死刑囚クラン議事録

■ランペイジの両腕はベッピンで切断されていたか?ブレーサーによって片腕を握り潰されていたか? ■ランペイジは「最初から暴力性を抱えてた」のか?「普通の人間が途中で暴力性に転じた」のか? ■デスドの寂しい感情は何処から来てるの?  ~バケモノとヤンキーの掟~ 続きを読む
ログ
0
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
VR「あれは片っぽがやられっぱなしってのはねえだろうと思ったからやったのもあるが、『ランペイジにとってデスドは腕=破壊の道具の代償/一部』みたいなイメージがあったんだと思うんだ。その辺は読んだ人が勝手に思うことだから、お好きに読んでくれ」
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
VR「後出しこじつけなんだが、ソウル憑依後の、まだニンジャの自分を自覚してない状態のランペイジは、デスドを自分の破壊の一部と(勝手に)思ってたんだが、腕を切られてサイバネ置換したことで、より『一人でも破壊できる』になっちゃって、ためにデスドはきっかけにすぎなくなった、とかな」
AMN @keroyoninja
ということは、小天狗さんはランペイジにあまり情ない派
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@keroyoninja 彼は初登場時から「怪物」だったのと、「怪物」が生まれたきっかけとなる過去の話がうまいこと感情移入をさせないようにしていた(というか「しても無駄だよ」みたいな描き方されていた)ので、彼の人間性にはあんまり興味ないです。デスドはもっとないですけど。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
小天狗さんはまず、「ランペイジは両腕を肘からダークニンジャに斬られてる」という本編描写との齟齬についてケジメ1カウント。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
ランペイジは一人でも全然やってけるようになった訳だけど、それならもっと早いうちに決別してていいっていうか、カウチポテト期間中に何故決別しなかったのだろうという話にね。この話一時間くらい要るね。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster あれ……その辺すごい気をつけて書いたはずなんですが……。「カース~」#9の31で右手が手首のところで握り切られ、32でベッピンに切られた描写があり、それを踏まえたつもりだったのです……違いました?
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU あっそうか、肘から切断とは明記されてなかった!失礼しました。 一応、フジオのバトルスタイルやその後の「両腕から激しく血を噴出し」の描写あたりから「手首を掌握して肘部分を切断」したと考える方が自然かなあとは思います。ほかの人はどうだろう。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster なるほど。僕は31で「掌握!切断!」とあることと、対比するかのように32で「ベッピン!」とわざわざ書かれていることから、右腕は手首で握り潰されたちぎられたものと考えてました。「うじゃじゃけた」なんて妙な表現もわかりづらくなった一因でしょうか。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU あそこは天丼描写の強調と受け取ってたなあ。力自慢のキャラあるいはフジキド級→サンシタ相手にだったら可能かなあと思うんですが、フジオはニンジャ手首を握り潰せる強握力は無いんじゃないかなあとか。でも明記ではないからこの辺は自由想像の領域ですねスミマセン。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster いえいえ、ぼくのもつまるところ自由想像ですからお互い様です。天丼描写確かにですが、そこでの「神器ブレーサー」ですよ!あの時のフジオはブレーサー装備で、その「神がかった握力」によりベッピンを制御しているので、それがランペ手首ねじ切りを可能にした……のかも?
ぬどろ@ドロリ @doooomster
そこ踏まえるとわからない!「この時のフジオはベッピン/カラテ/篭手の三位一体とした斬撃中心なので、「ベッピンで」という語は無いが手首を掌握固定しての腕への斬撃」と「ここで神器ブレーサーの物理掌握力を更に強調するための手首を掌握して握り切るという描写」どっちも通るぞ。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
この辺は気になるところ。ランペイジ側からどっか破壊しに行こうって提案した事はあったのかなあ。ただ、DDD冒頭の「マグドラ壊そう!」「くだらん」の会話があるから、ここのランペイジには少なくとも取捨選択を主張する意思はある。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
「自分では自分の想像範囲内の(それこそマグドラ破壊みたいな)破壊しか出来ないので、デスドの志向性を優先したい」あたりでデスドに立案を任せてるのかなあと想像してたけど。これをビジネスライクって言うと全ての共同活動はビジネスと言えると思うな。
AMN @keroyoninja
@USAGI_koTENGU 死刑囚のことまだあまり消化できてないですが、怪物っていうのは確かにそうかなーって思います。でもなんか本編では人間的なところと怪物の間をふたりともまだふらふらしているような気はしました
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@keroyoninja カッコ書きにしたのは、人間と非人間の間をふらふらする、人間基準でその要素を残してるからこそ際立つ「怪物っぷり」という意味のつもりでした。なまじ人間の気持ちがあるから残酷、とかそういうやつです。でも肝心なところで共感できぬので、そこが筋の通った部分かも?
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU @keroyoninja 横から。ランペイジ過去話からの暴走は共感してる人はすごい共感してるので(オスシさんほかランペイジクラン男性陣とかが)そのへんかなり評価に幅があるようなんですよね。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster 人の意見の集まるものに幅は必然と思いますが、ランペイジは特にそれのありそうなキャラで、原作者もそう意図して作ってるのではと思います。ぼくも全く共感できないわけじゃなくて、ただ、妻や店も彼の暴力のきっかけと考えちゃうので、結局したかったことは何だったのかと。
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU 解釈も「最初から暴力性を抱えてた」「普通の人間が途中で暴力性に転じた」と大きく二通り派ありますね。私は最初前者で考えてたんですけど最近は後者の方が面白いです。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster あーそうかー後者もありなんですね。ぼくは初めて読んだ時からずっと前者でした。生来の破壊衝動や「世界が燃え上がるのを見て笑うむ性質が惹かれあい、デスドがランペイジを見初め、ランペイジが導き手を得て研ぎ澄まして行ったものと。後者についても考えてみよっと!
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU 彼は搾取者から街を守ろうとしたけど、アンダーガイオンに視点を変えると彼が属するアッパー街自体が搾取者なんですよ。キョートは完全にディストピアなんで、人間味を貫こうとすると結局街や体制そのものの破壊、ネオやベリュレにしか行き着かない気がするんですよね。
うさぎ小天狗 @USAGI_koTENGU
@doooomster ふむふむ、街の有り様にまで考えたことはなかったので新鮮な視点!人間味を貫く過程でそれを喪失し破壊マシンと化して行くイメージ?ぼくはゼンダはフジキドのドッペルゲンガー(その逆もあり)で、核の部分で壊したいか壊したくないかの対比があるものと思っていました
ぬどろ@ドロリ @doooomster
ここはガイオンの世界・・人口の1%の人はアッパーで幸せに暮らせるがほかはぜんぶ汚くてく来アンダーに住み太陽が見えない。「町の人が青白いぜ許せない」 そしてキョートは炎上した・・・
ぬどろ@ドロリ @doooomster
@USAGI_koTENGU 「周囲の人間を犠牲に大きな正義を成し遂げる」メソッドはある程度適用出来る気はします。もちろん正義ではないけど。対比で言うとフジキドは二部ラストで「後に禍を振り撒くだろう悪を壊したかったけど逃がし、周囲の人間を助ける」選択をしてますね。
残りを読む(144)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする