編集可能
2013年8月8日

【誤報から得る教訓を】 幻の奈良大震災誤報から思い出す津波の教訓とそれを不快に思う意見の邂逅について 【教訓より哀悼を】

幻の奈良大震災誤報から思い出す、東日本大震災の教訓について。 心配はしすぎてしすぎということはない。 可能性は幾らでも見積もって良い。 (対応に掛けられる予算には限界があるが) 逃げるか逃げないかの判断に迷うときは、とりあえず逃げてから無駄足を喜ぶくらいで丁度いい。 続きを読む
168
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

誤報というか、「誤計測」の類かな。震災以降の初期の地震速報でも、2点間の揺れの到達速度の比較で震源と震度を予測するので、正確ではない数字が出るケースが稀にあったことを思い出す。

2013-08-08 17:14:54
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

いや、こういうときは取り越し苦労になったら「びっくりしたね、よかったね」って笑えばいいのであって、「またか」って慣れてしまわずに反応するほうがいいんだ QT @0513Mizuki:Youtube見てたらけーたい緊急地震速報でガンガン鳴ってめっちゃビビってたんだけど(๏д๏)

2013-08-08 17:16:12
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

逆に、「どこかでM7.8/震度7の地震が起きてるのに警報が鳴らず速報も出ない」というトラブルが起きる可能性だってあるわけで、「鳴ったけど起きなかった(今回)」と「起きたのに鳴らなかった」だったら、今回のほうがずっとマシに決まってる。取り越し苦労はホッとして喜ぶべき。

2013-08-08 17:18:10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

逆に、今回警報が鳴らなかったシステムについて、「いざというときに告知がなかった。速報力に不安が残る」という可能性も合わせて点検するほうがいいかもしれない。

2013-08-08 17:19:41
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

うむ。次も地震速報があったらまたびっくりしよう!例え空振りでも!というか空振りのほうがずっと安心できるけど! QT @0513Mizuki: @azukiglg まぁ起きちゃったら仕方ないし、そっから頑張って考えればいいわけだ。ご協力ありがとうございました笑

2013-08-08 17:23:42
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

緊急地震速報によってユーザーの多くが通常のツイートが中断して一斉に「警戒態勢」「その確認」に動いたのは、【正しい反応】【良い警戒】であったと思う。これで緊張が走らず、「どうせ誤報だろ」「奈良で震度7?ああそう、うち関係ない」とかいう反応だったら寧ろまずかったと思う。

2013-08-08 17:26:32
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

思い出せ。東日本大震災の津波は、「どうせ大したことないだろ」という侮りによって逃げる時間が合ったのに逃げ遅れた人達が犠牲になった。それが結果的に取り越し苦労になっても、「でも、もしかしたら!?」と警戒したことは正しい。大規模避難訓練だったと思えば、得たものは大きいよ。

2013-08-08 17:28:10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

Twitterでは、「うちは揺れこない」「○○○ですが揺れてません」「○○○だけど揺れなし」などなど、広域のフォロワーのリアクションで、実地確認が取れた。早さはともかくとして、フォロー数がそれなりにあるとある程度の裏取りはできるのでありがたいかも。

2013-08-08 17:30:31
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

というわけで、僕は狭間の仮眠中に叩き起こされたわけだが(=ω=) もう寝られない。そして、こんな形でハンパに叩き起こされるのは(急な電話とか宅配便とか警報とか……)実を言うと4日連続である。寝不足は続く。

2013-08-08 17:33:21
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

こういうときに「繋がりにくい状態」になるところには、皆が集中する。ポータルであるとこほどそうで、いざというときに落ちてしまって情報が取れなくなる可能性も。Twitterはつい最近も【バルス耐性】の強さを見せつけたばかりだけど、持続的な高負荷でも遅延ないのは信頼できるな。

2013-08-08 17:42:30
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

さて。今回のような速報+誤報というのは、それはそれで緊急対応のリトマス試験紙になると思う。「アクセス集中で落ちたサーバ」は増強を。「速報に即応したけど地震用の避難準備ができてなかった人」は改めて再点検を。「誤報に怒り心頭な人」を見かけたら、その人の人間性にも注意を払おう。

2013-08-08 17:49:25

ここから本題です(・ω・)

mamimume @0123mu0123

@azukiglg 初めまして。おっしゃることはだいたい同意ですが、津波の犠牲者に対してそういう言い方はしてほしくないです…津波で亡くなったのは、「どうせたいしたことないだろ」と侮った人ばかりではありません。震源地近くです。調子に乗って侮る余裕もありません。

2013-08-08 19:39:04
Cross R. Bridge @kanau_tendou

@azukiglg @hepuban その通り!<大規模避難訓練だったと思えば、得たものは大きいよ>長生きしたかったら、とことん「用心深く」あること。結果何も起こらなくても、喜ぶ事なのです。

2013-08-08 19:41:04
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

全てがそうだとは断言しませんが、「津波被害の過少評価」は全般にあったと認識しています。生き残った我々は、その犠牲と失敗を教訓としなければなりません。 QT @0123mu0123: @azukiglg 初めまして。おっしゃることはだいたい同意ですが、津波の犠牲者に対してそういう言

2013-08-08 19:54:19
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

震源地近くであっても、「地震と同時に津波が来た」わけではなかったのですから。 QT @0123mu0123: @azukiglg 初めまして。おっしゃることはだいたい同意ですが、津波の犠牲者に対してそういう言い方はしてほしくないです…津波で亡くなったのは、「どうせたいしたことない

2013-08-08 19:54:40
虎荒狗狼 @koalaclaw

@azukiglg ウチが遠回しに言った分のリツイート、その方は見てないのだろうね。キミのツイはリツイートで出回る数がハンパないから、随分と遠くまで「単独ツイ1つ140w分だけで全てだと見られる可能性が高い」シロモノが届くことも多いだろうし。

2013-08-08 20:00:04
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

東日本大震災地震(本震)発生時間 2011年3月11日14時46分18秒 津波警報発令時間 同日 14時49分 津波警報拡大時間 同日 15時14分 津波第一波到達時間 diary-or-notes.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/p… jma.go.jp/jp/tsunami/obs…

2013-08-08 20:01:51
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

そして、「してほしくなかろうとなんだろうと、我々は結果的に失敗だった対応を教訓として、今後に生かさなければならない。それをしなければ、犠牲者の死が無駄になる」。故に、「侮りを持ってはならない」「心配しすぎても無駄ではない」というのを刷り込まないといかんのだと思う。

2013-08-08 20:03:40
mamimume @0123mu0123

@azukiglg 東北の被害は、東京の被害とは比べ物になりません。津波の恐ろしさも語り継がれてきました。まさかこれ程までは思わなかったという声もありますが、犠牲者を侮辱する言い方はやめてほしいです。

2013-08-08 20:27:04
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

侮辱ではありません。その「まさかこれほどとは思わなかった」が、【津波への侮り】であったと思っています。そのことを、我々は教訓としなければならないということです。 QT @0123mu0123: @azukiglg 東北の被害は、東京の被害とは比べ物になりません。津波の恐ろしさも語

2013-08-08 20:28:00
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

それ以前にも頻繁に地震があり、その都度津波警報は出ていて、その津波警報でやってくる津波も50cm程度のものが多く、それに慣れてしまっていたことが「今回もそのくらいだろう」「大きなものは来ないだろう」という侮りに繋がっていたのは否めないと思います QT @0123mu0123: @

2013-08-08 20:29:11
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「だから奴らはバカだ」と、被災者を侮っているわけではありません。同じ場所にいたら僕だって「でも大きいのはこないだろう」と侮ったと思いますよ。想像より現実が上回った、上回る可能性はあることは語り継がれていたのに、その伝承を侮っていた。それが教訓です。 QT @0123mu0123:

2013-08-08 20:30:35
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

お気持ちは分かりますが twitter.com/azukiglg/statu… にもあるように「逃げる時間があったのに侮って逃げなかった」ことで犠牲になった人がいる、という部分が重要です QT @0123mu0123:

2013-08-08 20:31:53
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@鬼怪談→「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

逃げ切れない人ももちろんいたのでしょうが、「逃げれば逃げられる余裕があったはずの人」も犠牲になっていて、そうした人達はやはり「それほどではないだろう」と侮った(危機を過少評価した)ことが水死に繋がったと考えています。ここは教訓にすべき所です QT @0123mu0123:

2013-08-08 20:32:52
残りを読む(152)

コメント

またべえ @tkmtsng 2013年8月8日
0123mu0123さんは字面だけ見て「侮る→侮辱→バカにしている!」と連想してしまったのかな。落ち着いて考えたら侮辱=侮って(低く見積もって)辱める(バカにする)、で「バカにしている」って意味の字は侮じゃなくて辱の方なのに(´・ω・`)
15
Dai.Nakamura @mon__roe 2013年8月8日
発端となったツイートの内容そのものは御本人も概ね(というか該当部分の言い回し以外はほぼ)同意と仰っているだけに、結局'言い方が気に入らない'という言いがかりに過ぎないんじゃないか…と思わざるを得ず、それが何だか残念な気持ちです。 最後に同調意見を送ってこられた方がより頑なな意識だったので余計にそれが強調され、あ~ぁと思ってしまいました。
10
スズメ戦隊TS5 @suzumesenntai 2013年8月8日
今は世間が弱者特権に縛られてるから、皆気楽に「ひどい!傷ついた!」なんて言うけど、傷ついた個体から順番に喰われるのが自然の摂理だということはもっと思い出されていい。
39
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年8月8日
侮る、ってそんなに誤解されやすい語だったのか。
3
ちびくろ参謀 @CSambo 2013年8月8日
やりとりを見ていて、「日本人の親切」 http://togetter.com/li/384443を思い出しました。
2
ArgentBrand @ArgentBrand 2013年8月9日
いくら悲しんだってものの役には立たない。というか、それは過去に引きずられているだけで悲しんでいるのではないな。
10
V厨 48歳(フリー) @vchu_ 2013年8月9日
そもそも「教訓」と「哀悼」って相反しちゃいけない事だと思うんですよね。
4
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2013年8月9日
キレるのは人間だから仕方無いけど、まず深呼吸してキレたソレを一度冷静に見直さないとろくな事にはならない。今回の誤報だってそうよ、誤報だからって怒っても教訓にならないと意味が無い
10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「亡くなった人と遺族にもっと配慮しろ」というのは、行きすぎると「こっちは身内が死んでるのに、死ななかった奴は最低。この傲慢野郎め。お前が死ねば良かったのに」「身内が死んで遺族という対等な条件になるまで口答えするな」っていう特権を生み出すことの温床になりかねない。
30
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「亡くなった人と遺族にもっと配慮を」という不謹慎への遠慮を強いすぎると、最終的には「同じ理由で死ぬ人を減らすための対応策」の流布をもせき止めてしまう。「他の奴も同じような死に方をして同じような近親者の亡くし方をしないと不公平だ」と憤っているのでないのなら、過度の「不謹慎」を強いぬようにしたいし、そうすべきだ。
27
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
生者は生き延びるために、死者の屍を超えなければならない。それが罪なら、生きるとは罪を犯し続けることだ。罪を重ねないために死を選ぶことは、「善良なもの」を淘汰することにしかならない。死ななかったものは皆罪深い、ということになる。だからって、申し訳ない気持ちで生きるなんてまっぴら。
31
🌿岩崎つばさ🌿7/11緊急なろう青海Bナ67a @kinoko94 2013年8月9日
他人の発言が気に入らないからって、なんで校正しようとするんだろうか?自分で自分の気に入る発言を別途にすればいいだけなのに。ほんと謎だ。  あと、自分のほうが寄り被災地に近しいのだから言う事を通すべきみたいな論調は本当によろしくない。
24
arabiannightbreed @a_nightbreed 2013年8月9日
なぜ、こんなに長く続いたのかが判らない
9
犬山しんのすけ @shinnosuke_inu 2013年8月9日
「津波てんでんこ」って考え方と言葉、主さんと同じ様な気持ちで拡まったんだと、思います。
1
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2013年8月9日
幸運による成功は往々にしてあるが、不運による失敗というものは、原則として存在しない。
2
にのうらさとこ at homeヾ(○'∀'○)ノ @ameayunon 2013年8月9日
「誰かや何かを『侮る』行為」はあんまり感じ良くないからね。犠牲者、もしかしたら身近な人を、感じ悪い人のように言われた気がしたのかもしれない。「津波の規模を小さく見積もった」という意味で加藤さんが使っていたのは分かってたと思う。言葉って難しいね。(´・ω・`)
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
ニュアンスはさておき、「被る被害の可能性を小さく見積もった(=侮った)」ことで亡くなった人達は、「被害の可能性が小さくても可能な限り待避する」を実行できていれば、死なずに済んだ。「侮辱」には辱める意味があるけど「侮る」には辱める意味はないのであって、あとはもう「受け取る側のボキャブラリの理解度」の問題になってくるので、発信側で先回りして配慮することには限界があります(´・ω・`)
18
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
そして、「被害規模について判断する余力もなく津波に飲まれた」「逃げる途中に飲まれた」など努力が及ばなかった結果亡くなった人達について「津波を侮った、と侮辱」もしてない。差別問題などと同じで、「観測する側(受け止める側)が、それが差別や侮辱のニュアンスを読み取れるかどうか」で、差別や不謹慎は【発生させられる】。
10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「全ての人の語彙レベルや、ニュアンスの受け止め方について、予め全て見越して対処しよう」と思ったら、最適解は【何も語らない】になるわけで、「失敗を糧として教訓に生かしましょう」を、不謹慎と言って封印することになる。結果、我々は次の災害で教訓がまったく生かされない死に方をする人をまた見送らねばならなくなる。或いは自分が見送られる。
15
VERITAS @VERITAS_vesper 2013年8月9日
最初から最後までazukiglgさんに同意。 そして反論した人の方がどちらも上から目線に見えた。言葉は丁寧でも。 ちょっと過剰反応に感じてしまう。
17
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
それと「津波てんでんこ」は三陸地方に「かつての津波被害の記憶を教訓として留めるために伝わっていたもの」が、教訓を生かし切れなかった後悔とともに再発掘されたものだ、と理解しています。助けに戻るな。親も子も散り散りに(てんでんばらばらに=てんでんこ)逃げろ。まず自分を全力で救え。そういう教訓であり、我々はそれを改めて噛みしめるべきだと思っています。
13
repunit @FlatSharp 2013年8月9日
”東日本大震災の津波は、「どうせ大したことないだろ」という侮りによって、逃げる時間が合ったのに逃げ遅れた人達が犠牲になった。”これを犠牲になった人たちは侮って逃げられたのに逃げなかった人たちだ、と理解したのでしょう。
3
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年8月9日
なんというか... なんでこうなった? という思いでいっぱい。。ただ、、azukiglgさまの仰るご意見と見解はなんとなく理解はするが、あの災害から2年半という時間は、心癒えていない方も多いとも思うから、解ってはいるけど... 複雑な気分。。
2
ばいたん @byetang 2013年8月9日
明日、大地震と大津波が来るかもしれない。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
彼ら/彼女らの気持ちは分かるけど、悲しみが癒えないからといっての先ずっと泣いているわけにもいかない。僕らは明日にでも明け方にでもあるかもしれない「次の地震」にも備えなければいけない、という。なので、もうこれは「言い方が気に入らない」と言われるのを覚悟の上で言い続けるしかないんだとも思っています。
15
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年8月9日
あずきさん、あなたのご意見に関して理解はする。お気持ちも。でも、落とし所はあれしかなかったのかな? 
3
