本だと、笠倉出版社の『ゾンビ大事典―VSゾンビ生存マニュアル 』(2009年)が10万部とか売れたそうな--まあ、『ゾンビランド』はこの辺から結構、ルールからの逸脱も(以下ネタバレにつき自粛)
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
『ゾンビランド』の「ゾンビの世界で生き残るための32のルール」、こちらに一覧があります。 http://t.co/jDSEvhWomp

と、いうTweetが以前ありました。そして--。

森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
間に…合った…! 世界規模の対ゾンビ戦争を描くマックス・ブルックスの終末小説『ワールド・ウォーZ』、その原点『ゾンビサバイバルガイド』日本語版が、8月7日にエンブレから発売されます! 担当は例によってF田さん .@zenftahttp://t.co/cz4ZlUdlke
ゾンビサバイバルガイド

マックス・ブルックス

森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
『ゾンビサバイバルガイド』は、死者が蘇り、地上を歩き始めたポストアポカリプスの世界において、あなたが生き延びるために必要な知識とノウハウを詰め込んだ全米ベストセラーのガイドブックです。森瀬は日本語版の企画・監修をさせていただきました。 http://t.co/cz4ZlUdlke
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
気になる内容ですが--「不死者:伝説と真実」「武器と戦闘技術」「防御法」「逃亡法」「攻撃法」「ゾンビの支配する世界で」、そして第7章は歴史上実際に起きた(!)ゾンビにまつわる記録の集大成である「ゾンビ襲撃記録」です。 http://t.co/cz4ZlUdlke
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
2年ほど前から各社に企画を持ち込み、エンターブレインさんに拾っていただきました。原作者マックス・ブルックス氏は、『スペースボール』などを手掛けたコメディ映画の巨匠メル・ブルックスの息子で、放送作家を経て2003年発売の『ゾンビサバイバルガイド』で一躍ベストセラー作家となった人物。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
卯月音由紀氏は『ゾンビサバイバルガイド』が初商業翻訳となる新人です。彼あっての企画であり、その経緯については御友人の桜井光さん .@h_sakura から紹介いただくとして、本文の方は日本版監修の森瀬は元より、海法紀光さん .@nk12 はじめ複数名の協力で 入念に校正しました。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
『ゾンビサバイバルガイド』と『ワールド・ウォーZ』の直接的な繋がりは意図されていなかったようですが、「『ゾンビサバイバルガイド』の規則は、『ワールド・ウォーZ』にも適用されます」というマックス・ブルックスの発言があります。(リンク先) http://t.co/MXoqlQmWBe
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
ちなみに、『ワールド・ウォーZ』の中でサバイバル・ガイド(書名は明示されず)について言及するくだりがあり、一般の御家庭で銃火器を揃えられることを前提にしていることなどについて「だってあれって明らかにアメリカ人が書いてんでしょ」(浜野アキオ・訳)というセリフパロディがあります。
WORLD WAR Z 上 (文春文庫)

マックス ブルックス

WORLD WAR Z 下 (文春文庫)

マックス ブルックス

森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
書籍作家デビュー作ということで、思い入れの強い作品なのだそうです。その意向を汲み、図像類も含めて極力、原著の雰囲気を残した日本版に仕上げました。発売1カ月を切っての発表となりましたが、『HITMAN』以前から企画が動いていたのです。 http://t.co/QKTAJCtCml
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
おっと、『HITMAN』というのはDCコミック刊行の同名のアメコミの日本語版です。翻訳は海法紀光 .@nk12 。担当はF田女史 .@zenfta 。その恐るべき内容については、こちらのまとめ「犬溶接マン」を御覧ください。 http://t.co/4G39smdHlb
ツイートまとめ 犬溶接マン(翻訳:海法紀光氏) 犬溶接マン(DogWelder)はDC『Hitman』に登場する偉大なヒーローである。能力は悪人に犬を溶接すること。 238694 pv 2626 191 users 109
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
卯月音由紀氏 .@gypsy417 とは、今後も何か面白げなものを出したいですね! と、F田女史ともども悪だくみ中であります。まずは、『ゾンビサバイバルガイド』日本版、なにとぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m http://t.co/cz4ZlUdlke
桜井光 @h_sakura
わたしが海外のスチームパンク・シーンやSF小説などを把握できているのは、教えてくれる友人がいるためです。GYPくんこと、卯月音由紀(@gypsy417)くん。それはもう多才な人で…
桜井光 @h_sakura
『WWZ(ワールド・ウォー・Z)』で盛り上がっていた頃、彼がふと同著者の『ゾンビサバイバルガイド』のことを教えてくれました。実際にゾンビがでてきたら…という対処法の他、人類史の陰で密かに起きていたゾンビ事件について(ლ(´Θ`ლ)!)も書かれているという面白い本で──
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
『ワールド・ウォーZ』についても少し。「An Oral History of the Zombie War」という副題が示す通り、対ゾンビ戦争が一段落した後に、関係者たちの証言を通して事件全体を俯瞰するという、一味違った終末小説です。 http://t.co/fucz6XV9RJ
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
7/13(土)に下北沢で開催される雑誌『ナイトランド』のイベントにて、『ワールド・ウォーZ』日本語版の担当編集者である永嶋俊一郎氏がゲストとして登壇される模様です。 http://t.co/TeZOBzsCYC
桜井光 @h_sakura
「私的に訳してみた」と、彼。えっ、それはもしかして本1冊まるごと? それはすごい…と、森瀬さんに彼を紹介して、そして、それから時は経ち──めでたく出版となりましたっ(ノ・8・)ノ♪ 『ゾンビサバイバルガイド』 8月7日発売  ! http://t.co/H8odbljPu6
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
というわけで、マックス・ブルックス『ゾンビサバイバルガイド』、映画『ワールド・ウォーZ』日本公開(8/10)の実に「3日前」に発売されます。是非とも、映画館に向かう移動時間中のお伴に!(間に合った……ッ) http://t.co/towHJQqXSu
残りを読む(60)

コメント

とげとげ @togetoge10 2013年7月18日
とりあえず、Amazonで予約しました。ウォーキングデッドの四巻も出るし、どっちも楽しみです。
HK15 @hardboiledski45 2013年8月13日
この本をしっかり読んでおけば、ゾンビに出くわしても怖くない!はず(笑)。シリアスとユーモアが絶妙に配合された読み応えのある素晴らしい本でした。『WORLD WAR Z』とあわせて読めば更なる楽しみがあるかもです。
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』発売中! @Molice 2015年8月1日
がっこうで暮らす彼女たちの元にも、この本を届けたい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする