130812:世界及びアメリカとの関係における日本(山本正樹氏のツイート抜粋)

 極めて恣意的な抜粋になっているので、注意して読んで下さい。しかし私は、今の日本にとって、さまざま示唆に富む内容であると考えています。 山本正樹@jackandtamiko 民間会社勤務を経て、国会議員秘書(衆議院議員公設第一秘書等)を務め、その後、地方議会議員も経験。実際の政治経験と豊富な読書量からくる知識は圧倒的との評価を受ける。地元新聞にも時々評論を寄稿している。柴犬が好きである。 愛知県 豊橋市 ・ yamamotomasaki.com
政治 陰謀論 池沼妄言シリーズ 知恵遅妄言シリーズ 知恵遅無意味纏シリーズ 暇な認知症爺 デマ澤バカスシリーズ デマ屋 負け犬の遠吠え 知恵遅掃溜シリーズ デマ澤認知症爺シリーズ
0
山本正樹 @jackandtamiko
拝金主義、表面的な功利主義のはびこっているアメリカでは、軍事大国化は即軍事利権の肥大化につながり、軍事利権の肥大化は即国民大衆の窮乏化につながるという、あまりにも分かりやすい図式が絵に描いたように実現している。
山本正樹 @jackandtamiko
どう考えても、長期的な視点に立てば、中国経済がいずれはすさまじい資源浪費で息の根を止められるように、アメリカも度はずれた軍事大国化で自滅していくことになる。米国の言いなりになっている日本は、そういう状況の中で、どれだけ資産を温存できるかが、大きなポイントとなってくるのだが、
山本正樹 @jackandtamiko
戦争を繰り返し、貧しい風土をさらに殺伐とさせていた西ヨーロッパが世界中の富を略奪して超富裕地域に変身するという大逆転劇が、演じられたのがコロンブスの時代である。今、その歴史が逆回りに動こうとしている。現在、起きているのは、すべてその軋轢。未来の歴史を決めるのは私たち日本人である。
山本正樹 @jackandtamiko
安保条約のおかげで日本の経済が成長できたという神話は本当なのだろうか?高度経済成長期に安保のおかげで経済に集中できたというのが、定説だが、中国は、急速な経済成長と軍備の大拡張とを両立してきた。むしろ、安保条約のために日本の経済が甚大な被害を受けた側面を考えるべき時代になっている。
山本正樹 @jackandtamiko
米国の覇権は、軍産複合体の利権構造と共にある。米軍が世界に展開しているのはそのためである。まさに現代の軍国主義。ところが私たち日本人は、米国の仕掛けた心理戦によって、「軍国主義」というと戦前の日本、ナチスドイツだけを思い浮かべるように訓練されてしまったのである。
山本正樹 @jackandtamiko
戦後、米国によってデモクラシーがもたらされたという神話が創られたが、皮肉なことにそれから日本人自身で、この国の基本政策を決めたことが、実際には一度もない。日本国憲法、日米安保、自衛隊の創設、原子力の導入、そして現在のTPP、異次元の金融緩和、すべて自分自身で考えたものではない。
山本正樹 @jackandtamiko
現在の日本は、米国の属国以下の属領であり、自冶領のプエルトリコ以下の扱いを米国から受けていることを多くの日本人は知らない。マスコミが完全にコントロールされ、真実を知らせないからである。しかも多くの日本人は、本当ことを知りたくないようにマインドコントロールされている。
山本正樹 @jackandtamiko
二酸化炭素が引き起こす温暖化で大惨事になると繰り返し書いてきたロイター通信やBBCといった権威ある?マスコミは最近、地球が温暖化していないことを認める記事を出し始めている。 http://t.co/Fy4I6I9meA
山本正樹 @jackandtamiko
現在、地球は温暖化などしておらず、小氷河期に向かっており、地球にやさしい環境など、環境団体や温暖化ビジネス団体が喜ぶだけの話であり、今やこの温暖化ビジネスモデルが破綻し、世界中のマスコミで、「温暖化」などという表現を使うところは、日本ぐらいしかない事実を多くの人が知る必要がある。
山本正樹 @jackandtamiko
アルゴアの「不都合な真実」というドキュメンタリー映画には、35個もの間違いが意図的に散りばめられている。上映時間;90分間で計算すると大半がウソである。金融や外交、人権や環境、科学など各分野で大規模な国際詐欺を仕掛けることのできる勢力しか覇権を運営できないと言う重要な指摘がある。
山本正樹 @jackandtamiko
国民のほとんどが、「日本は自由な国だ」と思っているのは本当に不可思議。実際には、極端な言い方をすれば、ナチスばりの情報統制・言論統制の国になってしまっている。インターネット監視法と呼ばれるACTAついて騒がれているが、これもさらに情報統制を強化させようという動きの一環である。
山本正樹 @jackandtamiko
ところで、一般に流布している「輸出立国・貿易立国日本は、全くの幻想である。2009年度の対GDP貿易依存度、総務省データによれば、輸出比率は11%にすぎない。しかも1960年代からほぼ同じ水準で推移している。ドイツは同33%、韓国にいたっては同40%を超えている。
山本正樹 @jackandtamiko
現在の日本人がしっかり肝に銘じなければいけないことは、一部の欧米の超エリートたちには、普通の日本人が意識していない「日本人の独自性」というものがどうにも我慢ならないということである。 http://t.co/SQbCfbPA37
山本正樹 @jackandtamiko
もし、米国が日本という国を戦略通りに太平洋戦争で手に入れなかったら、現在の米国覇権(パックスアメリカーナ)は、有り得なかったはずである。大戦後米国が行った戦争の多くは、日本国と日本の米軍基地がなかったら、ほとんど遂行できなかったことを日本人は、心の底から認識すべきである。
山本正樹 @jackandtamiko
日本は大東亜戦争に敗戦し、米国によって「ソーシャル・エンジニアリング(=恣意的に人間関係、社会関係をいじくりまわすこと)という大手術を施された。たとえ、それが認めたくない事実であったとしても、この歴史的事実を無視した議論は不毛である。
山本正樹 @jackandtamiko
昨年末の総選挙の争点だったTPP=環太平洋戦略的経済連携協定。よく中身が分からないのに一旦参加したら抜けることのできないとんでもない国際協定だ。アメリカでも一般には知られておらず、国会議員でさえその内容を知ることができない。参考:http://t.co/yBfpkAoe9m
山本正樹 @jackandtamiko
日本人が、戦後テレビ放送を楽しむようになった真実の歴史を知る上で、きわめて有用な本を紹介したい。戦後史の事実を少しでも多くの方に知っていただきたい。過去から学ばなければ、新しい日本の未来を切り拓くことは、とても無理であろう。http://t.co/kZ110Af2zC
山本正樹 @jackandtamiko
米軍が日本本土で行う軍事作戦に関し、日本人が関心を持たず、警戒せず、無知で居続けてもらうためにTVで、娯楽番組、スポーツ番組を大量に放送し、そちらの方に、日本人の意識を反らす必要がある。このことを「心理的再占領状態」だと米国は明言している。だから日本では楽しい番組が多い?
山本正樹 @jackandtamiko
日本人が今、頭に入れておくべきことは、アメリカのネオコン派の人たちは、いつの時代も極東地域の「パレスチナ化」を想定しており、中東にて物事がうまく運ばない場合は、いつでも東アジア諸国を代わりに戦争に導くという恐ろしいシナリオを用意しているということだろう。
山本正樹 @jackandtamiko
日本が、戦争に負けてから70年近い歳月が経過している。そして、時の経過と共にほとんどの日本人は、米国という戦争に勝った国が、つくった「アメリカの論理」しか知らなくなってしまった。近視でもないのに、異常な度のメガネを掛けさせられて、ある意味、富士山の美しさが見えなくなっている。
山本正樹 @jackandtamiko
はっきり言ってしまえば、日本という国は「官僚社会主義国家」である。そして残念なことに、その官僚の主人は、戦勝国である米国である。冷戦時代、米国が日本を経済成長させる必要性があった時だけ、うまく機能したシステムである。私たちは早く、その特殊な時代の成功体験を忘れる必要がある。
山本正樹 @jackandtamiko
多くの日本人は、いまだに勘違いさせられているが、ジョン・フォスター・ダレスは「米国は日本を守る義務をもっていない。間接侵略に対応する権利はもっているが、義務はない。」と、明言している。(フォーリン・アフェアーズ1952年1月号)このことは、現在も何も変わっていない。
山本正樹 @jackandtamiko
外見的には「立派な独立国(経済大国)に見えたとしても、国民は本音レベルでは、(この国は戦勝国に服従している属国にすぎない)。国際社会もその国を本当の独立国としては扱わない。そうなると国家としての正当性とcredibility(信頼性)を失ってしまう。今の日本はその瀬戸際にある。
山本正樹 @jackandtamiko
米国の日本政治への内政干渉は実際には、ジョージタウン大学のCSIS(戦略問題国際研究所)を始め、石原慎太郎氏の尖閣発言で有名になったヘリテージ財団のようなシンクタンクが行っている。そのレポートが日本の政治を動かしている。日本のテレビの政治番組は娯楽番組という意味しか持っていない。
山本正樹 @jackandtamiko
戦後の日本という国の仕組みは、戦勝国であるアメリカをバックにした官僚支配で、成り立っている。実際に彼らが、「行政」と「立法」の二権を押さえている。さらに、内閣法制局の天下り先が、最高裁であることによって「司法」にも絶大な影響力を行使しているのが日本の現実である。
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする