2010年9月27日

sasakiatsushi チェルフィッチュ

チェルフィッチュ 「私たちは無傷な別人である」20100924@名古屋芸術劇場 あいちトリエンナーレ
0
佐々木敦 @sasakiatsushi

朝からすごい悩んでたのだけれど、いま慌てて品川に向かってる。

2010-09-24 15:21:00
佐々木敦 @sasakiatsushi

そして今、もう新幹線を待っている。

2010-09-24 15:41:29
佐々木敦 @sasakiatsushi

名古屋に着きました。池田亮司とチェルフィッチュを観てきますー

2010-09-24 17:41:02
佐々木敦 @sasakiatsushi

池田亮司「spectraナゴヤ」@名古屋城。刻一刻と闇に近づく薄暮の中、ライトアップされた城壁を背景に宙空へと伸びる幾筋もの光の線条。そして絶え間なく響く電子音。すでに沢山の人々が集まっていたが、果たしてどんな風に受け止められてるのだろうか?

2010-09-24 18:21:45
佐々木敦 @sasakiatsushi

ほんとうはあれはたぶん、あれほどのスケールの光と音を、誰か王侯のような者がひとりで独占する、というのが 正しい在り方なのかもしれない。

2010-09-24 18:26:50
佐々木敦 @sasakiatsushi

愛知芸術文化センター小ホールにてチェルフィッチュ『わたしたちは無傷な別人である』。世界初演、とはいうものの、ご存知のように『わたしたちは無傷な別人であるのか?』として今年横浜で上演された作品のファイナルヴァージョン。作品自体は大きく変わってはいないが、凝集力が更に増したと思った。

2010-09-24 21:55:25
佐々木敦 @sasakiatsushi

明白な違いは音楽。「のか?」ではラストだけだったが、既成曲が一曲を除き大谷能生のオリジナルに差し替えられていた。ちょうど今日、月末にあうるすぽっとであるフランケンズのチェーホフラップ公演のサントラ盤が出来上がってきたのだけど、あれとはまったく異なるアブストラクトなコンポラ?音楽。

2010-09-24 22:01:00
佐々木敦 @sasakiatsushi

アフタートークの頭で出てきてしまったのだけど、あれ大丈夫だったのだろうか、、、?

2010-09-24 22:10:39
佐々木敦 @sasakiatsushi

今日の太一くんは素晴らしかったと思った。例の中盤の長台詞のシーン。あんな異様な空気を作り出せるのは彼だけだ。あと、安藤真理さんの表情に不思議な凄みが加わっていた。

2010-09-24 22:18:42
佐々木敦 @sasakiatsushi

だが、全体のアンサンブルとしては、やはり公演を重ねてきているからだろうか、時折、演技が自動化しているような感じもなくはなかったかもしれない。でも、これはこちらが何度も観ているからかもしれないけど。

2010-09-24 22:21:41
佐々木敦 @sasakiatsushi

ともあれ、この作品に込められた岡田利規の野心はまったくもってスゴいとあらためて感じ入った。未見の方は距離にかかわらず絶対観たほうがよい。名古屋でもベルリンよりは近い。まだチケットあるのか知らないのだけど。

2010-09-24 22:25:31
佐々木敦 @sasakiatsushi

さっき観ながら、ユリイカの「即興の懐胎」では書けなかったポイントを幾つか再確認した。タイマーの問題、助詞の問題、私小説の問題、そして別人の問題、、、でもこれらはまた何らか機会のある時まで取っておこう。

2010-09-24 22:30:06

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?