8月8日の報道ステーションで取り上げられた広島大・鎌田七男名誉教授の研究の原著論文を探して読んでみました

2013年8月8日夜の報道ステーションの特集でとりあげられた広島大・鎌田七男名誉教授の研究(2012年6月3日、第53回原爆後障害研究会で発表http://ow.ly/nKqVp )は次の和文論文として公表されています。取り寄せて読んでみました。 鎌田七男、大瀧滋、田代聡、星正治、三原圭一郎、木村昭郎 「広島原爆被爆者の子供における白血病発生について」 長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012 続きを読む
科学 片親被爆 発症率 放射線 遺伝的影響 報道ステーション 両親被爆 鎌田七男名誉教授 広島 被爆2世 白血病
224

発端

akoustam @akoustam
報ステは1年以上前のこの話を今になって蒸し返したのか http://t.co/hIhIdAUcvS 。これ、放影研に即座に否定されてる話やがな http://t.co/DEhcdz9raz
akoustam @akoustam
単純計算で全体の白血病発症率0.079%、被爆後10年以内に生まれた人で発症率0.078%、父のみ被曝で発症率0.033%、母のみ被曝で発症率0.056%、両親被曝で発症率0.18%。6万人のサンプルでこれを有意って言うんか? http://t.co/0GdtR8igU1
akimi_o @名古屋 @akimi_o
両親が被爆した場合、片方が被爆した場合に比べて白血病が多い、というのは、「原爆投下後10年に産まれた」人についての調査だというのが気になる。両親ともに被爆したということは、広島市内在住の可能性が高い訳で、胎児の時や、産まれてからの放射線被曝が比較的多いのではないか。
akimi_o @名古屋 @akimi_o
これが、「原爆投下後10年以内に産まれた」人たちについてではなく、20年以内、30年以内と拡大して行ったらどうなるのだろう。もし、差が縮まっているとしたら、逆に遺伝的影響が小さいことの証明になるのではないか。

第1部

せいの@えりんぎの塩焼きに一票 @hseino1
『広島大学、鎌田七男先生の研究では、両親が被曝すると、その子供が白血病を発症する割合が5倍になるという研究も。(報道ステーション)』この話題の原著論文を文献検索システムで探しているんだが、見つからない・・・??線量との関係など精査したいんだけどにゃ~。ご存知の方、教えてください。
nao @parasite2006
@hseino1 この話は第53回原子爆弾後障害研究会(2012年6月3日長崎市)で発表され、長崎医学会雑誌の特集号に4ページの和文論文として掲載されています(長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012-09-00)http://t.co/D8FYLhheKF
nao @parasite2006
@hseino1 ちなみに原子爆弾後障害研究会は広島と長崎で1年おきに開催されており、発表は長崎開催分は「長崎医学会雑誌」、広島開催分は「広島医学」に論文として掲載されます。CiNii http://t.co/R6qZm4CeSl を「原子爆弾後障害研究会」で検索すると一網打尽
せいの@えりんぎの塩焼きに一票 @hseino1
@parasite2006 ありがとうございます。学会雑誌なんですね。pubmedじゃかからないわけだ。ちなみにこういう論文は査読はされてないと考えていいんですよね。・・・ネットでは全文は入手できないみたいなので、休み明けにコピーを請求してみます。
nao @parasite2006
@hseino1 これは2つとも大学の医学部の紀要でして、掲載時に査読はないことが多く、あったとしても厳しさは学会の公式論文誌とは比べ物になりません。全くオンライン化されていないため目次すら見ることができず、探し出すのに少し余分に手間がかかりました。
nao @parasite2006
@hseino1 2012年6月はじめの口頭発表(印刷公表用の原稿は当日会場で集めたか、後で改めて提出したかどっちか)が同じ年の9月に印刷公表。英文原稿を用意できるレベルまで持って行ける可能性があるかどうかは、発表記録として公表されたこの和文論文の内容をみれば見当がつくでしょう
せいの@えりんぎの塩焼きに一票 @hseino1
@parasite2006 ということは一般的な話としてこの手の発表の類は信頼性が担保されていないということですよね。そういう信頼性が担保されていないものをその事情に言及せずに金科玉条のように報道する姿勢にちょっと疑問を感じたりします。一般の方は定説と思うんじゃないかと・・・。
nao @parasite2006
@hseino1 日本語で学会発表はしたけれど、そこで終わってしまって結局論文にはならなかった(日本語論文にすらならなかった)という話は枚挙にいとまがありません。新聞雑誌の記者さんや、癌の新薬の話題を求めて癌治療学会を聞きに行く株屋さんにはもう少し知っておいてほしい話です。
nao @parasite2006
@hseino1 たとえ運良く1報論文が出せたとしても、さらに磨きをかけ、深みのある仕事になって2報3報と続報が出るか、さらには他のグループからまで追試や拡張が出て結晶のように成長を遂げていくことになるかは少し時間をかけないと見えてこないものです。
せいの@えりんぎの塩焼きに一票 @hseino1
@parasite2006 確かに・・・。論文になったからといっても、まだ定説として認められたわけではないですからね。ましてや学会発表なんて玉石混交の「石」がほとんどですし・・・。科学系の記者さんはそこら辺の裏事情も勉強してほしいものです。
せいの@えりんぎの塩焼きに一票 @hseino1
@parasite2006「 ほとんど」はいいすぎですね。「多い」くらいにしときます。訂正、訂正・・・。すみません。

第2部

nao @parasite2006
昨日探し当てた広島大・鎌田七男名誉教授の広島の被爆二世への遺伝的影響の論文(長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012-09-00)http://t.co/D8FYLhheKF これは原報全体を見ないとだめ、報道だけ見てたら足もとをすくわれます。
nao @parasite2006
1946年から1973年までに生まれた119,331名の被爆2世集団において1995年までに94例の白血病が発症(広島の被爆者から生まれ広島大学原爆放射能医学研究所と関連病院で白血病と診断され治療を受けた人)。10万人あたり発生率は94x(100000/119331)=78.7
nao @parasite2006
報道(たとえばこれhttp://t.co/0aSpaCTqd7 )では1946年から1973年までに生まれた119,331名のうち被爆直後の10年間=1946-55年に生まれた63117人の結果しか取り上げていませんが、論文では1956-65年、1966-73年生まれの人も調査
nao @parasite2006
1946年から1973年までに生まれた広島の被爆二世(119,331名)全体では94例だった白血病患者の内訳は;1946-55年生まれ49例(63117人中)、1956-65年生まれ29例(何人中か不明)、1966-73年生まれ16例(何人中か不明)
nao @parasite2006
生まれ年で分けた3グループのうち、白血病の発生率を計算できるのは被爆直後の10年間=1946-55年生まれの分だけで、結果は10万人あたり49x(100000/63117)=77.6。このくらいなら広島の被爆二世全体の78.7とあまり変わらないと言っていいでしょう。
nao @parasite2006
問題なのはこのあと生まれ年で分けた3つのグループをそれぞれさらに父親被爆、母親被爆、両親被爆の3つのサブグループに分け、1万人あたりの白血病症例数を求めて比較した図5。表示の値を目分量で読みとって父親→母親→両親の順に書いてみると(続く)
残りを読む(190)

コメント

nao @parasite2006 2013年8月15日
まとめを公開しました。
ふくだ @fukuda_st 2013年8月15日
どっかの弁護士は、まずこれを読んでほしいところ。
kikiki39 @kikiki39 2013年8月15日
親との関係はともかく、そもそも、11万人超を約30年間追跡して94例というのは、被曝二世ではない場合と比べて、どうなんでしょうかね? Wikipediaによれば、白血病は年に10万人あたりおよそ7人(2005年、日本)だそうですから、平均追跡期間15年として、11/10x7x15=115.5だから、平均より少ない気もしますが...
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年8月15日
さすがニュースステーション。ほうれん草ダイオキシン問題を起こしてもまったく懲りていないな。
nao @parasite2006 2013年8月15日
kikiki39 計算どうも有難うございました。論文を読んでみると、対象となった被爆二世で一番若い人が1973年生まれ、追跡調査の終了が1995年ですから、実際の追跡調査は最低でも20年は行われていたことになります。従ってこの11万人強の広島の被爆二世の間の白血病発生率は、どう考えても日本での平均発生率を超えないことは動きそうもありませんね(ただ被爆二世の集団内で患者発生の見落としがなかったかどうかの再検討は必要でしょうが)。
neologcutter @neologcuter 2013年8月15日
遺伝的影響は「有意差がないのに」報ステは広島への差別を助長するようなこと言っちゃってんだもの。 #反原発 のためなら何してもいいのか。
kikiki39 @kikiki39 2013年8月15日
疫学も統計も素人ですが、最低追跡期間が20年以上あるとなると、被曝二世ではない場合の期待値は更に増えると思うので、被爆二世の発症率は更に平均より低いことになります。もちろん本当は発症率は時代とともに変化してるはずで、同じ期間に生まれた人との比較が必要なので、あくまで概算ですが,,,
Y・Y @y_y6181 2013年8月16日
http://togetter.com/li/340708 「奇形関連のまとめのまとめ」←こちらに追加させて頂きました。
まる @yas_mal 2013年8月16日
これ系の「差別を助長する不正確な報道(誤報?)」ってBPOにガシガシ訴えた方が良いんじゃなかろうか。
きっし= @lr_ishy 2013年8月16日
これデータとしては貴重だから、しっかり統計解析したらいい論文になりそうなのに。2012年6月に学会発表なら、投稿中なのかも。
じにお @ginioh 2013年8月16日
まとめに上がっている数字だけ見るなら、少なすぎて有意であるとはとても言えないでしょう。既出ですが同時期の日本全国での同条件で数字も見ないといけないのですが。報道は基本センセーショナルに扱い注目さえ集めればいいというだけですので、まともな検証は期待できませんね
nao @parasite2006 2013年8月18日
広島大・鎌田名誉教授の研究で使用された情報と方法を明らかにするため、論文の「方法」の項全文をまとめの最後に追加収録しました。
nao @parasite2006 2013年8月18日
広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://bit.ly/1eFLnX1 では放射線影響研究所が2003年に出した英語論文(無料)http://bit.ly/1bHbhtT を引用しています。放影研の論文では1946-1984年に生まれ、1958年時点でがんを発症していなかった広島と長崎の被爆二世40487例を対象とし、1958-1997年のがん(固形がんと血液がん)の発症状況を検討しています。
nao @parasite2006 2013年8月18日
放射線影響研究所の2003年の英語論文http://bit.ly/1bHbhtT では対象となった被爆二世を出生時期別にグループ分けした検討は行わず、また年齢区分も1-19歳までと20歳以上の2つに分けているだけです。片親被爆と両親被爆の場合の比較も行われていません。
nao @parasite2006 2013年8月18日
従って鎌田名誉教授の和文論文http://bit.ly/1eFLnX1 は、報告されている結果と両親の被曝線量との関連性を続報で示すことができ、特に両親被爆時の白血病発症率が片親被爆を上回るのが被曝後10年以内に出生した被爆二世に限られているように見える理由をきちんと説明できるなら、放影研の研究を補完し発展させた点で意味のあるものになると言えますから、結果がポジティブであれネガティブであれちゃんとした続報をぜひとも出していただきたいものです。
sakai @SkiMario 2013年8月18日
「方法」が良く理解できないのですが、カルテがある人の中から白血病の罹患者数を調べたら、その比率って高めに出ませんか?健康でカルテの無い人は分母から除外されてしまう訳ですよね。
nao @parasite2006 2013年8月18日
SkiMario この研究はあくまで被曝2世の白血病発症率が親の被曝状況によってどのように影響を受けているかを見ることが目的です。研究の第1段階は広島大学原爆放射能医学研究所と関連病院で白血病と診断され治療をうけた人のリスト(「白血病症例のリスト」、当然被爆2世以外の白血病患者を含む)を「被爆2世者リスト」と照合し(まずID項目=住所、氏名、生年月日、性別が一致するかどうかで見るのが一番簡単でしょう)、両方のリストに登録されている人を捜し出すことです。
nao @parasite2006 2013年8月18日
SkiMario (実際には病院のカルテには親の被爆歴が記載されていながら「被爆2世者リスト」に載っていない人が9人いて解析対象からはずされましたが、これはおそらく「被爆2世者リスト」がカバーしている1973年以降に生まれた被爆2世と考えられます)
nao @parasite2006 2013年8月18日
parasite2006 「白血病症例のリスト」と「被爆2世者リスト」の両方に登録されている人が見つかれば、その人は被爆2世の白血病患者ということになります。「被爆2世者リスト」の登録内容からは親の被爆の有無まではわかるため両親被爆か片親被爆までは区別できますが、親の被曝線量は「被爆者リスト」を見に行かないとわかりません。これが親の被爆線量の影響の検討が続報に積み残されている理由だと思われます。
nao @parasite2006 2013年8月18日
(もっとも「被爆2世者リスト」に登録されていてる人が白血病を発症しても、診断治療が広島大学原爆放射能医学研究所と関連病院以外の場所で行われていれば「白血病症例のリスト」には登録されないことになりますから、「被爆2世者リスト」に登録されている人の実際の白血病発症率が論文で報告されているより高い可能性は一応考えられます)
sakai @SkiMario 2013年8月18日
parasite2006 ありがとうございます。私がよく分からないのは、白血病になっていない人の人数をどのように数えたかと言う方なんです。2世の方を網羅したリストは無いんですよね?そうすると、まずカルテが無いと存在が分からないと言う事になりませんか?
sakai @SkiMario 2013年8月18日
あ、ちょっと勘違いしたかも。 もし2世の方で「被爆2世者リスト」から漏れている人がいたとしたら、その方が白血病になった場合は2世でない方としてのみカウントされるだけの話で、白血病にならなかった方がいた場合は分母から差し引かれるが前者の影響より小さい、と言う話でしょうか。
nao @parasite2006 2013年8月19日
SkiMario 「被爆2世者リスト」に登録されている人から「白血病症例のリスト」にも登録されていた人を差し引いた残りが白血病を発症していない被爆2世として扱われることになります。(もっとも白血病を発症していても広島大学原爆放射能医学研究所と関連病院以外の場所で診断と治療を受けている人がいたとすると、この人は白血病を発症していないほうに分類されてしまうことになります)
sakai @SkiMario 2013年8月19日
parasite2006 ありがとうございます。一応理解できました。
nao @parasite2006 2013年8月20日
広島大・鎌田七男名誉教授の研究の続報が発表された可能性がある2013年6月開催の第54回原子爆弾後傷害研究会の記録の所在についての議論を補足として追加収録しました。@smoketree1 さん、どうも有難うございました。第54回原子爆弾後傷害研究会に参加され、紙版の要旨集をお持ちの方がおられましたら、プログラムに鎌田名誉教授の発表があったかどうか@parasite2006までご一報ください。
nao @parasite2006 2013年10月11日
@iina_kobe さんのツイートhttp://bit.ly/17iVk9F から始まった2つの議論(2013年8月と10月)をまとめに追加しました。@ryo1165 さん、@shanghai_ii さん、@m_enviro さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2013年10月11日
@iina_kobe さんとのディスカッションの中から、広島大・鎌田七男名誉教授の研究対象となった被爆二世(1946年6月1日-1973年)のうち最も早く生まれた人たち(1946年6月1日-1946年末)については妊娠期間中の母親の行動(広島市内で過ごした時期の有無)の影響を検討する必要が浮かび上がって来ました。
nao @parasite2006 2013年10月11日
すくなくとも現在公表されている範囲の鎌田七男名誉教授の研究結果、とりわけ特に注目を集めている親の被爆状況別・出生年齢別の被爆二世の白血病発生率のグラフhttp://bit.ly/1bhpUDK@kaztsuda さん写真有難うございます)を見るだけでも、被爆二世の健康影響は出生時期により大きな差があり、原爆投下から時間が経つほど影響が小さくなる傾向があることが伺えます。
nao @parasite2006 2013年10月11日
8月8日の報道ステーションが放送後2カ月経っても話題になっていた理由をめぐるツイートを参考としてまとめに追加しました。@chiba_donguri さん、@tenten22 さん、どうも有難うございました。@chiba_donguri さんが探し出してくださった番組の文字起こしhttp://t.co/6seRK1x8Cg
nao @parasite2006 2013年10月11日
(どうやら8月8日の報道ステーションは、今後もことあるごとに蒸し返されそうな雲行き)
nao @parasite2006 2013年10月11日
@chiba_donguri さんが探し出してくださった8月8日の報道ステーションの文字起こしhttp://t.co/6seRK1x8Cg から始まった被爆二世の健康影響をめぐるツイートを追加収録させていただきました。@smoketree1さん、@m_enviro さん、@felicjur さん、不都合がございましたら即刻削除いたしますのでご連絡下さい。
nao @parasite2006 2014年1月27日
長崎医学会雑誌が2012年6月に長崎で開催された第53回原子爆弾後障害研究会の抄録を同じ年の9月発行の特集号http://bit.ly/1ciIZIF に掲載したのに対し、広島医学は2011年6月に広島で開催された第52回の抄録を翌2012年発行の65巻4号に掲載http://bit.ly/1ciK57k
nao @parasite2006 2014年1月27日
ということは2013年6月に広島で開催された第54回原子爆弾後障害研究会の抄録は、今年の春頃の広島医学に出て来るということかしら。
nao @parasite2006 2014年6月2日
kiruria281 有難うございます、「原爆投下後1-15年に生まれた被爆2世の白血病患者54人ときょうだい95人の計149人」とありますね。2012年6月の研究結果bit.ly/1tAplfP の「1946-1955年に生まれた被爆2世」と重なります。
nao @parasite2006 2014年6月2日
kiruria281 この「原爆投下後1-15年に生まれた被爆2世の白血病患者54人」の1年毎の分布(原爆投下何年後に何人生まれたか)を検討しているか、また親の被爆線量の大小と子どもの発病率に関係があるか(放射線の遺伝的影響を主張するにはこれが言えないといけない)がチェックポイントですね。
綾瀬 @ayase_cts 2014年6月2日
149人じゃなくて、54人ですな。まともな相関関係が出るの・・・?
綾瀬 @ayase_cts 2014年6月2日
というか、被ばく線量すら分からんし、これじゃ判断のしようがないわなぁ・・・。影響出るとしたら期間より線量だと思うんだけど
nao @parasite2006 2014年6月2日
1946-1973年(原爆投下の1-28年後)に生まれた被爆二世の白血病患者は全部で94人http://bit.ly/1bhpUDK そのうち原爆投下後1-15年(1946-1960年)に生まれた人は54人(54/94=0.574)。http://bit.ly/1hQKOMs 1946-1955年(原爆投下後1-10年)に生まれた人は49人http://bit.ly/1eFLnX1
nao @parasite2006 2014年6月3日
鎌田七男・広島大学名誉教授の研究を毎日新聞よりさらに詳しく伝えた中国新聞の記事http://bit.ly/1l0zfXl をご紹介いただきましたので関連議論をまとめに追加しました。@rokugatsuyu さん、ご教示有難うございました。
nao @parasite2006 2014年6月3日
@kikumaco 先生、@kazooooya さんもご議論有難うございました。
nao @parasite2006 2014年6月14日
くやしい、鎌田七男・広島大学名誉教授の研究を毎日新聞よりさらに詳しく伝えた中国新聞の記事http://bit.ly/1hSrTWS が有料版(デジタル版の定期購読か紙版定期購読者の電子版追加購読のどちらか)に囲い込まれてしまい、一番肝心の部分が読めなくなっているのを発見。
nao @parasite2006 2014年6月14日
これで今年9月に長崎医学会雑誌http://bit.ly/1hSsoAh の特別号に第55回原子爆弾後障害研究会の抄録が掲載されるまで鎌田名誉教授の続報の詳細を知る方法がなくなってしまったわけですが、エッセンスはこれhttp://bit.ly/1hSttrO
nao @parasite2006 2014年6月15日
@kanna07409 さんが広島大で鎌田七男名誉教授と研究を共にした斎藤紀先生から2012年の和文論文http://bit.ly/1eFLnX1 の発表の経緯を聞いてきて下さいましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。鎌田名誉教授は2012年論文を放射線の遺伝的影響の根拠として扱われることは望んでおられないそうです。
nao @parasite2006 2014年8月13日
広島で爆心地から2 km以内で被爆と言っても、場所によって線量に幅があることを工藤博幸先生(@hi_kudo )先生からご教示いただきましたので、関連議論をまとめに追加しました。有難うございました。
nao @parasite2006 2014年8月13日
2014年6月の第55回原子爆弾後障害研究会で発表された鎌田七男・広島大学名誉教授の研究を伝えた中国新聞の記事全文を有料記事検索で探し当てて追加収録しました。PCで2ページ目に表示される「2014年6月、鎌田七男・広島大学名誉教授の研究の続報が第55回原子爆弾後障害研究会で発表」の項をご覧下さい。
nao @parasite2006 2016年5月26日
2014年6月の第55回原子爆弾後障害研究会で発表された鎌田七男・広島大学名誉教授の研究(報ステが取り上げたものの続報)を報告した和文論文「被爆2世白血病発症リスクにおよぼす被爆親からの出生までの期間」(長崎医学会雑誌 89(特別号)272-275, 2014)を入手しました。近日中に内容紹介を追加予定です。
nao @parasite2006 2017年12月28日
関連まとめ「再論・2013年8月8日夜の報道ステーションの特集でとりあげられた広島大・鎌田七男名誉教授の研究とその続報」https://togetter.com/li/982406 の引用をまとめの最後に追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする