カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

ギリシアの歴史書の名言 ヘロドトス『歴史』第一巻の名言集

ギリシアを代表する歴史家といえば、ヘロドトスとトゥキュディデスです。 引用句集を見ると、前者の方が引用されやすい傾向にあるようです。 今回は、ヘロドトスの『歴史』第一巻に現れる「名言」をいくつかピックアップしてみました。
人文 ギリシア語 歴史 ヘロドトス 引用句 ギリシア
1
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【『歴史』の名言集】このところ散発的に取り上げてきたヘロドトス『歴史』ですが、今日は、その第1巻に記された「名言」をピックアップしてみます。昨日つぶやいたばかりのものもありますが、そこはご愛敬ということに…

名言その1 「幸運とはいえても幸福とはいえない」

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【幸運とは呼べても幸福とは呼べない】"πρὶν δ᾽ ἂν τελευτήσῃ, ἐπισχεῖν, μηδὲ καλέειν κω ὄλβιον ἀλλ᾽ εὐτυχέα." (32.7)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"πρὶν δ᾽ ἂν τελευτήσῃ"は「終焉の前に」。ここでは「人生の」という含意があります。"ἐπισχεῖν"は「控える」。" ὄλβιον "が「幸福」で"εὐτυχέα"は「幸運」です。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)全体で、「人生を終えるまでは、人が幸運だとは呼べたとしても幸福だと呼ぶことは差し控えなければならない」という意味です。最盛期にあったリュディア王クロイソスが、「俺は幸福だ」と確信しつつアテナイから来た政治家ソローン(BC594年の改革の人)に尋ねた際の彼の答えです。

名言その2 全てを同時に具足することは不可能

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【全てを具足することは】"τὰ πάντα μέν νυν ταῦτα συλλαβεῖν ἄνθρωπον ἐόντα ἀδύνατον ἐστί" (32.8)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"τὰ πάντα"は"πᾶς"(全ての)の中性形複数主格・対格に冠詞を伴ったもので「全てのものを」。"συλλαβεῖν"は不定法で「ともに持つこと」、"ἄνθρωπον ἐόντα ἀδύνατον "は「人間には不可能であることの」という意味です。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)全体で「全てを同時に具足することは、人間には不可能なことである」となります。この先に「国にしても同様で~」という話が続きますが、この文単独でも端的な指摘といえるでしょう。

名言その3 戦争と平和

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【平和より戦争を選ぶ愚か者が】"οὐδεὶς γὰρ οὕτω ἀνόητος ἐστὶ ὅστις πόλεμον πρὸ εἰρήνης αἱρέεται" (87.4)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"οὐδεὶς"は「誰も~ない」、"οὕτω"は「~のような」、"ἀνόητος"が「無知」「愚かな」で、"οὐδεὶς γὰρ οὕτω ἀνόητος ἐστὶ"で「そのような愚かものはいない」となります。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"ὅστις"は「~であるような誰か・何か」("ὅς"の性・数・格が従属節内の地位を示します)。"πόλεμον πρὸ εἰρήνης"が「平和よりも戦争を」、"αἱρέεται"は"αἱρέω"(つかむ)の直説法現在三人称単数中・受動態です。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)全体で「平和より戦争を選ぶ愚か者のような者は誰もいない」となります。

名言その4 戦争と平和

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【父が子を弔う】"ἐν μὲν γὰρ τῇ οἱ παῖδες τοὺς πατέρας θάπτουσι, ἐν δὲ τῷ οἱ πατέρες τοὺς παῖδας" (87.4)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"μὲν"は「確かに」、"γὰρ"は「故に」という意味の小辞です。これを挟んだ"ἐν τῇ"が一つ目です。"τῇ"は冠詞女性形単数与格ですが、これに当たる名詞は"εἰρήνη"(平和)です。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"παῖδες"は"παῖς"(子供)の複数主格、"πατέρας"は"πατήρ"(父親)の複数対格で、"θάπτουσι"は"θάπτω"(弔う)の直説法現在三人称複数能動態。ここまでで「平和な時には子供たちが親たちを弔う」となります。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"ἐν δὲ τῷ"の"δὲ"は「しかし」という意味の小辞です。これを挟んだ"ἐν τῷ"が二つ目です。"τῷ"は冠詞女性形単数与格ですが、これに当たる名詞は"πόλεμος"(戦争)です。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"οἱ πατέρες τοὺς παῖδας"は、手前の"οἱ παῖδες τοὺς πατέρας"の主格と対格が逆転しています。動詞がありませんが、これは手前の節の"θάπτουσι"がそのまま当てはめられるためです。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)以上から、後段は「戦争の時には親たちが子供たちを弔う」となります。

名言その5 人生の輪は誰に偏ることもなく巡り続ける

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
【人生の輪は】"κύκλος τῶν ἀνθρωπηίων ἐστὶ πρηγμάτων, περιφερόμενος δὲ οὐκ ἐᾷ αἰεὶ τοὺς αὐτοὺς; εὐτυχέειν." (207)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"κύκλος"は「輪」。"τῶν ἀνθρωπηίων ἐστὶ πρηγμάτων"は、"ἀνθρώπειος πρῆχμα"(人間の物事)が定冠詞とともに複数属格をとり、間に"ἐστὶ"が入るので「人間の物事はこうある」といった意味になります。(続きます)
ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan
(承前)"περιφερόμενος"は"περιφέρω"(周りを回る)の現在分詞中・受動態男性単数対格です。"ἐᾷ "は"ἐάω"(許す)の直説法現在三人称単数で"οὐκ ἐᾷ "で「許さない」。"αἰεὶ τοὺς αὐτοὺς"は「常に一方にある」です。(続きます)
残りを読む(1)

コメント

ギリシア語たん(自転車操業中) @Hellenike_tan 2013年7月31日
まとめを更新しました。…タイトルに低レベルなタイポがありました。お恥ずかしい限りです…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする