第22回twitter読書会(金曜会)米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川文庫)発言まとめ

毎月2回、金曜日の夜10時頃から、Twitter上で行っている読書会(金曜会)の発言まとめです。 9月24日の読書会では、米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川文庫)について、感想をつぶやきあいました。 著者が少女時代にプラハのソビエト学校で知り合った、三人の友人たちとの思い出と、それぞれのその後を追ったノンフィクション作品です。さらりと読めて、ずしりと来る、素晴らしい作品でした。
米原万里 読書 dks 六倍になる体の器官 角川文庫 読書会
1
Yuya @yuya76
#dks 【告知】twitter読書会(金曜会)は今夜の午後10時からです。今回は、米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川文庫) の表題作について、感想をつぶやきあいます。ハッシュタグは(#dks)、誰でも参加自由です。 
Yuya @yuya76
#dks さて、そろそろ読書会はじめます。今日のハッシュタグ、調子はどうだろう。
Yuya @yuya76
#dks ハッシュタグの反映が遅い…大丈夫かな。今夜の読書会、課題図書は米原万里の『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』です。米原万里がプラハのソビエト学校での少女時代を描いた作品です。
@akemiQ
#dks あ、読書会。。。 本が見つからない。。。えーと。
Yuya @yuya76
#dks 少女時代にプラハで出会った友人たちに著者が会いに行くパートが印象的でした。プラハの春やボスニア・ヘルツェゴビナ紛争といった時代の流れのなかで、友人たちは無事なのか…ハラハラしながら読んでいました。
Yuya @yuya76
#dks 読書会は表題作『嘘つきアーニャ』についてなのですが、あまりにも面白かったので、しっかり全3編読み通しました。これは1編だけではもったいない。
@akemiQ
@yuya76 #dks わたしも全編読みました。こういうジャンルが、そしてこういう生活と人生があるのかと、改めて知らない世界の多さを実感しました。
Yuya @yuya76
#dks @akemiQ 子供の頃から「国家」や「民族」を意識しながら成長していき、それして、それらが人生に常に付きまとう、ということに考えさせられました。
Yuya @yuya76
#dks リッツァ、アーニャ、ヤースナ、3人とも人物描写が素晴らしかった。会いに行くパート、毎回死んでいるんじゃないかと心配したよ。特にヤースナ。
Eri Arakaki @vira_go
#dks 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』全3編読みました。音信不通となっていた3人の消息をつかもうとする部分は本当にハラハラして…私も著者に同行して一緒に探しているような気分でした。
Yuya @yuya76
#dks 米原万里氏が出演している動画見つけた。アーニャがチラッと出ている。http://dai.ly/av4qdl
@akemiQ
@yuya76 #dks そうですね、両親の政治信条だけでなく宗教や人種が複雑に絡んだアーニャの思考と生き方が特に印象に残っています。
@akemiQ
#dks 米原万里の『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』。共産主義の歴史に飲まれた3人の女性の三様の半生とその家族の生活が描かれている。読み口がとても軽やかだけど、内容は重い。口当たりのよい良質のお酒のようで、飲み過ぎて二日酔い必至な感じ。(飲めないけど)
あさば(むら)「まんがでわかる天気痛の治し方」発売中! @mura30
#dks 『アーニャ』は子供時代の学校の様子も良いですね。そんな友達がいたような気がするし、ソビエト学校が羨ましくも思えるけど、日本の学校だっていいとこあるわいと思いたくなってくる(笑)
Yuya @yuya76
#dks @vira_go 3人それぞれが、プラハの春、チャウシェスク政権崩壊、ボスニア紛争、と動乱に巻き込まれ行方不明になるから(アーニャはちょっと違うけど)再開できて、読んでいるこっちまでホッとしました。
あさば(むら)「まんがでわかる天気痛の治し方」発売中! @mura30
わぁ、米原さんの動画ははじめて見ます。アーニャは本当にアンネにそっくりですね。 RT @yuya76 #dks 米原万里氏が出演している動画見つけた。アーニャがチラッと出ている。http://dai.ly/av4qdlhttp://twitter.com/#
Eri Arakaki @vira_go
@mura30 #dks それぞれの境遇は複雑でも、少女たちの関心事や友情がいきいきと描かれていて良かったです。マセている子、嘘つきでも愛される子、優秀でクールな子。私の同級生でもいたような気がします。
Yuya @yuya76
#dks @akemiq 僕がすごいと思ったのは、虚言癖があってもアーニャを受け入れていた、という部分。で、別れても親交があり、大人になってからは探しにも行く。成長したアーニャは矛盾を抱えた性格で、釈然としない気持ちを持ちつつも、米原さんはアーニャと向き合っているように感じた。
@akemiQ
@mura30 #dks そうそう、そうですよね。特にリッツァの章なんかはガールズトーク全開みたいなかんじでw。会話が活き活きしていて、「コバルト文庫」かと思いましたw
@akemiQ
動画に見入ってしまった。。。実際に映像を見ると、また考えてしまう。RT @yuya76 #dks 米原万里氏が出演している動画見つけた。アーニャがチラッと出ている。http://dai.ly/av4qdl
Yuya @yuya76
#dks @mura30 貴族のお屋敷に住んでいる友達ってのは、さすがに日本の学校にはいませんよね。笑。お手伝いさんがおやつを出してくれるのを、ちょっと体験してみたかった。
photoemon:本当は寝ていたい @photoemon
米原さんカッコいい人だな。憧れる。 RT @yuya76: #dks 米原万里氏が出演している動画見つけた。アーニャがチラッと出ている。http://dai.ly/av4qdl
Yuya @yuya76
#dks ところで、アーニャは本人ですら嘘だと自覚も無しに嘘をつくので「誠実顔をしたら要注意」とありますよね。ということは、最後の米原さんとの会話部分も嘘なのかな? 「誠実そのものといった風情だった」とあるから。
Yuya @yuya76
#dks @vira_go 黄色いノートの自慢話のところ、好きですね。文房具自慢したり、つまらないことで嘘ついたりは、世界共通の子供イベントなのか。
@akemiQ
@yuya76 #dks 嘘であり、彼女にとっての真であり、のような気がします。嘘も吐きつづけると自分の中の事実になってしまうというか。
残りを読む(46)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする