編集可能
2013年8月14日

私はなぜ「人権」に「反目」するか・・・普遍的価値に体を借りた「権力・政治闘争」の現実・・・『ハーモニー』と『風立ちぬ』

1
wagu @wagu108

伊藤計劃著『ハーモニー』読了。大変面白うございました。

2013-08-12 22:40:46
wagu @wagu108

伊藤さんが、この現在の社会において「主体(わたし)」が果たすと踏んでいる機能は、ぼくとはちょっと違うようなのだが、その辺もまた興味深い。主体のとらえ方自体は、一般的だと思えるだけに。

2013-08-12 22:51:02
wagu @wagu108

知性があることと主体的であることは違う。たとえ知性があっても、巨人たちは「なんで裸なのー?」などと叫んだりはしないものだ。…と思う。

2013-08-12 22:53:23
wagu @wagu108

「市民権なんて得てないからな?」とは、自分自身はオタクではなく、すなわちそのことを持って「立派な市民」と自認しているということなのか。それともオタクに市民権など未来永劫ないことを自分自身を含むオタクに認めさせたい、そのことと引き替えに自分たちの居場所を得たい…という人なのか。

2013-08-12 23:10:15
wagu @wagu108

まあ、炎天下でのスポーツとして野球は比較的ましな部類に属するような気はするが、たしかに夜間に行うなどの配慮はあるべきだろうなあ。

2013-08-12 23:21:19
wagu @wagu108

頭の悪そうな規制反対派がいるのだから、頭の悪そうな規制推進派がいてもおかしくはないし、本当に頭が悪いとしても、そのことが彼ら主張そのものを否定することにはならない。こういうのは「どっちもどっち」な話。

2013-08-12 23:33:31
wagu @wagu108

では何が、誰かの主張が正しいことを保証するのだろう?

2013-08-12 23:36:39
wagu @wagu108

あるいは、戦後の「有害図書規制」が性犯罪率の低減に寄与してきたのだ、というような主張があっても不思議ではないが、聞いたことがない。そこに因果関係があることを証明できないとしても、言ってみてもいいんじゃないかと思う。そのへんはちょっと不思議な気がする。

2013-08-12 23:40:34
wagu @wagu108

「判断を外注してしまった人は人と言えるのか」という気になる問いがあるわけだが、この辺の話はエロマンガを読んで「こんな表現が許されていいはずがない」というようなことを口走る人を連想させる。(たぶん、いろいろ他にも考えないといけないことがあるのだろうけど)

2013-08-13 23:04:20
wagu @wagu108

「許されていいはずがない」というからには、彼はまさに判断を外注している…つまり表現に関する普遍的基準がどこかにあって、眼前の書物はその基準から外れるはずだ…ということなので、自分自身で判断することを放棄してしまっている。

2013-08-13 23:05:36
wagu @wagu108

もちろん「エロマンガを読んでこんな表現が許されていいはずがないと言う人」は、人である。彼は全面的に「判断を外注」している訳ではないし、だれだって、ある程度は「判断を外注」しているものだ。

2013-08-13 23:07:01
wagu @wagu108

「勤労は国民の義務」「赤信号は止まる」というような様々な規範を徹底的に内面化することで、ぼくたちは平均的な日常生活を送ることができる。

2013-08-13 23:07:40
wagu @wagu108

だけどもし、「赤信号で、俺は止まりたくない!」と主張し、実践するのだとしたら、彼は現行の法律に反旗を翻すわけだし、どうやってその主張を通すのか?世間の人たちをどう説得するのか一から十まで考えなければならないし、彼は変わり者だと多くの人が思うだろう。

2013-08-13 23:08:29
wagu @wagu108

「エロマンガを読んでこんな表現が許されていいはずがない」と言う人は、おそらく「審議会」になんの苦もなく馴染むことができる。「指定で…」と一言ですますことができる。だけど、「こんな表現は当然認められるべきだ」と主張するのは一苦労に違いない。

2013-08-13 23:08:56
wagu @wagu108

その場を支配する規範が存在する。その規範に沿っている限りは、ほとんどなんの苦労もないが、規範から外れたとたんに、「あんた誰?」という話になって「自分が何であるのか」を説明しなければならなくなる。

2013-08-13 23:09:48
wagu @wagu108

「判断を外注してしまった人は人と言えるのか」という問いについては、「差し当たって大抵、日常的には、人は判断を外注している」から人には違いないけれども、しかし、自分で改めて判断することもできるし、そうすべき機会が人としてあるはず…ということになるのだろう。

2013-08-13 23:11:05
wagu @wagu108

「表現規制」のように各々の「わいせつ感」が試される場合に、そこで逆に自信満々になって「こんな表現が許されるはずがない」という無反省な態度を取れるというのは、まったく不思議な感じがする。

2013-08-13 23:11:41
wagu @wagu108

こんな表現が許されて良いはずがないのは社会通念だ。ドヤ。というわけだが、じゃあ、その「社会通念」は明文化されているかそれと同程度に明白か?そうだとして、その根拠は何か、根拠があるとして個別の漫画が規制されることは妥当か、という問いに回答可能か?

2013-08-13 23:12:09
wagu @wagu108

ある人がエロマンガがケシカランと主張する。その主張が集団に受け入れられる。このとき彼は集団の一員であり、ということは集団にとって彼は自明の存在だし、彼の側では自分の存在を彼らに説明する理由は生じない。

2013-08-13 23:12:33
wagu @wagu108

自身の「わいせつ感」に実は大した根拠などないことに思いを馳せて、たまには自分自身の存在の不確定さにぞっとするのが、人間らしい態度だと思われる。

2013-08-13 23:12:54
wagu @wagu108

もし『ハーモニー』のように人々の意思をコントロールすることが規制派にできたとしたら、人々は誰もエロマンガを読もうとしないし書こうともしない世界が実現するだろうが、その場合には規範と規範のぶつかり合いが消失するので、人は主体であることを辞めてしまうのではないかと思う。

2013-08-13 23:55:44
wagu @wagu108

主体であることを辞めてしまった人間は、おそらく『進撃の巨人』の巨人みたいなもので、知性はあっても「なんで裸なの-?」と嘆いたりしないと思う。だから「わいせつ感」そのものが消滅してしまって混沌が訪れそうな気がする。

2013-08-13 23:59:58
wagu @wagu108

その辺は『ハーモニー』を読んでの違和感ではあった。

2013-08-14 00:00:37
wagu @wagu108

規制反対の人に対して「お前らがエロを見たいだけだろう」という。それが批判になると思っている人というのは、単に差別主義者なんじゃないのか。エロを見たい人は悪人だとでも言うのか?

2013-08-14 17:55:59
wagu @wagu108

「エロ漫画が読みたい」などと言ってしまうと政治的発言力が割り引かれてしまう。その辺をねらっての「批判」なんだろうけど、それは道徳的に問題があるやり方だと思う。エロ漫画が差別的だからとか青少年に有害だからとかいう論拠も怪しいが、少なくともそのやり方に比べればはるかにマシだろう。

2013-08-14 18:15:59
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?