創価学会員は、ちったぁ目を覚ませ!!!

現状の安倍内閣の暴走ぶりに呆れ果て、それを仮にも「立正安国論」を学ぶ団体が支持する不条理に対して、怒りを表すものです。
コラム 自公政権 TPP 公明党 創価学会 安倍内閣
22

2016/08/02更新分

安倍自民の下駄の雪となり、改憲に向けてひた進む創価学会公明党の欺瞞を嗤う(笑)

SeriousTom @SeriousTom1
創価学会牧口初代会長が治安維持法違反で逮捕され戦時中獄死しましたが、現代の治安維持法と危惧されている特定秘密保護法を自公政権で通した事に創価学会員はどうして怒りの声を上げないのでしょうか? また、特高警察の系譜である町村家(和田よしあき)を組織挙げて応援したのは何故でしょうか?
SeriousTom @SeriousTom1
戸田第二代会長の原水爆禁止宣言を無視し核兵器保有及び使用容認の閣議決定を創価学会公明党の大臣である石井国交相が容認するという事は創価学会そのものが第二代会長に背く組織なったという理解で宜しいですか? 「(核を)使用したものは悪魔であり魔物である」という言葉に何も感じないですか?
SeriousTom @SeriousTom1
池田大作は2013年1月のSGIの日の記念提言で、「2030年までに世界の軍事費半減を目指す」という極めて強烈な反戦への提言を行っています。 それになのに、創価学会公明党が武器輸出三原則政府案を了承し安保法制を強行採決した事に創価学会員はどうして怒りの声を上げないのでしょうか?
SeriousTom @SeriousTom1
池田大作著人間革命冒頭 「戦争ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはない。だが、その戦争は、まだ続いていた」 この言葉通り、公明党は平和の党を標榜していた筈ですが、昨今の豹変ぶりは目に余ります 池田が世間に嘘を吐いていたのか、創価学会が池田を裏切ったのかどちらでしょう?
SeriousTom @SeriousTom1
牧口初代会長が治安維持法で獄死した事も忘却、戸田第二代会長の原水爆禁止宣言も忘却、池田名誉会長の反戦・平和思想も忘却 忘却、忘却、忘却三昧の創価学会(笑) 創価学会にとって「三代会長は永遠の指導者」なのですよね?w 永遠にその指導を忘れてしまっていい指導者なのでしょうか?w
SeriousTom @SeriousTom1
明治憲法の復活が最終目標という谷口雅春原理主義者に迎合し、そして屈し、自民党と共に自公安倍政権にて改憲目指してにひたむきに進む創価学会公明党は、その宗教的思想、政治的思想、あるいは近代憲法の認識に於て己の組織における価値観を能動的に考える事を一切合切放棄してしまったのでしょうか?
SeriousTom @SeriousTom1
ヒトラー内閣ではナチ党に属さない大臣は政治的実権を持たない様になりました つまり「緊急事態条項」を通せば創価学会公明党の選挙支援も要らず、大臣職も名誉職になり、全てが安倍総統閣下の信任に基づいて政治的暴走が始まる危惧があります 従って創価学会公明党こそが肉屋を支持する豚ですw
SeriousTom @SeriousTom1
生長の家の本家は日本会議を原理主義者と断じ、その原理主義者の影響を深く受ける自民党を支持しない事を明言しました。翻って創価学会はその原理主義者の主張に迎合して、屈するという醜態を晒しているも同然です 創価学会公明党に宗教団体、政治団体としての価値はもはや微塵も存在しないのでは?

9/17 更新分

現在の一凶である創価学会公明党への打開策とは?

SeriousTom @SeriousTom1
立正安国論に説かれた「現在の一凶」とは、日本の現状の事象に当てはめると、本文戒壇の大御本尊を否定し、自民党の下駄の雪となり、権力に盲従する創価学会公明党である事は明らかとなった。 では、日蓮聖人は「現在の一凶」の「その打開策」を立正安国論の中で、どの様に説かれているのだろうか?
SeriousTom @SeriousTom1
立正安国論で「一凶の打開策」とは、社会に邪義が充満する要因を断絶する事だと説かれている 即ち、それは現在の一凶である創価学会公明党への布施を断絶する事に他ならない 「布施」とは例えば、聖教新聞購入、創価学会寄付金、公明支持の選挙活動、そして究極的には創価学会に所属する事である
SeriousTom @SeriousTom1
自然災害が異常に発生していた鎌倉時代にも似た火山の噴火、洪水をみても、まさに現在も異常な状況であり、自公政権の狂気の国会運営に日本列島も狂ってきているようである 創価学会公明党が権力に盲従し今までの教義を捨て去り、そのまま国政で影響を与えている事で日本が狂っているのではないか?
SeriousTom @SeriousTom1
自然災害が日本を襲う中、その対策に一抹の不安が残る現政権と、現代の一凶である創価学会公明党の暴走を許せば、まさに立正安国論に説かれるところの自界叛逆難や他国侵逼難が起こるのではないのか? 自界叛逆難とは、鎌倉当時は二月騒動、現在では出鱈目な運営で紛糾する永田町での騒動なのでは?
SeriousTom @SeriousTom1
他国侵逼難とは、鎌倉当時は蒙古襲来、現在では安保法制による自衛隊米軍下請化での戦争やテロの脅威となろうか? 因みに蒙古襲来の原因の一つは蒙古の使者を斬り捨てるという外交を知らない幕府の態度であったと言われる ならば中韓をいたずらに煽る安倍自民公明の暴走はまさに亡国への道である
SeriousTom @SeriousTom1
日米地位協定や横田ラプコン、辺野古新基地建設などの外務省主導の対米従属から目を背け、ただただ武器輸出利権や軍事基地建設利権で政財界を肥やすだけの政策に邁進する自公政権 そこに日本国家を安寧にしたいという気持ちが1ミリでも存在するであろうか? 自公には、それは断じてないと言える
SeriousTom @SeriousTom1
立正安国論では我が身の安寧を願うならば、先ずは国家安寧を願うべきだと説かれている 今回の安保法制は日本の置かれた状況を少しも顧みず、武器輸出利権、軍事基地建設利権で儲けたい政財界の邪な思考が見て取れ、そこには国民一人一人の事を考え国家安寧を願う気持ちが微塵も感じられないのである
SeriousTom @SeriousTom1
日蓮聖人は予言された他国侵逼難が現実となろうとした時に幕府より他宗の僧と共に国家安寧の祈祷をして欲しいと懇願されたが、この願い出を一蹴 日蓮聖人は世間的な名声や権力の庇護を求めていたのではなく、人々の不幸の原因である邪教を退治し正法を信受せしめ平和な国土の建設を願っていたからだ
SeriousTom @SeriousTom1
開目抄に「少々の難はかずしらず、大事の難は四度なり」とある様に日蓮聖人は立宗以来、国家安寧を実現するために反権力の立場を貫き権力のどんな迫害にも屈しなかった 数々の法難を受けてきた日蓮聖人はまさに創価学会公明党とは真逆なのである 創価学会は日蓮聖人の弟子では断じてない事は明白
SeriousTom @SeriousTom1
立正安国論に「汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ」とある 創価学会員一人一人が現在の創価学会公明党の堕落した状況に気付き「その信仰の寸心を改める」ことこそ、現在日本の混迷を打開する鍵となるのではないか? この指摘は創価学会内外問わず現在の我々が刮目すべきである

7/5 更新分

創価学会公明党こそが「立正安国論」に説かれるところの「一凶」である

SeriousTom @SeriousTom1
7/15前後に自民公明が安保法制の強行採決を狙っていて、大阪維新が強行採決の汚名を与党に与えないためだけに粉骨砕身する様が愚かな畜生の姿そのもである その汚名に怯える創価学会公明党はそもそも7/16が「立正安国論」が北条時頼に提出された日である事を忘れているのではないだろうか?
SeriousTom @SeriousTom1
立正安国論が提出された鎌倉時代の状況は、大地震、台風、伝染病、大飢饉と惨憺たる状況であった。幕府は国家安泰の祈祷、徳政令などの経済政策を実施したが、混迷は打開せず状況は深刻さを増すばかり。 日蓮はこうした惨状を憂い、「災難が起こる理由」と「その打開策」を立正安国論にまとめあげた
SeriousTom @SeriousTom1
「災難が起こる理由」とは、世間に邪な考えを広める悪侶が存在し、その悪侶が現実世界の利権を貪って、かつ権力にすり寄り執着している事だと、説いた。 当時のこの「一凶」は法然の選択集であるとされたが、では現在においてこの「一凶」となっていると捉えられるものは一体なんであろうか?
SeriousTom @SeriousTom1
一凶の対比 ①邪な考えを広める悪侶  =>本門戒壇の大御本尊を否定して、それまでの教義の根幹を捨て去る ②悪侶が現実世界の利権を貪って  =>創価学会を基盤として莫大な利権構造を作り上げる ③権力にすり寄り執着  =>一般会員を集票マシーンとして使い公明党を利用して権力に執着する
残りを読む(184)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする