出雲そばりえさんによる日本のシビリアンコントロール早分かり

文民統制ってどういうの?という話。
政治 文民統制
13
ooi@n_m @izumosobarieato
昔、「文民統制とか言うが、本邦の文民統制はオカシイのではないか、制服組が背広組の下に来ている、本来同格のモノだろう?」と疑問を呈している方とオハナシしたことがある。
ooi@n_m @izumosobarieato
「新聞の論調としてはオカシイじゃないですか、元々文民統制とはシビリアンの下に背広組と制服組が同格で居て統制を受けると言う事でいいはずだ」と言う、それ自体は間違っていないのだが、日本に置いては違う。
ooi@n_m @izumosobarieato
「日本での文民統制の文脈が違うから新聞が背広組優越の文民統制を言い出すのも無理はないでしょう」という話をした覚えがある。
ooi@n_m @izumosobarieato
確かに、日本での文民統制は所謂欧米型の文民統制とは違う位置づけがされている、本来なら文民の下で制服組と背広組が並び統制されるべきだが、文民の元で背広組が制服組を統制する形になっているのはある程度判っている人ならご存じの通り。
ooi@n_m @izumosobarieato
うーん、竹島の占領は1950年代、自衛隊の成立は1954年7月、上陸した段階で実力行使に移れるだけの手段が存在したのだろうか。(誰とも無く)
ooi@n_m @izumosobarieato
1952年には予備隊があったし、保安庁も実働しているとは言えるが…竹島に逆侵攻を行うだけの実力があったかどうか、その辺りを考えずに自民を非難するのは正直どうか。
ooi@n_m @izumosobarieato
と言う訳で、文民統制成立の話をしても着いてこれる人は居ないよね?
ooi@n_m @izumosobarieato
じゃ、質問、ミリオタ的に文民統制を説明してみよう。
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John
@izumosobarie 政府の許可なく勝手なことしちゃ、めっ。あ、ちゃんとやる前に約束をしてくれたらいいお(ミリオタ的?
ooi@n_m @izumosobarieato
@BigCalibre_John まあ、そんな感じ。後、政府の言う事はちゃんと聞くのよ?も欲しいところ。
Neon / himorogi @ayasugi
それは律令制の文官・武官をいまだに引きずってるから。明治がそもそも復古だし、日本の主権回復により気持ち的に復古したため。しかしそれを言うなら天皇制に立ち戻る必要があり、矛盾します。RT: @izumosobarie: 確かに、日本での文民統制は所謂欧米型の文民統制とは違う~。
ooi@n_m @izumosobarieato
じゃあ、戦前の軍人は文民統制というモノを理解出来ていたのだろうか、どうも出来ていたような節がある。
ooi@n_m @izumosobarieato
天皇陛下を補弼する政府の言う事を聞く、大まかに言えばこんな感じ。
ooi@n_m @izumosobarieato
@ayasugi イヤ、そこまで遡らなくても、文民統制がこうなったというのは説明出来ますよ。>欧米型と結構違う。
ooi@n_m @izumosobarieato
再軍備過程で欧米型の文民統制を導入しようとしたのは事実でして、概ね米軍の指導によるモノだったです。
ooi@n_m @izumosobarieato
ただ、それを受け入れるべき側として理解が足りていなかったと言うのがあります、で、それは短期的に見れば敗戦のショックが影響していると。
ooi@n_m @izumosobarieato
まず、再軍備に於いて日本側は警察を作るつもりだったんです、軍隊が欲しいという欧米側とはまずこの時点で食い違ってます。
ooi@n_m @izumosobarieato
ええと、欧米側は間違い、GHQ側と読み替えてね。>先の発言。GHQが再軍備、所謂警察予備隊を準備せよ、と言ったとき、それに携わったのは旧内務官僚でした、警察予備隊という文脈から国家警察を母体とした重武装の警察集団を作ろうとしたんです。>結構本題から離れています(注意
ooi@n_m @izumosobarieato
警察を母体とした重武装集団である警察予備隊、と言う日本側の案はGHQに蹴られました、内務官僚達は頭を捻りながら従来無かった概念、「文民統制」を取り込みつつ再度警察予備隊案を練り上げます。
ooi@n_m @izumosobarieato
公布、施行された警察予備隊令ですが、これは本部長の下に行政監督部門(警察予備隊本部)と部隊指揮部門(総隊総監部)の二系統を設置することまでは決まっていたが、それら両部門の間の関係が明確化されないままでした、まだ、その辺まで施行する側の理解が追いついていなかったのです。
ooi@n_m @izumosobarieato
米側は警察予備隊を形にすることを急いでいましたので、それに押される形で警察予備隊に関する文民の位置づけ、制服組とのの関わり合いという点を模索しつつ制度を固めていくしかなかったのです。
ooi@n_m @izumosobarieato
でまあ、米側としては、米陸軍省の制度を移植したかったようです、その為に制服組と文官の関係を明確にするように求めていくんですが、日本側は警察予備隊本部及び総隊総監部両者の関係を定めた規定を作成します。
ooi@n_m @izumosobarieato
その規程は本部の優位性を確保し、「本部は警察官以外の職員からなる」として、本部から警察官(制服組)を排除することになります、予備隊本部を一種の国警本部の様に見ていた日本側は本部の所轄事項を広げ、政治、予算、総括的政策の他に運用や防衛計画の策定、訓練に関わることまで含めてしまいます
残りを読む(26)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする