2013年7月28日

「福島産の桃からI131が0.8Bq/kg(2013年7月?)?」関連メモ

??
70

「福島産の桃からヨウ素(2013年7月)」??

studying @kotoetomomioto

??、、、(Cs137は2.3Bq)⇨:平成25年度 食品中の放射性物質の検査結果 秋田県生活衛生課 平成25年7月25日現在http://t.co/t4FOXzjfzG 「7月23日検査 福島産 桃 ヨウ素 0.8Bq/kg」

2013-07-28 06:08:01

①とりあえず簡単に誤検出する様な機関ではなさそうだけど、、??

studying @kotoetomomioto

同じ秋田県の測定で、平成24年分を見る限りでは、さすがにヨウ素誤検出は無かった様ではある、、??⇨:平成24年度 食品中の放射性物質の検査結果http://t.co/lm6EfFZ4FX

2013-07-28 06:13:57
studying @kotoetomomioto

「秋田県健康環境センター」の各種測定。この辺りでもさすがにヨウ素誤検出は無い、、、。というか、全国水準調査の秋田県担当部署らしく水道やら生乳やら際どいのもやってるところ、と、、、⇨:http://t.co/vaRZfETQqy

2013-07-28 06:21:29
studying @kotoetomomioto

あとは、やっぱり(それ自体あんまりないとは思うけど)医療用とかが廻り込んだか、、、でなければ、あるいは?、、という話なんだけど、まあ福島のどの辺り産か?とか、どういう経路で収穫、流通したか?とかが判らないので、まあ、メモ程度、と。

2013-07-28 06:30:29

②再臨界だとすると事故直後の10万分の1オーダー?あり得ないとは言い切れないものの、うーん??

studying @kotoetomomioto

いや、まあ気象とか作物にも拠るんだろうけど事故後10万Bq/kgぐらいの作物も無かったとは言えず、で、それは減衰したとして、今0.8Bqと言われるとつまり「10万分の1の規模」の、、 https://t.co/eDGG9HFWO8 https://t.co/2RI7pQI9B9

2013-07-28 07:25:31
studying @kotoetomomioto

「微小で局所で一時的な再臨界」が絶対無いか?と問われると「ちょっと判りません」としか答えようがないわけで。 かつ「23日検査」というのもまた微妙で、22日にプチベントみたいな事を東電がこっそり行っていて、たまたま何かの過程で降り掛かるとどうなんだろう??的な、想像をしてる訳です

2013-07-28 07:30:15
studying @kotoetomomioto

あ、まあ、全くの余計なお世話&独り言ですが、コレがソレの何かだとしてもヨウ素剤ガー、とか避難ガー、とかのレベルに対しWHO基準で見ても3〜5ケタ以上低いレベルの、主に炉がどうなのか?を想像する為のアレなのでTLで流れてきても「へー」ってスルーすれば良いレベルの話をしてるつもり。

2013-07-28 07:49:51

③医療由来のI131は今年に入って増えてる?と、すれば、これはこれで問題な様な、、、??

studying @kotoetomomioto

福島県:流域下水道終末処理場における放射性物質を含む下水汚泥等の状況について(7月19日更新) http://t.co/OkKR824qaD

2013-07-28 12:14:17
studying @kotoetomomioto

2011/05/02の記事、郡山の県中センターは雨水も入る「合流式」とのこと、、⇨: 下水汚泥から放射性物質 郡山の県中浄化センター | 東日本大震災 | 福島民報 http://t.co/xFlWHyDn6y @FKSminpoさんから

2013-07-28 15:11:15
studying @kotoetomomioto

それに対し、県北、あだたら、大滝根浄水場は「分流式」とのこと⇨:http://t.co/EGpOGgmJyP 郡山の「県中」とは挙動が違うかもしれ事に注意

2013-07-28 15:15:20
studying @kotoetomomioto

いわきの中部浄水場。なぜか空間線量だけ、、?汚泥データは超断片的にしか無いのでとりあえず除外⇨:http://t.co/4okuMOOWlB

2013-07-28 15:19:02
studying @kotoetomomioto

福島県内脱水汚泥中のCs137推移:①郡山は合流式なため地表汚染が混じり高め ②若干の(季節的?)リバウンドがあるが減衰傾向  http://t.co/k1dsxgUrV2

2013-07-28 16:54:05
拡大
studying @kotoetomomioto

同I131の推移:①2011年夏頃までには環境中のものは減衰してるはず ②その後、医療由来がチラホラ、と思われる。が、③2012年暮れ辺りから県北で高濃度が出るようになり、この2年の最高値は2013年6月に記録。   http://t.co/55LPch7i0M

2013-07-28 16:59:20
拡大
studying @kotoetomomioto

尚、これらは(測定頻度が浄水場や時期でまちまちなため)月間の最大値をプロットしたもの。

2013-07-28 17:03:08
CAVU @cavu311

@study2007 いつもありがとうございます。福島県でRI治療って増えてるんですかね…。ふと気になりました。

2013-07-28 17:06:17
studying @kotoetomomioto

一口に「医療由来」と言っても、ヨード焼灼療法は術後残存や転移巣を狙うのが原則。「検査体制が拡充」と言ってもそれは子供の話でヨード使用量の増加にどれほど寄与するかは不明・疑問。つまり集計されるのは早くても数年後だろうけど「大人の癌」が増えてる可能性を示唆しているかもしれない。

2013-07-28 17:37:03
studying @kotoetomomioto

それはつまり「早期発見された子供の甲状腺癌」に対し、術後ヨード焼灼までやるかと言うと、多分そんなにはやらないんじゃないか?という予想なわけです。

2013-07-28 17:39:50
studying @kotoetomomioto

福島県 各浄化センターhttp://t.co/ZXdcClPZUy :「桃0.8Bq」のもう1つの可能性は①医療用ヨード使用量が福島県内で増えてる?事と、②県北、県中センターともに結局阿武隈川に流す事で農業用水に廻り込む?事が背景にあるとも考えられ、、、

2013-07-28 17:50:13
studying @kotoetomomioto

「2年半も経って、たまたま福島で、、」というのは単なる偶然では無かったかもしれないと考えるわけです。

2013-07-28 17:52:09

【参考】比較、千葉県の汚泥。似たようなI131増加傾向が一部に見られる様な、、??

studying @kotoetomomioto

【参考】千葉県の脱水汚泥測定http://t.co/rSm7KkUwIF:少々再臨界しても届かないであろう千葉市(花見川浄水場)、船橋(江戸川第二)の傾向も比較の為見ました。が、人口密集地域のI131濃度の最近の上昇?は気になる所で http://t.co/fkyncALOWd

2013-07-28 18:20:22
拡大
残りを読む(3)

コメント

CAN @champoolcan 2013年7月28日
測定結果の内17番のコシアブラは福島由来以外の影響も考えられるが、桃についてはCs-134が過大ですので、誤計測の可能性も捨てきれないのですが。
5
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【秋田県の福島産 モモ ヨウ素転記ミスの件】個人的には、ですが、今回意外だったのは比較的信頼性の高い行政の発表で、ヨウ素に対し有限な値が記載されていながら再測定などの対応をしてない、という事でした。
2
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【モモ 転記ミス】である以上、訂正が入るまではその不可解さも含め、その情報が周知されるのは正当な事ですし、逆に訂正が入ったなら可能な限り速やかに広報されるべきと考えます。
2
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【モモ転記ミス】こういった消費者と生産者で利害と立場が対立する問題について、ある立場から対立する立場の人に対し「○○するまで××するな」などの付帯条件を課すことは誰にもできないはずと考えます。
5
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【モモ転記ミス】特に今回の場合、公の資金で運営される公的機関の公表値です。非専門家の方が(訂正が入るまでの期間)情報を共有したことについて、何ら責任があるとは言えませんし、誰かが何かの態度を改めなければならないとは、私には、思えません。
5
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【モモ転記ミス】少なくとも見渡せる限りにおいて、今回の件で修正すべきは秋田県であり、反省すべきは私、ぐらいではないでしょうか。
0
studying @kotoetomomioto 2013年7月31日
【モモ転記ミス】と、いうワケですので、誰かに向けて何かを思ったり言ったりすることに余り意義があるとは思えません。秋田県の修正値を周知すること、私をブロックすること、ぐらいでこの件はもう良いのでないか、と、個人的には思っています。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
環境中のヨウ素測定は、初期だけでなく、今後も注視が必要だと考えます。転記ミスに関する私自身の反省点も含め以下に情報と考え方を整理しておきたいと思います。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【モモ転記ミス 反省点①】列がズレてたとはいえ、やはり「0.8+1.5=2.3」なことに気付くべきでした。し、今なら気付けたと思います。今後はこの種のミスも絶対に見逃さない様に気をつけるつもりです。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【反省点②】また、「ヨウ素検出ならダブルチェックするだろう」も根拠の乏しい期待・先入観に過ぎませんでした。今後はこのレベルの公表値も他のデータと同じ重みで考える事にします。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【以下は、ヨウ素検出に関する補足①】医療統計では甲状腺癌+バセドウ病合わせ人口10万人当たり年10件。典型的には汚泥10〜100Bq/kgの濃度。https://twitter.com/study2007/status/361776220309954560
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足②】一方、事故前は、下流の水で1mBq/L程度の観測例あり。これらが対応するとすると、汚泥による濃縮率は1〜10万倍のオーダー。http://www.jsnm.org/files/pdf/guideline/i-131_manual_ver01.pdf
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足③】I131汚泥濃度は分量式処分場だと高く、合流式だと雨水のせいか低くなる傾向http://www.mlit.go.jp/common/000163342.pdf。福島県北(分量)だと1000Bq/kgのオーダーが出始めている。郡山は合流式ゆえ目立たないが、それでも高い値が出始めている。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足④】濃縮率1〜10万倍で考えると、汚泥1000Bq/kgは水0.01〜0.1Bq/L程度から作られる産物。ある時期、ある地域、あるルートでその水が10倍ぐらい濃縮すると0.1〜1Bq/kg程度。そういう水準に近づいてきている。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足⑤】ただし検出に掛かるには、何人かのトイレのタイミングが重なることと、コンマ台の検出限界が必要条件。更に人為的に搬送されるため地域もランダム。同一条件の他の産物の測定が明らかでない限り「他で見つかってないから大丈夫」は否定する材料にはならない。むしろ非常に離散的な現象なはず。
0
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足⑥】アイソトープ協会による供給量は増加傾向https://twitter.com/study2007/status/361774171568631808。さらに県北、県中の汚泥は2013年に高値を記録。治療は遠方の病院だとしても排泄は自宅や職場。脱水汚泥の地域差は今後重要な指標になる。I131の測定は継続が必要。
3
studying @kotoetomomioto 2013年8月1日
【補足⑦】2年が経過し、汚泥や農産物など環境I131の測定はどうしても手薄になってきている。が、医療由来であっても地域差が生ずればそれは重大な原発被害の兆候。たとえ微かだとしても重要なサインを見逃さない様に、今後は更に疑いの目を強め、監視を続けてゆくつもりです。
1