3年目の「ニコニコ~」と免疫、ストレスと健康被害との関係について。

dreswlさんが2013年7月31日未明につぶやいていたストレスと健康被害についての日本語論文の紹介などをまとめました。
18
dreswl @dre_swl

最初の二年で生涯追加被曝量の3割との推計を以前見かけた。 個人に関しては放射能以外の影響へウエイトを徐々に移行させつつリスク管理する時期になってきたと思う。

2013-07-30 23:24:43
dreswl @dre_swl

広島原爆体験者の長期精神健康不良の寄与因子:日本社会精神医学会雑誌(2012.05) 2008年の大規模横断調査。 被爆者ならびに黒い雨体験者は、SF-8、K6、IES-Rの3心理測定尺度で不良な結果。 最も大きな影響は「健康不安」と「社会的偏見の体験」であることが明らかとなった

2013-07-30 23:32:21
dreswl @dre_swl

PTSDにみられる免疫異常:医学のあゆみ(2001.06) PTSD既往患者の免疫機能は,過去に外傷的な体験をもつがPTSDにはならなかった者と比べ有意に低く,また対人的な問題やうつが有意に多かった. その他のジョブストレスについては有意差はなかった.

2013-07-30 23:36:22
dreswl @dre_swl

騒音ストレスに誘導される免疫機能および酸化状態の変化: マウスを雑音に 3日間の曝露でホルモン値、脾内リンパ球増殖、血清IgM上昇。 4週間曝露で脾内リンパ球増殖、脾内CD4+細胞、血清IgGは低下。 騒音ストレスへの急性曝露は免疫反応を増強、慢性曝露は免疫機能を低下させた。

2013-07-30 23:41:21
dreswl @dre_swl

運動トレーニングと免疫能:「非鍛練者」に対する急性運動負荷の影響 非鍛練者の急性運動負荷は身体ストレスになり得るものであり,免疫能,ことに細胞性免疫にも異常をきたす可能性が示唆と。 https://t.co/xL86spHqLa

2013-07-30 23:45:29
dreswl @dre_swl

原爆被爆者における免疫学的研究の展望 被爆者ではT細胞の減少が顕著でPHAやアロ抗原に対する応答も減少。一方B細胞は非被爆者との間に有意差なし。NK細胞数と機能は被爆者群においても加齢と共に増加し,被爆の影響は認められなかった https://t.co/JFAt2OlTIE

2013-07-30 23:49:22
dreswl @dre_swl

放射線技師の免疫機能 :長期間低線量放射線職業被曝の効果をみる為にEBV抗体を技師と熊本県人(対照)で測定。 15年以上の経験者又は被曝総線量30rad以上でVCA-IgG抗体が有意に上昇。. 原爆被爆者は30年を経験した技師と同等 https://t.co/OwCtz6nufU

2013-07-31 00:01:17
dreswl @dre_swl

被曝が免疫に影響を与えるにはそれなりの量が必要。 一方、ストレスは簡単に増やせる。 精神的ストレスによる影響を論じるのはトンデモ・非科学的で純粋に被曝による影響を評価するのが科学的、という考え方はどうかと思う(←あっこれ、個人的見解)

2013-07-31 00:17:13
dreswl @dre_swl

山下先生の言ってた 「ニコニコしてれば・・」 の話は当時として猛批判を浴び妥当性を欠くけど線量が下がった今は手強い因子となったような気がする。

2013-07-31 00:21:03
dreswl @dre_swl

自主避難や移住によって放射能と心理的ストレスから解放される恩恵が強い人はそれも正しい(正しかった)と思う。

2013-07-31 00:24:38

コメント