加藤直之氏の「宇宙戦艦ヤマト2199」製作作業(Part.3)

加藤直之氏の「宇宙戦艦ヤマト2199」製作作業に関するつぶやきをまとめ中。 (※随時、つぶやきを追加) 「加藤直之氏による縦2メートルの絵と「ヤマトーク・星巡るギャラリー篇」に関するツイートまとめ」⇒ http://togetter.com/li/758868
アニメ 加藤直之 ヤマト2199
31
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
というわけで、僕が宮武から指示を受けたところはわかるんだけど、後は普段あまり描かないからよくわからない。でも、艦長室の中と外、第一艦橋は松本さんのスケッチを僕が清書したのである程度はわかります。例えば第一艦橋の前の窓枠の形は、プラモデルだと松本さんの設定通りじゃなかったりします。 pic.twitter.com/VBDXUbEEAC
拡大
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
生賴範義さんがヤマトを描いたときには、このカーブが存在せず、だから「変」なヤマトになっちゃったのね。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
このカーブは、当時、宮武から教えてもらった「ジェット戦闘機は主翼のところで空気抵抗が増加するので、胴の側を絞ることで主翼の抵抗を相殺してる(←しかしそこに空気取入口を配置しているので、外からはわかりづらい)」という話と符合するところがありますね。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
僕が宮武がペン入れしたヤマトに色を塗るときに宮武からいくつか口頭で指示がありましたが、まず ヤマトの船体は、旅客機の胴体と同じ曲面を持つこと・艦橋とその周りの構造物と胴体との接合部分の角度、そして船底の前にある丸い膨らみのところで、胴体はいちど絞られるようなカーブを描くこと pic.twitter.com/8TyDUWKXxE
拡大
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
色々検索してたら、宮武はヤマトを仕上げたときには小沢さんのギンガギンガギンガはまだ見ていなかった、という話が。ギンガギンガギンガではなく「青の6号」のフォルムでまとめ上げた、ということかもしれませんね(これは僕の、絵描きの目でみた推測)
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
つまり、宮武は、宇宙の戦士のパワードスーツのデザインから派生して生まれたガンダムと、宇宙戦艦ヤマト この日本のアニメのなかにおいてとっても重要な、ふたつの流れのルーツなのですね。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
その後、宮武はアンドロメダや、松本さんから独自に依頼されたアルカディア号やその艦載機をデザインし、こうして宮武がデザインした宇宙戦艦の時代が始まります。 それを見ていた僕は、アニメーターさんたちが砲塔の砲身を描くのは大変だろうなと、銀英伝のブリュンヒルトでは砲塔のないデザインにw
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
流れとしては、宮武が推薦した小沢さとるさんが西崎さんの依頼を断りピンチヒッターとして参加した松本さんが独自に描いたヤマトのスケッチに宮武が波動砲のアイデアを出して付け加え、松本さんが考えた細部の設定を宮武が小沢さんのギンガギンガギンガの大和のフォルムでまとめあげたのが今のヤマト
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
おや〜、結構リツイートされてますね。ではここで本質的なテーマについて書いておきますね。宇宙戦艦ヤマトをデザインしたのは誰なのか。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
これは、先日のSF大会のとき(長年疑問に思っていたので)松崎から直接聞きました。でも、僕はヤマトの企画が進んでいるときにガミラス艦を「迷彩」に塗る仕事を松崎から頼まれたり、断片的には知っていたので、いずれこうした歴史を検証した本が出ると良いな、とは考えています。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
僕自身はヤマトに関わることになったのは、松本零士さんが加わってからなので、ヤマトがどういうふうに出来上がってきたかを殆ど知りません。 この間、モデルグラフィックス誌の表紙にガミラス艦を描いたときもガミラス艦は松崎健一がデザインしたと思っていましたが、実は松本さんのデザインでした。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
描線はそのくらい大事なものなのですが、時として誤解も生みます。それは、発表されたヤマトの絵を見て「このヤマトは加藤さんが描いた」と誤解され、それがアニメ界で定説になってたりしますが、それを今ちゃんと正せる機会が来て、けっこう喜んでいたりします。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
こうした共同作業を何年も続けた結果、僕は宮武の線から立体を描き起こすことに慣れていったのですが、あるとき『無限航路』のムック本のカバーイラストを依頼されたとき、資料に用意されていた設定画では宮武の線を読み解くことができず、ぬえに宮武が描いた設定画(原画)を持ってきてもらいました
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
僕が、宮武の描いた「線画の」ヤマトに色を付けるとき、線だけではわからない曲面の流れなどを、直接、宮武から「口頭で」指示をうけ、陰影や光の反射などの表現を描き加えています。 つまり、宮武が描くヤマトをいちばん理解しているのが僕なのでした。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
追加。このヤマトの絵は、大きな白い紙に「ヤマトだけ」描いてあって、背景は真っ白なままです。 それを広告などで使うときに、その都度、背景を合成しています。 このヤマトの絵(の原画)は、いま松本零士さんのところにあります。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
あ、ちょうど良い機会なので説明しますね。このヤマトの絵は、スタジオぬえの宮武一貴が、下書き(形をとって)とペン入れ(線を整理)をおこない、僕がそれに色を塗りました。 ヤマトの絵は、ぬえでは、「カラー」の場合は、基本、宮武が描いていて、僕は色を塗っているだけです。 twitter.com/sousai_h/statu…
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
そういえば、僕が後ろから見たヤマトの設定画を描いた時、側面のパルスレーザー群は存在しなかったのですが、だれが、どのタイミングでパルスレーザーを描き加えたのかな?? 僕は設定資料集を持っていないので、知らなかったりします(笑)
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
銀英伝の戦艦をデザインしたときは(アニメーターの皆さんが)ヤマトのパルスレーザーの描写が大変だったろうから、そんな苦労をしないようにと砲身をすべて船体の中に格納しましたが、今回はつい、プラモになった時に表現しやすい形や局面を選びがちだったりします(笑)最初から3DCGで作る前提なのね
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
いちおう、いまでは、スタジオぬえはアニメの会社ということになってますが、僕自身はイラストレーター志望だったので、アニメと深く関わったのは、ヤマトと銀英伝だけなのね。そしてそれは石黒昇さんがいたから。とくに銀英伝は石黒さんに頼まれたので、メカデザインを引き受けたのでした。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
で、その東長崎から富士見台に引っ越した頃、『宇宙戦艦ヤマト』の仕事で、松本零士さんが描いた第一艦橋のスケッチを、トレスコープという拡大縮小が自由にできるトレス台を使って僕が仕上げたスタジオでは、斜め後ろで石黒昇さんがアステロイドベルトの動画をちまちまと描いていたのでした。
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
東映動画→虫プロ→サンライズ の流れで、スタジオぬえは最初富士見台に居を構えて下井草に移動(今は上石神井)(その前、有限会社時代はトキワ荘のそば、東長崎に会社があった)したのだけど、下井草には、昔、少女漫画家の皆さんの多くが、ここで漫画を描いてたのね。 ww1.tiki.ne.jp/~quelmal/repor…
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
そうだ。最近は、トキワ荘の記念碑があり漫画美術館が建てられる予定の豊島区、南長崎花咲公園(日課の散走中はここで休憩する)関連の話題をツイートすることが多いのだけど、もともと、いま僕が下井草に住んでいるのは、そばに手塚さんの虫プロがあったからなのよ。 tezukaosamu.net/jp/mushi/20100…
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
僕が最初にやったアニメの仕事は『宇宙戦艦ヤマト』のメカデザインだ。この時は松本零士さんの補助する形だったが、著作権に関しては全く無知だった僕は自分の絵がテレビで見られるだけで嬉しくて、権利とか全く考えなかった。幸い松本さんは僕らの仕事をとても大事にしてくれて最近は本にも掲載された
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
@ribon2y コスモゼロは、まそたん と上下が逆方向に斜めに切り落とされるけど、まそたんのインテイクの上が前に突き出ているのは上昇時に有利、だとすればコスモゼロは下降時に有利なのでしょうか? よく知りませんが。松本さんのスケッチも、この部分がキチンと描いてなかったのでテキトーに仕上げました pic.twitter.com/AQUMt39AT1
拡大
加藤直之(スタジオぬえ)天井画を描いてます @NaoyukiKatoh
コスモゼロは難しい。デジタルエスタンプのトークショーでも話したけど僕は飛行機が苦手。松本零士さんのコスモゼロのスケッチを設定用に清書したのは僕なんだけど、その時はスケッチのトレースと三面図を描いただけでイラストとして仕上げる必要ななかったから、そんなに難しくなかったんだけどね。
残りを読む(303)

コメント

まりにゃん(ねこにん/しゅきかん) @marinyan 2015年9月29日
なんかこれやたらと読みづらいと思ったら上下逆か
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする