2013年8月15日

【表現規制】 誰にも批判されない作品を作るためには 【表現の自由】

分かりやすい作品を作れば、理解する人が増えるので批判される機会が増える。 分かりにくい作品を作れば、批判者は減るけど売れないので食えない。 タダで作品をばらまいても、理解する人が増えれば【金出してない人】に批判される。 結論:「真に表現にリミッター掛けずに書きたいものを書いた作品を作ろうと思うなら、食うために書く必要がない身分になったうえで、作品をどこにも発表しないのが最も賢い」 続きを読む
51

まずは「表現規制」について(・ω・)

加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

それが描写に必要なのであれば喫煙に限らずあらゆる悪徳描写について制限や排除や、表現者当人以外からの抑止はなされるべきじゃない。例えば、生まれたての赤ん坊の両足をバリバリと引き裂いて陰茎をねじ込むような描写であっても、それが必要であると作者が意図したなら作者以外は諫めるべきではない

2013-08-15 07:46:31
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

表現規制に対する反対を唱えるなら、エロ・グロ・理不尽・戦争・暴力・暴虐・フィジカルに対する者に駆らない、メンタルに対する破壊的行為の活写も含めて、「どこかの著者がそれを意図して選ぶこと」については許容されるべきかなあ、と思う。それを消費者は「選ばない自由」もあるのだし。

2013-08-15 07:48:15
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「選びたくない、見たくもないから、視界に入れないために、制作も創作もさせない」というのは、それはそれで消費者として【自分で選ぶ、または選ばない自由】を放棄しているとも言える。提供者にそれを強いて、消費者が「選ぶ自由」を自ら捨て去るのは愚かなことだと思うし。

2013-08-15 07:49:46
えれこみゅ @elecomu

@azukiglg 極端な例だけど、残酷な拷問・処刑の歴史ってタイトルの本があるとして、具体的な描写がなかったら意味ないですよねえ。

2013-08-15 07:50:46
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

同じ理由で、僕は別に「差別的発言」も「レイシズム」も「風評発信」も「デマゴーグ」も、好きなだけやりゃあいいし、それをすることそのものは差し止めるべきではないとは思う。「それをやったら、どのような仕返しを受けるのか」までも、行為に対する成果として受け止める覚悟があるんだろうし。

2013-08-15 07:51:21
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「言いたいことは自由に言うが、俺の言い分にケチを付けるなど許さない」という傲慢もまた許されるべきではない。期待に添えないことを言うなりなんなりする以上は、文句や批判はされて当然だ。その批判の自由を担保しなければ、そうした批判にさらに「言い返す」自由だって担保されないではないか。

2013-08-15 07:52:27
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

そういうわけで、あらゆる表現は自由であっていいと思う。それに対する反応を背負う覚悟と込みで。あらゆる批判も自由であっていいと思う。その批判そのものが「表現」であり、その批判に対する再反撃を、批判者は引き受ける覚悟が必要である、ということと込みでね。

2013-08-15 07:53:46
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「表現は自由にさせろ、批判は許さない」は変だし、 「表現に対する批判を自由にさせろ、批判に対する反論は許さない」も変なんだよ。 表現も自由、批判も自由、批判に対する再反論も自由。 どこかで「自分以外の誰かの権威や規範に寄り添って、相手を黙らせよう」とした所が、自由の終着点だよ。

2013-08-15 07:55:25

次に表現の自由について(・ω・)

加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

一方で、「そんなことが許されると思ってるのか」的な論調の表現規制も、表現規制批判も、道徳や常識やマナーや空気といった「根拠不確かなもの」を根拠とする自粛要請もなくなりゃしないわけで、要するに我々には表現の自由なんてものは最初から存在しなかったのだなあ、とも思える。

2013-08-15 07:57:31
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

最初から存在しない表現の自由の中で、如何に気付かれずにやるか、巧妙にやるか、うっかりさせるか、ごまかすか、気付いた人だけがニヤリとするようにやるか。そういうのを専門的に考えるのが、作家・絵描き・漫画描きなどの個人事業レベルの表現者だと思う。あと詐欺師。

2013-08-15 07:59:21
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

誰かが「それはマズイんじゃないのか」とか「それはダメなんじゃないか」と気付いて批判を始めたら、さっさと手仕舞いして別の「ごまかし方」をまた考える。先人達はそのようにして表現の幅を広げてきたし、また「うるさ型の眼をごまかす」「深く踏み込まない人を目先を逸らす」ことをやってきた。

2013-08-15 08:00:42
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

手管を変え続けてきた人は生き延びてきたし、「これしかできねえ」という人は息絶えた。結局の所、表現の自由というのは「無限にそれが許される」のが理想ではあるけど、それは現実にはあり得ないから「パルチザンの如く、あの手この手で当局やうるさ型の目を逃れる」って言い換えられる気がする。

2013-08-15 08:02:03
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

よしもとばななだったかな。「キッチン」における摂食行為(ものを食べる)の描写は、実は性行為の代替描写だったとかって話を聞いたことがある気がする。直接的にそれを描写せずに、別の行為を描写することで、「それ」を臭わせるって奴。それが技法として上手くいったかどうかは別として、

2013-08-15 08:03:37
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「臭わす」「促す」「仄めかす」「喩える(比喩と揶揄)」てのをするために、目指すものとまったく違う単語、語彙、概念、例え話を山ほど引っぱってくる必要が生まれる。だから作家は専門外についても吸収し続けないとならないし、それを怠るとあっという間に陳腐化する。

2013-08-15 08:04:57
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

とはいえ、読者の全てが作家の意図した「仄めかし」を正確に汲み取れるわけじゃない。そこで作者は「分かる奴にだけ分かればいい」「熱心なファンだけが付いてくればいい」と扉を閉ざす。もし、「意図が分かる人にだけ伝える」を優先するなら、それは間違いとはいえない。まあ、本は売れないw

2013-08-15 08:06:05
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

「誰にでも分かる表現」を心掛け、直接的に描けば、伝わる人の人数は増える。「どう表現しようが俺の自由だ」とやれば、本は売れるかもしれん。だけど、「分かってほしくない人にまで通じてしまう」。そうすると結果的に「こんな表現はけしからん」となる。

2013-08-15 08:07:21

究極の自由な表現とは?

加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

そんなこんなを考えていくと、表現の自由を「堪能できる」のは、不自由かつ万人向けの当たり障りがないもので確固たる地位と経済的基盤を築いた作家が、「万人向けではなく、極論すれば自分のためだけに書いたもの」ということになるような気がする。自分のためだけの文章と言えば、日記。

2013-08-15 08:08:55
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

ブログやTwitterは「誰かに読ませる」ことを常に意識して書かれてるから、厳密にはこれは日記ではない。鍵が付いていてオンラインに乗らないもの、決して誰にも見せないつもりのもの。そういう形で「究極の読者=自分自身」に向けて描かれたものだけが、真に「表現の自由を堪能できるもの」かも

2013-08-15 08:10:15
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

ま、そんなわけで「真に表現の自由を貫いたもの」が世に出ることはなく、そんなものはこの先も出てきそうにない、というような気がしてきましたw その意味で、「複製されない」「極めて限定的な読者しか手に入れられない」「決して万人には売れない、受けない」みたいなのが、「本」の最後の砦。

2013-08-15 08:12:26
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

著者が自家製本したもので、活版印刷はもちろん電子版も存在せず、著者当人のみが保有するたった一冊か、著者から直販された人くらいしか持っていない、みたいな。そういう本になると資産価値も出て来るw

2013-08-15 08:14:23
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg

我々は、「情報は自由に複製できて、タダ同然、湯水の如く共有できる」という認識を広く持ちすぎた。別にグーテンベルクやベルやバーナーズ=リーをdisってるわけじゃあないんだけど(^^;)、表現の自由は「読者の規模の拡大」に反比例して狭まるものなのかもしれないなー、という気はしてる。

2013-08-15 08:16:07
残りを読む(53)

コメント

ねぼ @nebonebo7 2013年8月16日
「表現」の対義語が「理解」である意味を考えれば、例えそれが大いなる誤解であったとしても理解の伴わない表現には存在価値がないとも言える、ヘンリーダガーの作品は発見されたからこそ作品たり得たわけだが。ただ受けてを必要としなかったそのピュアな表現の力強さは見るものに何らかの理解を突きつける。
0
ねぼ @nebonebo7 2013年8月16日
表現手法が表現の内実にどの程度従属しているかは一概に定めることは難しい、受け手の受容力に依存するとなればなおさらだ。この事実をうまくコントロールするには先ずゾーニングのコントロールが重要となる。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
表現は「誰か」に理解を促すものだけど、それが「誰」であるかについての定義は厳密にはない。「自分自身が最初の読者」という言い回しはよく使われるけど、「自分」という読者だけを満足させられれば、自分以外の読者はいてもいなくても構わない――というのが、恐らく最もミニマムな表現と理解の規模だろうと思う。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
つまり、「作品を作った自分」と「作った作品を見る自分」がいれば、まずは作品を結実することそのものに関する意義、存在価値は満たされる。自分自身を受け手、理解者にカウントすべきである。自分が満足できないようなものを他人には見せられない、というところまで踏み込むと、気に入らない作品を割って回る陶芸家になっちゃうけど。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
そして、想定する受け手の人数が多くなるほど、作品の製作者の意図との乖離、好みの差違、理解力の程度の差違などが生まれるので、作者当人が理想的と考えてもそのようには受け取られないことは増えてくる。商業的作品ではそれが当たり前だし、また、商業作品ではない無償配布作品でも「分かりやすく作ったことで受け手の人数が増えれば、誤解も増える」これは避けようがない。冒頭で述べている通り。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
その上で、そしてここからが重要で、「もし作者が真に、表現について完全に規制を受けることなく、誰に気兼ねなく、評価や売上に怯えることなく、自分だけが満足するものを作ろうと考えたら」それはもう、「最高傑作は公開しない。売らない。見せない」になるだろうけど、それに耐えられるのは食うに困らない表現者だけだよね、ということでした。
0
ねぼ @nebonebo7 2013年8月16日
その究極の表現が作者の死後に発見され白日に晒された例がヘンリー・ダーガーであろう。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
あと、生前1枚しか絵が売れなかったゴッホとか。
0
ねぼ @nebonebo7 2013年8月16日
そもそも表現の規制において規制可能なのは「手法」のみであり「表現」を規制することは不可能である。そして制限された表現がその制限ゆえにより高みへと昇華され得るのは短歌を想いかべればたやすい。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
そのへんは言葉遊びに過ぎないんでない?表現とは「言葉のチョイス」であり「技巧のチョイス」でもある。それらによって成されたものが「表現」なわけだから。短歌などの場合は「手法」の制限ではなくて「条件付けられたルール」の制限。そして、「いやそんなつもりで言ったのではない」と自分の設定した条件と異なる、と批判するのもまた、「ルールの定義」の問題に過ぎない。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
「表現規制」というのは、まず「チョイスできる言葉」の規制と、「表現することを許された造形物」の規制。そこにどのような意味を見出すかについてが結果として規制を受ける(これは思想規制に当たるから本来は好ましくないけど、多くの表現規制は「それをどう受け取るか」が批判の対象になる)
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
そして「チョイスすることを許されない言葉」=言葉狩り。だから、その言葉を直接使わずに別の言葉に置き換えるのが暗喩なり、比喩なり。厠、雪隠、便所、手洗い、トイレ、ラバトリー、レストルームのように、元の言葉を忌んで抑制(この場合は規制ではないけど)し、別の言葉に置き換える例。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
うんこしっこをする所、というのを、次々に言い換えるのは「チョイスすることが許される言葉」を乗り継ぐようなもの。幸い、どれも規制語ではないから、厠だろうか雪隠だろうが使うことは許されてるけど、中には「言葉にすることそのものが許されない」或いは「本来の意味を塗りつぶされ別の意味にされた」言葉があり、そのようにして殺された言葉が「規制された言葉」「チョイスを許されない言葉」、規制された表現。
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
関連しそうなまとめを挙げておくね。 【不適切で不謹慎】 誰が言葉を殺すのか? 【葬られ続ける禁止用語】 http://togetter.com/li/120698 【差別・侮蔑・嘲笑語】 言葉狩りについて 【善意がそれを拡散する】 http://togetter.com/li/188537
0
加藤AZUKI(芸歴三十ン年)@「忌」怖い話 大祥忌 @azukiglg 2013年8月16日
【差別語】 配慮が言葉を殺す構造について 【中傷語】 http://togetter.com/li/287031 azukiglg氏の表現規制語りき http://togetter.com/li/494322
0
国井・久一ほぼO型です。 @kyuuiti 2013年8月17日
人間の皮膚で表装して冒涜的な禁呪を…( ゚д゚)ハッ!窓に…窓に…
0
あかさたな⛅ @emesh 2013年8月17日
有吉が「メジャーになるということは馬鹿に見つかると言うことだ」という趣旨のことを言ってたけど、名言だよなとあらためておもう。メジャーになればなるほど表現の自由は狭まるという…。
4
あかさたな⛅ @emesh 2013年8月17日
コミケなんかを表現の自由の祭典と位置づけるならいろいろな意味で大きすぎるしなあ。
1
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 2018年10月13日
コメにヘンリーダーガーあった。よかったよかった(何が)
0