はふ @hafucco 2013年8月9日
「他人は自分の鏡」とでも言うべきか。 「津波を侮って死んだ人も居る」という言葉に被害者への侮辱を感じるのは、そう感じる人がどこかで「被害者は津波を侮ったバカだから死んだ」と思っている事の発露なんだろうな。 自戒、自戒、と。
16
catspeeder @catspeeder 2013年8月9日
azukiglgのツイートも結構ネチネチしてて嫌味に見えるな。「わかりましたか?」でバニラコーク噴きそうになった。
8
ym404 @ym404 2013年8月9日
こっちまでは来ないだろうと高をくくって自宅に残り、庭から砂煙(後から考えると「埃」だったのだが)と波頭が見えてから慌てて怒号と悲鳴を背後に聞きながら法面を這い上がって生き残った身としては、「不謹慎」で封殺しようとしてる側が「耳障りの良い事だけ聞きながらそのまま皆で死ね」と言ってるように思える。
44
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.shiroineko999 落としどころというか、投了されたのは先様ですのでこちらとしては選べません。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.catspeeder 同じ事を言葉を換え比喩を変えて何度も繰り返し分かって貰えるように努力したんですが、【まだまだ足りなかったのだ】と反省しています。また、一方的になってはいけないので、こちらの意図が伝わっているかどうか確認する必要から「わかりましたか?」と訊ねましたが、そこは「誠に以て恐悦至極ではございますが、僕の意図をお酌み取りいただけましたでしょうか?」と訊ねるべきであったと反省しています。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.catspeeder 600以上RTされて、不愉快だというリプライを頂戴したのはお二人のみだったんで、ほとんどの人は最初のツイートで意図を汲んで頂けたものと理解しています。それで通じなかった人に言葉を尽くして説明をしたつもりでしたが、結局通じなかったのは、僕の言葉が足りないところだったと思っています。今後ともより一層、これまで以上に多くの言葉を連ねて相互理解に努めたいと思います。
5
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.catspeeder ただ、自分と経験や知識や思考が同じではない人間に、数節程度の短い単語を並べるだけで、意図を全て正しく汲み取って貰うのは難しいとは思います。もちろん、通じないなら通じないで「諦めて下さい」と放置してしまうこともできましょう。ただ、「わからない」「納得できない」と言われれば、そこは可能な範囲で言葉を尽くして応じることにしています。そのように応じることを「ネチネチして嫌味」と言われてしまったら、最初の一言でなぜ理解してくれないのか、と嘆くより他にありません。
12
なっかわ @yaemon_the_tank 2013年8月9日
やり場のない悲しみをぶつけている相手に対して、言い分を通してあげて「ごめんなさい」しといても、ギャラリーはべつに非を認めて謝ったとは思わないものなのだけどね。  
0
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年8月9日
悲しみを抱える相手に対しその場だけはごめんなさいをすることが、はたして誠実な振る舞いといえるのかどうか。
9
yasu(^◇^) @yasu1117541 2013年8月9日
備え有れ。 では、何に備えれば良いのか?への一つの答えとして重要な示唆を、主観をもって封殺する風潮が醸成されないようにする意味でも、このまとめは意味/意義が有ると思います。 いずれにしても、お疲れ様でした。
12
酷道内調隊@手洗い励行 @tocch 2013年8月9日
耳障りの良い話じゃないから、丁寧な物言いもねちっこいとか上からだとか感じる罠。
6
しろいねこ999 @shiroineko999 2013年8月9日
あずきさま、 確かに今回はお相手の方が絡んできたから、ああいった流れになると仕方がないのかも知れませんね。 お答え下さってありがとうございました。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「上から目線に見える」というのは、多分あの最初のツイの冒頭が「思い出せ。」という命令形になってるからではないか、と思った。字数が少ないから端折ってるけど、「喉元を過ぎている人達に、当時のことをもう一度思い出せ」とする訴えかけの部分なので、上から命じているように思えたのかもしれない。でもそれは一言も言われなかったな。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
震災時の反省で、避難を呼び掛けるアナウンスが「強い切羽詰まった命令口調でなければ人は動きにくい」という反省から後日の注意報で強く訴えたら、「震災当時を思い出す、配慮しろ」って意見が出たのを、なんか思い出した。
22
BugbearR @BugbearR 2013年8月9日
悲しみは時間が解決してくれる気もするけど、今日災害が起こるかも知れないしなぁ。
6
電波猫 @dempacat 2013年8月9日
言い方が腹立つのは、どっちでしょうねぇ(ニヤニヤ
0
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2013年8月9日
無意識にせよ意図的にせよ「かわいそう」という感情が物事の本質を隠してしまう事がよくわかるまとめでした。
10
【暮亭】お茶菓子@壱岐津 礼【あまぶん参加】 @ochagashidouzo 2013年8月9日
台風を侮って外の様子を見に行って被害に遭う人、毎年いはるやんか。「自然災害を侮ってはいけない」は何遍言っても言い過ぎってことは無い思うよ。
26
【暮亭】お茶菓子@壱岐津 礼【あまぶん参加】 @ochagashidouzo 2013年8月9日
ところで、昨日は緊急地震速報の音を初めて聞いて音にビビって何もできませんでした。次はビビらずに済むと思います。そういう面では良い訓練になりました。
5
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
思うに「津波の恐ろしさを語り継いできた地域だからこその侮り」ってのはあったのかもしれない。実際に津波を体験していない人が大多数なのに、「自分達は津波の被害を経験した先人の【子孫】である」「これまでにも津波警報は発令されたがだいたい大山鳴動して鼠一匹だったことを知っている」「だから慌てたりしない」この落ち着きが、裏目に出た。
10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
僕は静岡出身だけど、静岡県人は子供の頃から結構防災訓練を頻繁にやってて、避難訓練慣れしている。身体は動くと思うけど、それだけに「本番慣れ」しているわけではないから、「訓練慣れ」していることを奢ってしまう、ということはあり得るかもしれない。「どこよりも津波に詳しい」「津波被害の口伝者の【子孫】」であったはずの地域の人々がそれを侮ってしまった原因は、「津波被害者の【子孫】」という傲りはなかったとは言えないと思う。ここは注視すべき点かもしれない。
5
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
また、チリ地震の津波警報が空振りだったことは、「警報通りの被害が起きない」経験として刷り込まれてしまい、警報を過少視する下地になった。それに加えて「掘っ立て小屋に住んでいた頃とは違う。自分達は21世紀に生きている。世界一厳しい耐震基準を満たした現代建築がそんなに脆いはずがない――」という傲りは、これはまた確実にあったと思う。
7
小辰みなひと@ネット租界 @37110k 2013年8月9日
書いた人が想定したであろう意味通りに受け取ったので、リプライが来た時は「え?」だった。まあ、色んな受け取り方があるというのも承知の事実。が、「教訓にするにしても配慮とか言い方ってもんがあるだろう」という(主張に読み取れる)リプライを送って来た被災者目線の方は、なんと言ってほしかったのだろう?「みだりに先の震災を引用して申し訳ございません」?
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
この傲りは「備えているが故に」「技術に対する信頼があるが故に」、【過信】として起こり得た。この過信は傲りであると思うけど、「だからバカだ」と辱めるつもりはない。その場に居合わせたら、または東京で同じ事が起きたら、やはり大多数の人は技術を過信するだろう。そして大阪辺りの人に「東京人は奢っていた。なぜ過信した」と後で言われたような気がする。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
現代の技術、建築物その他の多くは、「想定可能な範囲内で確実に大丈夫」を目指しているし、「予算が許す限り大丈夫」も満たしている。問題は「想定と予算をどの程度に見積もるか、見積もりを満たせるか」ということでもあろうと思う。あるかもしれないが、予算が足りない対応は不可能だし、想定しきれない基準のものは作れない。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
それはそれとして、「逃げる側」は「警報が誤報である可能性」や「警報が過剰である可能性」を低く見積もるべきではない。その他はともかく、この点が最大の教訓である。幻の奈良大震災誤報は過剰な危険を警告する誤報であったけれども、これを機に警報を軽視するようなことあってはいけないし、誤報であっても身体が動くように努めたいものだ、というのが、そもそもの主張でした(´・ω・`)
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
(もし本当に伝承を忠実に守っている人ばかりだったら、そもそも平野部・海岸沿いに家も職場も街も作らないだろうなあ、と、震災当時思った。その意味で、いつか津波が来るかも知れないと先祖が警告した土地に街を作った時点で、侮りは始まっていたのかもしれない)
16
ユーレカ @Eureka_2GG 2013年8月9日
「次に起きる大災害で津波から逃げ遅れる人が出ることを、果たして今回の犠牲者が望むであろうか?」という話なのよなあ。「俺たちはしくじった、お前らはこうはなるな」という声なき声ととらえたい、というか。
5
赤鏝 @akagote 2013年8月9日
「あの日あの時」とか「被災地からの声」とか見続けてきた身からすると、助かった側の人でも「津波を甘く見ていた」「防潮堤を超えないだろうと思っていた」って話は嫌と言うほど出てきているんで、自戒と備えとは不可欠だと思います。 …まぁ、今回もろに被災したとはいえ津波が来ないエリアに居る一個人の意見ですが。
6
ユーレカ @Eureka_2GG 2013年8月9日
ちなみに誤報発報時は日本橋の某店ですごく遅い昼飯を食べてたので、奈良だったから「奈良の地震で津波なんて起きちゃもうどうしようもない」と開き直れたけどこれが和歌山南海上とか言われてたら食い逃げの現行犯になる覚悟が必要だったw
6
赤鏝 @akagote 2013年8月9日
azukiglg 私の場合は「現代社会に組み込まれた上であの場所で生活する」事とのトレードオフになってしまったような認識ですね。 山の上に生活拠点を置いた状態で現代社会の中で生きようとするにはハードルが高過ぎた、とも。
2
虎荒狗狼 @koalaclaw 2013年8月9日
そもそも第一声の「調子に乗って侮る余裕もありません。」という所から、『侮る』という言葉を茶化したり馬鹿にしたりする際にのみ使う言葉だ、と誤った思い込みで突進してきたという点が明白で。何処かで自分の用語理解が誤っていたと気付いても、素直に「ごめんちゃい」できない人はこうなるという良い例でした。「最近は誤用の方が一般的になってるし、正しい解釈じゃなくても認めようぜ」という風潮にもチクリ、なサンプル。
16
またべえ @tkmtsng 2013年8月9日
「そんな言い方気に入らねえ!」って噛み付く前になんで「こういう意味で言ってます?」って確かめる余裕ぐらい持てないんだろう。140字に全ては詰め込めないんだからどうしたって意図的な表現の圧縮や、無意識に表現が不足することなんてザラなのに。
11
またべえ @tkmtsng 2013年8月9日
「どうせ大した事ないだろと侮った」で言い方が気に食わないって人は何か、「どうせ大した事ないだろう、まさかここまでは来ないだろう、まだ○○を取りに行っても、迎えに言っても間に合うはずだ、と津波の高さ、速さ、力の強さ、その他諸々の見通しを低く見積もった結果不運にも被害に遭い無念の最期を遂げられた」ぐらいまで言ってもまだ足りないのかな。
8
またべえ @tkmtsng 2013年8月9日
そりゃもうツイッターやめて何か他のサービスに移った方が良いんじゃないだろか。140字の制限に過大に求め過ぎでしょ。
5
ずん姉 @zungyo 2013年8月9日
ほんの少しの言葉に敏感になって、感情的になっちゃいけないのかな? azukiglgさんの言ってることが正しいと思いながらも、私の気持ちは0123mu0123さんに寄り添いたいと訴えてる。千年に一度の大津波を何度も繰り返し、哀しみと教訓を石碑や文献に刻みつけながらも、リアス式海岸で変わらず生きていくんです。また平地に家は建つでしょう。それが現実であり、悲しいと思うのも現実。
5
ユーレカ @Eureka_2GG 2013年8月9日
zungyo 読解力不足かも知れませんけど、元発言の意図は「感情的になることで犠牲から教訓を酌み取ろうという姿勢を全否定しては、結局津波の犠牲になった方の死に意味が無くなる」という辺りにあるのではないかなと。言い方に足りないところがあった、受け取り方に誤解があった、であれば会話の中でそこを相互に正して前を向くべきと。
5
らすべっと / Рассве́т @rassvet 2013年8月9日
侮った、失敗した、ということを指摘することが「侮辱」だと思っちゃう、という(日本人には多いと思うが)メンタリティがそもそもの間違いなんだと思うんだ。
5
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
敏感になるのは構わないけど、「気に触るから不愉快」とわざわざ言いにくるのであれば、そこで進行中の話題に沿った聞きたくないつらい説明を受けることになるのは致し方ないのでは、とは思いますよ。「じゃあ、黙るよ」というわけにはいかない話をしているわけだし。聖職者に求めるような労りを、そうでない人に求められても応えきれない。
8
undo(あんどー) @tolucky774 2013年8月9日
まとめ主さんの主張は正しいし、全方向への配慮が無理なのもわかるんだ。でも、家族や親戚友人知人が亡くなってたら過去に学べ、教訓にせよって言われて冷静で居られる自信は私にはありません。メンション飛ばしたりはしないけどさ
6
undo(あんどー) @tolucky774 2013年8月9日
震災が過去のことではなく現在進行形で向き合ってる人がいることも忘れないで欲しいなと。まだ行方不明者も沢山いますし
6
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2013年8月9日
今回の登場人物、誰のどこにも悪意はない(少なくとも、見えはしない)のに、大きく激しく行き違う。「感情論」って、実に厄介だなあという再認識。
7
キミのNebutanにライド・オン! @Nebutan 2013年8月9日
「障がい者」「子ども」の表記にこだわる人と同じメンタリティでしょうか。字面のイメージに善悪をつけたがるのって話が逸れるだけなのに。
4
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月9日
何せ表現は本質以上に重要ですし、「逃げる時間が合ったのに逃げ遅れた人達『が』犠牲になった」と断言調にせず「逃げる時間が合ったのに逃げ遅れた人達『も』犠牲になった」と替えたり、物言いを少し柔らかくしたり、前後の文脈を示すツイに誘導するだけでも行き違いが解消されたかもしれませんなぁ
4
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年8月9日
ツイッターごときの言葉尻を追いかけて本質を見えなくしてる人のまとめ。そんなに自分の感情が大事なら見なきゃ良いのにwwクレーマーは無くならん訳だwww
2
inazakira @inazakira 2013年8月9日
これ思い出した。→『乙武洋匡「僕は、カタワです」http://togetter.com/li/152112』。あとこれ(https://twitter.com/sasakitoshinao/status/362764961375723520)。 あなたに直接向けられた言葉じゃないんだよって感じた。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
これはもう最終的には「慰めが必要な人(=立ち止まったままの人)は、慰めてくれる人のところに行くべき」で「慰めの後のことを論じている人(=先へ進もうとしている人)の所に慰めを求めにきてはいけない」というところに落ちつくような気はする。
21
月永こん @tsukinagakon 2013年8月9日
沿岸部の方々は内陸の私たちなど想像に及ばないほど海に対して警戒心を持って暮らしてこられた。にもかかわらず、今回たくさんの方がなくなられた。『にもかかわらず』ということが存在するということを我々は頭に叩き込んでいなくてはいけない。
9
まっきぃ@左足薬指骨折全治4週間 @mackeystalk 2013年8月9日
なんで「津波を侮った」が「被災者を侮っている」になるんだろう。そういう揚げ足取りするその方は南西沖地震を教訓ともせず哀悼もしてない気がするんだけど。海沿いに住む人間ならば哀悼とは別に教訓にしなきゃだめだろうと…
2
月永こん @tsukinagakon 2013年8月9日
静岡県においても避難訓練と津波の想定には万全の態勢で挑んでいる。おそらく東北沿岸部の方々もそうであろうが、これだけの被害が出た原因の一つに彼らに油断があったということを上げるとしたらそれを上げる時点で我々はすでに自らの避難訓練の成果を過信している。万全を期しても地震、家族の安否など、他要因によって判断を誤る可能性があるということを常に頭に入れておかねばならない。
9
くすき @kusuki_xx 2013年8月9日
私は被災地に住んでいるし、地元は内地でしたが山津波があり被害者・行方不明者も出ました。文章を読んで「被災者をバカにしている」とは思えなかった。「侮る」という単語を正しく理解して受け止めたという事だろうか… 被災者達の行動を教訓にして未来へ活かす事は、被害者達の行動を侮辱する事ではないのだけれど…なんでそれがわかってくれないんだろうって逆に悲しくなりました。被災者だからこそ、自分達と同じ境遇の人を増やしたくないって思わないんだろうか…
3
境雲汀 @nagisaya_k 2013年8月9日
違ってたらごめんなさいだけど、要は「父親が身体の違和感を『どうせ大したことないだろ』侮った結果、助かる可能性があったのに病気を悪化させて亡くなった」から、遺された家族は身体の軽い違和感にも敏感に反応するようにしてるよ。という話をしたら「亡くなった父親を侮辱してる」と突っ込まれた、という解釈で良い?
5
西岡ヒロ=資源を消費する時間が無い提督 @NSKHRO 2013年8月9日
実は、アズキさんとすれ違ってしまったお二人は、どちらも津波被害のあった地域に直接在住していたわけではないようですよね。
2
ぃぁー @Er_Elie_M 2013年8月9日
被災者ではなく、自分が嫌な思いをしたくないだけでは…という印象が拭えない。それに未だ癒えない傷を抱えているなら、そこかしこに塩が舞うTwitterは見ない方がいいと思う…
7
EGUCHI Osamu @eguchi3 2013年8月9日
認知が行動に結びつかなかった理由を「侮り」の一言でまとめるのはさすがに乱暴かと。多数派同調バイアスや正常性バイアスも「侮り」の範疇に入る入らないの考え方は人によって異なり、用語としての「認知バイアス」を共通語彙に持っていない場合わかり合う機会が非常に少なくなりそう。
1
なみへい @namihei_twit 2013年8月9日
頭では分かっていても、心が未だついて来ないんだろうなぁ、と感じました。かける言葉なんて見つからないし、どれだけ言葉を選んでも安っぽくて薄っぺらくなりそうだから、いつか立ち上がって歩き出すと、歩き出せるとただただ信じて、先を行かせてもらいます。
4
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 2013年8月9日
事実震災後のドキュメンタリー等で心情的にやむを得なくても鉤括弧付きの「舐めた」故の死というのも割と報じられてた気がします。一旦高台に逃げて、寒いから防寒具を取りに子供を連れて家に戻ったら波に飲まれた母子の話とか。こういうのは教訓にしなきゃいけない。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「侮り」の意についていえば、「これなら大丈夫だ」「間に合うはずだ」という期待が叶わなかった、という言い換えをしてもいいんですが、「経験と知識に基づいて自分で大丈夫と思っていたものが、そうではなかった」をなるべく少ない字数で表現しようとしたら、「津波の規模を侮った(許容範囲内と見積もったが、許容範囲外だった)ので、いけると思った」。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
これについて「許容範囲内を期待した人(=津波の規模を侮った人)」を【侮辱】は別にしてない(想定外だったことは致し方ない)。ここで彼らがすべきだったのは、「想定内であったとしても、最善を尽くすべきだった。そうすれば死ななかったかもしれない」。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
もちろん、「最善を尽くしたが間に合わなかった人もいる」についてまで、誹る意図はまったくない。僕がしつこく言ってるのは「死ななくても済んだはずの人達の水死を、軽減させることは、今後はできるはずだし、そうすべきだ」という話。
2
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
それと、非常時に「正常化バイアス」が働いてしまう(落ちついているようでいて、火急の行動が取れなくなり、急ぐべき場面で立ち止まったりしてしまう)ということは、震災に拘わらずある(火災現場とかでよくあるらしい)。正常化バイアスを「自分が想定した安全な状況内に自分はいる、と錯覚させてしまう」と理解するのが正しいかどうかはわからないけど、「念のため焦っておく」ということを【我々はこの先すべきだと思う】。できなかった人を非難する意図はない。
1
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
逃げなかった為に亡くなった方は、自分の命という代償を払いました。 今回の震災の教訓とすべき核はそこでは無いと考えています。 私は、0123mu0123さんではないので代弁にはならないと思いますが、「どうせ大したことないだろ」という侮りによって、逃げる時間が合ったのに逃げ遅れた人達が犠牲になった。で結論づけたから腹が立つのです。 確かにいましたよ。 でも大半は、周りの人も助けようとか避難経路の渋滞で立ち往生、はたまた家族を捜してという形で逃げ遅れたのです。(続)
4
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
ここでクレーマー扱いされている方々は、家族等といざとなったらここに避難するという避難場所を、数か所確認し合ってますか? また、体が不自由等、介護が必要な人を見捨てる覚悟を決めていますか? さっさと逃げれば助かるというのは過信です。 被災した者は、人知を超えた問題に対しても自分がしっかりしてればと悔んだのです。 どこかで区切りをつける意味で、仕方がなかったと慰めの言葉を掛け合ったこともあります。(続)
4
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
 貴方は、墓前で「あの時、他人を助けようとするから死んだんだ、よく考えろ」と言えますか? 今なら、共倒れになるから自分を置いて逃げろと言い合えるでしょうが、当時はそこまで考えていなかったのです。 その辺を平時に考えておこうというのならともかく、それも無く”慰めが必要な人(=立ち止まったままの人)”と侮蔑する。 先へ進もうとしている人とは、さっさと逃げれば解決と思ってる人の事なんでしょうか?(終)
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.yuguresanpo では貴方は「努力をして助からなかったのだから仕方がない。責めるべきではない。いざとなったら努力も無駄である」「誰かを助けに戻って共倒れになるのはより人間的な行為」というお考えでしょうか? 「津波てんでんこ」の意味は伝わっているんでしょうか。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
どちらにせよ、「助からない方法を選んだ人は淘汰されていなくなる」ので、「助かる方法を選んだ人」「選んだ方法が間に合った人」の成功例が語り継がれていくとは思います。ここでは「悼むこと」を優先的な話題にはしていません。「次に同じことがあったら方法はあるか」「覚悟はあるか」が話題になっているとお考え頂いたほうがいいと思います。慰めは他の方に求めて下さい。
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
ただ、失敗例を語り継がないと「正しいと思って失敗例を繰り返してしまう人」は出てきます。地震での避難で車を使わない(渋滞を起こすから)は、大きな教訓になったはずです。元々「避難は徒歩で」というのは避難の常識とされていたはずですが、守られませんでした。「津波てんでんこ」も守られませんでした。教訓が生きなかったのは何故か、を再検証する必要はやはりあると思います。悼むこととは別枠の話です。
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
悼むことを優先して、「何故失敗したか」「次はどうすべきか」を考えることを押しとどめるのであれば、それはやはり「同じ失敗をまた繰り返せ」というのに等しいのではないでしょうか。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
大半の人が渋滞と家族を探して亡くなったのなら、今後は「車は捨てろ」「家族は探しにいくな(津波てんでんこ=津波がきたらてんでばらばらに逃げろ)」を徹底すれば、いくらかでも犠牲者は減らせるのではないかと思います。というか、繰り返しになるけど「どっちも元々言われていたことであるはずなのに、なぜ生かされなかったか。なぜ、彼らはそれを生かせなかったか」そこをこそ考えるべきでしょう。
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「津波てんでんこ」「津波が来たらばらばらでもいいから逃げろ」は、津波が来た三陸に昔から伝わっていた伝承であったはずです。震災後に作られた言葉ではありません。「津波の警戒に歴史的にも慣れている人々は、なぜその重大な伝承を活かせなかったのか」は今後を考えるに重要なことと思います。
6
sakanaya@こんぺん @sakanaya701 2013年8月9日
毎年台風なんかで自然災害とか経験してる自分からしたら、azukiglgさんが特別おかしなことを言ってるわけじゃないと思うけど。
2
虎荒狗狼 @koalaclaw 2013年8月9日
当時も考えられなかったろうし、未だ考えられない人が居るのは当然。人間だもの。そんなことは大勢が解っている。同じ人間だもの。心の琴線に触れる言葉には一言ある人もいるということも解った上で、しかし考える余裕のある人達は会話してたわけだ。そこに「そういう言葉を使うのは侮辱でしょ!」と話し掛けられても「え、ここネット上なんですけど……」と返すしかないわ。道ばたでいきなり言われても「え、ここ公道なんですけど……」ってなるわ。「内容じゃなくて、そこ?」って思うわ。
0
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
私の文章力の問題なのか、コメントの趣旨を理解して頂けなかったようなので、  言葉がきついとか追悼の気持ちがないとかじゃないんです。 さっさと逃げろは安易すぎます。  怠惰だったから死んだのではなく、とっさに逃げると判断したか、逃がすと判断したかです。  ようは”さっさと逃げれば助かったのに”で結論づける問題ではないと言うことです。  一命を取り留めた、が、家族を助けれなかったことを悔いて後を追った方もおります。 それは助かったということでしょうか?(続)
3
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
「努力をして助からなかったのだから仕方がない。(略」は正しいとも思います。 墓前では 最期まで頑張ったな そう語りかけています。  後、azukiglgさんの考える努力とは何でしょうか? 何が何でも生きろ、子供も捨て置けなのでしょうか? 確かに生きててほしかったと思う友人、最愛のものもおります。 ですが、彼ら達の選んだ生き方を間違いと言きれるほどの見識を持ち合わせておりません。  戒めとは自分の命最優先!他人が死のうが何のためらいももつなという事だけでしょうか?(続)
3
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
こうすれば助かったにはいろいろなケースがあります。  教訓にすべきは、何が最優先な事かを徹底しておく事で、妻だけは命を投げ打ってでも助けに行きたいと思う心を良しとするか等、人それぞれの判断基準を災害に備えて余裕がある平時に考えておきましょうと言うではないでしょうか?。 例としてのてんでんこは、家族も逃げてる事を前提に考えろといっても一人では動けない者を抱えている人もおります、平時のうちに後悔ない判断をしておくことが大切なのですから。伝承の生かし方はそれぞれだと。 (終)
3
ユーグレ・サンポマニア @yuguresanpo 2013年8月9日
追伸:疑問形の個所が多々ありますが返信は結構です。 どう生きるかということは人それぞれという考えは、変える気も変えていただく気もありませんので。 ここをご覧になっているか判りませんが、0123mu0123さんも涅槃には楽しい土産話を出来るだけたくさん持っていけるよう長生きしてくださいね。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.yuguresanpo 「さっさと逃げろ」とは言ってないと思うんです。批判される方々が脳内でそういう言葉を選ばれていらっしゃるのと、それを僕が言っていることにするのは、できれば分けて頂きたいですね。自分の中にいるもっとも憎々しい言い方をする藁人形に僕の名前は付けないで欲しいなあ、とは思います。
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.yuguresanpo 僕が考える「生きる」「生きろ」は、繰り返しますけど「津波」という条件下でなら、「親も、妻も、子も自力で逃げろ」「子も、夫も、親も自力で逃げろ」そして「生き残ったことを悔やむな」ですよ。津波てんでんこ、というのはそういうことであると理解しています。「巻き添えで死ぬな」「一人でも助かれ」というしかない、のがあの伝承の意味するところではないんですかね?
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
.yuguresanpo 津波という状況下で、「自分は誰かを救える」と考えることこそが、実は【傲り】なんじゃないのかな、とは思います。苛烈で冷酷だという誹りは甘んじて受けましょう。遺族の嘆きを踏みにじるなと仰るなら、その誹りも受けましょう。しかし、これについて考えを変えることはありません。
5
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「助けられない可能性が高い人と一緒に二人で死ぬ」「俺なら助けられる、と自分を過大評価して飛びこんで二人で死ぬ」「二人のうちの一人なら助かるかもしれないと判断して自分が逃げる」または「自分は置いていけ、逃げてくれ、と言う」。どちらにせよ全員助かるのがベストだが、それが無理なら「一人でも多く助かれる人が助かるようにする」「それを受け入れる」しかないとは思いました。
1
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
「知り合いが死んで悲しいのは当たり前。だからって、一緒に死ぬのが正しいとは絶対に思わない」。恐らく平行線になる価値観の接しないところは、そこじゃないのかなとは思いますよ。
4
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
あと、「自分が助ける側」という前提で、「助けにいくのが悪いことなのか!」というご批判を結構いただきましたけども、「自分が多分もう間に合わない側」にいるとき、自分を助けようとして無理をする人に、「巻き添えになって一緒に死ぬ可能性が高くても来て欲しいと思うか?」という視点を変えた問いをしたら、どういう答えを皆さんお持ちなんでしょうね?
10
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
皆が皆、「エレンの母」のように振る舞えるとは思いませんけども、そこをどう考えるのかという視点を持つと「最愛の人を助けにいくことで、結果的に二人とも死んでしまうこと」に対する答えに、別の答えが浮かび上がってくるんじゃないかなあ、と思ったりはしますが、どうなんですかねえ。
3
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2013年8月9日
当時の映像にいくつも、高台から「逃げて逃げて!」って津波迫ってきてる人に叫んでるのがあるって事は、やっぱり侮っていたと言われても仕方ないと思いますよ。避難訓練の有無も後付けの言い訳にしかならないし。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月9日
あと、どーしても「死んだ人は怠惰だった」と僕が侮辱している、という認識の人が後を絶たないんだけど、「自分の価値観にのみ頼って、自分を万能視/英雄視しすぎてはいけないという戒めを持とう」ってことを言いたいのだ、と汲み取って頂けないもんでしょうか……。「津波【を】侮った」と「津波で死んだ人【を】侮った」は、「侮」という文字が入ってても意味が全然違うんだよ……。日本語ってこんなに伝わりにくいもんなのか……。
13
タツコマ@ポリアモリー @TATukoma1987 2013年8月9日
津波の当該地域であり、沿岸部全域の堤防及び防潮堤増強が決定した地域の者に言わせてもらうと、中高年ほど侮って逃げなかった。うちのオヤジは地震発生から30分後に仕事に戻りやがった。あの時は停電して情報を得られなかったのもあるが、それでもより海に近い方に行って仕事するってのは自殺行為だと思って正直引いた。
3
かにみ楚歌 @junkdiver 2013年8月9日
気に入らないって言葉を使わずに気に入らないことを表明する技術披露の場になっちゃってる…
7
タツコマ@ポリアモリー @TATukoma1987 2013年8月9日
ちなみに、うちの要介護の爺ちゃんは完全に諦めてる上に下手に移動させようとすると泣き事言い始めるのでどうしたらいいもんかと頭抱えてる。婆ちゃんはまだどうにかなるんだよなあ・・・。逃げた所で避難所で念仏のようにブツブツ言い始めるから周囲の気が狂うし。
2
ちゅ~りんぐはかせ @watakino 2013年8月9日
「津波てんでんこ」は、三陸津波で多くの人が家族を助けに行き犠牲になった教訓から、一人ひとりが個別に避難することが最善の結果につながるという教えであり、同時に、たとえ家族の中で自分一人だけが生き残ったとしても自分を責めてはいけない、という意味でもあると聞きました。
12
ginya- @ginyard_jp 2013年8月9日
「どのような行動が生存率を上げる(下げる)のか事例を分析する」ことと「結果的に助からなかった人を侮辱する」のは全然別物なんだけど。そもそも、極限状態の人間の行動にケチつけて(侮辱して)も無意味だし、そんなことは誰もしていない。(少なくともこのまとめ上では)
6
ginya- @ginyard_jp 2013年8月9日
教訓の共有化という点はとても大事なことで、感情論に流されてはまずいわけで。下手すると戦後の平和教育みたいに「指導者が悪者だった」「戦争ダメゼッタイ」になってしまうのでは。
5
mlnkknjinno @mlnkknjinno 2013年8月10日
ヒトがヒトである以上ピックアップ行動を止められるわけがないんで、津波てんでんこなんかよりも学校や病院や老人施設を高台に移転する方が有効だと思う。
0
つよし(清野剛) @tseino 2013年8月10日
正論だけど評論家目線のように上からものを言っていると受け取られれば反発も出るでしょう。特に逃げなかった人が亡くなったというのは刺激的過ぎる。普段の訓練で逃げていた指定避難所で被災されてなくなってる人も少なくないのに。
6
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月10日
しかし感傷を口実にするわけにもいかないと思うのです。明日次の地震があるかもしれないのだから。
2
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月10日
言ってる内容自体は理のあるものだと思いますし、むしろ反原発や愛国主義やアンチレイシズム同様「正しければ何を言っても(やっても)良いわけではない」という佳き示唆になったということで、次から気を付ければよいのではないでしょうか(気を使った日本語表現にするとか、対話にならないと思ったら速攻打ち切るとか。これは皮肉ではなく真面目な話ですが)
2
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2013年8月10日
”日本語ってこんなに伝わりにくいもんなのか……。” 日本語の不備ではなく,まとめ人の言葉の選び方等が  下  手  なのではないかと(×侮る ○過小評価する  とかあるでしょ
3
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2013年8月10日
こういうバリケードな話題にはへたに触れないほうがいいと思った
1
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月10日
TakahashiMasaki もしかして:バリケード→デリケート
5
Ekshr @Ekshr1 2013年8月10日
tseino その方々の場合も結局は、本人の責ではないのだが「人類が津波を侮ってしまった(自治体などの津波の想定が甘かった)」例として教訓にしていかなきゃいけない事例なんだと思う。
1
Ekshr @Ekshr1 2013年8月10日
そもそも「逃げなかった人は亡くなった」けど、「亡くなった人は全員逃げなかった人」ではないよね。それどころか、逃げなかったんで家ごと流されたけど運良く助かった人もいるし。でも確実に「逃げないことで死亡率は上がる」。そして、あの日まで「どうせ大した津波なんて来ない」「警報は大げさ」と思い込むに十分な空振りが連続してもいた…だからこそ怖いし教訓にしなきゃいけない。
4
農民 @no_mi_n 2013年8月10日
今後も先の大震災クラスの地震はあり得るから、アズキさんの仰る「教訓にする」と言う考えは大事にしたい。犠牲者や遺族を蔑ろにしている訳じゃないし。
0
IJN(スタント:三石千尋とマイクスタントマンチーム) @JapanNavy_Blue 2013年8月10日
「まず感情ありき」なところって、結局は情緒的反戦とちっとも変わらない件。 最悪、現実的な対処よりもお花畑理想論を金科玉条の ように扱いだしたりとかしかねない、あの辺とかその界隈 みたいに…
1
面田 幸🌤️ @NEWLA 2013年8月10日
うちのイチゴ農家の親類が、娘さんが「早く逃げよう」言ってるのに「これ干し終わったら行くから先に行け」って言って作業続けて、逃げた娘さんだけ助かったって話を生き残りのいとこに聞いたので、あずきさんの話は正しいと思う。ただまあ、死んだ人の数多すぎて、「そうじゃないケース」(逃げた先が飲まれたとか)もたくさんで、そっちに当てはめると変な話になるな。
3
サキ @nagi_saki 2013年8月10日
この対話を見て「感情論」で済ましてしまえるのは、ちょっと理解しがたい。
2
Ekshr @Ekshr1 2013年8月10日
[c1184927] そりゃあ死者を軽んじる意味合いがあると認識していれば慎むだろうけど、当事者同士でもコメ欄でも意見が分かれているように、「死者を軽んじる意味合いを感じられないはずがないきつい表現」と思う人と、「え?そうなの?」状態の人がいるわけだしなあ…。これは言語感覚の差異で起きた事故みたいなもんだと思う。
9
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年8月10日
NEWLA 「助かる可能性があるかも」「なにを教訓とすべきか」に立つなら、この流れはアリですし、よくわかるんですが、「被害の比率やら」に立つと「津波がきたら助かりません、南無ー」になりかねませんしね...。どっちも分るというか理解はできるので、もにょもにょします。
0
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月11日
あずきさんが周囲に言わなくなるのか、周囲があずきさんの先鋭化についていけなくなるのか、判断が難しいところですな。今回の事象はあずきさんが「クレームを受けた」とも、逆に「意見の封殺を仕掛けた」とも、両方解釈できると思うので
1
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月11日
でもまあ実際はそこまでの話というより単純に「言葉のチョイスを誤りましたね次から気を付けましょう」か「世渡り・受け流しでクリアできるとこは流しときましょう」位の話って気がするんですよねー。「侮辱のつもりはありませんが、ご気分を害したようであれば申し訳ない」って柔らかく言えば丸く収まるかもだし、逆に最初から「こういう意図だったんですが、どの部分に侮辱を感じましたか?」とすれば対話も進むでしょうし
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月12日
現実には、あらゆる人が腹を立てない言葉選びを一発で選び続ける事は不可能なので、此度の人々が腹を立てない言葉選びをしたらしたで、まったく想定外の人からまた別種のお叱りを受けていたと思います。柔らかく言おうと、そうは受け取らない人は実際いるわけでこれも完璧に期待に沿うような配慮は困難だろうと痛感しました。
3
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月12日
一度だけ一言だけで分かり合えるようには人間はできてない、というのが、抗い難い現実だということですかねえ。
5
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年8月12日
ただでさえテキストコミュニケーションは誤解を生みやすいので、万人に一発で通用させるよりは粘り腰というか、感覚の差異を前提に修辞とか話法とかを都度模索するしかないとこなんでしょうねぇ…
4