レイシズムの犠牲者としての「エホバの証人」

まとめました。
政治 兵役拒否 エホバの証人 選挙 ユダヤ教 灯台社 国家権力 超正統派 ナチス レイシズム
27
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
日の丸にこだわるのは私の悪い癖だけど、現在それを踏み絵にほぼ公務員から追放されている『ある教団』 の人々が、死刑宣告を受けたような状況になってる。  http://t.co/YsnqUH5QSV 池田浩士氏講演録「橋下(ハシズム)とファシズム-『国民』はなぜ支持するのか?」 
直立演人 @royterek
これは知らなんだ。驚愕…。「ナチスが1933年1月に政権をとります。そのとき「エホバの証人」の信者は①6034人。ところが二、三月後②5911人が逮捕されている。さらに数か月後③2000人以上が虐殺されている。」@KanabunGilles
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek ウチの実家がこの信者で自分も元なのでそれとなく事情を知るのですが、国旗国歌法が出来たあたりでそれまでは(独特に物堅い人たちなので)信者によくあった職種、公務員や教職から、ごっそり彼らが居なくなってしまいました。なので、ある程度今後の状況を覚悟してるでしょうね。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
選挙、というとウチの母は信教上の理由で投票をしちゃいかん宗教に入っているのだが、入信したての頃、それがもうもったいなくてもったいなくてもったいなくて居てもたっても居られなかったらしい(元左翼)。。。。 つい投票場まで行ってしまった。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@KanabunGilles 来ちゃったモンでそのままふらふら手続きしてしまって、最後の最後で悩んで投票用紙に 「エホバ」 と書いて投票しちゃったんだそうな。「まーいみのないことしちゃったわねーほほほ」 とかこないだ電話で思い出し話。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@KanabunGilles 「おかーさんと、おとーさんはクリスチャンだから投票はしませんが、おにーちゃん(と呼ばれてる私)は自由なんだから自分でしっかり考えて行動しなさい! 日曜日、集会(教会)行かないんだったらちゃんと投票行くのよ。」 とわけのわからん説教をされた。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@KanabunGilles 「戦争になったら、困るのウチ (兵役拒否で世界各地でトラブル起こしてる教団) の若い人たちなんだからよろしく頼むわね。」  という神頼みならぬ人頼み的な依頼。まあ、命がけで兵役拒否する人間が数万人居たところで戦争は止まらんと言うこと奴らは知ってる。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@KanabunGilles 良心的兵役拒否による収監者、韓国が世界の9割以上を占める(レコードチャイナ) http://t.co/HI6MzHMcsh 『1950年以来合計1万7208人のキリスト教徒が信仰を理由に兵役を拒否して収監されており、刑期は累計で3万2566年』これ。
直立演人 @royterek
ちなみに、イスラエル在住の超正統派ユダヤ教徒のうち、多数派は選挙活動に熱心ですが、少数派(筋金入りの反シオニスト)は選挙活動も含めてイスラエルの国政に関与するのを積極的に拒否し続けています。しかし、後者のような立場を貫く人は年々減少傾向にあるようです。@KanabunGilles
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek ウチの実家の宗教は政治的な意味合いでなくて教義上の理由で選挙行かないんですよ。国によってはそれがまた処罰の対象となるみたいで、そういうところでは白紙投票をする場合もあるようです。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek エホバの証人って、世界中のどこの国でも『選挙』はやらないし、投票による物事の取り決めというシステム自体を教義と絡めて拒否してるんですよ。(おかげで教会内の色々な分断を回避できてるのはある) ユダヤ教徒によるイスラエルの国政参加ボイコットというのは
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek 何か神権政治のようなものを志向していてそれでのボイコットなんでしょうか?
直立演人 @royterek
むしろ逆です。神でなく神に反逆したシオニストという世俗ユダヤ人が創った「ユダヤ人国家」はコシェルじゃないというわけです。@KanabunGilles:ユダヤ教徒によるイスラエルの国政参加ボイコットというのは、何か神権政治のようなものを志向していてそれでのボイコットなんでしょうか?
直立演人 @royterek
一方のディアスポラ・ユダヤ教では、「国家の法は法なり」というタルムードの黄金律に基づき、地上の国家は神の代理人でもあるという意識が基底にあるので、居住国家への政治的忠誠はむしろ基本でした。なので選挙権を拒否するという発想自体が生まれなかったと思います。@KanabunGilles
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek エホ証は現在存在するすべての『政府』は彼らが信仰する神を権威と認めてないのでボイコットしてるわけで(内向きには神権的)。なるほど、コスモポリタンかどうかの違いはあるけど『世俗』とのそういう関係が信仰において現われるケースってあるわけなんですね。
直立演人 @royterek
ユダヤ人に選挙権が与えられたのは、フランス革命以降の話で、ヨーロッパでは19世紀後半のことでしたが、ほとんどのユダヤ教徒は、自分たちのコミュニティの安寧を守るために、選挙権は積極的に行使したはずです。ポーランドではユダヤ教政党もそこそこがんばりました。@KanabunGilles
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek お、その話、ライシテに関連してちょっと読んでたところです。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek ユダヤ教と比べるべくもないのですが、『エホバの証人』は主に20世紀の植民地主義(&電信・交通・印刷物)を、を背景に世界へ広がった宗教です。聖書原典にやたらこだわった原理主義でして、国家観については 『カエサルのものはカエサルに、神のものは神に』 がデフォ。
直立演人 @royterek
ユダヤ教は、テクノロジーについては選択的(イスラエルの超正統派コミュニティにはいまだに一本もTVアンテナがありません)。技術そのものよりも、技術を通して伝達される中身がコシェルか否かで判断するという原則。聖書原点には柔軟なアプローチ。国家観は基本同じ。@KanabunGilles
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek ヨハネ1の「あなた方は世のものではない」も良く引用されます。『世』というのは神と敵対的な現実世界・社会をさす言葉と解釈されてまして、その成り立ちに関与することとして『選挙』を避けていました。これが20世紀の国家主義の隆盛下での『非戦』とマッチしてたというのも。
直立演人 @royterek
『カエサルのものはカエサルに、神のものは神に』とある意味で矛盾するようにも見えます。比べるとユダヤ教は相当地上寄りですね。@KanabunGilles:『世』というのは神と敵対的な現実世界・社会をさす言葉と解釈されてまして、その成り立ちに関与することとして『選挙』を避けていました
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek たしかにそうですね。反社会的・敵対的なところは『非暴力』教義とセットになって近代的な合理性を整えてるのかなあ。という印象です。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek 自分自身は、この教団がイヤで飛び出しちゃったし、吹っ切れた理由は進化論と教理のぶつかりあいだったのでもう未練はないのですが、なにかと(彼らとしては不本意だろうけど)撹乱的な存在でもあります。世界人口の約0.1%、アメリカには110万の信者が居て『無投票』ながら
KanabunnGilles @AnomalaCuprea
@royterek 富裕層がけっこういるので消費を介した動向(大変保守派)に政治的な注目が集まることもあります。
直立演人 @royterek
@KanabunGilles それは超正統派でも似たようなことはよく見受けられますね。イスラム教でも同様でしょうけど。
残りを読む(19)

コメント

0ep30t1178z3r4a @0ep30t1178z3r4a 2013年7月18日
マイナーな内に危険なカルト宗教の芽をつんだナチスは先見の明に富んでるな、さすがだ。
KanabunnGilles @AnomalaCuprea 2013年7月18日
0ep30t1178z3r4a 結局失敗して、おかげで戦後の活動に弾みがついちゃった。イイ迷惑であります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする